家庭教師の仙台ブログ
家庭教師の仙台ブログ

東北大学理学部生日記2・オープンキャンパスと進路

 こんにちは。 東北大学理学部物理系2年の榎本晴日(えのもと はるひ)です。

     
    
1. 東北大学オープンキャンパス
 先日、7/30と7/31に、東北大学でオープンキャンパスが開催されました! 高校生の方は参加されたでしょうか。 私ももうすぐ学科配属があるので、研究室を見に、物理系のイベントだけに参加してきました。

東北大学オープンキャンパス資料

 オープンキャンパスに行くと大学の雰囲気を知ることが出来るので、高校生の皆さんは少なくとも1校は参加した方がいいと思います。

2. 物理学科生の進路例
 高校生で進路に迷っている方は、大学で勉強してどんな進路になるか、あまり想像がつかないと思います。 実際、物理学に限った話では、物理を学んで研究者になる他にも、色んな選択肢があります。

 物理学科では、IT系や金融系の企業に就職したり、公務員試験を受けて公務員になる人もいます。 宇宙地球物理学科では、学芸員資格を取って天文台の職員になったり、災害系の会社に勤めたり、気象庁やJAXAに就職した人もいます。

 自分のしてきた研究そのものを生かして就職する人もいれば、金融など、研究とは異なる分野に就職する人もいますが、研究を通じたデータ解析などの技術や考え方が、就職した先での業務でも役に立っているようです。

3. オープンキャンパスは絶好の機会!
 高校生の段階で、大学とその先の未来を考えることはとても難しいと思いますし、漠然としたイメージしか浮かばないと思います。 結局は、自分が何を学びたいか・やりたいかが大事だと思うので、なんだか面白そう、なんだかかっこいい、といった気持ちを持つのも大切です(笑)

 そういった、なんかかっこいいを見つけるには、オープンキャンパスは絶好の機会です。 大学には、自分の知らない学問が山のようにあります。私も、今だにどんな研究をしているか知らない研究室がたくさんあります。

 色んな場所に行って、色んなことを知るのは、自分の専攻を決める上でとても大事だと思うので、高校生の方はぜひオープンキャンパスに参加して下さい。^^

4. 理学部と工学部の違い
 さて、前回のブログで紹介した通り、理学部と工学部の違いについてお話ししようと思います。

 理学部と工学部の違いは・・・ 高校生の頃は、工学部は就職が有利で、理学部は就職無“理学部”という偏見を持っていました。(笑)

 今はどうかというと、私個人の考えでは、理学部でも別に就職に困ることはないと思います。 理学部の方が、就職の裾野が広く、色んな分野に応用しやすいのかなと思います。

   自分の研究分野を活かしてという場合には
 ただ、自分のしてきた研究そのものを生かして就職したい!という場合は、ちょっと別問題かもしれません。 工学部の方が、自分のやってきた研究に近い企業が(若干)見つかりやすい気がします。

 しかし、工学部でも研究内容とは異なる企業に就職する人もたくさんいるわけで、自分のしてきた研究そのものを生かして就職したい人は、理学部であれ工学部であれ、そういう場所を頑張って見つけるのだと思います…

 結局、自分のやりたいことが見つけられたらいいと思います!!!(笑) そのためにも、この夏はぜひ色んなところに足を運んでみてくださいね。

それでは!
      


東北大学理学部生日記1・自己紹介など

 はじめまして! 東北大学理学部物理系2年の榎本晴日(えのもと はるひ)です。

  
                  
 今回から、ブログを書かせて頂くことになりました。 よろしくお願いします^^

東北大学理学部の建物
   
   
 東北大学の理学部がある建物のひとつです。 青葉山駅を出て左手に見えるこの建物は、曲線がとても印象的です。

1. 自己紹介など
 今回は初回ということで、まずは私の自己紹介から始めたいと思います。

   なぜ理学部物理系を志望したのか
 わたしが物理に興味を持ったのは、中三の夏ごろにさかのぼります。 中高一貫校だったため特に受験もなく、無限のモラトリアムを満喫していた中学三年の頃、周りが受験している間に本ばかり読んでいました。

