家庭教師の仙台ブログ

仙台市・家庭教師派遣会社社長が読む「Harvard Business Review」

 仙台市で家庭教師をお探しの皆様、こんにちは。 「名門進学会」代表取締役の三沢やすしです。

 
  
 今日は、世界的な名門の経営大学院「Harvard Business School」が出している権威あるビジネス誌「Harvard Business Review(HBR)」について、受験生にも大いに関係がある、その「メンタル・タフネス」の本を読了した感想をお話しします。

1. HBR書籍:Mental Toughness

2018年発行・US$24.95(Amazonで2,200円くらいで購入)

裏表紙


目次


中身1


中身2
 
  
   精神的に強くなるための本です!
 この本には、「困難な状況に直面しても、挫けずに回復(Resilience)出来る」ようにするためには、どのようにすれば良いかが書いてあります。 その高い授業料にもかかわらず、世界中から秀才を集めている「Harvard Business School」が出している本らしく、とても具体的・実践的で、読者の役に立つ内容になっています。

   頭の良い人たちが書いているので
 また、この本の著者は、HBS(Harvad Business School)の教授やポジティブ心理学の泰斗として有名なマーチン・セリグマン、など、とても頭の良い人たちばかりです。 ですから、難しいことでも分かりやすく、かつ、プレーンな英語で書いてあります。 その結果、未熟な僕でも、この本をすらすらと読めました。

2. Contents(目次)
  1. How the Best of the Best Get Better and Better

  2. Crucibles of Leadership

  3. Building Resilience

  4. Cognitive Fitness

  5. The Making of a Corporate Athlete

  6. Stress Can Be a Good Thing IF You Know How to Use It

  7. How to Bounce Back from Adversity

  8. Rebounding from Career Setbacks

  9. Realizing What You’re Made Of

  10.Extreme Negotiations

  11.Post-Traumatic Growth and Building Resilience

3. 受験生に役立つコンテンツとその概略
  1. How the Best of the Best Get Better and Better
 この章では、一流の人物(The Best)が更なる結果を出す(Get Better)ための方法を記載しています。 1.プレッシャーを愛してそれに耐え、 2.長期的視点に立ち、 3.競争を利用して自分を高め、 4.自分自身に再投資して、 5.そして、その結果得られた勝利を祝いなさい、 と述べています。

 そして、最後に、「勝利への強い意思」を持って、「粘り強さと勇気を持って、厳しい戦いを最後まで戦い抜く。」、ことが肝要である、としています。

  2. Cognitive Fitness
 この章では、「認知能力(Cognitive)」を「健全に保つ(Fitness)」ための方法を述べています。 また、右脳と左脳の働きを簡潔に記しています。

 フィットネスの方法としては、1.馴染みのない場所に出かけて環境を変える、 2.面白い本を読む、 3.頭を使うゲーム(チェスやブリッジ、数独など)をする、 4.自分が何を知らないかを見つける、 5.知らない土地・場所に旅行をし、現地の人々と交わる、 6.ノートを取って時々読み返す、 7.新しいテクノロジーにトライする、 8.新しい言語や楽器を習う、 9.そして、ひたすら運動する、 などを挙げています。

  3. Stress Can Be a Good Thing If You Know How to Use IT
 この章では、ストレスも、「適切に対応すれば、心や体の成長期役立つ。」と記しています。

 そして、対応する方法として、以下に、1.ストレスを観察して認識する、 2.「ストレスに感じるのは、自分にとって重要な出来事だからである。」と覚知する。 その覚知が、モチベーションの源泉になるから。 3.ストレス反応が自分の心と体を強くするのに役立つので、それを利用しなさい、 の3ステップを挙げています。

    受験生の皆さん、もう一息です!
 受験生の皆さんは、当然、受験勉強やその先にある入学試験に強いストレスを感じて、日々を過ごしていることと思います。 でも、それを乗り越えれば、希望に満ちた新生活と更に強くなった自分が待っています。 それまで、もう一息です。 どうか、最後まで頑張って下さい。
 


東北大生家庭教師日記53・医学科2年後期は地獄!

