家庭教師の仙台ブログ

医学科生家庭教師が贈る:宮城県立高校入試「理科」解法&勉強法

 皆さん、こんにちは。 仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科3年の金子 茉央(かねこ まお)です。

 
       
 今日は、宮城県立高校入試「理科」の解法と勉強法をお話しします。 来年宮城県立高校を受験する皆さんは、ぜひ最後までご覧下さい。

1. 出題形式
2020年度から前・後期制度が廃止され、一元化された。
大問5問構成
大問1は小問集合
大問2~5は生物・物理・地学・化学から一題ずつ
試験時間50分、満点100点

2. 対策・試験勉強
 以下では、分野毎に対策方法と試験勉強の仕方をまとめています。

 ① 生物
 (植物・動物の分類、細胞・遺伝、ヒトの体の仕組みなど)
 教科書で扱う実験を元に出題されることが多く、聞かれていることは標準的なことが多いです。 実験の手順をきちんと復習して、細かい作業の意味なども理解しておく必要があります。 特定の実験に関して聞かれるポイントは決まっているので、教科書をベースにそこを重点的に復習しておくと良いです。

   実験の内容を思い出しながら
 実験を扱うことが多いことから、必然的に問題文は長文であることが多く、混乱してしまうかもしれません。 しかし、絶対に自分が見聞きしたことがある実験に関連づけることが出来るので、落ち着いてその内容を思い出しながら解いていって下さい。

 生物の一番の得点の分かれ目は、記述です。 聞かれていることに対して必要な情報を、過不足なく論理的に組み立てなければなりません。 私は頭の中でスラスラ文章を組み立てることは出来なかったので、必要な要素を箇条書きに書き出してから文章を組み立てていました。

   記述は20文字に1要素くらい
 必要な要素数は、解答用紙の広さや字数指定が目安になります。 文字数20字に対し1要素くらいを基準として計算していました。 必要かどうか迷ったら、書くべきです。 間違ったことを書けば減点されますが、基本的に要素に対する加点方式で採点されているので、余計なことを書いていても大丈夫です。

 また、普段から正答を必ず確認して、自分の解答に「必要な要素が欠けていないか」照らし合わせるようにして下さい。 これは、記述問題の得点UP!のためにとても大事なことです。

 ② 物理
 (光とレンズ、力と運動、電流と磁界、力と圧力など)
 実験を行い、その過程や結果について考察や計算をしていく問題が多いです。 その際、教科書で学んだ公式や考え方をベースに思考力を必要とされることが多く、比較的難易度が高いと言えます。 過去5年間の中では、小問集合を含めて特に電流の範囲が多く出題されているようです。

   公式の導出方法を知っておく
 物理は、公式の意味を理解していることが大事です。 丸覚えして機械的に公式を用いていては、少し捻られた問題が出題された時に対応出来ません。 公式を使える条件は、少なくとも把握しておきましょう。 お薦めは、導出方法を知っておくことです。 公式が導出できる条件は、すなわち公式を用いることの出来る条件となります。

 また、インプットだけでなく、演習を重ねてアウトプット出来るようにしておくことも大事です。 私は、学校で配られたパターン問題の載っている授業プリントを3周して、テストに臨んでいました。

 ③ 地学
 (天気、地層、地震・火山、天体など)
 小問集合では知識を答えさせる問題が多いですが、大問の方では思考力の求められる問題も出されています。

 知識問題が多いイメージのある地学ですが、計算問題や記述問題は、教科書で習うことをしっかりと理解していないと解けません。 丸暗記するのではなく、どうしてこういう現象が起こるのかを考えながら知識をインプットして下さい。 現実の事象を扱っていることが多いので、日常生活で確かめたりすると長期記憶になりやすいです。