 ただ、読書といっても、流行小説を追うのでなく、SF小説が大好きで、古今東西を問わずに読みまくり、無駄に造詣を深めていった覚えがあります。

   宇宙や天文学に興味を持つようになり
 そのせいかはいざ知らず、宇宙論や天文学について漠然とした興味を持つようになり、そういった類の本も借りて読むようになりました。

 両親や親戚や周りの友人は全くこの分野に関わりがなかったので、両親に「宇宙や天文学に興味がある。」といった時にはとても驚かれたのを覚えています。

 当時のことを父親に聞くと、「初めて天文学をやりたいと聞いた時には、こんな時期に反抗期が来たのかと思ったよ。」と、言っていました。

私が好きな本

 (余談ですが、私の好きな本です。 SFやディストピアのジャンルが好きです… これからも何かと紹介するかもしれません…)

   物理への興味を抱いて高校へ
 漠然とした物理への興味を抱いたまま、高校に入学しました。 私の高校は、英語教育に力を入れており文系に特化した高校でした。 現役早慶進学率が日本でいつも上位2位に入るくらい、皆が早慶の文系学部に現役進学します。 そのため、高校時代は物理に対して理解のある友人はほぼ皆無でした。

 学校ではそこそこの成績が取れても、対外模試を受けると話にならないという日々が続き、辛いことも多かったです。 しかし、たまたま自分にあった数学の先生に出会えたこともあり、高校時代は理系科目を楽しんで勉強出来、理系科目が大好きになりました。

   受験直前に悩んで
 ここまで書くと、本当に物理が好きなオタクのように見えてしまいますが、むしろ高校の頃の物理への興味は非常にふわふわとしたものでした。 そのため、高3の受験直前になって、今さら専攻に悩むという事件がありました。(センター明け10日間くらい)

 工学部のこの学部にすれば可能性が上がるのではないかとか、非常に姑息なことを考えて悩んでいました。

   ようやく物理系を
 が、結局自分が初めにやりたいと思ったことを大切にするべきだという当たり前な結論に到り、そこでようやく物理系を志望しました。(圧倒的に遅い)

 センター明けの1月は受験生にとって最も大事な時期だったと、今は後悔しています。 ここで死ぬ気で勉強出来なかったのは人間失格です。。 が、皆さんはそんなことにならないよう、専攻は受験生になる前にきちんと悩んで決めましょう⭐︎!

2. 今の学生生活など
 あとは、今の生活について少し紹介させていただきます。

   クラシックバレエ
 趣味は、幼稚園の頃からクラッシックバレエを続けています。 今は、大学との両立をしながら、週1回程度ですが細々と続けています。 バレエをする時が一番リフレッシュ出来るので、続けられるうちは続けたいと考えています。

   サークルは天文同好会に
 サークル活動は、天文同好会というサークルに入っています。 夜星を見に行き、写真をとったり望遠鏡を覗いたりしています。

 街中を離れ、山の頂上まで見に行くので、夜空の美しさは都会のそれとは比べ物にならないほど美しいです。 途中で天気が悪くなると帰りますが、朝まで絶好調の時には、朝日が昇るまで星を眺め続けることもあります。

星の写真1
    
           
星の写真2
  
    
 写真は、サークルの同期がとったものです。 このブログでもUPしていきますので、是非見てください! なお、翌朝は眠くて仕方ありませんが、とても楽しいひと時です。

 初めてのブログなので取り留めのないお話になりましたが、次回は、理学部や物理系について、もっと詳しく紹介します。 懲りずに、次回もご覧下さい。
   


東北大学医学科生日誌24・実習&留学&部活

 皆さん、こんにちは! 東北大学医学部医学科6年の岡田悠希です。

   
     
 じめじめとした天気が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 最近忙しかったため更新ができておらず、申し訳ありませんでした。

1. 高次修練が始まって
 4月からついに、最終学年の6年生となってしまいました。 大学では6年生になると「高次修練」という実習が行われ、4週間ずつ希望の診療科を回ります。 僕は、4月に循環器内科、5月に消化器内科、6月には精神科で実習をしました。

2. 循環器内科
 4月の循環器内科では、アメリカの「Mayo Clinic」へ留学に行ってまいりました! 準備は少し大変でしたが、とても実り多い留学となりました。 次回以降、留学についての詳しい記事を書きたいと思います!

