家庭教師の仙台ブログ

宮城県立高校入試「英語」リスニング問題 の対策

 皆様、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

  
  
 今日は、宮城県立高校入試「英語」リスニング問題の対策をお教えします。 該当する受験生の皆さんとその親御さんは、合格に直結するので最後までご覧下さい。

1. 意味を掴みながら教科書を丸暗記する
 まずは、教科書を何度も音読して、書いてある英語を丸暗記します。 分からない単語は必ず辞書を引いて、意味を確認しておきます。 分からない単語が無くなっても意味の分からない文章があれば、学校の先生・塾の先生・家庭教師の先生、などに教えてもらって下さい。 また、時々文法の参考書なども確認して下さい。

英語の教科書
  
  
   英語全般の成績も向上する
 こうやって意味を掴みながら教科書を何度も音読して丸暗記すれば、リスニング対策になるだけでなく、英語全般の成績が大幅に向上します。 騙されたと思って、教科書の丸暗記をやってみて下さい。

 この教科書丸暗記には多少時間が掛かりますが、意欲があれば誰にでも出来ることで、最初に文法を1つ1つ覚えるよりもずっと易しい作業です。 入試は3月なので、勉強時間を取れば今からでも間に合います。

2. 基礎英語などを聞いて耳を慣らす
 上記に1.に加えて、耳からのインプットを得られる「基礎英語」などを聞いて、耳を英語に慣らして下さい。 今からやり始めても、リスニング対策としての効果はある程度得られます。 ですから、これも、最低でも入試までやり続けて下さい。 そして、この作業は、ずっとやり続ければ、後々の英語の勉強にまで役立ちます。  
  
3. 出来るまで過去問を繰り返し解く
 上述のようにして英語の文章を把握し耳を英語に慣らしたら、今度はいよいよリスニング問題に取り掛かります。 過去問集の当該ページを見ながら、付属しているCDを掛けてリスニング試験を受けます。 なお、宮城県高校入試の過去問集は、Amazonの通販や丸善・ジュンク堂などの大きな書店で買えます。

英語・過去問CD
  
   
   聞き取れなければ解答の英文を見て
 上記1. 2.の対策により、CDから流れてくる英文や英会話が何を言っているか聞き取り易くなっていると思います。 聞いて、答えてみて下さい。 万が一聞き取れなければ、過去問集の解答に載っている英文を見て何を言っているか確認し、再度CDを聞いて下さい。 今度は聞き取れるはずです。

   精神的余裕も持って本試験に臨める
 このようにして、手に入る年数分だけの過去問に掲載されているすべてのリスニング試験を受けて下さい。 そして、何を言っているのか完全に理解してすべての問題で満点を取れるまで、演習を繰り返して下さい。 そうしておけば、合格出来る学力が付くのみならず、出来たという自信からくる精神的余裕をも持って本試験に臨めます。
  


「英語」長文読解:教科書丸暗記法

 受験生の皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

 
  
1. 「英語」長文読解の得点能力を
 僕の家庭教師派遣会社社長としての経験からすると、入試でのウエイトが高いにも関わらず苦手意識を持っている受験生が多いのが「英語長文読解」です。 今日は、このブログをご覧の受験生の皆さんのために、その「英語長文読解」の得点能力を大幅に上げるための勉強法をお話しします。

2. 文全体におけるSとVが分かれば
 長い英文を読む場合でも、その英文全体の主語(S)がどれかと動詞(V)がどれかが分かり、かつ文中に知らない単語が無ければ、第何文型かとか文法がどうのとかが分からなくとも、ほとんどの場合その英文を問題無く読めます。

   本として上代を取るために
 市販の長文読解の参考書が、どれも文型や文法をページ数を取ってずいぶんと詳しく解説しているのは、「本してある程度の価格で売れるようにページ数を増やすため」というのが一つの理由です(もう一つの理由は、下記 4.で書きます)。文型や文法も分かればそれに越したことはありませんが、よく分からなくともまず何とかなります。