 仙台市の皆さん、こんにちは! 「名門進学会」家庭教師で東北大学医学部医学科2年の谷口毅樹(たにぐち たけき)です。

  
   
1. 寒くなりましたが
 お久しぶりです! だいぶ寒くなりましたね。 ただ、これでも、今年は暖かい方だと思います。 この時期に海に行くと、寒くて全身震え始めるのですが、今年はまだそこまでの寒さではないようです。 でも、季節の変わり目は体調を崩しやすいので、気をつけて下さいね! 

 さて、今回のブログは、僕が最近勉強していることについて、ご紹介します。

2. 2年生の後期は地獄!
 全国のほとんどの医学部に共通して言えることですが、2年生のカリキュラムは地獄です。 東大、京大、千葉大といった一部の大学を除いて、最初の難関が2年生なのです。

 以前ご紹介した基礎医学というものを勉強しているのですが、2年生に重い科目が割り当てられています。 受験生の時ほどは勉強していませんが、受験生の頃を思い出すような生活になっています・・・

3. 脳解剖学
 実は、このブログを書き始めた日に、脳解剖学の試験が終わりました。 テストは、全くわかりませんでした(笑)

脳解剖学の教科書
 

   脳みそに絞った解剖学   
 脳解剖学というのは、文字通り「脳みそ」に絞った解剖学のことです。 「神経解剖学」とも言います。 2年生の前期に解剖学を勉強したのですが、その時は脳みそ以外のお話でした。 わざわざ、脳みそだけ別の単位として扱うのです。 それほど大事なのでしょう!

   ご献体の脳みそで
 また、解剖学同様、ご献体の脳みそを使って実習も行いました。 解剖学でご献体には良い意味で慣れていましたし、実習内容自体は楽でした。 というのも、本物を見たところでほとんどわからないからです。

 運動野や感覚野、聴覚野などの単語を聞いたことがある人もいるかと思います。 それらは概念なので、本物を見てもわからないのです。 はっきりわかるのは、小脳くらいでした(笑)
 
4. 生体機能実習
 また、2年生の後期はテストも重いのですが、実習もあります。 どんな実習かというと、実際に薬を飲んで尿を測ったり、様々な状況での脳波を測ったり、放射性物質を取り扱ったりします。 医学部っぽさがある内容ですね。

   実習は楽しいけれど
 これらの実習の一つに、アスピリンという薬を実際に飲んで尿を採取し、その尿を使ってみんなで実験をするものがありました。
  
尿を利用した実験の様子 
  
    
 ちょっと恥ずかしいですよね! 自分が積極的に関われる内容が多いので、実習自体は楽しいのですが・・・
  
   レポートがきつく
 キツいのは、レポートです。 実習を行えば、必ずレポートを書かないといけません。

生体機能実習のレポート
 
  
 やはり、医学に関するレポートは、内容の理解・考察がそもそも難しくて、時間がかかります。

 また、実験は、自分たちの想定外の結果が出てくることが多いです。 そういったイレギュラーなことが起きた時のレポートは、その処理が難しいため、とても大変なのです。 僕の班員は愉快な人が多くて楽しかったのですが、その分誤ったことをすることも多く、イレギュラーなレポートを書くことが多かったです・・・

5. 最大の難関迫る・・・
 脳解剖学が終わっても休む暇なく、次の鬼科目が迫っています。 「薬理学」です。

薬理学の教科書
  
   
 薬に関するお勉強ですが、本当に何を言っているのか分からない内容なので、留年も多い科目なのです。 そのため、今日も薬理学をずっと勉強しています。

   次回は趣味のブログを
 今回は、この辺りでおしまいにします。 次のブログは、薬理学の試験が終わってから書こうかなと思っています。 最近の趣味について書きます。 ぜひ、また読んでいただけたら幸いです。


東北大生家庭教師日記52・受験生の秋の勉強法

 仙台市のみなさん、こんにちは! 「名門進学会」家庭教師で東北大学医学部医学科2年の谷口毅樹(たにぐち たけき)です。 お久しぶりです。

  

