家庭教師の仙台ブログ

東北大生家庭教師日記50・前期試験のご紹介

 みなさん、こんにちは! 「名門進学会」家庭教師で東北大学医学部医学科2年の谷口毅樹(たにぐち たけき)です。

  

  勉強に没頭のためご無沙汰しました!  
 前回のブログからスパンが空いてしまいました。 大変申し訳ありません。 少しだけ言い訳をします。 前期で一番重い試験があったのです。 留年ファクターとも言われている科目だったので、勉強に没頭していました。 ということで、今回は前期に行われた試験の紹介を致します。

1. 解剖学中間試験
 2年生1発目の試験は、解剖学でした。 解剖学はどんなことを勉強するかイメージしやすいと思いますが、とにかく覚えることが無限にあります。 全身の臓器・組織・血管・神経・筋肉の名前を日本語、英語で覚え、さらにそれらの役割や場所、形なども逐一覚えなくてはなりません。
 
  中間と期末に分かれているので
 そのために、解剖学の試験は中間試験と期末試験に分かれています。 これは、不幸中の幸いといったところでしょう(笑)

 皆さんにも、一部のレジュメをお見せします。 ご覧下さい。

解剖学のレジュメ1


解剖学のレジュメ2
   
         
  上記2枚は手の筋肉  
 この2枚の写真は、手のひらの筋肉に関するレジュメです。 手のひらだけでこれほど筋肉があります。 そして、僕が緑マーカーを引いているところは、全て覚えなくてはなりません。 まず、聞いたことのない筋肉と骨が勢ぞろいです(笑)

 手は、覚えることも少なく覚えやすい方ですが、他の部位はもっと大変です。 ゾッとしますね・・・

2. 組織学 
 次に行われた試験は、組織学でした。 どんな学問かというと、解剖学がマクロな勉強に対して、組織学はミクロな勉強といえばわかりやすいでしょうか?

  組織学は留年ファクター
 組織学自体は解剖学より分量が少ないので楽なのですが、留年ファクターとして恐れられているため、みんな必死に勉強します。 というのも、1回目の本試験で不合格になった場合、再試験を受けるのですが、再試験の問題が全て英語になる上に回答も英語が義務づけられるために、非常なハードモードになるのです。

  プレパラート試験も
 組織学は、同じ日に筆記試験とプレパラート試験というのがあります。 プレパラート試験というのは、顕微鏡で組織を観察して、どの臓器なのか?何細胞なのか?というのを同定する試験です。 少しプレパラートを紹介しましょう。

プレパラートの例
  
        
  上の写真は小腸のもの
 このプレパラートが、何という臓器のものかわかりますか? 答えは、空腸(小腸)です。 蛇行している突起みたいなものがとても特徴的なので、空腸とわかります。 空腸はとてもわかりやすい方なのですが、何度見ても区別しにくい臓器もあります。 テスト前は顕微鏡の前でにらめっこをしていました(笑)

3. 生理学中間試験
 つい先日行われたのが、生理学の試験でした。 生理学は、学問としては非常に大事で難しいのですが、東北大学の生理学の教授は学生に優しいため点数を取りやすい試験にして下さいます。 唯一厳しい点は、組織学の試験日と近いことです。 組織学が終わって休憩する暇もなく、生理学の試験がやってくるので、体力的にきついのです・・・

  7月だけでこの後3つ試験が
 今回は、この辺りでおしまいにします。 医学部2年生の大変さが伝わってくれたら、嬉しいです。 まだまだこの後も、7月だけで3つ試験があるため、紹介していけたら良いなと思います。 最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。


東北大生家庭教師日記49・新歓&解剖

 皆さん、こんにちは! 「名門進学会」家庭教師で東北大学医学部医学科2年の谷口毅樹(たにぐち たけき)です。

  

1. テストがあったため  
 前回のブログから間が空いてしまいました。 大きなテストがあったために、書けませんでした。 今回は、最近の生活を紹介します。 皆さんも4月から新たな生活が始まっているかと思いますが、慣れるまで大変ですよね。 僕たち大学生も、イベントやテストに追われて大変なのです。

1. 新歓代表
 以前のブログで紹介ましたが、4月の医学部のビッグイベントといえば新歓(新入生歓迎)です。 僕が所属しているヨット部も、本気の新歓の末、目標としている人数の新入生を確保することができて、ホッとしています。