   文法などよく知らなくとも
 僕は、以前、このブログで、何度も「Harvard Business Review」の内容を紹介していますが、文型や文法などは意識しないでも、何の問題もなくHarvard大学教授などが書いた本を読めています。 ですから、皆さんも心配する必要はありません。

Harvard Business Reviewの1冊
  
  
3. そのための勉強法は?
 A. まず「教科書を丸暗記」する
 まずは英語の教科書を繰り返し音読して、その全英文を丸暗記しましょう。 そうすれば、英語の構文がどうなっているかよく分かるようになります。 皆さんは、教科書を丸暗記するのは大変だと思うでしょうが、全文を覚えようとすると記憶を引き出すフックが大きくなるので、単語だけを沢山覚えるなどの場合よりも遥かに暗記しやすいです。

 そして、英語の構文がどうなっているか分かるようになれば、長文を読んでも「どの部分が全体の主語か」・「どれが全体の動詞か」がよく分かるようになり、読解が飛躍的に楽になります。

英語の教科書・イラスト
  
        
 B. 興味のある英文をたくさん読む
 更に、教科書に出てくる英文よりも長い文章を読めるようになるためには、自分が興味のある分野の英書(もちろん英語の雑誌でもOK!)を読むことをお勧めします。
 
 自分が興味のある分野であれば、ある程度知識もあるはずなので、難しい英文でもその意味を推測できます。 意味を推測出来れば、飛躍的に訳しやすくなります。 こうやって長く難しい英文を読み込んでいけば、慣れにより自ずと入試の長文読解にも強くなります。

 C. 単語は文章中で覚える
 英単語は、それだけ抜き出して覚えようとせず、英文中で覚えて下さい。 単語だけを覚えようとすると、記憶を引き出すフックが小さいので、なかなか覚えられません。 これに対して、英文全体を覚えようとすると、記憶を引き出すフックがずっと大きくなるので、単語だけ覚えるよりも遥かに覚えやすくなります。

 D. 文法は後付けでOK!
 「英語長文読解」の参考書を見ると、「読解能力を上げるために、先に英文法を覚えなさい。」というようなことが書いてあるものが多いですが、上記 A. B. の方法で、英語の構文がどうなっているか、どの部分が全体の主語でどれが全体の動詞かが分かれば、詳細な英文法の知識が無くとも長文読解は可能です。
 
 上記 A. B. の方法で「英語の文章ってこうなっているんだな!」ということを掴んでから、「これは、英文法で言うとこういうことだな!」と、文法は後付けでOK!です。

4. 著者たちは留学経験が無いので
 英語の参考書を書いているのはほとんどが予備校の講師ですが、この人たちは我々と違って留学経験がありません。 それで、彼らは、「英語というものは慣れを利用すれば楽に覚えられる」ということを知らず、読者に頭を酷使したパワープレーをさせようとするのです。 これが、上記 2.で予告した、参考書が分厚いもう一つの理由です。

   パワープレーなどせずに 
 だまされてそれに乗ったら、大変な思いをするだけで成績が上がらず、一部の我慢強い人以外は途中で挫折して、英語嫌いになるだけです。 このブログをご覧の皆さんは、頭を酷使したパワープレーなどせずに、僕がここで書いた方法で楽をして「英語長文読解」に強くなって下さい。 そうすれば、副次的効果として英語も好きになり、更に成績が上がります。
   


共通テスト【英語】解法 & 勉強法

 受験生の皆さん、こんにちは! 仙台市の『名門進学会』家庭教師で、東北大学医学部医学科3年の金子 茉央(かねこ まお)です

  
  
 今日は、大学入試共通テスト【英語】で高得点を取るための「解法」&「勉強法」をお伝えしていきます。 知力を振り絞って書いたので長文になりましたが、その分とても受験生の皆さんの役に立ちます。 ぜひ最後までご覧下さい。