 また、日本に戻ってきてからは、「不整脈グループ」でお世話になりました。 不整脈グループではその名の通り、いわゆる不整脈の疾患を取り扱います。 具体的には、特殊なカテーテルを用いて心臓の内側を焼却し、異常な心筋の興奮を抑える手技(カテーテルアブレーション)によって治療を行います。

 不整脈を引き起こす電流がどこを流れているか、直接目で見ることができないため、非常に難しく豊富な経験が必要とされる手技ですが、先生方が長時間集中して治療されている姿はとてもあこがれるものでした。

3. 消化器内科
 5月の消化器内科では、「膵臓グループ」でお世話になりました。 膵臓グループでは、膵臓の他に、肝臓や胆嚢、膵臓を十二指腸とつなぐ胆管の疾患も扱います。 普段は「ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)」や「EUS(超音波内視鏡検査)」を行い、膵臓や胆管に異常がないか検査します。

 膵臓の疾患として重要な膵癌は、自覚症状に乏しく早期発見が難しいこと、膵臓からの消化酵素の影響などにより、癌の中でも極めて5年生存率(発見後5年間生存している確率)が低いです。 見逃すと非常に予後が悪いため、先生方も真摯な姿勢で一件一件の検査に取り組む様子がとても印象的でした。

4. 精神科
 6月の精神科では「リエゾンチーム」でお世話になっています。 リエゾンチームとは、主に他の科で入院されている患者さんの精神状態について、他科の先生からコンサルテーションを受けるチームです。

 入院すると、「せん妄」と呼ばれる脳の機能が低下してしまう状態になってしまう患者さんが一定数います。 入院患者さんでたまにぼーっとしているような方は、これに当てはまります。

 体の状態が改善したり、生活環境を整えるだけで少し経つと自然に良くなるのですが、重度のせん妄を引き起こすと点滴の管を抜いてしまう事故なども起こるため、専門家が対応したほうが良い場合もあります。

 また、救急外来に運ばれる精神科疾患の患者さんの診察も、リエゾンチームの先生がされます。 自殺企図の方や、服薬過剰による薬物中毒の方などが週に1回ほど運ばれるため、見学をしていてとても勉強になりました。

5. 部活:医学部テニス部
 留学から帰ってくると、部活の新歓が終わっていました。 硬式テニス部には大量の一年生が入ってくれたようで、これからがとても楽しみです! 写真で、僕が応援に行った医学部の大会の雰囲気を味わって下さい!

試合勝利のハイタッチ!
  
        
試合お疲れさまでした!
  
     
男女ともに3位!
  
      
同級生6人で
  
        
会場近くでのお祭り
   
   
 次回以降は、4月の留学についてご報告したいと思います! それでは、失礼致します。
 


家庭教師から大学受験生に一言「赤本を買おう!」

 仙台市で家庭教師をお探しの皆様、こんにちは。 「名門進学会」代表取締役の三沢やすしです。 お久しぶりです。

    
  
1. 合格のためには過去問演習を
 このサイトの中の「やすしの合格勉強法」でも述べているように、受験に合格するためには、『本試験と一番傾向が似ている問題である過去問を繰り返し解くこと』が、とても大事です。 合格のためには、必須と言っても過言ではありません。

2. 大学受験生には赤本が
 そして、大学受験生のためには、大学・学部別の過去問集(センター試験のものは科目別)として、いわゆる「赤本」が、安い値段で昔から出版されています。 「Amazon」や「ジュンク堂」・「丸善」など、書店で見て下さい。

「名門進学会」の赤本の一部
   
  
3. 3年生のはじめに1度過去問を解く
 大学受験生の皆さんは、必ず志望大学・志望学部の(センター試験を受ける方はセンター試験の分も)「赤本」を買って、高校3年生のはじめくらいに一度過去問を解いてみて、その出題傾向をつかんで下さい。

4. 出題傾向に合わせて勉強
 もちろん、その時点では、ほとんど出来なくて当たり前です。 ですから、出来具合は気にしないで、そのときから1年弱の間、志望校の出題傾向に合わせて絞った勉強をして下さい。 そうすれば、志望校の出題傾向が分からず1年間漫然と勉強した場合と比べて、大きく合格に近づくことが出来ますので。

