家庭教師の仙台ブログ

受験生の皆さんへ:学校の授業を大切に!

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

  
  
 今日は、小中高生の皆さんが学校の授業を大切にすべき理由とその前後の勉強の仕方についてお話しします。 今回のブログも成績UPに役立ちますので、最後までご覧下さい。

1. 学校の授業を大切にするべき理由
  A.時間が長い
 学校の授業を大切にするべき第一の理由は、「塾や家庭教師など教育産業の先生に習う時間(有ったとしても週数時間)よりも学校の授業の方が遥かに時間が長い」から、ということです。

学校の授業
  
   
  B.内申書に影響する
 次の理由は、学校の授業をきちんと受けているかどうかが内申書に影響するからです。 あなたの授業態度は授業を担当する先生の心証に影響を与え、この点から内申書の評価にも影響を与えます。

 もう1点は、学校の授業をまじめに受けているかどうかが学校の成績(定期試験の成績など)を左右します。 そして、当然のことながら、この経路でもあなたの内申書の評価に影響を与えます。

  C.余計なお金が掛からない
 もう1つのの理由として、学校の授業は受験産業の授業と違って余計なお金を払う必要が無いからです。 学校の授業をきちんと受けて良い成績が取れていれば、受験産業に余計なお金を払う必要が無くなり、大きな親孝行となります(もちろん当社の利益には反しますが(笑い!))。

2. 授業を効果的に受けるための勉強方法
  A.予習とその方法
 何の準備も無しに授業を受けて先生のお話しを1回聞いたくらいでは、よほどの秀才でもない限りその内容を理解するのは容易ではありません。 ですから、授業内容をよく理解するためには、ある程度予習が必要となります。

予習中!
    
      
     予習の方法は?
 教科書の「授業で予定されている学習内容」が書いてある箇所を、3回読んで下さい。 最初に当該箇所を1回ざっと読んで、そこで何を学習するのかを大まかにつかんで下さい。 その後、今度は細かい部分まで覚えるつもりで教科書を2回精読して下さい。 予習しなければならない科目はいくつもあるはずなので、事前準備はこれでOK!です。

  B.復習とその方法
 学校の授業を終えたらば、その内容を記憶に定着させるために、今度は復習を行います。 インプットしたことを確実に記憶に定着させるための最良の方法は、アウトプットを行うことです。 ここで行うべきアウトプットとは、学校の授業で習った箇所に対応する問題を解くことです。 そして、解き終えたら答え合わせをして、間違えた問題を解けるようにしておきます。

     定期試験でも良い成績が取れる
 なお、適当な問題集がお手許にない方は、Amazonの通販や丸善・ジュンク堂といった大きな書店で、使用している教科書に対応したものを購入して下さい。 それほど高いものではありません(1,000円ちょっとくらい)。
 
 そして、毎回の授業で上述のようにして予習・復習をやっておけば、学校の授業で習ったことが十分に記憶に定着して、定期試験でも良い成績が取れます。 皆さんも是非やってみて下さい。
     


医学生の教え10:「学校の授業」を大切に!

 皆様、こんにちは。 仙台市の「名門進学会」家庭教師で医学科生の日置薫(ひおき かおる)です。

e_dscf3167
    
 これが最終回ですので、ご父兄のみならず受験生の皆さんもぜひ最後までご覧下さい。 今後の受験生活成績UPに役に立ちます。
                           
【まとめ・最後に】
 こんな感じで、勉強法のお話しは最終回です。 初回の繰り返しにはなりますが、とにかく大切だと思うことを、もう一度伝えさせて頂きます。

  1. 学校の授業を大切に! 
 何度も書いてきましたが、「学校の授業」を大切にして下さい。 一番効率のいい勉強法です。 「学校の授業」でやったこと、それを何度も何度も繰り返しやって、頭にこびりつけることが大切です。

授業に集中して
  
  
  2. 作業みたいな勉強で合格に 
 大学受験までは、ほとんど作業みたいな勉強で合格までたどり着けます。 どの大学のどの学部でも、この作業のような勉強で合格できます。 ただ、その作業にどれほどの穴があったかで、だんだんと合格出来る大学が絞られてきてしまいます。
 