新歓
 
  
 ただ、精神的・身体的疲労も凄まじくて、体調を崩したほどでした。 というのも、僕にはもう一つ新歓に関するお仕事がありました。 それが、新歓代表です。 新歓代表というのは医学部全体の新歓を統括し、オリエンテーションの進行をする役割です。

   40近い医学サークルをまとめて
 一言で言ってしまえば、とても面倒なお仕事でした。 医学部のサークルは、40近くあります。 それらを管理して連絡を取り、無事に進行させるというのは、とても大変でした。 それに加えてヨット部の主務でもあるため、ヨット部の新歓もうまく進めなくてはいけない。 激務です(笑) でも、集団をまとめるという貴重な経験をさせてもらって、ある意味充実した時期でした。

2. 解剖始まる 
 いよいよ、医学生といえばという「解剖学」が始まりました。 僕たちはまだ医者ではありませんが、守秘義務というのがあります。 そのため詳細な話などはできませんが、少しだけ紹介します。

解剖学のテキスト
 
  
   謝りながらメスを
 僕たちは、献体の意思表示をして下さった方のご遺体をお借りして、解剖を行います。 初めてご遺体と対面した時の緊張は、なかなかのものです。 いよいよメスを入れる時には、さらに緊張します。 「ごめんなさい ごめんなさい。」と言いながらメスを入れたのを覚えています。

   精神的に少しおかしくなって
 今でも、解剖の最中は、精神的に少しおかしくなった状態で行なっていたと思います。 当然ですよね。 亡くなったといえども、人の体に刃物を入れるわけです。 「おかしくなって当然だ!」と先生もおっしゃっていました。
 そして、覚えなければならない量も尋常ではありません。 とにかく、人体の部位を日本語・英語で暗記しなくてはなりません。 医者になるって、過酷なのです(笑!)
  
3. ゴールデンウィーク
 皆さん、ゴールデンウィークはどうでしたか? 僕は、ほぼ全て部活でした。 ある意味、1日も無駄にすることはなかったので、充実していました。 10連休のうち1日だけオフになったので、僕が好きなアイドルの握手会に行きました。

アイドルの握手会
 

   息抜きも大事 
 ストレスフルな生活で、こうした息抜きはとても大事です。 かわいい人を主観的に定期的に眺めることは、脳科学的にも大変良いことみたいです。 皆さんも、息抜きを大事にして勉強してくださいね!

 今回は、この辺りで終りにします。 次回は、解剖学のテストについて紹介します。 最後まで読んで頂き、誠に有り難うございました。
 


仙台市・家庭教師お薦め:「高校英熟語参考書」×2

 仙台市で家庭教師をお探しの皆様、こんにちは。 「名門進学会」代表取締役の三沢やすしです。

 
  
1. 覚えやすい参考書をご紹介!
 今日は、高校生が英熟語を身に付けるための参考書2冊をご紹介します。 2冊ともただ闇雲に熟語を羅列してあるのではなく、高校生が覚えやすいように(人間の頭で覚えやすいように)、それぞれ工夫されたものに仕上がっています。

  まずは2冊とも買ってみて
 下記の参考書はどちらも安いものですので、2冊とも購入することをお勧めします。 取り敢えず両方買って、ある程度使ってみて、それから自分に合う1冊を愛用すれば良いかと思います。

2. 速読英熟語

温井史朗著
Z会・税別900円

同目次


同中身1・利用法ページ


同中身2・英文和訳ページ


同中身3・熟語解説ページ


  文章中で熟語を覚える
 この本では、ある程度長さのある英文(各1ページ)の中で、英熟語をいくつかずつ覚えるようになっています。 これに対して、熟語だけを抜き出して覚えようとすると、その単調さに間もなく挫折してしまいます。 また、それでは熟語の用法も身に付かず、その知識を英作文には活かせません。

  理にかなった参考書
 ですから、この本のように「英文中で熟語を覚える」ということは、非常に理(人間の頭脳)にかなっています。 変化に富んだ英文を読んでいくので飽きないし、もちろん熟語の用法も身に付きます。 高校生の皆さんは、是非これをやってみて下さい。

