家庭教師の仙台ブログ

家庭教師派遣会社社長の「成績が上がるシンプルな勉強方法」

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

  
  
 今日は、「大変な思いをして勉強しなければ成績が上がらないのでは?」と考えている皆さんのために、「シンプルなやり方で成績が上がる勉強方法」をお教えします。 成績UPに役立ちますので、最後までご覧下さい。

1. インプットとアウトプットを順番に
 皆さんは、勉強というと、「教科書を読む」とか「参考書を読む」といったインプットを最初に思い浮かべるかと思います。 勉強には、もちろんこれらの作業も必要ですが、インプットしたことを効率的に頭の中に定着させるためには、問題を解くなどのアウトプットも必要不可欠です。

   順番に繰り返す
 「インプットして・アウトプットして・アウトプットの間違いをチェックして」というサイクルを順番に繰り返すことにより、大変な思いをして勉強しなくとも、勉強した内容が楽に記憶として定着して、ぐんぐん成績が向上します。 以下にそのやり方の詳細を述べますので、皆さんもやってみて下さい。 そうすれば、必ず成績が上がります。

2. インプット:教科書を読む
 最初(1回目)は、教科書の単元全部をさっと読んで、全体としてどんなことが書いてあるのかざっくりとつかんで下さい。 2回目は、書いてある細かいことまで覚えるつもりで精読して下さい。 もちろん、この段階ではあまり覚えられないと思いますが、それでまったく構いません。

3. アウトプット:対応する問題を解く
 教科書を2回読み終わったら、次にその部分に対応した問題を解いて下さい。 使っている教科書に対応した問題集が手許に無ければ、すぐに書店で購入して下さい。 値段は、それほど高いものではありません。

4. アウトプットのチェック:間違えた問題を
 3.で問題を解いたなら、模範解答を見て答え合わせをして下さい。 これももちろん、この段階ではあまり正答率が高くないと思いますが、それでまったく構いません。 ただし、間違えた問題は、模範解答を3回書くなどして覚えるようにして下さい。

5. 上記サイクルを繰り返す
 4.を終えたら、2.教科書を読むに戻って下さい。 今度は、細かい部分まで頭に残るように3回繰り返して精読して下さい。 そうしてから、また対応する問題を解きます。

 そうして答え合わせをすれば、今度は大分出来ていることと思います。 この段階で模範解答を見てもどうしてその答えになるのか分からない問題は、学校の先生や家庭教師の先生に教えてもらって下さい。 
  


「子どもの学力」と「家庭の文化的資本」の関係

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。



 今日は、子どもの学力家庭の文化的資本の関係についてお話しします。 そして、このお話しを基に、親御さんがお子さんの学力を上げるために、「教育産業を利用すること」以外に出来ることを述べていますので、最後までご覧下さい。

1. 家庭の文化的資本とは
 まず、家庭の文化的資本とは、親御さんが受けた教育・家の中にある(雑誌ではない)書籍の数・教育への注力・家庭内での知性や教養を求める行動(お笑い番組などではない教養系のテレビを視聴する・家庭内で知的な会話を交わす、など)、などを指します。  

2. 2つの相関関係-教育社会学より
 大きな枠組みとしての社会学の中に、親の学歴や経済力などに由来する「家庭の社会階層」と「その子どもの学力」の関係を主な研究対象とする教育社会学というものがあります。

   書籍の数と子供の学力は
 この教育社会学によると、一般に「文化的資本が豊富な家庭の子供ほど学力が高い」という相関関係があるとされています。 その中でも特に、「家の中にある書籍の数と子供の学力の相関が高い」としています。

 その点では、僕も、裕福ではないけれど本が沢山ある家庭で育って内外2つの大学院(早稲田大学とSydney大学)に行っていますし、大学や大学院での学友たちもほとんどが本の沢山あった家庭で育っているそうです。

3. 子どもの学力を上げるために出来ること
 上述のことから、お子さんの学力を上げるためには、高いお金を払って教育産業を利用する他に出来ることが複数あることが分かります。 例えば、お子さんに知的な本を多く買い与えて読ませる他に、親御さんも知性や教養を得られるような本をたくさん読み、お子さんと努めて知的な会話を交わすことです。
 
 この他にも、普段視聴するテレビを娯楽系のものを減らして教育・教養系のものを増やす、休日はお子さんを連れて博物館や美術館に行く、などがあります。

   お金がそれほど掛からない
 このように、家庭内に豊富な書籍があり、親御さんも知性や教養を求めて努力する姿勢を示せば、それを見ているお子さんも自然と勉強するようになります(子は親の鏡です)。

