家庭教師の仙台ブログ

東北大学医学部生:「合格」には「切り替え」が大事!

 皆さん、こんにちは! 仙台市の『名門進学会』家庭教師で東北大学医学部医学科2年の金子 茉央(かねこ まお)です

  
     
 今日は、私が東北大学医学部医学科のAO入試を受験した時の体験をお話しします。 受験生の皆さんにはとても役に立つはずですので、最後までご覧下さい。
 
1. 私が経験した過去最大の絶望感
 私はAO2期で受験を終えているので、今の時期に身をもった体験がある訳ではありませんが、AO2期の筆記試験を終えた後はなかなか堪える経験をしました。 いつであったかブログでお伝えしたことがあるかもしれませんが、私は得意科目であった物理でやらかしてしまった記憶があります。

物理(イメージ)
 
  
 大問1つ全てに関わる問題訂正が試験前に伝えられていたことを完全に忘れたまま、問題を解き進めていたのです。 その訂正に気がついたのは、「試験やめ」と号令され解答用紙を裏返し鉛筆を置いた後でした。 何気なく黒板に目をやった際に、今までに感じたどの場面よりも大きい絶望を感じたのを覚えています。

2. 合格した理由は?
 思ったより簡単であった得意科目で実力に関係ないポカをやらかし、得点源のはずが足を引っ張りかねないという最悪の状況に陥ったわけでしたが、でも、蓋を開けてみれば私は無事合格することが出来ました。

合格通知書

 これは、その後に控えていた英語が始まるまでにきちんと気持ちを切り替えることが出来たからだと思っています。 理科が終わってから英語が始まるまでの1時間、とりあえず外に出て頭を冷やし、戻ってチョコレートを食べて全てを忘れました。

「切り替えろ、忘れるのだ」と脳に繰り返し命じれば忘れられるものです。 泣いたのは、試験が終わって母と合流した時でした。

   母の言葉が救いに
 母に「今、無駄に1次通って2次で落ちるより、1次ですっぱり落ちた方が仙台までの交通費とホテル代浮くじゃん」とフォローになっていない論理で笑い飛ばされたのも私には救いになりました。 落ち込んでいる受験生に周囲の人がかける言葉というのは難しいものですが、母は私の気持ちが楽になるツボを心得ていたようです。 さすがですね。

合格後・東北大学にて
  
  
3. 切り替えが大事!
 今日は、私の受験時代の記憶を書きましたが、如何でしたでしょうか? 伝えたいことは、「やばい時こそ切り替える」ことです。 言うは易く行うは難しですが、落ち込んでやる気をなくしてしまうことが1番のNGです。

 共通テストが終わってから2次試験が始まるまで1ヶ月以上あります。 伸び代しかなかった夏であればやる事だらけの1か月になりますが、ある程度学力を完成させた皆さんにとっては、如何にモチベーションを保っていくかが鍵になります。 私の友達は、この1ヶ月がすごく長かったと言っていました。

 今回は、これくらいで終わりにします。 皆さん、残りの期間どうか頑張って下さい! 最後まで読んで頂き、有り難うございました!


医学部体験記1:入学試験⇒入学式

 皆さん、こんにちは。 「名門進学会」家庭教師の浅野早織(あさの さおり)です。
      
  
                                      
 現在私は、山形大学医学部の5年生として医師を目指し、日々実習、勉強を行っています。 今日から医学部生としての体験を、学年別に分けてお話しして参ります。 第1回目は入学試験から入学式までです。 ぜひ最後までご覧下さい。

医学部生の「生活」や「勉強」などを
 受験生やまたその受験生のご両親に、よく医学部受験のための勉強法だけでなく、医学部生の生活、どのような6年を経て医師になるのか聞かれることがあります。

 ですから、今回以降、そういった方々からされた質問に対する答えや、今まで私が医学部でどのように生活し、勉強してきたかなどお話したいと思います。

【入学試験から入学まで】
 入学試験では、私が入学試験を受けた年から二次試験に理科二科目、数学に加えて、英語、国語が導入されました。 導入初年度という事もあってか、英語、国語は比較的解きやすいものでした。

  1. 面接試験も(イラストはイメージ)
   
  
 2日に分けて試験が行われ、2日目には面接試験も行われました。 面接試験は、私が受けた時は、1人の学生に対して、3人から4人くらいの面接官の先生で行われました。

 終始穏やかな雰囲気の中行われ、リラックスして受けることができました。 きちんと受験動機を話す事や自己紹介ができ、礼儀正しく質問に対して答える事ができれば問題ないと思います。

  2. 志望動機は考えておくこと
 話す内容を準備して丸暗記してくるような必要はないと思いますが、どうして自分は医学部に行きたいのか、自分自身を人に紹介するときにどのように紹介したらいいか、など普段から考えておくのは、受験の面接時だけに限らず大切だとは思います。

 筆記試験では、自分の力は100%出し切れたと思ったので、2日間の試験を受け終わった時は、ほっとした気分でした。 試験後に山形に来た記念にと、焼肉を食べに行きました。

焼肉を食べに(写真はイメージ)
  
    
 試験終了まで緊張していてあまり食事もとれていなかったので、久しぶりにちゃんと食べたご飯は本当に美味しかったのを覚えています。

  3. 合格発表で泣いて 
 試験から2週間ほどたった3月上旬に合格発表があり、インターネットの合格発表で自分の受験番号を見つけた時には、嬉しくて思わず泣いてしまいました。
    
 浪人もしていてつらい時期もあったので、やっとスタートに立てるのだと思い、本当に嬉しかったのを覚えています。 人生で初めて嬉し泣きをした瞬間でした。

  4. 東日本大震災 
 合格発表を受けて、実家であわただしく山形での生活の準備をしていた時に東日本大震災がありました。 私は、震災時実家のある名古屋にいたので、実際自分の目では見ていないのですが、山形大学医学部のある山形市内はほぼ震災による被害はなく、数日で復旧したと聞きました。

  5. 被害が早く収まることを願い
 当時は、医学部に受かっただけで、離れた名古屋にいたので、被災された方の安否や震災の被害が早く収まることを願うことしかできませんでした。 お恥ずかしいことなのですが、実際、このような震災が起きた当時の自分にはできることが何も思いつきませんでした。

  6. 自分も役に立てるのかと 
 ニュースの報道で、この震災を受けて、多くの医療スタッフが被災地で医療ケアを行っているのを目にし、ただただどうしていいかわからず、ぼんやりテレビの報道を眺めている自分と大きな差を感じました。 

 「これから入学し、いつか私自身も今テレビで見ている医療スタッフの方々の様に、ケガや病気になってしまった方の役に立てる時が来るのだろうか」と不安になったことは今でも心に残っています。

  7. アカデミックガウンを着て入学式に
 山形大学の入学式は、震災の影響で無くなってしまったのですが、山形大学医学部では、山形大学全体の入学式とは別に医学部独自の入学式があり、入学生、各科の教授がアカデミックガウンを着て式に出席しました。
    
 山形大学医学部の教授陣を目の前にし、着慣れないアカデミックガウンに袖を通して、非常に緊張しながら式に出席しました。

  8. 2度着る機会があります
 山形大学医学部では、このアカデミックガウンを在学中に2度着る機会があります。 1度目はこの入学式、そして2度目は卒業式です。 こういったアカデミックガウンを着て、医学部独自の入学式、卒業式を行っている大学は日本では数校しかないそうです。 山形大学医学部ならではのイベントと言えるかもしれません。
   


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.