1. 周囲では恋愛ネタが   
 少し涼しくなってきましたね。 秋になると、周りで恋愛関連のネタが続出します。 今年も、もうすでにいくつも耳にします。 統計的にも、秋に1番カップルができやすいみたいです。 人肌恋しくなるのでしょうか?(笑)
 しかし、受験生はそのようなこと言ってられませんよね! 緊張と焦りが出始める時期です。 今回は受験生に向けた内容を書きたいと思います。

2. 模試は必ず受けましょう!
 秋になって、模試をたくさん受けることになると思います。 2週間に1回、多いときは毎週受ける時期もあるでしょう。 体力的にも辛くなり、結果を出さなければと精神的にも辛くなります。

谷口・模試の成績表1
  
  
谷口・模試の成績表2
    
 それでも、必要な模試は受けるべきだと思います。 理由は、山ほどあります。 自分の立ち位置をある程度は把握しなければならないという意味もありますが、模試独特の雰囲気や緊張感はなかなか普段感じられません。

   ライバルが集まる臨場感
 東大実戦模試という、駿台の冠模試をご存知でしょうか? 東大を目指す人が、みんな受けにくる模試です。 想像してみてください。 本番でライバルになる人が集まってきています。

 みんな頭良さそうに見えませんか? 休み時間には、難しい問題集や参考書を読んでいたりします。 こういった臨場感は模試でしか味わえないので、ある程度場慣れすることは精神衛生上とても大事です。

   間違いを復習するのが大事
 また、模試で間違えた問題は最高の宝です。 「模試という特別な空気でウンウン考えて分からなかった問題」は記憶に定着しやすいため、それをきちんと復習すると、一気に理解が深まります。

 予備校も、志望校判定をするためにマニアックな問題は出せません(時々ありますが(笑!))。 一般的には頻出の内容がほとんどなので、必ずマスターしましょう。

3. 基礎固め
 前回のブログにも書きましたが、この時期になると、やたら高難易度の問題集を解いている人がいます。 その人たちはもう敵ではないので、嘲笑いましょう。 とにかく基礎を磨きまくって下さい。 よく基礎=簡単と誤解している人がいますが、違います。 基礎というのは、困った時に帰る原点です。

   基礎は磨けば磨くほど 
 みなさん、数学で出てくる公式の導出や意味を答えられますか? 例えば、平面ベクトルの問題で、3つベクトルが登場しているうちは一生解けない理由がわかりますか? 他の科目も同様です。 基礎は、磨けば磨くほど問題へのアプローチの仕方の景色が変わります。
 
4. 過去問
 10月になったら、過去問を解き始めましょう。 志望校とそこに類似した大学の問題を、解きましょう。 例えば、東北大志望であれば、名古屋大・大阪大などはとても良いと思います。 何割できたかなどは気にしなくて良いので、時間配分や難易度、その大学の癖に慣れていきましょう。

5. 息抜き
 真面目な人ほど、息抜きを忘れます。 息抜きは、勉強と同じくらい本当に大事なものです。 ただ机の前に座っていれば良いものではありません。 メリハリが大事なのです。 僕は乃木坂46が好きだったので、ライブに行ったり、疲れ切った日は録画した乃木坂46のテレビ番組を見たりして、リフレッシュしていました。

気晴らしで行ったライブ

      
   ここでの粘りがカギ
 ここから辛くなっていく一方だと思いますが、ここで諦めずに粘ったかどうかが今後の成績向上のカギになりますし、人生全体で見ても自信に繋がることになります。 とにかく、自分を信じて粘りましょう!