1. 出題形式
 A. リーディング
大問6題構成。時間80分。満点100点。
以前まで毎年のように出されていた発音・アクセント問題や文法・語法問題、整序英作文問題などが廃止され、全て読解問題となった。

 B. リスニング
大問6題構成。時間30分。満点100点。
イラストやグラフを扱った問題が増えた。

2. 各試験の対策
 A. リーディング
   時間制限を設ける
 まず、一番に気を配るべきは「時間」です。 過去問や予想問題集などで必ず自分なりの時間配分を決めておいて下さい。 模試はその実践です。 もちろん本番はその通りに行くとは限りませんし、特に英語は、新しい文章を読むより大問を終わらせてしまった方が点数を取れることもありますが、時間を決めて取り組むということに慣れておくことが大事です。

 そして、実際に時間制限の中で解いてみて解き終わらなかった時は、スピードを上げるために何をすればいいか考える必要があります。 以下に、制限時間内に解き終わらなかった理由別に対策を書き出したので、よく読んで実践して下さい。

   スピードを上げるには
 問題が解き終わらないのは何故でしょうか? 私が考えつく限りだと、以下の5つの理由が考えられます。
 (1) 分からない単語が多い。
 (2) 意味がわからない文章がある。
 (3) 文章の2度読みをしてしまっている。
 (4) 読むスピードが単純に遅い。
 (5) 問題を解くときに文章の内容を忘れてしまっている。

 皆さんの心当たりはあるでしょうか? 私は、かつて5つ全てに覚えがありました。 それぞれについて、私が実践した対策をお伝えします。

    対策(1) 単語力増強
 まず「分からない単語が多い」は、率直に語彙力不足です。 少なくともセンター試験レベルと書いてある単語帳(今は共通テスト対策単語帳でしょうか)は一冊買って仕上げて下さい。 出来れば二次試験レベルまでの単語帳を仕上げていて欲しいです。

     分からない単語は推測出来ることも
 しかし、それでも本番はどうしても意味の分からない単語が出てきます。 そういう単語は、思い切って読み飛ばして下さい。 全体的な文章の意味が掴めてくると、単語の意味が推測できることが多々あります。 自分がある程度単語力つけたなと思った時の分からない単語は大抵の人も分からない単語ですので、本番で焦らないことが大切です。

     注釈も覚えておいた方が
 とは言え、実際のところ、単語力は青天井です。 後ろの語句注釈に書いてあるものは覚えなくていいやと思うかもしれませんが、世の中には注釈を一切見ない人もたくさん存在します。 その人達と比較したら、ページをめくる分だけの差が出来てしまうのです。 特に高校2年生以下の方は、注釈はいずれ覚えていなくてはならない単語になりますので、覚えてしまった方が後々楽です。

     単語さえ知っていれば
 個人的な意見ですが、私は、「単語さえ知っていれば、いくら文法を知らずとも、どんな文章でも読めてしまう」と思っています。 単語力は、読解の究極の武器です。

    対策(2) 文法力増強
 ゆっくり読んだときに「意味が分からない文章がある」のは、文法力不足です。 私は、Z-KAIさん出版の著:風早寛『解体英語構文』という冊子を使っていました。 これに限らず、文法問題集はものによって並び方が違うことが多く網羅的に学ばないと意味がないので、これというものを一冊買って仕上げることをお勧めします。 見た目・手触り・解説の細やかさなどを比較しながらお気に入りの一冊を選んで下さい。

    対策(3) 区切って読む
 「文章を2度読みしてしまう」という方の中には、文章を頭の中で日本語訳している方がいらっしゃるのではないでしょうか。 日本語訳とは、文章を主語→目的語→述語の順番で読むことです。 英語は、ご存知の通り日本語と語句の順番が違いますので、英語の順番で読んでいくのが大事です。

