家庭教師の仙台ブログ

模試の「合格可能性判定」の信頼性

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

  
  
 今日は、模試の「合格可能性判定」の信頼性について考えてみます。 後半には合格可能性を高めるための勉強方法も述べていますので、受験生とその親御さんは最後までご覧下さい。

1. 模試と本試験では出題の傾向が違う
 模試の合格可能性判定は必ずしも当てになるものではありませんが、その大きな理由の1つとして、「模試の問題」と「本試験の問題」の傾向が違う、ということが挙げられます。

模試の会場
  
  
   一般的な模試では
 まず、特定の学校に焦点を合わせた訳ではない一般的な模試(一般的で受験者数も多い「大学受験生向けの全国模試」など)と特定の学校の本試験では出題の傾向が違って当たり前です。 まるっきりその傾向が違うことも、よくありますす。

   出題者が違うので
 また、みやぎ模試のように宮城県の高校入試に焦点を合わせた模試でも、当然のことながら、模試の問題作成者は本試験の問題作成者とは別人です。 それで、本試験の傾向に合わせて出題しようとしてもその人のクセが出るので、模試の問題は本試験の問題とはある程度傾向が違ってきます。

 このように、本試験と模試では出題の傾向が違うので、模試の合格可能性が必ずしも本試験には当てはまりません。 そこで、模試の結果に振り回されずに「本試験の合格可能性を高めるための勉強方法」を以下に述べます。

2. 合格可能性を高める勉強方法
 その勉強方法とは、今春受験ならば、今日から入試前日まで「過去問」を解きまくることです。 本試験と一番傾向が似ているのが、同じ学校が過去に出題した問題である「過去問」です。 この「過去問」は、今年の本試験と出題者まで同一ということがよくあります。

過去問の例・赤本
  
   
   過去問を解きまくれば
 このように、「過去問」は本試験と同一の学校・そしてかなりの程度同一の人物が出題しているので、今年の本試験の出題傾向もその学校の過去問のそれと似てきます。 ですから、そういう「過去問」を解きまくれば、模試の成績があまり良くない生徒さんでも本試験の合格可能性を大きく高めることが出来ます。

   出来ない問題が無いように
 この勉強で、「過去問」は、本試験の前までに出来ない問題が無いように何度も繰り返して解いて下さい。 解答を見てもよく分からない問題は、学校の先生や家庭教師の先生にどうしてそうなるのをか教えてもらって、分からない部分が無いようにしておいて下さい。

(注)僕は、このブログで、何度も繰り返して「過去問」を解きまくるように言っています。 その理由は、合格のためには、一般的な学力がついている他に、本試験の出題傾向に十分に慣れておくことが非常に重要だからです。
      


無駄な勉強無しで合格:早い時期に「過去問」を解く

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。
 
  
  
1. 第一志望校合格率85%以上
 今日は、無駄に長い時間勉強すること無しに入学試験に合格出来る方法をお教えします。 僕は、この方法によって、短時間の勉強で、早稲田大学政治経済学部の大学院とそれまで何の知見も無かった10の資格試験に合格しています。
 
 また、当社の生徒さんは、この勉強法を取ることによって、ガリ勉しないで85%以上の高い確率で第一志望校に合格しています。 このように、志望合格に直結する勉強法ですので、皆さんも最後までご覧下さい。

2. 早い時期に「過去問」を解く
 その方法はとても簡単で、まず、受験年度の4月など早い時期に志望校の過去問を1年分解くことです。 もちろん、大部分の人はほとんど解けないと思います。 でも、それでよいのです。

過去問集の例・赤本
       
   
 過去問を解けば、その時点ではほとんど解けなくとも、自分が志望する学校がどのような問題を出したのか大体分かるはずです。 このように、早い時期に過去問を解くのは、志望校の出題傾向を把握するためです。

 (注)志望校の本試験と一番傾向が似ているのは、別の組織が作成した模試の問題ではなく、同じ組織(かなりの程度同じ人物)が過去に出題した問題である過去問です。 なお、過去問集は、Amazonの通販や丸善・ジュンク堂などの大きな書店で買えます。

3. 的を絞った勉強をする
 1.のようにして志望校の出題傾向を掴めば、その後は一般的な勉強ではなく志望校に的を絞った勉強が出来て、無駄な勉強をしないで済みます。 そうすれば、勉強時間を節約できるとともに、勉強の効率を上げることが出来ます。 特に、勉強した内容を記憶する効率を上げることが出来ます。

