家庭教師の仙台ブログ

医学科生の「家庭教師体験記」2・やる気の定着&習慣化

 皆さま、こんにちは。 「名門進学会」家庭教師で「医学科生」の浅野 早織(あさの さおり)です。     

  
    
 このブログは、「やる気を出す方法・めげない心を作る方法・各科目の勉強法」など、満載です。 ぜひ最終回までご覧下さい。
  
1. やる気の定着・習慣化テクニック
 とはいえ、三日坊主という言葉があるように、なかなかその最初の「やらなきゃなあ。」と思ったその気持ちを持ち続けるのは難しいです。

 そういった時には、やらなくてはいけない問題集などの目次をコピーして、ノートや見えるとことに貼ってもらっていました。 学習した箇所は、線を引いてもらって、自分がどれだけ進んだか目で見てわかり易いようにしてもらいました。

学習済の所に付箋を貼ったノート
  
   
 それでも習慣化できない場合には、指導時に私が生徒さんにやらなくてはいけないリストを書いた紙を作成し、渡していました。 その紙の項目の内容をこなしたら印をつけて、次の指導時に提出してもらうようにしていました。

2. 自分から制限を設ける子も 
 そうやって一緒に勉強の習慣化に向けて努力しているうちに、生徒さんの方から「ゲーム(テレビ、漫画etc.)は〜〜分までにしようと思う。」とか、「ゲーム(テレビ、漫画絵etc.)一切禁止にしようかな。」と言われることがありました。

 中には、ご家族の方に、「もし漫画やゲームの時間が長かったら注意してね」とか、「リビングで〜〜分だけゲームや漫画の時間を取るから、時間がきたらやめさせてね。」なんて、自分から制限を設けるようになった生徒さんもいました。

TVゲーム
  
     
3. 自主的に努力する子は伸びる 
 自分から工夫して勉強を続けていこうと努力していくようになった生徒さんは、皆ぐんぐん成績が伸びていきました。 時には、「もうちょっと息抜きしないとダメだよー。」なんて声をかけたこともあったぐらいでした。

 もちろん、人間ですので、勉強がやれない日が続いたり、ついうっかり遊び呆けてしまったりもしますが、大切なのは、そんな日があっても、また明日から努力し直せるように、一緒に工夫しながら勉強していくことだと思っています。

一生懸命に勉強中
  
    
4.「なんで勉強しなきゃいけないかわからないけど、勉強しろって言われる。」
 と解答した生徒さんもいました。 正直、私自身もどうしようと、悩んでしまいました。 でも、このように感じる生徒さんは、少なくないのかもしれません。 まだ自分の進路が決まっていなかったり、自分のやりたいことがわからないという生徒さんも多くいます。

  A. 好きなことに関連した科目を 
 中・高校生で将来の夢を決めて、その目標に向かって頑張れというのは時には難しいこともあります。 そういった時には、何でもいいので、好きなことに関連した科目について頑張ってみようと話をしていました。

  B. 割り切って 
 「どの教科も苦手、やりたくない。」なんて生徒さんもいましたが・・・ そういった時は、ズバッと割り切って、「とりあえず最低限やらなくてはいけないことは、こなそう!」

 「生徒である以上、テストや成績から逃げることはできないんだし、自分のやりたいこと(部活だったり、趣味だったり)を気持ちよくやるためにも、きちんとやらなくてはいけないことをこなして、誰にも文句を言われない状態で思いっきり、好きなことをしよう」と話していました。

  C. 達成感を味わってもらう 
 もちろん、なかなか習慣化できないこともありますが、できるだけ自発的に勉強に向かえるように、指導時に工夫しました。 結果が早く出るものから始めて、まずは達成感を味わってもらって、次へ頑張る糧にしてもらっていたりしました。

5. 好きこそものの上手なり
 また、私自身は非常に洋楽や洋画が好きだったので、一緒に字幕なしで動画を見てみたり、かっこいいセリフを使って英語のフレーズを覚えてもらったりしました。

音楽から英語を覚える
  
  
 流行りの音楽の歌詞を使って、英語を覚えてもらったりもしました。 あまりに私がその内容が好きで熱を持って話すため、生徒さんには苦笑いしたりもしてしまいましたが。 
 
 無味乾燥になりがちな勉強ですが、その中には、自分の好きなことにつながる道があるという事を知ってほしいので、まずは私個人が好きなことそして、その好きなことのためにどんな勉強をしてきたかについて話したりしてきました。

6. 指導時間が楽しくなるように工夫 
 そういった時間も休憩時間などで設けて、なんとか、退屈に感じがちな指導時間を楽しいものに変えていけたらなと工夫していました。 ゲーム感覚で勉強できるように、神経衰弱英単語版、元素記号版を作ったりもしました。
 