 そこでお勧めなのが、文章を意味の塊ごとにくぎりながら読んでいくことです。 例えば、I rode my bike to school on the hill before my brother arrived.という文章があったら、I rode my bike /to school on the hill /before my brother arrived. といった具合です。

     私の学校の先生の
 この手法は、私の学校の先生の受け売りなのですが、授業の和訳も意味の塊ごとにやるようになってから大分読む速さが向上しました。 また、読んでいる実感を得られる点でも、区切っていく方法は良かったです。 区切っている範囲は一目で意味がわかる量なので、慣れると区切り線を入れるのと同じ速さで読むことが出来ます。

    対策(4) とにかく量をこなす
 読むスピードが単純に遅い人は、おそらく長文を読むことへの慣れが足りないのだと思います。 一文章を読むことと長文を読むことは大きく異なります。 体力も集中力も必要です。 慣れるために私はZ-KAIさん出版の著:風早寛「速読英単語」を活用していました。 これはシリーズもので、難易度に合わせて色々な種類がありますので、興味をもった方はぜひ調べてみて下さい。

    対策(5) 問題を見てから本文へ
 「問題を解くときに文章の内容を忘れてしまっている」ということに私はひどく苦しめられたものでした。 文章を読み直している時間や該当箇所を探している時間は、最も無駄な時間であると言えます。 もし、同志の方がいらっしゃいましたら、ぜひ問題文に軽く目を通してから本文に臨んでみて下さい。

     問題を解くのと並行しながら
 チェックすることは2つです。 1つ目は、問題が局所部分を見れば解ける問題なのか、要約のような文章全体の俯瞰問題なのかを把握すること、2つ目は、問題を解くためのキーワードを見つけておくことです。 共通テストの問題は、多くが文章に書いてある順に出題されていますので、問題を解くのと並行しながら文章を読んでいっても良いです。

 共通テストは記号問題なので違いますが、二次試験では要約問題が出題されることもあります。 そういうときは、段落ごとに軽くまとめを書いておくことをお勧めします。 読み返しを大幅に防げます。

 B. リスニング
   今までの努力の積み重ね
 リスニングは、身も蓋もない話をすると、今までどれだけ英語に触れてきたかに能力が比例します。 私がそうだったのですが、受験間近になって慌ててどうにかしようとしても、あまり伸びは期待できません。 私の友達の話を聞く限りでは、基礎英語を中1の時から毎日コツコツ聞いてきた人がやっぱり強いです。 ですが、伸びないからといって捨ててよい科目ではないです。

   共通テストで求められるもの
 共通テストでは、かつて2回読まれていた音声を1回しか流さなくなり、表やグラフの照らし合わせなどの問題が増えるという大幅な改題が生じました。 瞬時に英語を聞き取る能力、正確に聞き取る能力、理解して整理する能力が必要とされています。

   克服するためには
 まずは、音声ソフトを利用して正しい英語の発音を聞く機会を増やして下さい。 単語を習得するときに音と一緒に覚えてこなかった人は、初期に習った単語であっても意外と発音を間違えて覚えていることがあるかと思います。 

 次に、聞きながらメモを撮る練習です。 私はディクテーションを学校でやらされていました。 聞き漏らしを2回目で集中的に聞くということが出来なくなったので、聞く行為とメモを取る行為を並行する練習は繰り返し行っておく必要があります。

3. 最後に
 ここまで読んできて、いかがだったでしょうか? センター試験から共通テストに移行する中で、一番大きく変化したのが「英語」であるように思います。 新型コロナウイルスの大流行や教育改革に直面してとても大変な世代だとは思いますが、受験生の皆さんどうか勉強頑張って下さい。


楽で成績が上がる「英語」勉強法:教科書丸暗記

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

  
  
