家庭教師の仙台ブログ

仙台市の家庭教師お薦め「早期過去問演習」

 仙台市で家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

 
 
 今日は、受験生の皆さんに「早期過去問演習法」のお話をします。 これは「志望校合格の最良の方法」ですし、下に過去問集の写真も入っていますので、ぜひ最後までご覧下さい。

1. 「早期過去問演習法」とは?
 「早期過去問演習法」とは、3年生(受験学年)の早い時期に志望校の過去問を解く勉強法のことです。 一般に、「過去問演習は、受験が近くなったらやりなさい。」と言いますが、それでは、そこに至るまでの勉強の効率が良くありません。

   的を絞って効率的に勉強出来る
 それに対して、早い時期に1度でも過去問を解いていれば、本試験でどのような問題が出されてきたのかが早くによく分かり、その後はずっと的を絞った効率的な勉強が出来ます。 漫然と勉強を続けるのと、志望校の本試験の傾向を知って的を絞った勉強を続けるのとでは、その効率がまるっきり違い、合否に大きく影響します。

   1度だけでもよいので 
 受験生の皆さんは、まだほとんど解けなくとも構いませんので、この時期に志望校の過去問を解いて出題傾向をつかんで下さい。 騙されたと思って、1度だけでもよいですから、今すぐに過去問を解いてみて下さい!

赤本・センター試験英語
 
 
同中身1
 
 
同中身2


赤本・東北大理系
 
 
同目次
 
 
同中身
 
 
2. 過去問とは
 順序が逆になりましたが、過去問とは、志望校で過去に出題された問題のことです。 これらは、大学のものなら上記のいわゆる「赤本」などで、宮城県内の高校のものならば仙台市内の大手書店で買えます。

宮城県公立高校過去問題
  

同中身

    
   過去問が本試験と一番似ている
 これは、以前の僕のブログでも述べたことですが、当該年度の本試験と一番傾向が似ているのは、同じ学校(多くは出題者も同じ)の過去問です。 これに対して、模擬試験などの問題は、出題する組織も出題者もまるっきり違うので、あまり本試験と似たものとはなりません。 こうしたことから、過去問を解くことが一番の本試験対策となります。

3. その後も時々過去問を!
 そして、早い時期に過去問を一度解いたらば、その後勉強を続ける中でも時々過去問を解いてみて下さい。 受験勉強を続けていく良い刺激にもなりますし、時々アウトプットすることが更なる効率的な勉強にもつながりますので。
 


家庭教師から大学受験生に:赤本を買って過去問演習を!

 仙台市で家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

    
  
1. 合格のためには過去問演習を
 このサイトの中の「やすしの合格勉強法」でも述べているように、受験に合格するためには、「本試験と一番傾向が似ている問題である『過去問』を繰り返し解くこと」が、とても大事です。 合格のためには、必須と言っても過言ではありません。

2. 大学受験生には赤本が
 そして、大学受験生のためには、大学・学部別の過去問集(センター試験のものは科目別)として、いわゆる「赤本」が、安い値段で昔から出版されています。 「Amazon」や「ジュンク堂」・「丸善」など、書店で見て下さい。

「名門進学会」の赤本の一部
   
  
3. 3年生のはじめに1度過去問を解く
 大学受験生の皆さんは、必ず志望大学・志望学部の(センター試験を受ける方はセンター試験の分も)「赤本」を買って、高校3年生のはじめくらいに一度過去問を解いてみて、その出題傾向をつかんで下さい。

4. 出題傾向に合わせて勉強
 もちろん、その時点では、ほとんど出来なくて当たり前です。 ですから、出来具合は気にしないで、そのときから1年弱の間、志望校の出題傾向に合わせて絞った勉強をして下さい。 そうすれば、志望校の出題傾向が分からず1年間漫然と勉強した場合と比べて、大きく合格に近づくことが出来ますので。