 今回は、この辺りでおしまいにします。 次回は、僕が今やっている勉強を紹介します。 最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。
   


仙台市・家庭教師お薦めの「英語勉強法」

 仙台市で家庭教師をお探しの皆様、こんにちは。 「名門進学会」代表の三沢やすしです。

  
   
1. 必ず成績が上がる
 今日は、当社の生徒さんからの質問が多い「英語勉強法」について、このブログをご覧の皆さんにもその方法をお教え致します。 皆さんの現在の勉強法とは大分違うと思いますが、下記の方法で勉強すれば、英語の成績は必ず上がります。 やってみて下さい。

2. まずは教科書丸暗記を
 世の中には、英単語集や英文法の本など、色々な英語の参考書が出ています。 しかし、それらは置いておいて、まずは皆さんの英語の教科書(中学でも高校でも)を覚えてください。 覚えるまで何度も何度も教科書を音読して、しっかりと覚えて下さい。

英語の教科書
 
  
  構文も単語も一度に
 そうすれば、構文も単語も一度に覚えられるので、単語だけではなく、整序問題(よく出ます)や英作文(個別試験では必ず出題されます)にも強くなるなど、皆さんの身には良いことが沢山やってきます。

3. 単語は文章の中で覚える
 次は、上記2.とも関わりますが、単語は文章の中で覚えて下さい。 単語集を用いて、単語だけで覚えようなどとはしないで下さい。 単語だけを抜き出して覚えようとしても、なかなか覚えられず、かつ、かなりの苦痛を伴います。 ただ、中には、パワープレー(根性)で覚える方もいるかとは思いますが。

  使い方を覚えるためにも
 パワープレー可能とは言え、単語だけ抜き出して覚えても、英文の中での使い方(TPO)があまり分かるようにはならないので、やはり単語は文章の中で覚えるようにして下さい。 その使い方も、一緒に覚えられますので。

4. 文法は後から
 これも上記2.と関わりますが、文法だけを先に覚えようとしないで下さい。 人間の脳みそは、抽象的なことを延々と覚えられるようには出来ていないので、文法だけを先に覚えようとすると、まず100%挫折します。

  まずは構文を
 まずは、上記2.のように教科書を丸暗記して、構文を覚えて下さい。 英文がどうなっているのか(どういう構造なのか)を、覚えて下さい。 その後で、この英文は、文法で言うとこういうことなのだな、と文法を後付けして下さい。 これは、具体的なことなら人間の脳みそが覚えやすいので、このようにするのです。

5. 皆が大幅に成績向上!
 僕は、高校生の時にはこの効果的な英語勉強法を知らなかったので、大学受験ではかなり苦戦しました。 しかし、大学入学後にこの勉強法を知って、その後はずっとその通り勉強してみました。

  交換留学生に選ばれ
 その結果、入試で英語の比重が高い大学院では、早稲田大学から奨学金を頂いて学ぶことが出来ました。 そして、在学中に、名門シドニー大学大学院に、厳しい学内選考を勝ち抜いて交換留学をすることが出来ました。

シドニー大学・Great Hall
  
  
 もちろん、当社の生徒さんにもこの方法で英語の勉強をやってもらっていますが、その内97%以上の方が大幅に成績を向上させています。
   


仙台市・辞書&百科事典代わりに「Google新型スマートスピーカー」

 仙台市で家庭教師をお探しの皆様、こんにちは。 「名門進学会」代表の三沢やすしです。

  
   
1. スマートスピーカーとは
 今日は、受験生の最強のお供とも言えるGoogle新型スマートスピーカー「Google Nest Hub(税込定価15,120円)」をご紹介します。 ここで、スマートスピーカーとは、インターネット回線(Wi-Fi)によってGoogleやAmazonなどのAI(Artificial Intelligence・人工知能)に繋がって、多くの機能を持っているスピーカーのことです。

2. Google Nest Hub
  
  
同裏面
  
  
 A. 7インチディスプレーが付いて
 この「Google Nest Hub」は、上記写真のように、今までのスマートスピーカーにディスプレー(7インチ)が付いたものです。 ディスプレーが付いたことによって、今までの音声による機能に加えて、地図を表示したり写真を表示したり出来るようになりました。 また、天気予報なども、音声に加えて図示してくれます。

 B. 辞書代わりに
 また、受験生にとっては、このスマートスピーカーは辞書や広辞苑代わりになります。 もちろん、日本語・英語のみならず多言語に対応しています。 音声で指示して答えを聴ける(見られる)ので、電子辞書よりも遥かに引く手間が少なくて済みます。