 天体の分野では、立体的に太陽や月などの位置関係を想像しながら解く問題が出ますが、これは教科書のイラストなどを見ると分かりやすいと思います。

   よく出る計算問題を重点的に対策
 点差のついてしまうポイントは計算問題だと思いますが、出題されることには、そんなにバリエーションがあるわけではありません。 範囲毎に出されやすい計算問題を認識して、そこを重点的に対策し、煩雑な計算を間違えないように落ち着いて解いていくのみです。

 ④ 化学
 (化学変化と物質の質量、状態変化、電池と中和・イオンなど
 実験を元に、結果や方法を考察していく応用問題が多いです。 問題文から反応を推測し化学反応式を書く問題、結果を元に計算する問題は頻出ですので、十分な演習を重ねることが必要です。 苦手とする受験生が多く、合否が分かれる範囲であると思います。

 また、実験の手順やその作業を行う理由を問われることも多いので、学校で実施される実験ではその辺りを意識して取り組むと良いでしょう。

   どれだけ沢山の物質を化学式で書けるか
 化学を解く上で鍵となるのは、どれだけ沢山の物質を化学式の形で書けるかということです。 生成物と反応物の化学式さえ書けてしまえば、あとは反応式の辻褄を合わせていけば化学反応式は書けます。 また、化学式の形に直した方が反応のイメージがつきやすくなります。

 例えば、アンモニアを水に溶かすと塩基性になると言われてもピンときませんが、NH3(アンモニア)とH2O(水)が反応したらOH-が出来ると言われたら納得できます。 更に、水素と硫黄はどの比率で反応して硫化水素になるかと問われても分かりませんが、水素がH2、硫黄がS、硫化水素がH2Sであることを知っていれば答えられるわけです。

   化学式を丸暗記することから
 当たり前のことを言っていますが、化学式を覚えていることの大切さが伝わればと思います。 化学の勉強をこれから始める人、もしくは化学が苦手だと感じる人は、化学式を丸暗記することから始めてみて下さい。 今は、問題文に硫酸や硝酸の化学式が書いてあると思いますが、いずれは当たり前に知っているものとして書いてくれなくなります。

   複雑な計算は単位に注目する
 化学の関門の一つは、煩雑で複雑な計算です。 様々な単位のついた値が次々と提示されて、それらを整理しながら解いていかなくてはなりません。 分からなくなったら、単位に注目してみて下さい。 例えば、密度(g/cm3)は、1cm3辺りの重さです。 単位を見れば、その値がどういう値か想像できると思います。

 演習を重ねれば、煩雑な計算にも慣れていきます。 比較的出題場所が絞りやすい頻出分野なので、重点的に対策していきましょう。

3. 最後に
 理科は、教科書で扱う実験を中心に対策を進めていくと良いでしょう。 大問の問題は毎年出題範囲がランダムに変わっていて、過去10年間の大問で出題された単元が被ったことはほとんどありません。 網羅的に苦手を潰していく必要があります。

   解き直しも大事
 演習が大事と繰り返し書きましたが、解き直しも同様に大事です。 解説にはプラスアルファの情報も書かれていますから、きちんと読むと理解が深まります。 典型問題が解けるのは良いとして、その単元を自分が本当に理解しているかを確かめるために、模試の問題を利用して下さい。
   


医学科生の「家庭教師体験記」11・社会科 & 理科「一点集中で」

 皆様、こんにちは。 「名門進学会」家庭教師で「医学科生」の浅野 早織(あさの さおり)です。     

 
 今回は、「社会科」と「理科」の勉強法についてお話しします。 ぜひ最後までご覧下さい。

● 社会(倫理、現代社会、日本史、世界史)●
 私は、理系だったためこれらの科目をメインに指導してはきませんでした。 ですから、ここでは、半年間の準備でセンター試験を現代社会から倫理に変更した時の勉強方法で、どの科目にも共通した事についてお話ししたいと思います。

