家庭教師の仙台ブログ

家庭教師会社社長お薦め:高校「英熟語」参考書×2

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

 
  
1. 覚えやすい参考書をご紹介!
 今日は、高校生が「英熟語」を覚えるためにとても良い参考書×2をご紹介します。 2冊ともただ闇雲に熟語を羅列してあるのではなく、高校生が覚えやすいように(人間の頭で覚えやすいように)、それぞれ工夫されたものに仕上がっています。

  まずは2冊とも買ってみて
 下記の参考書はどちらも安いものですので、2冊とも購入することをお勧めします。 取り敢えず両方買って、どちらもある程度使ってみて、それから自分に合う方の1冊を愛用すれば良いかと思います。

2. 速読英熟語

温井史朗著
Z会・税別900円

同目次


同中身1・利用法ページ


同中身2・英文和訳ページ


同中身3・熟語解説ページ


  文章中で熟語を覚える
 この本では、ある程度長さのある英文(各1ページ)の中で、英熟語をいくつかずつ覚えるようになっています。 これに対して、熟語だけを抜き出して覚えようとすると、その単調さに間もなく挫折してしまいます。 また、それでは熟語の用法も身に付かず、その知識を英作文には活かせません。

  理にかなった参考書
 ですから、この本のように「英文中で熟語を覚える」ということは、非常に理(人間の頭脳)にかなっています。 変化に富んだ英文を読んでいくので飽きないし、もちろん熟語の用法も身に付きます。 高校生の皆さんは、是非これをやってみて下さい。

3. システム英熟語

霜康司・刀祢雅彦著
駿台文庫・税別1,000円

同目次


同中身1・利用法ページ


同中身2・基本語ページ


同中身3・熟語ページ


  基本語毎にまとめて覚える
 この本の特徴は、「基本動詞(come, go, getなど)や前置詞(on, in, atなど)・副詞(out, upなど)など」基本語毎に熟語をまとめて、非常にシステマチックに覚えられるようにしてあることです。
 
 これは、無意味に熟語が羅列されているよりは遥かに覚えやすく、また、「一旦覚えたら忘れにくい!」といったとても良い参考書になっています。

  精神力は必要だが
 もちろん、1つの単語(基本動詞など)毎に沢山の熟語を覚えなくてはならないので、精神力は必要となります。 ただ、同じシリーズ(前回ご紹介)の「システム英単語」よりは、ずっと挫折しづらいので、この本もお薦めです。
 


家庭教師会社社長お薦め:高校「英単語」参考書×2

 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

  
 
1. 単語は文章の中で覚える  
 今日は、高校生が「英単語」を覚えるためにはとても良い参考書×2をご紹介します。 いずれの本も、「単語は文章の中で覚える・用法も一緒に覚える」という方針の基に書かれており、当社の方針や大学院生の時に留学している僕の経験とも合致します。

   まずは2冊とも買ってみて
 下記の参考書はどちらも1,000円前後と安いものですので、2冊とも購入することをお勧めします。 取り敢えず両方買って、どちらもある程度使ってみて、それから自分に合う1冊を愛用すれば良いかと思います。

2. 速読英単語

風早寛著
Z会・税別900円

同目次


同中身1・活用法ページ


同中身2・英文和訳ページ


同中身3・単語解説ページ


 この本では、ある程度長さのある英文(各1ページ)の中で、単語を数個~10数個ずつ覚えるようになっています。

 この「名門進学会」のサイト中「やすしの合格勉強法」にも書いたように、単語だけを抜き出して覚えようとすると、その単調さにすぐ挫折してしまいます。 また、更に具合の悪いことには、その勉強方法では単語の用法も身に付きません。

   理にかなった参考書
 ですから、この本のように「英文の中で単語を覚える」ということは、非常に理にかなっています。 更に、単語の羅列を見続けるのと違い、変化に富んだ英文を読んでいくので飽きません。 もちろん、単語の用法も身に付きます。 皆さんも是非やってみて下さい。

3. システム英単語

霜康司・刀祢雅彦著
駿台文庫・税別1,000円

同目次


同中身1・利用法ページ


同中身2・フレーズ・ページ


 この本は、Amazonでもよく売れています。 この本の最大の売りは、前書きにもあるように、最小限のフレーズ(著者たちは、ミニマル・フレーズと称しています)の中で単語の意味と用法を覚えられることです。

   効率的でかつ用法も
 当然のことながら、単語を抜き出して覚えるよりは用法も覚えられるこの本の方がずっと良いですし、上記 1. のような長文中で覚えるよりも効率的です。 ただし、黙々とフレーズのみを読んで覚えていくのは辛いので、1. と違い、途中で挫折しないためにはかなりの精神力を要します。
  


医学生の留学体験7:高校留学時&大学での「英語力」

 皆様、こんにちは。 「名門進学会」家庭教師で医学科生の 浅野 早織(あさの さおり)の留学体験記、今日はその第7回目です。 ぜひ最後までご覧下さい。

  
  