3. システム英熟語

霜康司・刀祢雅彦著
駿台文庫・税別1,000円

同目次


同中身1・利用法ページ


同中身2・基本語ページ


同中身3・熟語ページ


  基本語毎にまとめて覚える
 この本の特徴は、「基本動詞(come, go, getなど)や前置詞(on, in, atなど)・副詞(out, upなど)など」基本語毎に熟語をまとめて、非常にシステマチックに覚えられるようにしてあることです。
 
 これは、無意味に熟語が羅列されているよりは遥かに覚えやすく、また、「一旦覚えたら忘れにくい!」といったとても良い参考書になっています。

  精神力は必要だが
 もちろん、1つの単語(基本動詞など)毎に沢山の熟語を覚えなくてはならないので、精神力は必要となります。 ただ、同じシリーズ(前回ご紹介)の「システム英単語」よりは、ずっと挫折しづらいので、この本もお薦めです。
 


仙台市・家庭教師お薦め:「高校英単語参考書」×2

 仙台市で家庭教師をお探しの皆様、こんにちは。 「名門進学会」代表取締役の三沢やすしです。

  
 
1. 単語は文章の中で覚える  
 今日は、高校生が英単語を身に付けるための参考書2冊をご紹介します。 いずれの本も、「単語は文章の中で覚える・用法も一緒に覚える」という方針のもとに書かれており、当社の方針や僕の経験(オーストラリアNo.1の「シドニー大学大学院」に公費で留学しています。)とも合致します。

  まずは2冊とも買ってみて
 下記の参考書はどちらも1,000円前後と安いものですので、2冊とも購入することをお勧めします。 取り敢えず両方買って、ある程度使ってみて、それで自分に合う1冊を愛用すれば良いかと思います。

2. 速読英単語

風早寛著
Z会・税別900円

同目次


同中身1・活用法ページ


同中身2・英文和訳ページ


同中身3・単語解説ページ


 この本では、ある程度長さのある英文(各1ページ)の中で、単語を数個~10数個ずつ覚えるようになっています。 この「名門進学会」のサイト中「やすしの合格勉強法」にも書いたように、単語だけを抜き出して覚えようとすると、その単調さにすぐ挫折してしまいます。 また、更に具合の悪いことには、その勉強方法では単語の用法も身に付きません。

  理にかなった参考書
 ですから、この本のように「英文中で単語を覚える」ということは、非常に理にかなっています。 変化に富んだ英文を読んでいくので飽きないし、もちろん単語の用法も身に付きます。 是非やってみて下さい。

3. システム英単語

霜康司・刀祢雅彦著
駿台文庫・税別1,000円

同目次


同中身1・利用法ページ


同中身2・フレーズ・ページ


 この本は、Amazonでもよく売れています。 この本の最大の売りは、前書きにもあるように、最小限のフレーズ(著者たちは、ミニマル・フレーズと称しています)の中で単語の意味と用法を覚えられることです。

  効率的でかつ用法も
 単語を抜き出して覚えるよりは用法も覚えられるこの本の方がずっと良いですし、上記 1. のような長文中で覚えるよりも効率的です。 ただし、黙々とフレーズのみを読んで覚えていくのはつらいので、1. と違い、挫折しないためにはかなりの精神力を要します。
  


仙台市・家庭教師お薦め:「早期過去問勉強法」

 仙台市で家庭教師をお探しの皆様、こんにちは。 「名門進学会」代表取締役の三沢やすしです。

 
 
 今日は、受験生の皆さんに、「早期過去問勉強法」のお話をします。 志望校合格に直結しますので、ぜひ最後までご覧下さい。

1. 「早期過去問勉強法」とは?
 「早期過去問勉強法」とは、3年生(受験学年)の早い時期に過去問を解く勉強法のことです。 一般的に、過去問演習は受験が近くなってから行いますが、それでは、そこに至るまでの勉強の効率が良くありません。

   的を絞って効率的に勉強出来る
 それに対して、早い時期に過去問を解いてみれば、本試験でどのような問題が出されてきたのかが早い時期によく分かり、その後的を絞った効率的な勉強が出来ます。 漫然と受験勉強を続けるのと、本試験の傾向を知って的を絞った勉強を続けるのとでは、その効率がまるっきり違い、合否に大きく影響します。
 
 まだほとんど解けなくとも構いませんので、この時期に志望校の過去問を解いて出題傾向をつかんで下さい。 騙されたと思って、過去問を解いてみて下さい!