社会科
 
 
   1. 最初はできるだけ薄い参考書を読む
 まず、最初にお勧めしたいのが、なんでもいいので簡単な参考書で極力薄いものを1週間以内にグッと集中して読んでみて下さい。

 私自身は、ほぼ独学で学習しなくてはいけなかったので、「センター倫理31テーマで188人の思想を理解して合格を決める シグマベスト」という本当に薄い本を1日で読みきることを行いました。(店頭で目にしたら是非手にとってみてください。その薄さにびっくりしてしまうかもしれません・・笑)

薄い参考書を読む
  
  
   2. 読んだ後過去問を解く 
 この本は本当に薄くポケットサイズでしたので、ストレスなく週末の1日でざっと読むことができました。 一旦、この薄くポイントがまとまった参考書を読んだ後に、過去問を解いてみます。 その過去問を解いて、解答合わせをした後、その薄い本で該当箇所を探し、マークしたり、書き込みをしたりしていきます。

   3. 過去問をこなした後で詳しい参考書を 
 過去問であれば5年分くらいこなしたくらいに、疑問に思ったところを調べるために、詳しい参考書を手に入れました。 たとえ、『初めての〜〜』『0から始める〜〜』といったような内容の入門レベルの参考書であっても、分厚いものは最初の一冊としてはオススメしません。

 わかりやすいかどうかよりも、ポイントが網羅されていて薄い本をまず一冊手に入れて、短期間でその一冊を使いこなすことから始めていくのがいいです。

   4. 厚い本は薄い本の後で 
 分かりやすくても、分厚い本だとそれだけで道のりが遠く感じてしまい、勉強が進みません。 そう言った本は、薄い本を一旦読み終えた後に手をつけましょう。

 すると、その分厚い本を読んでいても、『ああ、これあの薄い本のこの辺のはなしか。』と、理解はできていなかったり覚えてなかったりしても、なんとなく聞き覚えがある状態にはなっています。 この気持ちの気軽さが、分厚い本を読破するのにとても役に立ちます。

   5. まずは下地を作る
 いくらわかりやすく簡単な参考書であっても、何も知らない状態で分厚い本を読むと、新しい情報だらけで、途中で投げ出してしまいたくなりますよね。(私はそうでした・・・) 

 なので、薄い本で、「うーーん、なんかよくわかんないけど・・薄いし、とにかく勢いで読んじゃおう!」と思える本で、下地を作れるのは非常に大切です。

 特に、暗記がものをいう科目は、何回もその知識を確認して定着させることが大切なので、分厚い本を読む段階が、すでにその情報を自分に取り入れる2回目であるのは非常に良いです。


● 理科(化学、生物、物理)●
 理科の勉強方法に関しては、①化学と生物 ②物理 の2つに分けて考えるとよいです。

理科
  
  
 化学と生物は、暗記することが非常に多い点から、すぐ上で述べた社会を勉強するときの勉強で使ったやり方をするのが効率が良くまた、 物理は数学の勉強法をベースに行うのがオススメです。
 
 また、理科は、分野がそれぞれわかりやすく分かれているので、(化学であれば、有機化学分野、無機化学分野、理論化学分野といったように、物理であれば、力学、熱力学、電磁波といったように)参考書でも、分野別になっていたり、分野の境目が非常にわかりやすいものが多いです。

    1. 得意分野を作る 
 また、応用問題でなく、基礎的な問題であれば、ある程度はその分野の知識だけで解くことができます。(上位校の入学試験問題や、応用問題は分野をまたいだ知識が必要になることもあります。) それを生かして、早いうちに、自分の得意分野を1つでも作るようにしましょう。
 
   2. 決めた分野だけ集中して勉強を
 そのためにおすすめなのが、一旦、これを得意にしよう!と決めた分野だけ集中して勉強することです。 私は、そのために、よく、友人と、センター試験の過去問に収録されているある分野だけを今日1日ひたすらやる! という〇〇マラソンディというイベントを作って勉強していました。

マラソンディ勉強会(イラストで)
  