 C. 百科事典代わりに
 さらに、これは百科事典代わりにもなります。 例えば、カルタゴの将軍ハンニバルとローマの将軍大スキピオの間で闘われた「ザマの戦い(BC202年)」について知りたければ、「OK Google、ザマの戦いについて教えて!」とこの「Google Nest Hub」に対して聞くと、起こった年や内容の他に地図を表示し、ハンニバルやスキピオの画像までも見せてくれます。

 D. 受験校までの経路も
 加えて、自分が受験する学校までの経路を知りたいときにも、「OK Google、○○高校or大学について教えて!」とこのスマートスピーカーに対して話しかけると、「その学校の写真と住所、地図と自宅からの経路」を表示してくれます。

 E. 音楽も楽しめて
 また、Googleのスマートスピーカーは、「Spotify」や「Google Play」と連携できるので、自分の好きな音楽をBGM代わりに聴きながら楽しく勉強することができます。 演奏中は、曲ごとにジャケットの写真も表示されます。

3. クロームキャストと組み合わせて
 それから、このスマートスピーカーは、Googleから発売されている「Googleクロームキャスト」と組み合わせれば、TV(HDMI端子)に画像と音声を出力することができます。 この機能により、「YouTube」などを大画面で楽しむことが出来ます。

クロームキャストオーディオ
  
  
 また、当社では、同じくGoogleから発売されている「Googleクロームキャストオーディオ」(購入価格・税込3,900円)と組み合わせて、オフィスにあるAV(もちろんアダルトビデオではなくオーディオヴィジュアル)システムのアンプに音声を出力して、BGM代わりにバロック音楽を楽しんでいます。

当社のAVシステム
  
  
 このように多機能の「Google Nest Hub」、当社では受験生のお供として強くお薦めしています。 勉強の効率が上がりますので、ぜひ皆さんもお試し下さい。
  


東北大生家庭教師日記51・受験生のために&医学科ヨットレース

 仙台市の皆さん、こんにちは! 「名門進学会」家庭教師で東北大学医学部医学科2年の谷口毅樹(たにぐち たけき)です。

   

  受験生には天王山
 大変お久しぶりのブログです。 夏休みですね。 皆さんいかがお過ごしでしょうか? 受験生の方は、夏の天王山の最終局面で大変な毎日を送っていることでしょう。 他の中高生は、宿題に追われているのではないでしょうか?(笑)

  僕も後悔しまくりで
 僕も、高2までは、夏休みの終わりが見えてくると、毎日「ヒーヒー」言いながら机の前に座っていました。 どうしてコツコツやらなかったのかと毎年後悔しては、同じ失敗を繰り返していました。 皆さんは、どうか計画的に進めて下さいね!

1. 自分が受験生の頃
 今回のブログの本題に入る前に、少しだけ自分が受験生だった頃の話を書きます。
 
  焦りが止まらずに
 夏休みが終わるこの時期から秋口は、1年間を通して最も辛い時期の1つでした。 夏の疲れが出てモチベーションが上がらないのに、やりたかったことの半分くらいしか終わっておらず焦りが止まりませんでした。

 そして、秋になると模試ラッシュが始まって、自分の勉強の時間は削られがちになりました。 模試も、夏の成果を出さないというプレッシャーの中で受けるため、悪い結果を出すとさらに焦りました。

  辛いのは君だけではない!
 しかし、受験が終わってから合格した人と話すと、みんな同じような思いをしていたようでした。 今、辛いと思っているのは君だけではなく、受験生全員なのです。 正念場こそ地に足をつけましょう。 周りを見ると、難しい問題集を解いている人が増え始めます。 その人たちは一部の超優秀な人か、もう負けている人です。

  決めたことを迷わずに
 やるべきは、基礎を徹底的に磨くことです。 自分の決めたことを、迷わず信じてやりましょう。 それが吉と出るのは1月です。 応援しています!