 今日は、誰でも楽に出来てすごく成績が上がる「英語」勉強法をお教えします。 中高生の皆さんは、ぜひ最後までご覧下さい。 必ず役に立ちます。

1. 教科書を丸暗記する
 その英語勉強法とは、事前に本文中の分からない単語を辞書で調べたら、その後は教科書を何度も繰り返して音読して丸暗記する、ただそれだけです。 英語の教科書全てを丸暗記するので時間は掛かりますが、なすべきことは繰り返し音読することだけなので、難しいことは少しもありません。
 
 言うまでもなく、同じ読むにしても、黙読よりもより多くの感覚器官を使う音読の方がよく頭に入りますので、自宅などそれが可能な場所では必ず音読して下さい。

英語の教科書
  
  
   英作文などの力もUP!
 これだけで英語の成績が上がるのか疑問に思われる方も多いでしょうが、実際その効果は抜群です。 僕もこの「教科書丸暗記法」で英語を勉強し続けて、TOEFLの要求水準が高いSydney大学大学院に留学することが出来ました。 また、英文をすべて暗記するので、当然のことながら、英作文や穴埋め問題の成績も大幅に向上します。 

   後付けで文法も分かる
 加えて、具体的な英文を先に覚えるので、後付けで「それは文法で言うとこういうことなんだな。」とすんなり分かるようになるので、文法の力も大きく向上します。 これに対して、抽象的な英文法だけを先に覚えようとすると、人間の頭にはものすごく大変な作業となります。

2. 絶対に単語帳を作るな!
 それから、単語帳を作るなどして、単語だけを抜き出して覚えようとしては絶対にいけません。 単語も、丸暗記の際に文章中で覚えるようにして下さい。 単語だけを覚えようとしてもすごく覚えづらいですし、その意味だけを覚えても実際に使えるようにはなかなかなりません。

   覚えるチャンクが大きい方が
 暗記に際しては、覚えるチャンク(塊り)がある程度大きい方が、後で記憶を引き出しやすいものです。 それに加えて、文章中で単語を覚えると、単語使時用のTPOも一緒に覚えられます。 ですから、英単語を覚えるのにも、文章を丸ごと覚える「教科書丸暗記法」が一番優れています。
 
 そして、付け加えれば、単語だけ暗記しようとした場合と違って、うんうん唸って頭が痛くなったりしなくて済むというメリットもあります。

3. すぐにやってみて下さい
 この教科書丸暗記法は、上述のように「教科書を何度も音読して丸暗記する」だけで英語の成績が大きく向上するし、かつ誰でも簡単に出来ることなので、中高生の皆さんは今すぐにこの勉強法を始めて下さい。 今まで英語が苦手だった生徒さんほど、この勉強法の簡単さと効果の大きさに驚くことと思います。
    


宮城県立高校入試【英語】解法 & 勉強法

 皆さん、こんにちは。 仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科2年の金子 茉央(かねこ まお)です。

 
  
 今日は、宮城県立高校入試【英語】の、高得点を取る「解法」と「勉強法」をお話しします。 来年宮城県立高校を受験する皆さんは、ぜひ最後までご覧下さい。

1. 出題形式
(試験時間50分、満点100点)
大問5題構成
大問1:リスニング
大問2:文法・語句
大問3:長文読解(スピーチ)
大問4:長文読解(説明文)
大問5:会話文形式の条件英作文

2. 対策&勉強方法
 英語の問題は、学校で習う全ての分野から幅広く出題されています。 以下では、分野毎に、対策方法と試験勉強のやり方をお話しします。

 ①リスニング
 会話を聞いて絵や応答文、質問の答えを選択する問題、また会話文の中でされた質問に対する応答を英作文する問題などがあります。 100点満点のうち25点分と配点が高いため、リスニングを克服することはとても重要なことになってきます。

   英語を聞いていた時間に比例する
 リスニングの能力は、英語を聞いていた時間に如実に比例します。 他の科目の勉強をする中で英語を聞く時間を作るのは大変なことですが、英語は母国語ではないので毎日耳を鳴らしておくことがとても大事で、それがリスニング力向上の一番の近道です。