赤本・センター試験英語
 
 
同中身1
 
 
同中身2


赤本・東北大理系
 
 
同目次
 
 
同中身
 
 
2. 過去問とは
 順序が逆になりましたが、過去問とは、志望校で過去に出題された問題のことで、大学受験のものなら上記のいわゆる「赤本」、高校受験のものなら仙台市内の大手書店で買えます。

   過去問が本試験と一番似ている
 当該年度の本試験と一番傾向が似ているのは、同じ学校(多くは出題者も同じ)の過去問です。 これに対して、模擬試験などの問題は、出題する組織も出題者もまるっきり違うので、あまり本試験と似たものとはなりません。 こうしたことから、過去問を解くことが一番の本試験対策となります。

3. その後も時々過去問を!
 早い時期に過去問を一度解いたらば、その後勉強を続ける中でも時々過去問を解いて下さい。 勉強を続けていく良い刺激にもなりますし、更なる効率的な勉強にもつながりますので。
 


東北大生家庭教師日記48・TEDxイベント’19/04/21

 「名門進学会」家庭教師で、東北大学理学部宇宙地球物理学科3年生の榎本晴日です。

  
  
「TEDxTohokuUniversity」をご紹介します
 今日は、4/21(日)に東北大学で行われたTEDxイベントについてご紹介します。

A. 全ての参加者
    
 今年は、東北大学総長の大野先生も来て下さりました。

1. TEDxとは?
 「TEDからライセンスを交付されたオーガナイザーが、独自に開催場所に合ったイベントを行うことができるシステムです。 その地域にコミュニティを発足させ横のつながりを生むことや、その地域にしかないアイデアを掘り出すものになります。」 —-TEDxサイトより引用

  初めて運営チームに
 東北大学にもTEDxの団体があり、今年で3年目になります。 私は、今回、運営チームとして初めて関わらせて頂きました!
    
B. TEDx発表者
  
  
2. 運営チームの様子
 運営チームは、登壇するSpeakerを選び指導するSpeakerチームや、当日のスピーチの同時通訳を行うTransrationチームなど7つのグループに分かれています。

  Audienceチームに所属して
 そして、私は、その中で参加者同士の交流を深めるAudience チームに所属していました。 その中でも、生協とのやりとりを仲介したり、お弁当や懇親会の手配をしたり、業者と運営チームをつなぐことをしていました。 留学生が多いコミュニティだと、日本人はこういった仕事を任されやすいです。

C. TEDxのTシャツ
  
  
  英語に一苦労
 運営チームは留学生がほとんどなので、会議は全て英語で行われます。 日本人の運営メンバーも、英語に慣れている人が多いです。 私は、受験英語のみで生きてきたので苦労しましたが、その分成長できたと思います(笑!)。

D. TEDxを見聞する人々
  
  
3. TEDに興味を持ったきっかけなど
 私は、もともとTEDtalkを見るのが好きなので、TEDxにも興味を持ちました。 昨年度は参加者としてこのイベントに参加したのですが、目の前でSpeakerが話すのは部屋で動画を見ているよりも何倍も迫力があり感動しました。
  
  懇親会もあって
 また、イベント終了後に懇親会があり、さっきまで登壇していた方々とお話しできる機会があるのも素晴らしい事です。 何かについて真剣に考え努力している人と話すと、私も頑張らないとという気持ちにさせてくれます。

E. Speaker・運営チーム・顧問の先生
  
  
4. 運営チームに入って感じたこと
 今年は運営チームに関われて、とても良い経験になりました。 運営チームに入って分かったことは、「こういった留学生に関わるようなコミュニティにいる日本人は、ある程度固定されている。」ということです。
 逆に言うと、TEDxに所属している日本人学生は、結構な割合で他の留学生交流コミュニティに属しているということです(私は、他には所属していませんが)。

  英語が上手で意欲的な人が
 「こういった活動に興味を持つ学部生は、案外少ないんだな!」という印象を持ちました。 その分、集まってる日本人は、総じて英語が上手で、意欲的な人が多かったです。

 来年度も、運営チームに関わりたいと思っています。 来年度はどんなイベントになるか、今から楽しみです。

それでは!
  