2. 東医体・関東医科歯科ヨットレース
 
 
 ようやく本題に入ります。 僕が所属しているヨット部は7月の下旬から8月の下旬まで合宿をしていました。 8月の上旬から中旬にかけて大会があるため、それに向けて追い込みをします。 その大会というのが東医体です。 以前にも紹介した、医学部生が本気で優勝を目指している大会です。

ヨット部メンバー
  
   
 ヨット競技は東医体に出場できる人数が決まっているため、東医体に出場しない人は、東医体が終わった直後に行われる関東医科歯科ヨットレースという大会に出場します。

3. 東医体の結果
 僕は出場せずサポートに回り、5年生を中心としたチームで臨みました。 結果は、残念ながらメダルに届かず団体戦5位でした。 一時は銅メダルも伺える位置にいたのですが、最終日に逆転を許してしまいました。 個人戦では、1組が5位入賞を果たすことができました。

個人戦入賞メンバー
  
    
4. 関東医科歯科ヨットレース
 僕はこちらの大会に出場したのですが、団体戦で準優勝することができました。 僕たちは下級生のみで戦わなければならなかったため、メダルはおろか入賞すらできないと思っていました。 それもあって本当に嬉しかったです。 この大会の結果が来年の東医体の結果を占うと言われているので、来年は優勝を目指していきたいと思います!

賞状を手に
  
  
5. 5年生の引退
 この夏で5年生は引退となりました。 そして、これまで部活の主務だった僕は、主将になりました。

引退した5年生
  

  立て直したい!  
 今、ヨット部は4年生の代が0人のためとても大変な時期にいます。 しかし、東北大学医学部ヨット部はもともと強い部活で、OBの先生も多い伝統ある部活です。 そのような部活を引っ張っていくからには、何とか立て直して後輩にバトンを渡したいと思っています。 これから勉強もますます大変になりますが、精進していきたいと思っています!

 今回は、この辺りでおしまいにます。 何だか、僕の決意表明みたいになってしまいましたね・・・ 次回は、受験生に向けた内容を書きたいと思います。 最後まで読んで頂きまして、誠に有り難うございました。
 


仙台市・家庭教師お薦め:「英文法の覚え方」&参考書

 仙台市で家庭教師をお探しの皆様、こんにちは。 「名門進学会」代表の三沢やすしです。

 
  
1. 英文法の参考書とその覚え方を
 今日は、最初に英文法の参考書をご紹介します。 また、その覚え方について、学生時代に英語圏の大学院に交換留学している僕の経験を踏まえて、下の方に記します。 これは、高校生にとってはとても役に立つ英語勉強法です。 ぜひ最後までご覧になり、実践して下さい。

2. 入門英文法問題精講

小崎充著
旺文社・税別1,200円
2019年7月発行

同目次
  
同中身
   
同別冊目次
    
同別冊中身
    
  大学の先生が書いた参考書
 この参考書は、英語を専攻している大学の先生が書いたものです。 それだけに、内容は網羅的で、とてもしっかりとしたものになっています。 この本には、学生時代にSydney大学大学院に(早稲田大学大学院から)交換留学していて、TOEIC850を取った僕でも覚えていないないことが、いくつも書いてありました。

3. 英文法は後から覚えてOK!
 ただ、上記の僕のように、細かい英文法を知らなくとも、何の問題もなく(TOFLEの点数をクリアして)留学できますし、留学先でそれで困ることもありません。 評価を得られたアカデミック・エッセイも、問題無く書けました。 ですから、脳みそに鞭打つような大変な思いをして、先に英文法を覚える必要はありません。

  まずは英文自体を覚える
 英文法を覚える前に、まずは、自分が興味を持てる内容の英文をたくさん読み(好きこそものの上手なれ!)、英文自体がどのようになっているか覚えましょう。 そして、その後で、「この英文のこの部分は、文法で言うとこういうことだな。」と、英文法は後付けで覚えて下さい。

  後付けの方が遥かに覚えやすい
 前もって英文法を覚えようとすると、単純に覚えなくてはならないことが沢山あって、とても大変です。 嫌になります。 それに対して、英文をしっかりと覚えた後で、その英文に照らして文法を覚えると、とても頭に入りやすいです。
 つまり、「抽象的な英文法それ自体」としてではなく、「具体的な英文」を元にして覚えるのが、「人間の脳に合った覚え方」なのです。
   


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.