  
   3. マラソンディ! 
 具体的には、土曜日の朝9時頃に友人数人と集まって、「今日はセンター試験5年分の無機化学分野を解きまくる、無機化学マラソンディにしよう!」と目標を立て、全員がその目標を達成するまで帰れないというルールを決めて、一緒に勉強していました。
 
 同じ分野の過去問を何年分も解くと、なんとなく傾向をつかめますし、何よりこの科目のこの分野に関してはここまでやったぞという自信になります。

   4. ゲーム感覚で
 また、友達と一緒にゲーム感覚でやることで、途中で放り投げてしまうことも無くなるので、このマラソンデイはおすすめしたい勉強法です。 毎日淡々と勉強をこなすのは、意外に難しいものです。 こうやって、イベントを作って、楽しみながら勉強できるように工夫してみてください。
 


家庭教師の教え8・理科その2「センター試験物理&化学」

 皆様、こんにちは。 仙台市の「名門進学会」家庭教師・日置 薫(ひおき かおる)です。

e_dscf3167

 今回は、「センター試験物理」「化学」の勉強法をお話しします。 成績UPに役立ちますので、最後までご覧下さい。
                                             
1. センター試験・物理
 センター試験の物理についても、触れておきます。 自分の場合、長い間ずっと2次試験対策(記述対策)をして解いていたのですが、記述模試なら点数やら偏差値やらが高くでる割に、センター模試では伸び悩んでいました。 結構物理には自信がついてきていたのですが、マーク形式のものとなるとどうも得点できませんでした。

センター試験・赤本
 
    
 A. センター試験対策の参考書を手に  
 そんな時に、簡単なセンター試験対策用の簡単な物理の参考書を手にしました。 それまでは「マーク試験なのに対策するのは時間の無駄だし、もっとちゃんとできるようになればセンターでも得点できるようになる」と思っていました。

 「もっとちゃんとやれば得点できる」というのは正しかったかと思います。 べらぼうに物理ができる!って感じでもなく、できる程度だったので、勉強が足りていなかったと言えばそれまでな気もします。
  
 B. マーク式対策も必要 
 しかし、「マーク試験なのに対策するのは時間の無駄」と思うのは間違いでした。 その簡単な参考書をやり始めてから、かなり得点が伸びました。 なんでしょうね、マーク試験用のコツみたいなのがあるんですかね。

 きちんと勉強して、センター形式のマーク問題でも得点できる子は全然問題ないと思うのですが、「マーク模試と記述模試での点数に大きな解離がある。」という生徒さんは、12月頃からきちんとセンター対策をして行ったほうがいいかと思います。
 
 センター試験は、問題は簡単なのですが、それだからといって簡単に得点に繋がるかどうかは分かりません。 ですから、苦手意識のある生徒さんは早め早めに対策していきましょう。
 
2. 理科・化学
  A. 有機化学 
 次に化学です。 化学も、無機化学、有機化学などと色々な分野がありますね。 その中でも有機化学は最も得点しやすいです。 教科書の後ろの見開きに載っているような、ベンゼン環やらアルコールやらのチャートがあると思われますが、それを徹底して覚えましょう。

化学実験用具
 
  
  
    チャートを覚える 
 生徒さんには、とにかくチャートを覚えさせました。 自分で穴あきのチャートを作ってきて、何枚も印刷して、それを渡して宿題にしていました。 それを何回か続けていき、最初は意味が分からないままに埋めていくことにもなったりしますが、何回も書いているうちに自然と出てくるようになるのです。

    無意識でも出てくるくらいに 
 これが大事です。 無意識でも出てくるぐらい何回も書くことで、知らない間に記憶が定着します。 それをきちんとやってもらえれば、まず出来ないなんてことはなくなります。

 この方法を用いた生徒さんも、知らないうちに、有機化学の分野は、スラスラと問題が解けるようになっていました。 最終的にはパズルを解いているみたいで、解くのが楽しい、という感じでした。