 そうやって一緒に色々試していくうちに、次第に楽しんでくれるようになったりしましたし、私自身も指導していて楽しかったです。 そんな中少しでも成績が上がってくれた時は本当に嬉しく、一緒に喜びました。
   


家庭教師の教え2・学校の授業を大事にする

 皆様、こんにちは。 仙台市の「名門進学会」家庭教師・日置薫(ひおきかおる)です。 

e_dscf3167

 今回は、「学校の授業を大事にして内職はしないように」ということを、その理由と共に述べます。 更に、「やる気を出させるための方法」なども述べます。 志望校に合格したい受験生の皆さんは、ぜひ最後までご覧下さい。
                                                                                                  
【受験について2】
1. 天才の真似はしないように

 ところで、学校の勉強を疎かにして、自主学習に重きをおきたがる人もちらほらいるようです。 確かに、説明がわかりにくい先生から授業を受けるのは時間の無駄と思うかもしれません。

 自分もそう思ったことがないわけではないので、気持ちは分からないわけでもないです。 本当にできる生徒さんならば、そうするのも一つの方法かとも思います。

 実際に、僕が高校生の頃、非常に成績優秀な友人は、学校の鞄に、「◯◯会の東大数学30年」と「京大の英語25ヶ年」などという物騒なものを持って、学校で授業を受けている間もひたすらそれのみをやり続け、結局は東京大学理科Ⅲ類(東大の医学部)に合格しました。

東京大学・赤門
  
  
   内職はしないように   
 しかし、普通の人であれば、そっちの方が時間の無駄になります。 なぜかと言うと、授業中に内職をするのは、あくまでばれないようにやるわけで、ばれるかばれないか、そんなことに気を遣っていたら、集中して内職をすることもできず、無駄な時間となってしまいます。

 その友人の場合は、成績が非常に優秀であったため、先生たちも口出ししにくかったという点があり、のびのび内職をしていましたが、我々一般人の真似することではありません。

   非効率的なので  
 先生に注意されるのにおびえながら勉強をやっても、気が気じゃないため、なかなか進まないでしょう。 さらに、そこまで成績優秀ではない私たちは、その時間に内職をしたとしても、集中できていない、分かっていない状況なのに、勉強した気になってしまい、本当に非効率的になってしまいます。

   学校の授業はしっかりと
     
 それに、学校での授業の時間は1日に4時間ほどは確実にあるわけです。 その時間内に学校の授業に集中して、その時間内に先生が指導してくれたことは、家に持ち帰らず、その場で、その時間で解決してしまうのがベストです。 もっとも時間を有効に使う手、だと考えていいでしょう。 

   集中して授業に臨む  
 ですから、学校での授業をバカにしたりはせず、きちんと集中して授業に臨むことも必要になります。 学校での時間を無駄にして合格にこぎつけることのできる人間は、ごく一部の天才君であり、自分はそうではないのだ、という真摯な姿勢で勉強していきましょう。
  
2. 精神論だけではないものの、気持ちは大事
 前の方で、ちらっと、「モチベーションが上がる題材を用意して、指導に行く。」と書いたのですが、自分が今まで出会った塾の講師の中で、いい先生だな、と思える方はこれが上手でした。

 うまいこと、勉強のやる気を上げてくれるのです。 自分が塾の講師や家庭教師として働いてからも、このことは強く意識しています。 これも、前にも書きましたが、実我々が際に指導するのは多くて週に4時間です。 これ以外の時間に勉強してもらうためには、やる気を出させることが大事なのです。

楽しい学生生活の話しもして
  
  
   やる気を出させるための話しも 
 本音を言うと、やる気にさせれる自信があるなら、指導時間ずっとそのような話があってもいいと思います。 毎度毎度それでは問題のわからないところが解決しないのですが、日によっては2時間話し続ける日があってもいいのでは、と考えています。
 
 とにかく、勉強を続ける気持ちを持ってくれれば、我々の仕事は十分だと考えています。 これは家庭教師側だけに言えることではなく、ご家庭も意識して欲しいことです。 生徒さんをやる気にさせる、そうすることで自主的な勉強時間を伸ばしてあげる。

   自分が一番力を入れていること
 このために、志望校の情報を一緒に調べて、ここなら行けそうだとか、ここに行くためにはこれくらい勉強しないといけないとか、ここの大学のある町ではこんな生活が送れるんじゃないかとか、そんな話をたくさんすることでやる気になってもらうように意識しています。
 
 当然、人それぞれ、やる気の出る話というものは違ってくるので、その都度その都度、生徒さんの興味を調べないといけないのですが、やる気になってもらえるならこれ以上のことはないので、もしかしたら自分が一番力を入れていることかしれません。
   


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.