5. 受験直前は何度も繰り返し解く
 上記のように、志望校の出題傾向を意識して絞った勉強を続け、本試験3か月くらい前になったら、今度は、赤本に載っている全ての年度の過去問を、繰り返し繰り返し解いて下さい。 出来ない問題が1つも無くなるまで、繰り返し解いて下さい。 そうすれば、安心して本試験に臨めます。

6. 年初の偏差値が多少足りなくとも
 このような勉強法を高校3年生の1年間取れば、3年生のはじめの偏差値が志望校合格に多少足りなくても、ガリ勉をしないで高い確率で合格出来ます。 このことは、三沢が、この「名門進学会」での指導経験から、太鼓判を押して保証します。 「赤本」を買って「過去問演習」、お試しあれ!
  


東北大学医学科生日誌23・FCバルセロナ & 救急科実習

 皆さん、こんにちは! 東北大学医学部医学科5年の岡田悠希です。

  
   
 少しずつ寒さも和らいできていますが、いかがお過ごしでしょうか。

1. FCバルセロナ
 さて、スペイン旅行記も今回で最後です。 今回はバルセロナと言えば、1,2番目に思いつくこと… そう、FCバルセロナです!!!

   カンプ・ノウスタジアムで観戦
 今回の旅行時期に運よく本拠地カンプ・ノウスタジアムでの試合があったため、観戦してきました! チャンピオンズリーグの、対戦カードは VS アーセナル!!

カンプ・ノウスタジアム(外側)
    
     
 スタジアムの外にあるオフィシャルショップもとても格好良くて、興奮しっぱなしです!

FCバルセロナ・オフィシャルショップ
  
   
 スタジアムの中に入ると…広い!!! 3階席まであって、なんと約10万人収容できるようです!

カンプ・ノウスタジアム内

  
 オフィシャルショップで買ったばかりのマフラーを身に着け、いざ観戦!

マフラーとともに
 
  
 この日はあいにくの雨でしたが、濡れることを嫌った人たちの席が空いていたのでどんどん前へ! コーナーキックもすぐ近くで見れました!

コーナーキックの場面
  
    
 試合は、メッシ、スアレス、ネイマールが得点し、3-1で快勝しました!

 前々回の投稿から色々と書いてきましたが、このスペイン旅行、機会があればもう一度バルセロナへ行きたいと思えるとても良い旅でした!

2. 救急科実習
 先週の実習は「救急科」でした。 救急科も麻酔科に続いて実習が一週間しかなく、あっという間に終わってしまいました。

 救急科は救急外来に来た患者さんの対応が仕事で、歩いてくる患者さんから救急車で搬送される患者さんまで、さまざまな疾患、重症度の病気を扱う必要があります。

 そのため専門性の高い診療科に比べ、救急科の先生方は全身の臓器を対象にした診療を臨機応変にする必要があり、総合力・判断力が必要とされます。

   1次から3次救急病院まで
 さて、少し話は変わりますが救急車で搬送される病院には大きく3つのくくりがあることはご存知でしょうか?  日本では、病院によって一次、二次、三次救急と分類されており、それぞれ主に軽症(帰宅可能)、中等症(一般病棟入院)、重症(集中治療室入院)の患者さんを扱います。

 大学病院は仙台市内で2つしかない三次救急の病院であるため、比較的重症な患者さんが集まりますが、患者さんの数自体は多くありません。

   救急隊員が搬送先を決めます
 救急車が呼ばれると、救急隊の方が車内で患者さんの重症度を評価し、どの病院へ搬送するかを決定します。 そのため、軽症の患者さんが「設備がいいので大学病院がいい」と言ってもなかなか希望が通ることはありません。

   搬送の現場も体験
 今回の救急科の実習では実際に救急車に乗って搬送の現場も体験させてもらいました。 僕がお世話になったのは、仙台市泉区にある八乙女消防署でした。

 18時~23時まで署内で待機し、出動要請があると救急車に同乗させていただきました。 初めての救急車でしたが…酔います(笑)。 救急隊も、大きな車で慣れない狭い道を走ることが大変そうでした。