 作業と勉強は違う、作業をしていても身につかないし、勉強したことにならないと書いてある本が幾つもあります。 確かに作業と勉強は違うと思います。 大学に入ってからも真面目に講義を受けていれば、いつしか作業と勉強の違いに気づいて、ちゃんとした勉強をしなければ、となるでしょう。

  3. 作業は大事 
 しかし、その時にですら、作業は大事になります。 効率よく勉強していくという計画を立てるときは、作業勉強で培った計画立てるということが役に立ちます。 さらに、現在の大学受験では、頭の良さは問われていません。 事務処理能力の早さと正確さが問われている試験ばかりです。 

  4. 天才以外は繰り返しの作業を 
 最近、東大で推薦入試を設けたそうですが、その推薦入試は世界レベルで活躍している(数学オリンピック出たとか)ような人たちのためのもので、それは本当に頭の良い人(偏差値が高いのではなく、勉強する上での発想が豊かな人)向けのものです。

東京大学・赤門
  
  
 こればっかりは、作業のできる人ではなく、頭がよくないとダメなんだろうと思いますが、それ以外はとにかく作業をきちんと完璧にこなせるかが問われています。

  5. ひるまずに受験勉強を 
 ですから、生徒さんには、「自分は頭が悪いから、、、」などと思わずに、ひるまずに受験勉強に臨んでいただきたいです。 志望校に行きたいと強く思って、きちんと計画を立てて、それを遂行しきる力があればきっと合格します。

  6. 後悔しないように 
 残念ながら、自分は志望学部には入れたものの、志望大学ではありませんでした。 後悔しているかと言われれば、そこまで後悔なんてしていません。

 しかし、浪人中にもっと勉強できたかと問われれば、「まだまだ出来た。でも手を抜いた。」と答えるような勉強しかしていませんでした。 皆さんはそのような後悔がないように、やるべき時にやれることをきちんとやって下さい。
 
●選択肢を多く持つために勉強は必要、でもそれだけじゃ●
 ただ、中学高校生活の中でしか得られないものも、沢山あります。 どのような形でもいいので、仲間を作ってください。 お互いを高めあえる仲間、誰かの愚痴を言い合う仲間、ゲームをする仲間、なんでもいいです。

友人と勉強会
  
   
 中学高校の頃は、進路というものがはっきりと決まっていません。 選択肢がとても多くあります。 大学、さらには就職してしまうと、出会う人たちは同じような世界に生きる人たちが多くなります。

 それが悪いことばっかりではなく、同じような世界の中で高め合うということも当然必要なのですが、それだけになってしまうと見識が狭くなりがちです。

  1. 仲間を大切に 
 だから、この先どのような道に進むのかわからない仲間たちとなんの縛りもなく交流を持つことのできる機会は、大事にしていきましょう。 再会すれば当時の感覚に戻れるような友人たちを作るということも、大事かと思います。
 
 当然、勉強そっちのけで遊びましょうなどと言う気はありませんが、勉強が全てではないということも確かです。 ずーっと機械のように勉強を続けられたら、どんな高校・大学にも入れるくらいの学力はつくでしょう。

  2. 多くの人と関わって
 でも、それだけではいけません。 中学高校の生活は、自分自身の考え方や感じ方を形成する大切な時期なので、出来る限り多くの人と関わって、その中で感じたこと、考えたことも大切にしていきましょう。
 
 今後、皆さんがいろいろ経験を重ねる中で、目標到達地点までの道のりをきちんと歩んでいけることを願います。 こちらも、そのサポートを丁寧にしていきたいと思っています。
  


医学生の教え2:学校の授業を大事に!

