家庭教師の仙台ブログ

受験生に役立つHarvard Business Review・自己管理

 仙台市で家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

  
  
1. 受験生にも役立つ「自己管理」の本を
 今日は、世界的な名門の経営大学院「Harvard Business School」が出している権威あるビジネス誌「Harvard Business Review(HBR)」で、その「Managing Yourself」を読了した感想&内容の概略についてお話しします。 受験生にはとても役に立つ事柄が記載されていますので、ぜひ最後までご覧下さい。

2. HBR書籍:Managing Yourself

US$24.95(Amazonで2,200円くらいで購入)

裏表紙
  
  
目次
  
  
中身1
  
  
中身2
  
  
   A. 肉体の管理にも言及!
 この本では、レジリエンス(悪い出来事からの心の回復)の方法や時間の管理などのみならず、肉体の管理についても記述してあります。 「健全な心は健全な肉体に宿る!」ということわざがありますが、この本の著者たちもそのように考えているようです。 これは、僕の経験からしてもとても納得がいきます。

   B. 頭の良い人たちが書いているので
 また、この本の著者は、クレイトン・クリステンセンを初めとするHBS(Harvad Business School)の教授や著名な経営学者ピーター・ドラッカーなど、とても頭の良い人たちばかりです。 ですから、難しいことでも分かりやすく、かつ、プレーンな英語で書いてあります。 その結果、未熟な僕でも、この本をすらすらと読めました。

3. Contents(目次)
  1. How Will You measure Your Life

  2. Managing Oneself

  3. Management Time:Who’s Got the Monkey?

  4. How Resilience Works

  5. Manage Your Energy, Not Your Time

  6. Overloaded Circuits

  7. Be a Better leader, Have a Richer Life

  8. Reclaim Your Job

  9. Moments of Greatness: Entering the Fundamental State

  10.What to Ask the Person in the Mirror

  11.Primal Leadership: The Hidden Driver of Great

4. 受験生に役立つコンテンツとその概略
  1. Managing Oneself
 この章は、Druckerが若い人のために記しています。 「自らの強みと正しい自己認識に基づいて行動すれば、卓越した人生を持続的に歩むことが出来る。」と述べています。 具体的には、自分自身への以下の5つの質問に答え・対応することから始まるとしています。

 その5つの質問とそれぞれの対応策は、
 1)What are my strength? 自分の強みを知り、その強みを強化することに集中する。
 2)How do I work? 自分の得意な情報処理方法は何か(読むor聴く、など)、自分が最も結果を出せる働き方は何か(一人で働くor人々と働く、など)、など、を知る。
 3)What are my values? 自分が人生で価値を置くことは何かをはっきりさせ、それを大切にする。
 4)Where do I belong? 自分に最適な場所はどこか? それを見つけて、その組織で働けば、素晴らしい結果を出せる。
 5)What can I contribute? 上記4つの事柄をベースに、自分が属する組織に最も貢献できるようにする。
です。

  2. How Resilience Works
 この章で言うレジリエンスとは、「悪いことに直面した時の心の回復力」のことです。 もちろん、受験生にとっても非常に大切な力です。

 著者は、「レジリエンスを養うためには、以下の3つのことを行いなさい。」と述べています。 その3つのこととは、
 1)Face Down Reality 現実を直視する。
 2)Search for Meaning 悪い出来事にも意味を見つけて、将来への希望を繋ぐ。
 3)Continually Improvise 自分の手持ちのリソースを用いて、やれるだけのことをやる。
です。

 受験生の皆さんも、たとえ試験の成績が悪くとも、気を取り直して二度と同じ間違いをしなければ良いだけの話しです(言うはやすし君ですが)。

  3. Manage Your Energy, Not Your Time
 この章では、「人間の4方面のエネルギーを充実させるための、それぞれの方法」を記しています。 その4つとそれぞれの方法は、以下の通りです。 受験生にもとても役に立ちつことが書いてあるので、しっかりと読んで下さい。

 1)Physical Energy ・早寝早起きをする ・有酸素運動と筋力トレーニングを行ってストレスを減らす ・適切に休憩を取る
 2)Emotional Energy ・深い腹式呼吸を行って、ネガティブな考えを吹き飛ばす ・他人に感謝する ・悪い状況では、見方を変えてみる
 3)Mental Energy ・集中して作業しているときの(電話などによる)中断を減らす ・夜のうちに、翌日の最も重要なことが何かを確認しておく
 4)Spiritual Energy ・自己効力感を増す作業(勉強)は何かを確認する ・自分が最も重要だと思っていることに時間とエネルギーを割り当てる ・自分のコアバリューを生かす
 


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.