 そして、これらのことは、教育産業を継続的に利用するよもりもずっと少ない費用で済みます(とは言え、当社は継続的に利用して頂きたいのですが(笑い!))。 加えて、お子さんにとっても「家庭内での学習が楽しくなる」など、良いことづくめの学力向上策です。
    


受験はあくまでも人生の通過点・失敗した場合の取り返し方

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。



 今日は、受験はあくまでも人生の通過点であり、失敗してもその後の努力で取り返せるというお話しをします。 長い人生の参考になりますので、若い方は最後までご覧下さい。

1. 卒業後の人生の方がずっと長い
 皆さんも知ってのように、大学を卒業するのは一般に20代前半から半ばです。 大学院まで行っても、せいぜい20代後半から30歳くらいまでには卒業して社会に出ます。 ですから、学生生活よりもその後の社会人生活の方がずっと長いことになり、この意味で学校及び受験はあくまでも人生の通過点に過ぎません。

 そこで、受験という人生の通過点で失敗した場合でも、それを取り返して、遥かに長い社会人生活を上手くやって行くための方法をお話しします。

2. 次の受験でリベンジ
 若い年齢での受験に失敗しても、入った学校で一生懸命勉強して次の受験でリベンジすることが出来ます。 日本の場合、学歴で問われるのは、ほとんどの場合どこの大学を出ているかなので、中学受験や高校受験での失敗を気にする必要はありません。
 
 また、大学受験で失敗しても、大学院で学歴をロンダリングする手があります。 例えば、僕の知人で、明治学院大学から東京大学大学院に合格した人がいます。

3. 就活でリベンジ
 もちろん、就職活動でも一流大学の学生が優遇されます。 しかし、学校名だけではなくコミュニケーション能力(面接ではかなりの程度これを見られます)や最終学校での成績も問われます。

 僕の知り合いでも、地方の中堅大学を出て一流大学出身者が多い地銀トップ行(例えば七十七銀行)に就職した人が何人もいます。 当然のことながら、こういった人たちは大学での成績が非常に良いです。

4. 資格を取ってリベンジ
 次に、司法試験や公認会計士・税理士などの試験に合格して、資格を武器に高収入を得るという生き方もあります。 もちろん、こういった難関の資格を取得出来れば、出身学校がどこであるかなどということは、その後の人生であまり問題では無くなります。

 そして、昔は難関と言われた司法試験や公認会計士試験も、今は合格者数が増えていますので、より良い社会経済生活のために目指してもよい資格かも知れません。

5. 公務員試験でリベンジ
 最後は、試験に合格して公務員になることです。 公務員の中でも国家公務員総合職(キャリア官僚)試験は、合格すれば即中央官庁に採用になる訳ではなく、採用になるためには東京大学出身者が圧倒的に有利です。

 しかし、地元の県庁や市役所などは、(地方)公務員試験に合格して面接などもそつ無くこなせば、出身学校に関係なくほぼ採用となります。 県庁は、どこでも旧帝大や早慶クラスの大学出身者が多いですが、これもどこでも地元の中堅大学からもある程度の人数が合格しています。
   


家庭教師派遣会社社長が教える「勉強する気になる方法」

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

 
 
 このブログをご覧の生徒さん達は、日によっては「今日は勉強する気がしないなあ!」などと思うことがあるかと思います。 そんな時に、勉強する気になる方法をお教えします。 皆さんの今後のために、ぜひ最後までご覧下さい。

1. まずは部屋を片付ける
 部屋が散らかっていては頭もすっきりせず、勉強する気にならないのも当たり前です。 まずは、部屋を片付けましょう。 特に勉強の道具は、必要なものをすぐに取り出せるようにしておきましょう。

 加えて、気を散らす原因となるゲーム機など遊びの道具は、見えないところに片付けてしまいましょう。 こうやって部屋をすっきりさせれば、気分もすっきりしてきます。

2. 簡単なことからやり始める
 次のステップとして、無理してでも勉強をやり始めて下さい。 やる気が出ないうちは、頭と時間を使わなくとも済む簡単なこと(例として、漢字を書いたり英単語を綴ったりする作業的な勉強)からやり始めます。 こうした簡単で作業的な勉強は、最初は嫌々でも、やり始めればばすいすいと具合よく出来るはずです。