  B. 無機化学 
 一方で、最も厄介かなと思うのは、無機化学です。 無機化学は、暗記事項が非常に多いですからね。 僕自身、非常に嫌でした。

    語呂合わせも 
 でも、語呂を用いれば、多少は覚えやすいかなと思います。 自分が大学受験で使っていた語呂は、今でも頭の片隅に残っているので、それを伝えていくようにしています。 ゴロを使って記憶して、そのことを問題を解きながら応用させていくといった感じで指導しています。

    問題を解きながら一緒に確認 
 ただ、語呂を全て覚えたからといって簡単に解けるわけではないのが、困ったところです。 実際に問題を解きながら、「このようにゴロで覚えた知識を使っていけばいいんだな。」ということを一緒に確認していきます。 そこまでして、ようやく得点できるようになります。

  C. 理論は内容把握と計算 
 理論のあたりは結構大変と思われがちですが、暗記することは少なく、内容さえきちんと把握してしまえば、あとは面倒な計算を片付けて行くだけ、という感じになってくるので、きちんと自主学習をして、分からないところを質問して頂ければ、大丈夫かと思います。

 内容の理解は大変なので、まずはきちんと授業中に先生の話を聞いて理解して、その上でやっていけるとだいぶ楽になります。

  D. 自主学習も大事 
 以上のように、やはり、化学一つとっても、これだけの分量があり、それを指導時間内で問題も解いて解説もして、とやっていると時間が全然足りなくなってしまうため、家庭教師のいる間の勉強だけではなく、きちんと家で自主学習時間を取るのが大切になってきます。
   


家庭教師の教え7・理科その1「中学理科&高校物理」

 皆様、こんにちは。 仙台市の「名門進学会」家庭教師・日置 薫(ひおき かおる)です。

e_dscf3167
                                     
 今回は、「理科の勉強法その1」です。 理科は、中学生と高校生で力の掛け方が非常大きく違ってくるので、分けてそれぞれ説明します。

1. 理科・中学生 
 まずは、中学生の受験における理科からです。 中学生は大変ですが、物理も化学も生物もやらなければなりませんね。 しかし、範囲が広い分、内容は浅いです。 苦手なところもあっさりとやっていければ問題ないです。

理科室
  
  
   得意な分野を伸ばす  
 とはいえ、その中でも得意な分野、苦手な分野があるかと思います。 ここで、最初に書いた通り、得意なところは伸ばしていきましょう。 別に、全部の分野を7割で揃える必要は、全くもってないわけです。

 物理が得意なら、生物や化学で6割でも、得意の物理で9割取れれば、全体では7割程度に収まるわけです。

   全部を完璧にできる必要はない 
 実際に指導してきた生徒さんでも、そのような子がいました。 化学と物理は面白いと思ってできるものの、生物や地学のところはさっぱり、といった感じでした。

 しかし、苦手な分野は無理して教えず、学校のことだけきちんとやれるようにして、得意の化学と物理できちんと点数を取れるように応用問題まで指導したところ、全体で7~8割で安定してくれました。

   得意な分野があれば 
 このように、範囲は広いものの、得意な分野があれば、全部を完璧にやれなくてもある程度の点数で落ち着きます。

 受験は理科のみではなく、全体の総合点で勝負するものなので、自分の志望校の最低合格点を確保するつもりで計算していきましょう。 さらに高みを目指す方は個人的に色々と勉強法をお教えしたいです。
  
2. 理科・高校生
●受験時の選択の幅を広く持つために
 次に高校生の理科の指導です。 高校生では前にも書いた通り、基本的には理系の生徒さんしか教えてきていないので、理系の子向けのお話になります。
 
 高校では、理系文系と別れた後は、理科は2科目選ぶのが普通かと思います。 まずはその勉強が大事なのですが、志望校、受験校が決まっている生徒さんは、そこの求めているものに早いうちから対応させましょう。

   色々なパターンがあるが 
 二次試験で理科が一科目だけでいい場合もありますし、センター試験で理科が必要なだけの場合もあります。 逆にセンター試験では必要ないけど、二次試験で理科が二科目必要な場合もあります。 色々なパターンがありますが、広く対応できるようにしましょう。