勉強中の受験生
  
  
5. 受験直前は何度も繰り返し解く
 上記のように、志望校の出題傾向を意識して絞った勉強を続け、本試験3か月くらい前になったら、今度は、赤本に載っている全ての年度の過去問を、繰り返し繰り返し解いて下さい。 出来ない問題が1つも無くなるまで、繰り返し解いて下さい。 そうすれば、安心して本試験に臨めます。

6. 年初の偏差値が多少足りなくとも
 このような勉強法を高校3年生の1年間取れば、3年生のはじめの偏差値が志望校合格に多少足りなくても、ガリ勉をしないで高い確率で合格出来ます。 このことは、三沢が、この「名門進学会」での指導経験から、太鼓判を押して保証します。 「赤本」を買って「過去問演習」、お試しあれ!
  


家庭教師の教え9・社会科:過去問演習 & 国語:パターン認識

 皆様、こんにちは。 仙台市の「名門進学会」家庭教師・日置 薫(ひおき かおる)です。
     
e_dscf3167

 今回は、「社会科」「国語」の勉強法についてお話しします。 参考にして頂ければと思います。 
                                  
1. 社会科
 社会科ですが、僕は大学受験ではセンター試験で地理しか使っていません。 理系の子であれば、最終的には社会一科目だけでいいと思うので、どれを使うかは自分の好みでいいと思います。

 僕は地理に興味があったので、地理にしましたが、日本史が好きなら日本史でいいし、社会科は全部苦手だ、というこは現代社会や倫理・政治経済のあたりでいいと思います。

  A. 自分が興味を持てるものを 
 一般的には、現代社会が一番少ない勉強量でそこそこの点数が取れるといいます。 満点を狙うなら日本史がいい、とかいうことも聞いたことがあります。 でも、周りには現代社会で満点とってた子もいましたし、とにかくやりやすいと思うものでいいと思います。 社会の中で最も自分の興味を持てる科目を選びましょう。

社会科・歴史ノート
  
  
  B. 地理の勉強法 
 僕が受けた地理の勉強法ですが、まず大前提で、地理が嫌いではないということから入ります。 嫌いだとなかなか覚えられないし、地名とかも、聞いたことがあるのかないのかでは吸収のスピードが変わってきますので、まずは嫌いじゃないということが大切になります。

  C. 地理を選ぶこと自体
 まぁ、選択できる中から選んで地理にしているのですから、地理選択という時点で、そこまで地理に対して抵抗感のない子が多いのかとも思われますが。
 
 勉強ですが、僕は参考書を夏まで何度も何度も読みまくりました。 よく書店に置いてある、「1から100までわかる」とか書いてあるシリーズの、センター地理のやつです。 とにかく、それだけ読んで知識を蓄えました。

地理・世界地図
 
  
 で、夏明けにセンター形式の模試を受けると、、、全然わかんない(笑)。 驚くほどに分からなかったです。 正解を導き出せないって感じ、だったのを覚えています。

  D. 過去問集も回して 
 これだけではダメだ、と思い、大手予備校が出しているセンター形式模試の過去問集を買いました。 2社分の過去問集を買って、それだけで模試15回分とかの分量です。 で、それをとにかく解き続けました。

 何周したかわかりませんが、最後の方は「〇〇っていう理由でこの選択肢は不正解で、〇〇だから何番が正解だ!」というところまで到達しました。

  E. 作業をこなしたという感じ 
 でも、勉強した!って言うより、作業をこなした!って感じの方が強かったです。 そしたら、年末のセンター形式の模試からは、9割割ることがなかったです。 安心しました。 実際に、センター本番でも9割程度取れていたので、成功と言えるでしょう。

  F. やはり興味があってこそ 
 このように、地理ではあまり勉強したという実感が強くなくても、点数に結びついたので、やっぱり最初の興味が大切かなと思います。 興味があったからこそ伸びたのかなとも思います。

 あと、夏まで参考書をひたすら読んでいたのも、よかったと思います。 確かに点数には直結しませんでしたが、知識は蓄えられたというのも事実かと思うので。
 
  G. センター試験だから
 でも、一番大きいのは、センターレベルの問題だからってことかもしれませんね。 これが文系受験で、記述とかやらされていたらひとたまりもなかったと思います。 傾向がしっかりしているセンター試験だったからこそ、成功したかと思います。
 