   やり始めればやる気が湧いてくる
 簡単なことから勉強をやり始めて、それが上手く行けば自然とやる気が湧いてきて、次にもっと頭と時間を使う難しい勉強でもやれるようになります。 このように、簡単なことでもやり始めればやる気が湧いてくることを、脳科学の用語では作業興奮と言いますが、これを皆さんの勉強に利用するのです。

3. 試験の時も「2.」の方法で
 入学試験などの際に、緊張していて解答に取り掛かろうとする気力が少し削がれている時にも、上記「2.」で述べた方法が使えます。 最初に全部の問題を見渡して、自分が一番楽に解ける問題(数学は、最初の計算問題であることが多いです)からやり始めるのです。

 そうやって上手く解答していけば、次第に自信とやる気が回復してきて、残りの難しい問題にも立ち向かえるようになります。 このことは、入学試験などに合格するための大事な知識の1つですので、覚えておいて下さい。
   


仙台市「東北大生家庭教師」採用試験&面接の内容は?

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

 
 
 今日は、当社が、家庭教師に応募してきた東北大学の学生さんたちに対して行っている採用試験&面接の内容についてお話しします。 当社の先生の質が仙台No.1である理由がよく分かりますので、家庭教師の依頼を考えておられる親御さんには最後までご覧頂ければと思います。

1. まずは求人から
 当社の場合、求人はリクルート社のタウンワーク(紙媒体ではなくインターネットの方)に出しています。 高い時給(当社は、お客様から頂く時間単価と先生に支払う時給の差額が業界最低クラスです。)を提示しての募集なので、沢山の東北大生が当社の求人に応募してきます。

   求人をしていない時でも
 また、求人を出していない時期でも、医学科の学生さんを中心に「家庭教師として採用してもらえませんか?」という問い合わせがよく来ます。 当社のこのホームページが、東北大学の学生さんをそそらせるのでしょう。

2. 厳密な採用試験
 次に、応募してきた東北大生に対しては、厳密な採用試験(筆記試験)を行います。 コロナが盛んになってからは筆記試験を郵送で行っていますが、自宅での解答なので時間を掛けられる分、以前よりもずっと難しい問題を解いてもらっています。

   英語はHarvard Business Reviewから
 たとえば英語は、僕が読んでいたHarvard Business Reviewから出題しています。 20歳前後の海外経験の無い学生さんにとっては少し難しいかなと思っていたのですが、さすがに旧帝大の学生さん達だけあって、東北大学の学生さんの過半数が大体出来ています。

3. 手間を掛けた面接
 2.の採用試験に無事合格した応募者には、Zoomを用いてオンライン面接を行っています。 学生さんたちは、皆さん、緊張しているのか表情が少し硬いです(秀才とは言え、若い人達ですから当然のことです)。 それで、最初は部活やサークル活動の話しなどを聞いてその緊張をほぐし、それから志望動機どのように指導したいのかなど、肝心なことを聞き出しています。

   学生証をチェック
 また、高い時給を提示して求人を出すと、東北大生でないのに「東北大生です。」と言って応募してくる人(学歴詐称者)が当然何人もいます。 そこで、当社では、面接の際に東北大学の学生証を見せてもらっています。

   人相や表情もチェック
 それらに加えて、人の内面はその人相や表情に出てくるので、オンライン面接の際には穏やかな人相か表情ににこやかさがあるかなどもチェックして、採否の判定材料の一部としています。 余談ですが、この目的のために38インチの大きなモニターを使用しています。

4. 手間を掛けて採用しているので
 当社では、上記2. 3.のように手間を掛けて、家庭教師の先生として最適な東北大生を採用しています。 この結果、当社の先生の指導を受けた生徒さんは高い確率で成績が上がり、当社サイトのトップページに記載しているように、85%以上が第一志望校に合格しています。
      


家庭教師派遣会社社長が語る:模試の合格可能性判定の信頼性

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

  
  
 今日は、模試の合格可能性判定の信頼性について考えてみます。 後半に合格可能性を高めるための勉強方法も述べていますので、受験生とその親御さんは最後までご覧下さい。

1. 模試と本試験では出題の傾向が違う
 模試の合格可能性判定は必ずしも当てになるものではありませんが、その大きな理由の1つとして、「模試の問題と本試験の問題の傾向が違う」ということが挙げられます。

   一般的な模試では
 まず、特定の学校に焦点を合わせた訳ではない一般的な模試(一般的で受験者数も多い「大学受験生向けの全国模試」など)と特定の学校の本試験では出題の傾向が違って当たり前です。 まるっきりその傾向が違うことも、よくありますす。