東北大生家庭教師日記47・カリフォルニア観光

 「名門進学会」家庭教師で、理学部宇宙地球物理学科3年の榎本晴日です。

   
      
  カリフォルニア観光をご紹介   
 今回は、春休みの海外研修についての3回目の記事、「土日のカリフォルニア観光」についてご紹介します^^ 2週間の研修のうち、観光に使える土日は1回のみでしたが..気合いで色んなところに観光してきました。 土曜日は主にシリコンバレーを、日曜日はサンフランシスコを観光しました。

1. 土曜日のシリコンバレー観光

A. INTEL本社前にて
  

  シリコンバレーには有名企業のオフィスが   
 土曜日は、シリコンバレーを回りました。 シリコンバレーには、AdobeやGoogle、Facebookなど有名な企業のオフィスが沢山あります。 産業の中心としてシリコンバレーは余りにも有名ですが、個人的にはシリコンバレーという存在が遠すぎて、ぼんやりと幻の大地のように捉えていました。(笑)

  同じ地球上にある
 それが、実際に行くことで、日本から連続した地球上にあるんだな…と分かり、初めてその存在を信じられるようになりました。 土曜日に観光したので、オフィスはどこも空いていなかったため、実際に働いている風景を見ることは出来ませんでしたが、オフィスに併設した博物館やお店がありました。


2. 日曜日のサンフランシスコ観光
 日曜日は、サンフランシスコを回りました。 サンフランシスコは、1日だけでは回りきれないほどたくさんの観光地がありました。 私は、アルカトラズ島の刑務所のツアーと、サンフランシスコバレエ団を観劇しました。

  連邦刑務所があった
 アルカトラズ島は、サンフランシスコの港から船で10分くらいの島です。 ここには、かつて脱獄不可能と謳われた連邦刑務所がありました。 しかし、1961年に3人の受刑者が脱獄に成功し、現在では刑務所は閉鎖され国営の観光地となっています。

B. アルカトラズ島からの眺め


 星条旗がはためき、いかにもアメリカらしい眺めです。

C. 脱獄囚が作った囮の人形
 

 上の写真は、脱獄囚が脱獄の発覚を遅れさせるために作った人形です。 石鹸と紙と毛髪で出来ているようです。

D. 刑務所の建物とカモメ
  
   
 アルカトラズ島には大量のカモメが住んでおり、気持ち良さそうに飛んでいました。 刑務所の展示には悲惨な歴史もあり、絶望の感情が漂うような建物と、自由に空を飛ぶカモメがとても対照的に写って、なんとも言えない気持ちになりました。

  Sleeping Beautyを観ました!
 もう一つの楽しみ サンフランシスコバレエ団。 私はクラッシックバレエが好きで、見るのも踊るのも好きです。 今回は初めて海外でバレエを観る機会がありました。 演目はSleeping Beauty(眠れる森の美女)で、古典でした。

E. 開演前のバレエ劇場
 
  
 バレエの演目自体もとても迫力があって刺激的でしたが、今回それ以上に印象的だったのは劇場の宮殿のような威厳と、観にくる人々の楽しみ方です。

  オペラハウスは豪華
 日本のバレエの公演では四角い箱のような会場が多いですが、演目が行われたサンフランシスコのオペラハウスは豪華そのものでした。

 また、バレエを観にくる人々も、演目前からワインを飲んだり食事を楽しんだりしていて、ゆったりと楽しんでいました。 ファミリーで楽しんでいるグループも多かったです。 日本よりも、バレエが休日のエンターテイメントの選択肢として受け入れられているのかな、と感じます。

 2日のみの休日の中にこれでもかと詰め込んだ、充実した観光でした。

  Uberのおかげで安全に
 最近アメリカではUberが普及していて、クレジットカードを登録しておくとアプリで自由にタクシーを呼ぶことが出来ます。 英会話に自信が無くても、行きたい場所をピンで指定するとそこまでの道順を考え、近くにいるタクシーに連絡をしてくれます。

  乗り合いプランは安い
 プランによっては乗り合いもあり、その場合は非常に安価で($2程度)利用することが出来ました。 友人と女子2人で行動することに少し不安がありましたが、Uberのおかげで安全に旅することが出来ました。

 日本ではタクシー会社がまだ主流ですが、規制が緩和されれば、これからUberのような一般車両を繋ぐサービスや複数人でのタクシー乗り合いが増えるのかもしれません。
   


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.