   時々志望校の過去問を解く
 そして、この段階での的を絞った勉強(4月から年末まで)をしている最中でも、時々志望校の過去問を解いて下さい。 これは、志望校の傾向を忘れないで効率的な勉強を続けるためと、アウトプットをして勉強してきた内容を確実に記憶に定着させるためです。

4. 直前期は過去問を解きまくる
 年明けから入学試験前日までは、手に入るすべての年度の過去問を何度も解いて、出来ない問題が無いように仕上げて下さい。 過去問集についている解答や解説を見ただけでは分からない問題は、学校の先生や家庭教師の先生・塾の先生などに教えてもらって下さい。

 このようにして準備すれば、志望校に合格出来るだけの学力は確実に着いているはずです。 また、それに加えて、自分は出来るんだという自信と精神的余裕を持って入学試験に臨めます。
   


合格に直結する:受験直前期の「勉強法」

 受験生の皆さんやその親御さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教を師派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

  
   
1. 受験直前期の「勉強法」を
 今日は、合格に直結する受験直前期の「勉強法」をお教え致します。 志望校に合格したい受験生の皆さんとその親御さんは、中学受験・高校受験・大学受いずれの場合でも最後までご覧下さい。

2. 模試の問題より過去問を解く
 まず、この時期に取り組むべき勉強は、模試で出来なかった問題を解くことではなく過去問を解くことです。 その理由は、模試は志望校とは別の組織及び人物が問題を作成しているので、志望校の問題とは傾向が違うということが1つあります。

宮城県立高校入試・過去問集
  
   
   出題者まで同じこともある
 これに対して、志望校が過去に出題した問題「過去問」は、当然のことながらこれから受験する本試験と同じ組織が作成したものです。 そして、その出題者まで今年の本試験と同じということがよくあります。 だから、受験生が普通に入手出来るものの中で本試験と一番傾向が似ているのが、その学校の過去問なのです。

 これが、受験直前期に過去問を解くべき理由です。 このブログをご覧の皆さんも、上述のことはしっかりと頭に入れておいて下さい。

3. 出来ない問題が無くなるまで解きまくる
 次に、実際に過去問を解く場合のやり方について述べます。 Amazonなどで可能な限り長い年数の過去問を入手して、そこに出ているすべての問題を解きます。 ずば抜けて優秀な一握りの人を除いて、最初は結構出来ない問題があるのが普通です。 ですから、出来ない問題が多くても、他の受験生もこんなものだと思って、ここで気落ちしないようにして下さい。

家庭教師の指導
  
  
   先生に解き方を教えてもらう
 そして、志望校合格に直結するのだからと考えて、出来なかった問題が出来るようになるまで解きまくって下さい。 自分で模範解答を見ただけでは解き方が分からない場合には、学校の先生や家庭教師の先生・塾の先生に教えてもらいましょう。 利用できる人は誰でも利用して、出来ない過去問を無くしておきましょう。

4. 自信を持って本試験に臨める
 上記3.のようにして出来ない過去問をすべてつぶしておけば、これからやって来る本試験に自信を持って臨めるようになります。 直接的でとても大きい本試験突破のための学力向上に加えて、「合格への自信を持てるようになる」という間接的で精神的な効果もありますので、受験生の皆さんは必ず過去問演習をきちんと行って本試験に臨んで下さい。
     


東北大医学部生:受験生諸君「模試」を受けよう!

 皆さん、こんにちは! 仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科2年の谷口毅樹(たにぐち たけき)です。

 

 今回は、受験生へのエールを書きます。

1. 模試は必ず受けよう!
 受験生諸君は、秋になって「模試」をたくさん受けることになると思います。 2週間に1回、多いときは毎週受ける時期もあるでしょう。 体力的にも辛くなり、結果を出さなければと精神的にも辛くなります。

谷口・模試の成績表1
  
  
谷口・模試の成績表2
    
 それでも、必要な模試は受けるべきだと思います。 理由は、山ほどあります。 自分の立ち位置をある程度は把握しなければならないという意味もありますが、模試独特の雰囲気や緊張感はなかなか普段感じられません。

   ライバルが集まる臨場感
 東大実戦模試という、駿台の冠模試をご存知でしょうか? 東大を目指す人が、みんな受けにくる模試です。 想像してみてください。 本番でライバルになる人が集まってきています。