   慌ただしい現場ではあっという間に
 結局電話があってから1時間以上経ってから病院の到着となりましたが、慌ただしい現場ではあっという間に時間が過ぎていました。 救急車を無料タクシーのように使う人も一部いるようですが、この現場を見ると改善しなければならない問題だと実感しました。

 その他にも準夜当直実習や、緊急臨時開腹手術の見学などもあり、とても充実した濃い一週間でした。 救急科の先生方、消防署の皆さん、大変お世話になりました。
     
それでは失礼いたします。
  


東北大学医学科生日誌22・スペインの食事 & 麻酔科実習

 皆さん、こんにちは! 東北大学医学部医学科5年の岡田悠希です。 雪は落ち着きましたが、まだまだ寒い日が続きますね。



2. スペイン旅行・食事編
 さて、前回のスペイン旅行記の続きです! 今回は、バルセロナの「食事」についてお届けしたいと思います!! ぜひ、ご覧ください。

   スペインと言えば「バル」
 スペインといえば、何といっても「バル」ですよね! 街中にはおしゃれな立ち飲みスタイルのバルが並んでおり、有名店では夜になると店の外まで人が溢れかえります。

 バルでは、カウンターに並んだ新鮮な食材を指さすだけでオーダーできるので、スペイン語は話せなくても全く困ることはありませんでした。

 せっかくですので、バルの料理がどのようなものか分かる下の写真3枚をご覧ください。

バルの写真3枚
  
  
  
  
    
   
   発泡ワイン「カヴァ」
 僕たちは、バルでは、「タパス」という一口おつまみと「カヴァ」というスパークリングワインを頼むことが多かったです。 コスパも非常によく、お腹一杯のタパスと気持ちよく酔えるだけのカヴァを頂いても、2人で1食1500円ほどでした!

 あまりにも気に入ったので、余ったお金はすべてお土産のカヴァにつぎ込みました!(笑)

カヴァ
    

   あとはパエリアを  
 あと、スペイン料理で有名なのは、やはりパエリヤでしょうか。 こちらも、本場のものは最高でした…!

地元有名店パエリア店にて
     
        
2. 麻酔科実習
 一ヵ月の長い外科実習が終わり、次の実習先は麻酔科でした。 麻酔科は一週間しか実習がないため、毎日新たな知識を詰め込む濃厚な毎日となりました。

   麻酔とは「鎮静・鎮痛・筋弛緩」
 そもそも麻酔とは「鎮静」「鎮痛」「筋弛緩」の3つの要素から成り立っており、先生方は患者さんの様子、手術の進行を見ながら3要素のバランスを調整していきます。

 使用する薬剤は麻薬や呼吸の筋肉まで停止させるものなので、一歩使用方法や投与量を誤ると患者さんに重大な不利益をもたらし、最悪の場合死に至ることもあります。

 そのため、麻酔科の先生方は、手術を一歩引いた場所から冷静に俯瞰し、手術を適切にコントロールして患者さんを守っています。

   毎朝8時から
 麻酔科の朝は早く、毎日8時よりその日手術のある患者さんのカンファレンスがあります。 毎日ほとんど会ったことのない患者さんの生命を握ることになるので、リスク管理がとても重要なのです。

 カンファレンスの後は手術室へ向かい、患者さんに生命活動のモニター類を装着したり点滴をつけたりして麻酔の準備をします。

   手術開始時に麻酔を
 手術が始まる際には麻酔を導入し、患者さんの呼吸が止まった後に気管挿管をして人工呼吸を開始します。

 その後は手術の様子を見つつ薬剤の量の調整や、必要な薬剤・点滴の追加など、手術が終わって患者さんが目を覚ますまで気の抜けない仕事が続きます。

   手術シミュレーターで
 学生もリアルな手術シミュレーターを使って麻酔の導入から覚醒まで体験するのですが、とても大変でした。

 刻一刻と変化する患者さんの容態に合わせて僕たちも対応しようとするのですが、そもそも麻酔の3要素の適正投与量もわからないうえに、たくさんの種類の薬剤からどれをどのように投与するかも決定しなければならず、輸血の判断も明確な基準を知らないため、右往左往してしまいました。

 バタバタしながらも、なんとか手術のシミュレーションは終えましたが、命を握る大変さを実感し、反省点もたくさん見つかりました。

   縁の下の力持ち
 一週間という短い間でしたが、普段意識してこなかった「縁の下の力持ち」の麻酔科の醍醐味に少し触れられた気がしました! 麻酔科の先生方、ありがとうございました!
    