2. 国語
  
 次に国語です。 国語は評論、小説、古文、漢文とあるのですが、古文・漢文についてのみ説明します。

  A. 古文と漢文 
 古文と漢文の勉強法は比較的似ていると思うのですが、両者ともまずは語彙力が必要です。 現代語と古語で同じ読み方をするのに、意味は全く違うだとか、現代でも使われている漢字が、漢文では全く違った意味として使われているとか、そのようなことが頻繁にあるからです。

  B. 教科書3年分の語彙力があれば 
 語彙力を高める上で、学校に通っているなら、授業中に読む古文と漢文の語彙はきちんと把握しておくようにしましょう。 教科書3年間分の語彙力があれば、十分な点数が取れるようになっています。
 
 さらに、古文では動詞、形容詞、形容動詞の活用も問われますので、ちゃんと勉強しましょう。 ただ、これも授業で必ずやることですし、ちゃんと授業について行っていれば問題ありません。

  C. 物語のパターンを認識すること 
 あと、古文と漢文で重要なのは、物語の展開のパターンを認識することです。 古文も漢文も、結構同じパターンで物語が進んでいくことが多いです。 いわゆる当時の流行の文章って感じで、似た結論に持っていくことが多いのです。

 これは、そのことを意識して何題も読んでいると、分かってくると思います。 教科書の文章、模試で出てきた問題の文章をきちんと読み解くようにしていれば、十分に足りると思います。
  


志望校に合格するために「過去問演習」を!

 皆様、こんにちは。 仙台市で家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

A 

 今日は、合格可能性を高める勉強法・特に「過去問演習」についてのお話しをさせて頂きます。
  
1. ご両親が専門家ではないので
 最近、受験生を持つご家庭にその勉強方法を尋ねると、しっかりとした方針を持ってやっておられるところがほとんどない状況です。 特に、「過去問演習」をしっかりと行っているご家庭はほとんどありません。 これは、普通ご両親が受験勉強の専門家ではないので、致し方ないことです。

2. 過去問が一番本試験に近い
 我々が一般に入手できるもので入学試験本試験問題に一番近いものが、その学校の入学試験で過去に出題された問題、いわゆる「過去問」です。 決して、模擬試験の問題ではありません。

宮城県公立高校過去問題
  

同・中身

  
   過去問を繰り返し解く
 ですから、このサイト中の「やすしの合格勉強法」でも述べているように、受験に合格するためには、本試験の問題に一番近い問題である過去問を早い時期に1度解き、本番直前には数年分を何度も繰り返し解くことが非常に重要になってきます。

 上述のように、受験生のご家庭の皆様とお話ししても、このことをご存じの方はほとんどいらっしゃらないようです。

   正しい勉強法で合格を
 受験は、正しい方法で勉強すればガリ勉をしなくとも高い確率で難関校に合格できますが、正しくない方法でいくら勉強してもなかなか合格には近づけないものです。 これは、大学受験では大変な思い(浪人)をしたものの、大学院受験では楽勝だった僕の経験からも言えます。

2. 「やすしの合格勉強法」
 
  
 こうしたことから、当社では、受験生のお役に立てるように、受験勉強に造詣が深い三沢が、上記の「やすしの合格勉強法」ページを作り、広く一般に公開しています。

   ここに書いてある通りに
 「やすし」に書いてある通りに勉強すれば合格の確率は飛躍的に高まりますので、受験生を持つご家庭の皆様はぜひご覧下さい。 そして、「過去問演習」は必ずやるようにして下さい。

 また当会では、三沢の薫陶を受けた家庭教師が、生徒さんに対して受験に合格できる勉強法を日々指導しています。 よろしかったら当会家庭教師もご利用下さい。
 


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.