模試・イラスト
    
 みんな頭良さそうに見えませんか? 休み時間には、難しい問題集や参考書を読んでいたりします。 こういった臨場感は模試でしか味わえないので、ある程度場慣れすることは精神衛生上とても大事です。

   間違いを復習するのが大事
 また、模試で間違えた問題は最高の宝です。 「模試という特別な空気でウンウン考えて分からなかった問題」は記憶に定着しやすいため、それをきちんと復習すると、一気に理解が深まります。

 予備校も、志望校判定をするためにマニアックな問題は出せません(時々ありますが(笑!))。 一般的には頻出の内容がほとんどなので、必ずマスターしましょう。

2. 基礎固め
 前回のブログにも書きましたが、この時期になると、やたら高難易度の問題集を解いている人がいます。 その人たちはもう敵ではないので、嘲笑いましょう。 とにかく基礎を磨きまくって下さい。 よく基礎=簡単と誤解している人がいますが、違います。 基礎というのは、困った時に帰る原点です。

   基礎は磨けば磨くほど 
 みなさん、数学で出てくる公式の導出や意味を答えられますか? 例えば、平面ベクトルの問題で、3つベクトルが登場しているうちは一生解けない理由がわかりますか? 他の科目も同様です。 基礎は、磨けば磨くほど問題へのアプローチの仕方の景色が変わります。
 
3. 過去問
 10月になったら、過去問を解き始めましょう。 志望校とそこに類似した大学の問題を、解きましょう。 例えば、東北大志望であれば、名古屋大・大阪大などはとても良いと思います。

過去問集・東北大学の赤本
  
  
 この時期は、まだ何割できたかなどは気にしなくて良いので、「時間配分や難易度・その大学の癖」に慣れていきましょう。

4. 息抜き
 真面目な人ほど、息抜きを忘れます。 息抜きは、勉強と同じくらい本当に大事なものです。 ただ机の前に座っていれば良いものではありません。 メリハリが大事なのです。 僕は乃木坂46が好きだったので、ライブに行ったり、疲れ切った日は録画した乃木坂46のテレビ番組を見たりして、リフレッシュしていました。

気晴らしで行ったライブ

      
   ここでの粘りがカギ
 ここから辛くなっていく一方だと思いますが、ここで諦めずに粘ったかどうかが今後の成績向上のカギになりますし、人生全体で見ても自信に繋がることになります。 とにかく、自分を信じて粘りましょう!

 今回は、この辺りでおしまいにします。 次回は、僕が今やっている勉強を紹介します。 最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。
   


家庭教師会社社長が教える:正しい「勉強法」

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

A
 
 今日は、このブログをご覧の皆様がとても関心を持っておられる正しい「勉強法」について、記します。 正しい方法で勉強すれば志望校合格の可能性が高まりますので、ぜひ最後までご覧下さい。

1. 正しい勉強法で
 勉強は、正しいやり方を知らないで闇雲に行っても、なかなか成績が上がらないものです。 受験に際しても、試験に合格できる勉強法を知らなければガリ勉しても合格できないかも知れません。
 
 これに対して、正しいやり方で勉強すればそれほど苦労しないでも成績が上がりますし、受験でも、正しいやり方で勉強すれば高い確率で合格出来ます。

   やすしの合格勉強法
  
    
 こういったことがあるので、当「名門進学会」ではこのホームページ上に、成績の上がる勉強法、受験に合格できる勉強法を記載した「やすしの合格勉強法」をアップしています。 仙台市の受験生やその親御さんは、ぜひご覧下さい。

2. 過去問を解く 
 また、「やすしの合格勉強法」にも書いてありますし、この前もこのブログでも記したことですが、受験生にとってはとても重要なことがあるので、再度述べます。 受験直前の勉強法として最も大切なことは、受験校の過去問(その学校で過去に入学試験で出題された問題)を解きまくることです。

   過去5年分を3回ずつ
 最低でも、過去5年分の入学試験問題を3回ずつは解いて下さい。 そして、出来なかった問題は、出来るようになるまで解いて下さい。

 やすし赤本など

 これに対して、外部の受験産業が制作した模擬試験の問題、入試予想問題、入試対策問題、などは一切解く必要がありません。

 なぜ、過去問を解くことが受験合格のために重要で、受験産業が制作した予想問題等を解く必要がないのかの理由は、以下の通りです。

   過去問は作成者が同じ場合が多い
 一般的に、受験校の過去問が、作成者が同じ場合が多いその本試験の問題と、一番傾向が似るようになっています。 これに対して、外部の受験産業が制作した問題は、本試験の問題とは作成者が明らかに異なっており、それぞれの作成者の癖が出て、本試験の問題とは明らかに傾向が異なったものになりがちです。
   