受験日の朝
  
  
   選択肢は狭めないように 
 「志望校一校しか受けない!」という強い意志の持ち主ならいいのですが、たいていは何校か受けることとなるでしょう。 その場合に、考えうるどのパターンでも対応できるようにしましょう。

 例えば、志望校は二次試験で理科1科目だけど、受験を考えている別のところでは二次試験で理科2科目必要となる、という場合にはきちんと理科2科目勉強しておいた方が良いでしょう。

   直前ならまだしも 
 選択肢を、自らの手で狭めてしまうことになってしまいますからね。 選択肢は少ないより多いに越したことはありません。 直前になって考えるならまだしも、半年以上前から考えることではないでしょう。

 早くから考えてしまうのは、その志望校しかいきたくない、という強い意志とも取れますが、一方では、あまり勉強を増やしたくないという逃げとも取れます。 後悔しないためにも、早くから決めずに、広めに勉強しましょうね。
 
 さて、次に科目別に紹介していきます。

3. 理科・物理
 僕の場合は、化学、物理の組み合わせで受験しているため、生物は中学校で習った知識が最後となっており、高校受験ではあまり役立たないものなので、実際に生物を受験で使った人に聞くのが良いと思います。 ですから、生物に関しては割愛させていただきます。

   公式が少ない
 物理からいきましょう。 物理は、大学受験の科目の中で最も公式が少ない科目なのではないでしょうか。 公式が最も少ないということは、丸暗記することが少ないということです これは受験生にとっては非常にハッピーなことですね!

   満点を取りに行ける 
 だから、物理は、極めれば、大学受験の科目では、確実に満点を取りに行ける科目とも言われます(自分は取ったことないですが)。 でも、そう言われる理由は、何となくわかります。 内容を理解してしまえば、やはり点数は取りやすいです。

   大きくは4分野 
 力学、電磁気、波動、熱力学、と、大きく4つの分野から構成されますが、熱力学は最も点数が逃げて行かないところです。 理解さえしてしまえば、計算さえ間違えなければまず安心して試験に臨めます。

 まず、そのような状態に近づくために、授業で大体の内容を把握してきてください。 そうすれば、あとはこちらで少し手を加えて、問題を解かせれば大丈夫です。

   力学 
 他に大事なのは、力学です。 力学の基本知識は、電磁気、波動にも使えるものとなってきます。 そのため、力学をおろそかにしていると、電磁気も波動もわからないところが増えてしまうわけです。

力学の父・ニュートン
 
 
 力学の中では、円運動、単振動のあたりが肝となります。 したがって、物理でつまづくポイントは力学の円運動、単振動にあるかと思われます。

   電磁気 
 電磁気が出来ないという生徒さんは多数いるのですが、実際に聞いてみると、単振動のあたりから理解がまともに進んでいない場合が多いです。 単振動では、単純な上下のバネ運動だけのものから、応用問題では、斜めの坂の上で摩擦も考えなければならないものまであります。

     単振動でも公式は少ない
 しかし、ここで思い出して欲しいのは、公式自体は少ないということ。 それはこの単振動の分野にも当てはまります。 公式が少ないということは、根本的な考え方・解き方は少ないわけです。 結局のところ、少ない公式を用いて解いていかなければならないわけですからね。

   ポイントだけ抑えて解く
 ですから、単振動では幾つかのポイントだけ抑えて解いていく、ということを意識してください。 そして、みんなが苦手と思っている単振動をものにできれば、電磁気や波動にも応用できるため、とても大きな力となります。

 今までの生徒さんでも、単振動を理解することで、物理はそんなに難しくない、と思うことができるようになり苦手意識がなくなった子は何人かいました。 皆さんも、きちんと根本の理解をするようにしましょう。 公式が少ない分、内容をきちんと理解してしまえば物理は怖くないのです。
  


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.