   出題者が違うので
 また、みやぎ模試のように宮城県の高校入試に焦点を合わせた模試でも、当然のことながら、模試の問題作成者は本試験の問題作成者とは別人です。 それで、本試験の傾向に合わせて出題しようとしてもその人のクセが出るので、模試の問題は本試験の問題とはある程度傾向が違ってきます。

 このように、本試験と模試では出題の傾向が違うので、模試の合格可能性が必ずしも本試験には当てはまりません。 そこで、模試の結果に振り回されずに「本試験の合格可能性を高めるための勉強方法」を以下に述べます。

2. 合格可能性を高める勉強方法
 その勉強方法とは、今春受験ならば、今日から入試前日まで「過去問」を解きまくることです。 本試験と一番傾向が似ているのが、同じ学校が過去に出題した問題である「過去問」です。 この「過去問」は、今年の本試験と出題者まで同一ということがよくあります。

   過去問を解きまくれば
 このように、「過去問」は本試験と同一の学校・そしてかなりの程度同一の人物が出題しているので、今年の本試験の出題傾向もその学校の過去問のそれと似てきます。 ですから、そういう「過去問」を解きまくれば、模試の成績があまり良くない生徒さんでも本試験の合格可能性を大きく高めることが出来ます。

   出来ない問題が無いように
 この勉強で、「過去問」は、本試験の前までに出来ない問題が無いように何度も繰り返して解いて下さい。 解答を見てもよく分からない問題は、学校の先生や家庭教師の先生にどうしてそうなるのをか教えてもらって、分からない部分が無いようにしておいて下さい。

(注)僕は、このブログで、何度も繰り返して「過去問」を解きまくるように言っています。 その理由は、合格のためには、一般的な学力がついている他に、本試験の出題傾向に十分に慣れておくことが非常に重要だからです。
      


家庭教師派遣会社社長の「無駄な勉強無しで合格出来る方法」

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。
 
  
  
1. 第一志望校合格率85%以上
 今日は、無駄に長い時間勉強すること無しに入学試験に合格出来る方法をお教えします。 僕は、この方法によって、短時間の勉強で、早稲田大学政治経済学部の大学院とそれまで何の知見も無かった10の資格試験に合格しています。
 
 また、当社の生徒さんは、この勉強法を取ることによって、ガリ勉しないで85%以上の高い確率で第一志望校に合格しています。 このように、志望合格に直結する勉強法ですので、皆さんも最後までご覧下さい。

2. 早い時期に過去問を解く
 その方法はとても簡単で、まず、受験年度の4月など早い時期に志望校の過去問を1年分解くことです。 もちろん、大部分の人はほとんど解けないと思います。 でも、それでよいのです。

 過去問を解けば、その時点ではほとんど解けなくとも、自分が志望する学校がどのような問題を出したのか大体分かるはずです。 このように、早い時期に過去問を解くのは、志望校の出題傾向を把握するためです。

 (注)志望校の本試験と一番傾向が似ているのは、別の組織が作成した模試の問題ではなく、同じ組織(かなりの程度同じ人物)が過去に出題した問題である過去問です。 なお、過去問集は、Amazonの通販や丸善・ジュンク堂などの大きな書店で買えます。

3. 的を絞った勉強をする
 1.のようにして志望校の出題傾向を掴めば、その後は一般的な勉強ではなく志望校に的を絞った勉強が出来て、無駄な勉強をしないで済みます。 そうすれば、勉強時間を節約できるとともに、勉強の効率を上げることが出来ます。 特に、勉強した内容を記憶する効率を上げることが出来ます。

   時々志望校の過去問を解く
 そして、この段階での的を絞った勉強(4月から年末まで)をしている最中でも、時々志望校の過去問を解いて下さい。 これは、志望校の傾向を忘れないで効率的な勉強を続けるためと、アウトプットをして勉強してきた内容を確実に記憶に定着させるためです。

4. 直前期は過去問を解きまくる
 年明けから入学試験前日までは、手に入るすべての年度の過去問を何度も解いて、出来ない問題が無いように仕上げて下さい。 過去問集についている解答や解説を見ただけでは分からない問題は、学校の先生や家庭教師の先生・塾の先生などに教えてもらって下さい。

 このようにして準備すれば、志望校に合格出来るだけの学力は確実に着いているはずです。 また、それに加えて、自分は出来るんだという自信と精神的余裕を持って入学試験に臨めます。
   


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.