 皆様、こんにちは。 仙台市の「名門進学会」家庭教師で医学生の日置薫(ひおき かおる)です。 

e_dscf3167

 今回は、「学校の授業を大事にして内職はしないように」ということを、その理由と共に述べます。 更に、「やる気を出させるための方法」なども述べます。 志望校に合格したい受験生の皆さんは、ぜひ最後までご覧下さい。
                                                                                                  
1. 天才の真似はしないように
 ところで、学校の勉強を疎かにして、自主学習に重きをおきたがる人もちらほらいるようです。 確かに、説明がわかりにくい先生から授業を受けるのは時間の無駄と思うかもしれません。

 自分もそう思ったことがないわけではないので、気持ちは分からないわけでもないです。 本当にできる生徒さんならば、そうするのも一つの方法かとも思います。

  A. 理Ⅲに合格した人もいますが
 実際に、僕が高校生の頃、非常に成績優秀な友人は、学校の鞄に、「◯◯会の東大数学30年」と「京大の英語25ヶ年」などという物騒なものを持って、学校で授業を受けている間もひたすらそれのみをやり続け、結局は東京大学理科Ⅲ類(東大の医学部)に合格しました。

東京大学・赤門
  
  
  B. 内職はしないように   
 しかし、普通の人であれば、そっちの方が時間の無駄になります。 なぜかと言うと、授業中に内職をするのは、あくまでばれないようにやるわけで、ばれるかばれないか、そんなことに気を遣っていたら、集中して内職をすることもできず、無駄な時間となってしまいます。

 その友人の場合は、成績が非常に優秀であったため、先生たちも口出ししにくかったという点があり、のびのび内職をしていましたが、我々一般人の真似することではありません。

  C. 非効率的なので  
 先生に注意されるのにおびえながら勉強をやっても、気が気じゃないため、なかなか進まないでしょう。 さらに、そこまで成績優秀ではない私たちは、その時間に内職をしたとしても、集中できていない、分かっていない状況なのに、勉強した気になってしまい、本当に非効率的になってしまいます。

学校の授業はしっかりと
  
        
 それに、学校での授業の時間は1日に4時間ほどは確実にあるわけです。 その時間内に学校の授業に集中して、その時間内に先生が指導してくれたことは、家に持ち帰らず、その場で、その時間で解決してしまうのがベストです。 もっとも時間を有効に使う手、だと考えていいでしょう。 

  D. 集中して授業に臨む  
 ですから、学校での授業をバカにしたりはせず、きちんと集中して授業に臨むことも必要になります。 学校での時間を無駄にして合格にこぎつけることのできる人間は、ごく一部の天才君であり、自分はそうではないのだ、という真摯な姿勢で勉強していきましょう。
  
2. 気持ちは大事
 前の方で、ちらっと、「モチベーションが上がる題材を用意して、指導に行く。」と書いたのですが、自分が今まで出会った塾の講師の中で、いい先生だな、と思える方はこれが上手でした。

 うまいこと、勉強のやる気を上げてくれるのです。 自分が塾の講師や家庭教師として働いてからも、このことは強く意識しています。 これも、前にも書きましたが、実我々が際に指導するのは多くて週に4時間です。 これ以外の時間に勉強してもらうためには、やる気を出させることが大事なのです。

楽しい学生生活の話しも・イメージ
  
  
  A. やる気を出させるための話しも 
 本音を言うと、やる気にさせれる自信があるなら、指導時間ずっとそのような話があってもいいと思います。 毎度毎度それでは問題のわからないところが解決しないのですが、日によっては2時間話し続ける日があってもいいのでは、と考えています。
 
 とにかく、勉強を続ける気持ちを持ってくれれば、我々の仕事は十分だと考えています。 これは家庭教師側だけに言えることではなく、ご家庭も意識して欲しいことです。 生徒さんをやる気にさせる、そうすることで自主的な勉強時間を伸ばしてあげる。

  B. 自分が一番力を入れていること
 このために、志望校の情報を一緒に調べて、ここなら行けそうだとか、ここに行くためにはこれくらい勉強しないといけないとか、ここの大学のある町ではこんな生活が送れるんじゃないかとか、そんな話をたくさんすることでやる気になってもらうように意識しています。
 
 当然、人それぞれ、やる気の出る話というものは違ってくるので、その都度その都度、生徒さんの興味を調べないといけないのですが、やる気になってもらえるならこれ以上のことはないので、もしかしたら自分が一番力を入れていることかしれません。
   


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.