<この頃の英語>
 小学生の時に、ある程度英語での会話は成り立つようになっていたので、ホームステイ先の家族との意思疎通にはそこまで困ることはありませんでした。

ホストマザーとの会話・イラスト
  
  
  1. 最初は苦労して 
 とはいえ、高校に通って授業に出たり、テストを受けたりするのは、やはりそれなりに苦労しました。 授業のあと改めて聞き逃したところを友達に聞いたり、先生に質問したりしなくてはいけないところも多くあり、最初のうちは、自信を失う事も多くありました。

  2. 心理学の授業では特に 
 心理学の授業では、課題の文章を時間内に読み、それについてレポートを書くというものがあり、そう言ったものはやはり、周りのネイティブスピーカーの子達とは大きく差が開いてしまい、非常に苦労しました。

  3. 英語力の向上 
 また、小学校の頃は、家族と過ごしている時は日本語を使っていましたが、高校時代にはホームステイで日本語を使う機会が全く無かったため、最初のうちは気の休まる時がなくて、毎日毎日英語を話すことに疲れてしまっていた時もありました。

 でも、そんな中毎日過ごしているうちに、自身の英語能力が徐々に伸びているのが実感できるようになりました。

  4. ホストマザーの助け 
 加えて、私の英語力の向上に非常に助けになってくれたのが、ホストマザーの存在でした。 ホストマザーはおしゃべりが大好きな人で、私の拙い英語にも辛抱強く付き合っていろんな話をしてくれました。

 家にいる時は夕食後ソファに座り毎日、何時間も、何時間も一緒に話してくれましたし、救急隊員として夜勤があるときでも、勤務先から家に電話をかけてくれて色々な話をしました。

  5. ホストマザーとは未だに 
 英語の向上だけでなく、働く女性としてのその考え方や生き方からも多くのことを学ぶことができました。 留学終了後もずっと連絡を取り合っていて、高校卒業時、大学二年の春休みに遊びに行ったぐらい未だに仲が良いです。
 
 私の、医者になりたいという夢もずっと応援してくれていて、医学部に合格した時も、自分の両親に伝えた後すぐに連絡しました。 その時も、本当に自分のことのように喜んでくれて嬉しかったのを覚えています。

医者になる(イメージ)
  
  
  6. 留学で会えるものには出会いも 
 留学で得るものは「英語」や「知識」だけでなく、こう言った「人との出会い」や「繋がり」もあると思います。

 生れた土地も、話す言語も人種も全く違う人間同士が出会って、色々の意見の違いを話し合ったりしながら、絆を深めていくという経験は非常に貴重で、このホストファミリーとの繋がりは、私にとって何にも変えられない大切なものになりました。
 
<高校留学を経て>
 一年の留学を通して、様々貴重な経験をし、素晴らしい出会いもたくさんありました。 また、初めて親元を離れて生活することで、家族の大切さにも気づくことがありました。
 
 英語力に関しては、帰国後には、英検準1級を対策なしで受かるくらいの英語力になっていました。 この英検も、周りに進められてなんとなく受けただけで、自分自身はあまり重きを置いていませんでした。

  英語で伝えられるようになって 
 英検が何級であるかとかテストで何点であるかということよりも。自身の伝えたかったことが伝えられるようになった、前よりも難しい概念の議論が英語で出来た。というような経験が自身にとっては非常に大きく、自信につながりました。
 
<大学入学後>
 大学入学後、しばらくは医学の勉強で精一杯で、2年生時の春休みにホストファミリーに会いに行った以外は、あまり英語を使う機会はありませんでした。(もちろん、洋書を読んだり、洋楽・洋画鑑賞をしたり、英語と触れ合うことは、日常生活の中に組み込まれていました。)

洋書を読む
  
  
  1. 「名門進学会」家庭教師として英語を指導
 大学入学後は、この「名門進学会」の家庭教師として、たくさんの生徒さんの英語の指導に当たってきました。 大学入試時に改めて文法書や参考書を読み、英語をもう一度今までとは違った角度からも勉強していましたが、生徒さんに指導することで、また違った角度から英語を学ぶことができました。

  2. 英語で医学論文を読めて 
 大学入学後、カリキュラムの関係上、海外に行ったりする機会はありませんでしたが、医学に関する論文を英語で読んだりする機会はありました。 多くの最新の論文は英語で書かれており、英語を読むことの抵抗がないことは非常に役に立ちました。

 そして、大学の先輩にアメリカの国家試験の位置にあるUSMLEという試験に合格されたかたがいるというのを聞き、医学英語の取得のためにも、その試験の問題集にも取り掛かるようになりました。

  3. イギリス医学留学に応募しました 
 その頃、イギリスの大学の医学部に短期留学できるプログラムがあり、大学の単位として認めていただけるということだったので、ぜひチャレンジしたいと思い、応募してみました。 今までの留学はアメリカで、旅行ですらヨーロッパは行ったことがなかったので、また一つ自分の価値観が変わるではないかと思いました。

  4. 今回は医学生としての経験も
 また、今回はイギリスの病院で実習をさせていただけるので、医学生としての経験値も得られると思い、何としてでもチャレンジしたいと思っていました。
   