家庭教師会社社長の:合格する「過去問」勉強法

 皆さん、こんにちは。 仙台市で家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

A

 今回も、前回に続いて、受験生とその親御さんのために、合格する勉強法について述べます。 効果が上がりますので、最後までご覧になって、すぐにでも実践して下さい。

前書き
 受験に合格するためには、本試験と一番傾向と難易度が似ている問題である志望校の「過去問」を解くことが最良の勉強法です。 その具体的な方法とそうすべき理由について、以下に述べます。

1. 早い時期に志望校の過去問を解く
 まず、受験1年前~8ヶ月前の時点で志望校の過去問(全教科分)に目を通し、1年分だけで結構ですからそれぞれの教科をざっと解いてみて下さい。

  A. 過去問の入手法
 宮城県内の高校を受験するのであれば、「県立高校の過去問」、「各私立高校の過去問」を、仙台市内のジュンク堂さん等の大きな書店で購入することが出来ます。

宮城県公立高校過去問題


同・中身
  
      
  B. 大学受験なら赤本・青本を
 また大学受験であれば、国立大学・私立大学を問わず、いわゆる「赤本」、「青本」といった各大学・学部(or文化系・理科系)別の過去問集が書籍として発売されており、やはりジュンク堂さん等の大手書店で購入することが出来ます。

東北大学・赤本
  
    
同・中身
  
    
  C. 解けなくともOK!
 もちろん、受験1年前に志望校の過去問を解いてみても、あまり or ほとんど解けなくて当たり前です。 でも、それで良いのです。

 早い時期に志望校の過去問を解いてみれば、おおよそではあっても自分の志望校の入試問題がどれくらい難しいか把握することが出来、どのくらい勉強すれば合格することが出来るのか、または志望校を変更した方がよいのか等を、ある程度判断することが可能になります。

  D. 傾向が分かるので
 これに加えて、実際に志望校の過去問を解いてみれば、その学校ではどんな問題が出題されているのかが分かるので、その対策として重点をどの分野に置いてどのように勉強すればよいのかといったことも見えてきます。

  E. 合格可能性が高まる
 こうした知見に基づいて志望校合格のための勉強を進めると、志望校の入試にどういった問題が出るのか知らないでただ漫然と勉強したした場合に比べて、遙かに効率的・効果的に志望校向けに絞った受験勉強を行うことが出来、合格する可能性を大幅に高めます。

2. 入学試験前に志望校の過去問を最低5年分×3回解くこと
 上述の勉強方法で志望校へ合格出来るように学力を高めておくとともに、入学試験本番の2ヶ月前くらいから3日前くらいの間に、今度は最低5年分の志望校の過去問を3回は繰り返し解いて、問題を解く力を自分のものとして下さい。 普通の能力の受験生でも、そうして本番に臨めば、高い確率で志望校に合格できます。

  A. 実証済みの方法です!  
 そのような方法で簡単に志望校に合格できるのかとお思いの方もいらっしゃるでしょうが、上述の勉強法をきちんと実行すれば高い確率で合格できることを、僕自身及び僕のところの生徒で実証済みなので、ぜひこの方法を実行してみて下さい。

   P.S. 極端な話しですが、受験というものは志望校に合格すればOK!なのであって、必ずしも自分の学力全体が大幅に向上しなくとも良いのです。

  B. 学校名は大きな影響を与えるが
 なぜならば、日本のような学校名にこだわる社会では、どの学校を卒業しているのかということが、学生が社会に出る際に取り得る進路に大きな影響を与えますし、その後の人生にもかなりの影響を及ぼします。 しかし、少しくらいの学力の違いが出身学校名以上に人生に大きな影響を及ぼすことは、めったにありません。

  C. 当面の合格を第一に
 ですから、当面の志望校合格を第一に考えて上述のようにマトを絞った勉強をすることです。 そして、それでも自分の学力全体を向上させたいという高い意欲をお持ちの方は、志望校に合格してからそのための勉強をしても遅くはありません。
  


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.