 その際、聞き取った英語を書き出していく「ディクテーション」や、CDに数秒遅れて自分も発音する「シャドーイング」を同時に行うことも効果的です。

過去問集のCD
  
  
 また、リスニングで英作文を問われるようになったのは新傾向のようですが、比較的平易な質問が問われているので、落ち着いてよく聞き、5W1Hを意識して書きましょう。

   聞きながらメモを取る   
 それから、リスニングの問題を解く際は、メモを取りながら聞いて下さい。 その際、メモに集中しすぎないことが大事です。 「話の流れを把握しつつキーワードを書き出しておく」イメージです。

   事前に問題文を読んでおく
 加えて、試験が始まってから問題文が流れるまでに時間がある時は、問題文に先に目を通しておきましょう。 事前に問題を知っているだけでも、格段に会話が聞きやすくなります。

 ②文法や語句
 文法の知識や会話の流れに基づいて「語句を穴埋めで問う問題」や、「並び替え問題」などが出題されます。

   パターン・条件を整理しておく
 過去形・過去分詞・助動詞など紛らわしいものは、それぞれ使うパターン・条件を、教科書を用いて自分で整理しておくと良いです。 文法の出題ポイントはパターン化されているので、文法問題集を一冊買って仕上げるのも効果的です。

 語句は注がついていないこともあるので、教科書に載っているものは全て覚えましょう。 また、注がついていたとしても、読んだ瞬間に意味が分かれば読むスピードが早くなります。

   単語は発音と一緒に覚える
 単語を覚える際に注意するべきことは、必ずCDの音源を聞いて、音と一緒に覚えるということです。 単語の発音を正確に覚えているとリスニング力向上にも繋がりますので、是非とも音と単語はセットで覚えていって下さい。

   隙間時間にコツコツ覚える
 反復練習が大事な語句と文法は、まとめて時間をとって一度にやるというよりは、隙間時間を利用してコツコツ覚えていく方法がお薦めです。 私は電車の行き帰りの時間を主に利用していましたが、一日何分何ページというように決めるとモチベーションが上がります。

 ③長文読解
 2020年度は、スピーチと説明文に関する長文読解について、語句や文の補充問題・内容真偽問題・英文並べ替え問題・要約問題など様々なタイプの問題が出題されました。 難易度が高い訳ではありませんが、確実に点数を取るためには、ある程度の読むスピードが必要とされます。

   段落ごとに内容を確認しながら
 長文読解は、段落ごとに内容を確認しながら解いていく必要があります。 私は、「1文くらいの軽い要約」や「キーワード」を段落ごとに書いておくようにしていました。 そうすることで、要約問題や抜き出し問題が格段に解きやすくなりますし、苦労して読み終わったあと、前半の内容を忘れてしまうことを防げるからです。

   事前に設問に目を通しておく
 また、長文を読む前に各設問に目を通しておくことも有効です。 抜き出し問題・内容真偽問題などでは、聞かれていることを意識しながら読めるので、読み直しの手間が減ります。

   慣れておく必要がある
 長文は、リスニングと同様に定期的に触れ、慣れておく必要があります。 毎日長文を読むようにすると、だんだん読むスピードが上がってきます。 ただ、毎日試験並みの文章を読んでいては、時間が掛かるし嫌になってしまうので、初めは短めの文章を用いて英文になれ、徐々に増やしていくようにしても良いかもしれません。 自分のペースでやることが大事です。

   訳は英語の構文通りに考える
 長文の勉強をする際に、全文を訳す人がいるかもしれませんが、これはお薦め出来ません。 英語と日本語は構文があまりにも異なり、対応しきれない言葉もあるため、毎回綺麗な日本語に置き換えて読んでいると時間が掛かってしまうからです。

 訳を書く際は「I had a breakfast with him.」を、「私は彼と朝御飯を食べた。」ではなく、「私は食べた。朝ごはんを。彼と。」というように英語の構文の通りに考えると良いです。