医学生の留学体験4:高2・交換留学でアメリカに

 皆様、こんにちは。 「名門進学会」家庭教師で医学科生の 浅野早織(あさの さおり)の留学体験記、今日はその第4回目です。 ぜひ最後までご覧下さい。

  
  
<高校入学後>
 小学四年生の初の海外生活後、すっかり道具としての英語の便利さ、それを使って見える世界の魅力の虜になってしまった私は、またいつか、留学したい! もっと色々な経験をしたい! 英語の力も高めたい! と考えるようになりました。

  1. 交換留学の存在を知って 
 そんな時に、交換留学の存在を知りました。 私の高校からは過去数年留学をしたという人を聞いていなかったのですが、それを知った時これはチャレンジするしかないと心に決めていました。

 両親にそのことを打ち明けると、あっさりとOKサインが出ました。 きっと両親はいつか言い出すだろうな。と薄々、感じ取っていたのかもしれません(笑)

再度留学へ
  
  
  2. 負担が少なく留学できる
 「留学ってお金かかりそう!!!」と思う方も多いと思うのですが、高校時代の留学は、国や教育機関のサポート、補助のある留学プログラムがあり、そのプログラムを介して留学すると、経済的に負担を少なく留学することができます。

  3. 無料でホームスティ 
 また、アメリカでは、高校は義務教育期間であるため、授業料がかかりません。 私の参加したプログラムは留学中の滞在、宿泊はホームステイでした。

 このホームステイは完全にボランティアだったので、一年という期間、滞在させていただいたのですが、そのホームステイ先には一切金銭のやりとりはありませんでした。

 ですから、授業料、滞在費は無料で、そのプログラムに参加するには選考試験代やビザなどの取得代、登録費のみで留学することができます。

  4. リーズナブルな費用で留学するためには高校で 
 これが、大学での留学になると大きく変わってきます。 日本の大学と提携した大学への交換留学制度の場合は、その日本の大学がどのように値段設定をしているかは大学ごとに違うと思います。

  5. 大学の授業料は高い
 そういった制度を利用せずにアメリカの大学に入学することを考えた場合、州立大学のようなところでは外国人の授業料が高く設定されていたり、授業料そのものが非常に高かったりする大学も存在しています。

高額の授業料・ハーバード大学
  
      
 そういったことからも、リーズナブルな値段で留学するために高校留学は一つの手段だと思います。

<高校留学>
 選考試験やビザの取得など様々な手続きを終え、晴れて高校2年の夏に留学へと日本を旅立ちました。 ホームステイ先は、救急隊員のご夫婦のお家で、留学先はアメリカ中西部のミズーリ州に決まりました。

アメリカ・自由の女神
  
  
 ホストファミリーお宅のあるサリバンという町は、非常に小さな田舎町でした。 私が過去に滞在したメリーランドはワシントンDCにも近く、アメリカ東部の比較的に都会だった為、この留学では、小さな田舎町というまた違った環境下で過ごすこととなりました。

  1. ホストファミリーについて
 私が滞在したお宅は、救急隊員のご夫妻と可愛い犬が3匹いるお宅でした。 ホストマザーは2度目の結婚、ホストファザーは3回目の結婚というご夫婦でした。 

 私はこの話を聞いた時は非常に驚いてしまったのですが、これはそれほど珍しいことではないようでした。 学校に行ってみると多くの生徒の親御さんが離婚されていたり、再婚されていたりしていました。
 
 そのことに対して、あまり恥じたり、隠したりする様子がなく、「人間同士が一緒に住むっていう時にうまくいかなくなってしまうことはあるし仕方ない。」という意見や、子供の方も「両親が不幸せに一緒にいるよりも、みんなが幸せで入れる方が良い。 離婚したって、私の両親であることは変わらない。」と受けいれている子も多く見ることができました。

  2. 個を大切にする文化 
 高校生の子であっても、自分の両親を「父親・母親」という役割だけでなく、「一人の男性・女性」としての側面があるということを理解している子も多く、「個」を大切にする文化が根付いていることを強く感じました。

 また、このご夫妻の間にはお子さんがいなかったのですが、(そのことがあって留学生を受け入れてみようと思い立ったようでした。)私がこの留学を経て帰国後数年して、双子の子供を養子として、受け入れたということでした。

  3. 養子システム 
 この養子のシステムも非常に海外では発達していて、このホストファミリーが受け入れたお子さんは薬物中毒のお母さんから生まれてきた双子だったのですが、そう言った子供を育てるのが困難な親の元生まれてきた子供を養子として受け入れるというシステムが非常によく発達しているようでした。

  4. 公的サポートが
 養子縁組として、新しいご家族の一員として過ごす子供の医療費が政府によって補助、免除されており、養子を引き取った後のサポート制度も整っているようでした。

  5. 隠すことなくオープンに
 またここで驚いたことに、その子供が養子であるということを早い段階で周りや地域そして本人に伝えているところでした。 また、そう言った内容を子供も理解しながら、今のご家族ときちんと親子関係を築いているのが非常に私にとって衝撃的でした。

 こういった様々な問題に対しても、隠すことのなくオープンに対処していくその様子が日本とは違ったもので私にとっては非常に新鮮でした。
   


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.