 次回も実習と旅行の続きを書く予定です。 それでは失礼いたします。
  


東北大学医学科生日誌21・サグラダファミリア & 外科実習

 皆さん、こんにちは! 東北大学医学部医学科5年の岡田悠希です。

  
   
 実家の金沢では記録的な大雪が降り続いているようですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

1. 学生の春休みといえば…
 もう2月の中旬ですが、毎年この時期何をしていたのかなぁと考えると、「旅行」に行っていることを思い出しました! 大学生は長期の休みが多いので(医学部は他学部に比べると少ないようですが…)、思い切って海外旅行に行く人も多いです!

   海外旅行の写真を
 僕自身も昨年はカンボジア、その前はスぺインへ行ったのですが、本当に良い経験になったと思うので、今更ですが、旅行記&きれいな写真、を何回かに分けて投稿したいと思います。

2. 2016年 スペイン旅行(市街観光編)
 2016年は、友人とスペインへ行きました! スペインにはマドリード、バレンシアなど有名な観光都市もありますが、僕たちは王道のバルセロナに滞在しました。

 バルセロナ観光といえば、何と言っても「ガウディ」の建築の数々は外せません。

   サグラダファミリアをはじめ
 街中には「サグラダファミリア(聖家族)大聖堂」をはじめ、異様な存在感を放つきれいな建物が目白押しです。 一つ一つ説明するときりがないので、詳しい説明は省きますが、ぜひ写真だけでもご覧ください!

サグラダファミリア大聖堂・外観


サグラダファミリア大聖堂・内部


グエル公園


カサ・バトリョ


カサ・ミラ
  
      
 色とりどりのステンドグラスや曲線による建築が、特徴的です。 また、サグラダファミリア大聖堂は、着工後100年以上たつ今でもまだ完成していないのですが、なんと、さらに巨大な塔が建築されるようで、とても驚きました!
  
3. 大学病院での外科実習
 季節が逆になりましたが、前半のJCHO仙台南病院での実習が終わり、一月の後半は大学病院での実習でした。 前回も書きましたが、大学病院の外科では「肝臓・胆嚢・膵臓」グループに配属され、日常の診療業務や手術のお手伝いをしました。

 大学病院には医師の先生方が多く、一つのグループに7~8人ずついらっしゃいます。 胃腸が2グループ、肝臓・胆嚢・膵臓が2グループで合わせて4グループ、総勢30人ほどの先生方がカンファレンスの際には揃います。

   5時間ぶっ通しの総回診
 さらには、二週間に一回、移植・再建、乳腺、食道、血管グループの先生方も集まり、「総合外科」としての総回診もあるのですが、先生方はさらに倍に増え、倍の患者さんを見て回ります。 総回診は朝の7時半から始まり、なんとそこから5時間ぶっ通しです・・・

   長く大変な手術が
 手術自体はやはり大学病院ということもあり、難しい症例が集まります。 JCHOでは一つの手術が2~6時間ほどだったことに比べ、大学病院は最低でも6時間、長いものだと10時間を超える症例もありました。

   助手として参加
 学生は主に助手として手術に参加させていただくのですが、大学病院だと第3助手として入ることが多かったです。 仕事は主に術野を確保するための「鈎引き」をするのですが、ずっと同じ姿勢であるためとても疲れてしまいます。

 しかし、先生方はお昼休みもなく、学生が帰った後も手術が続くので、もちろん文句は言えません。 外科系の先生方は運動部出身の方が多いのですが、体力が必要とされる局面が多いからかもしれませんね。

4. 次は麻酔科の実習
 長かった外科での一か月の実習も終わり、次は麻酔科の実習です。 変則的に麻酔科やその次の救急科は1週間しかないのですが、とても大切な実習ですのでまた感想を投稿します!

 外科の先生方には大変お世話になりました。 ありがとうございました。
  


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.