 ④英作文
 英作文は、会話の流れや与えられた資料に基づいて1文で書くものと3文で書くものがあります。 特に後者は、自分の意見を根拠とともに書くことが求められ、文法や単語のスペルミスなどにもしっかり気を付ける必要があります。

   先生に添削してもらうことも
 自分では普通に書いているつもりでも、外国ではあまり使われない言い回しで書いてしまっていることも多いので、学校の先生に添削してもらうことも大事です。 試験本番でも落ちついて書けるように、模試等を利用して自分で英文を作ることに慣れておきましょう。

3. 最後に
 以上、テスト対策について書き連ねてきましたが、英語は言語であり楽しんで学んだ人がぐんぐん伸びていく科目です。 リスニングの練習にせよ、教材のCDを延々聞いているのではなく、時には洋楽や海外映画に触れて下さい。 そうすれば、リフレッシュにもなるし、英語力向上にも効果的です。
   


東北大医学部生:英語の勉強法・失敗談も!

 皆さん、こんにちは! 仙台市の『名門進学会』家庭教師で東北大学医学部医学科2年の金子茉央(かねこ まお)です

   
          
 この間、久々に広瀬川の土手にランニングしに行ったら、周囲の草花が一新されていました。 いよいよ秋の到来です!

彼岸花
  
         
 皆さん、金木犀の香りって本当にいいですよね! 私の実家の裏にも生えていて、秋になる度に窓を開け放していたことを思い出します。

私の「英語」の勉強法・失敗談も!
 もうすぐ全学の授業(全学部で共通で受ける授業)が始まります。 医学科2年生の後期で取るべき全学授業は、英語だけです。 ここで告白致しますが、私は英語が大の苦手です! 今日は、私が英語に苦手意識を持った経路と、それに纏わる後悔についてお話しします。

  1. 英語を好きになって下さい
 まず、後悔の1つ目です。 英語が得意になるためには、英語を好きになって下さい! 私は、それに失敗してしまいました。 聞き取れない、意味が分からない、難しい、と英語を学び始めた初期から敬遠してしまいました。

英語の本を読む(シャーロックホームズ)
  
  
 その理由として、「英語を使って人とコミュニケーションを取るという実践の場が無かったこと」である思っています。 これから英語を学ぶという人がいらっしゃいましたら、是非とも生きた英語を学び、英語を使って好きになってください。

  2. 単語を覚えるときには発音も一緒に
 2つ目は、単語を覚えていくときに発音を一緒に覚えなかったことです。 「英語が上達する方法」を教えてくれる人や本は、必ず「音と視覚と意味を関連づけて、できるだけ多くの感覚を使って覚えろ」と言います。 それを理解しながらも、全く実践しませんでした(笑)。

 基本的に声を出してはいけない自習室で勉強をしていたので、家に帰ってから発生練習をするのがめんどくさがったのです。 この少しの手間を惜しまないでいることが、後々力になっていきます。 センター試験での発音・アクセントの対策にてこずりながら、何度後悔したことか分かりません…

  3. 基礎英語を聞いてリスニング力を  
 3つ目は、中学の時に学校の課題で出されていた「基礎英語」を全く真面目に聞かなかったことです。 ここで毎日コツコツと聞いていたかいなかったかの差が、将来のリスニング能力の差に繋がってきます。

基礎英語
 
    
 やはり、頭が柔らかいうちに英語を毎日聞くことは、「英語への慣れ」という点でとても重要なことなのです。 帰国子女ではないのにリスニング能力が高かった友達は、大抵毎日英語に触れていました。

 以上が、私が今でも英語に苦労している3つの原因です。 受験の時は、「単語を無理矢理頭に詰め込み、文法問題集や過去問をひたすら解く」ことで何とか合格レベルには持っていきました。 しかし、リスニングだけは本当に苦手で、センター試験レベルの問題ですらまともに聞き取れない状況でした。

使っていた英語の問題集
  

  4. 久しぶりにTOEFLを受けたら   
 そして、実は、大学生になると英語力がどんどんなくなっていきます。 高校の時は授業で定期的に英語に触れていたし、問題を解く機会も多かったのですが、大学生は自分から英語に触れる機会を設けないと英語と全く無縁の生活を送ることが出来ます!

 久しぶりにTOFEL受けたら、あまりの文法の忘れ具合にびっくりしました(笑)。

TOEFLの参考書
  
 
  5. 最先端の論文は英語なので
 でも、大学には最先端のことを学びに行っていて、やはり一番最初に書かれる論文は英語なのです。 英語力がないことは、この先大きなハンデになっていくのだろうと感じています。 皆さんはこういう思いをしないように、英語の勉強頑張って下さい!
   


必ず成績が上がる「英語」の勉強法

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

  
   
1. 必ず「英語」の成績が上がる
 今日は、当社の生徒さんからの質問が多い「英語」の勉強法について、このブログをご覧の皆さんにもその方法をお教え致します。 皆さんの現在の勉強法とは大分違うと思いますが、下記の方法で勉強すれば、英語の成績は必ず上がります。 ぜひ、この通りにやってみて下さい。

2. まずは教科書を音読して丸暗記
 世の中には、英単語集や英文法の本など、色々な英語の参考書が出ています。 しかし、それらは置いておいて、まずは皆さんの英語の教科書(中学生でも高校生でも)を覚えて下さい。 何度も何度も教科書を音読して、丸暗記して下さい。

英語の教科書
 
  
  構文も単語も一度に
 そうすれば、構文も単語も一度に覚えられるので、単語だけではなく、整序問題(よく出ます)や英作文(個別試験では必ず出題されます)にも強くなるなど、皆さんの身には良いことが沢山やってきます。

3. 単語は文章の中で覚える
 次は、上記2.とも関わりますが、単語は文章の中で覚えて下さい。 単語集を用いて、単語だけで覚えようなどとはしないで下さい。 単語だけを抜き出して覚えようとしても、なかなか覚えられず、かつ、かなりの苦痛を伴います。 ただ、中には、パワープレー(根性)で覚える方もいるかとは思いますが。

  使い方を覚えるためにも
 パワープレー可能とは言え、単語だけ抜き出して覚えても、英文の中での使い方(TPO)があまり分かるようにはならないので、やはり単語は文章の中で覚えるようにして下さい。 その使い方も、一緒に覚えられますので。

4. 文法は後付けでOK!
 これも上記2.と関わりますが、文法だけを先に覚えようとしないで下さい。 「人間の脳は、抽象的なことは覚えづらい」ので、文法だけを先に覚えようとすると、まず100%挫折します。

  まずは構文を
 まずは、上記2.のように教科書を丸暗記して、構文を覚えて下さい。 英文がどうなっているのか(どういう構造なのか)を、覚えて下さい。 その後で、この英文は、文法で言うとこういうことなのだな、と文法を後付けして下さい。 これは、具体的なことなら人間の脳が覚えやすいので、このようにするのです。

5. 皆が大幅に成績向上!
 僕は、高校生の時にはこの効果的な英語勉強法を知らなかったので、大学受験ではかなり苦戦しました。 しかし、大学入学後にこの勉強法を知って、その後はずっとその通り勉強してみました。

  交換留学生に選ばれ
 その結果、入試で英語の比重が高い大学院では良い成績で合格したので、早稲田大学から奨学金を頂いて学ぶことが出来ました。 そして、在学中に、名門シドニー大学大学院に、厳しい学内選考を勝ち抜いて交換留学をすることが出来ました。

シドニー大学・Great Hall
  
  
 もちろん、当社の生徒さんにもこの方法で英語の勉強をやってもらっていますが、その内97%以上の方が大幅に成績を向上させています。
   


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.