家庭教師の仙台ブログ

東北大医学部生:受験生のための「面接」対策

 皆さん、こんにちは! 仙台市の『名門進学会』家庭教師で、東北大学医学部医学科2年の金子 茉央(かねこ まお)です

    

1. 4年生はCBT(評価試験)が
 東北大学医学部の今のイベントはと言うと、まもなく4年生のCBTがあります。 CBTとは、臨床実習が開始される前に全国の医学生が受けなくてはならない評価試験のことです。 演習用のCBT用アプリがあり、それをひたすら量をこなしていくそうなのですが、部活の先輩方もとても大変そうです。

先輩の使っていたCBT対策問題集
  
  
      
2. 医学部「面接」対策   
 それからもう一つ、もうすぐAO2期の二次試験が行われます。 ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、AO2期は英語・数学・理科2科目の筆記を行う1次試験と、小論文・面接の2次試験に分けられます。

 東北大学医学部のAO2期入試は3年前から始まり、情報が少ない中で2年前、私も面接試験の準備をしていたのを思い出します。 結局面接の点数はあまり良くありませんでしたが、その反省も踏まえて今日は、私の試みた医学部面接対策についてお話しします。

   まず募集要項を読む
 まず、大学の募集要項を読みました。 「大学側がどういう人材を求めているのか?」ということに対して自分をアピールしていかないと意味ないと思ったからです。 例えば、東北大学の方針は「研究第一主義」「門戸開放」「実学尊重」です。

東北大学のアドミッションポリシー
  
       
 特にAO2期では、研究者の育成のために設けられた枠であったので、勤勉で論理的な研究者をイメージし、志望動機書や小作文の中にそういった要素を入れるように努めました。

   次に医療時事を調べる
 次に、医療時事を調べました。 本の題名は忘れてしまったのですが、医療時事についてまとまっている本を1冊買って学校への行き帰りの電車の中で読んでいました。

医療時事の本
  
      
 他にもニュースなどのチェックは欠かさず、最近の医療時事、私の時は本庶佑教授がノーベル賞を取ったばかりの時だったので、PD-1抗体について調べたりなどをしていました。

 面接では自分の意見に根拠を求められることが多いですが、相手は医学部の教授達です。 下手に自分の考えを述べてしまうと突っ込まれてたじたじになってしまいますが、事実を論拠とすれば説得力が生じます。

   「分かりません」とは言わない!
 最後に、「分かりません」と言わないことです。 私は面接中に予想外の質問をされて、慌てて「分かりません」と言ってしまいました。 その時に、面接官は微妙な顔をしたように思い出されます。 何でもいいから言ってみることが大事です。 結果的に受かったからいいようなものの、もし落ちていたら大きな後悔として残ってしまったのだろうと思います。

東北大学合格時に川内にて
  
       
 以上が、私の行った面接対策です。 最後に伝えたいことは、面接対策に時間を割き過ぎないということです。 もちろん面接も大事ですが、筆記の方が点数の占める割合も高く、今は問題演習を重ねたい時期です。 平行して筆記の勉強も忘れないで下さい。 最後まで読んで頂き、有難うございました!
  


医学部体験記1:入学試験⇒入学式

 皆さん、こんにちは。 「名門進学会」家庭教師の浅野早織(あさの さおり)です。
      
  
                                      
 現在私は、山形大学医学部の5年生として医師を目指し、日々実習、勉強を行っています。 今日から医学部生としての体験を、学年別に分けてお話しして参ります。 第1回目は入学試験から入学式までです。 ぜひ最後までご覧下さい。

医学部生の「生活」や「勉強」などを
 受験生やまたその受験生のご両親に、よく医学部受験のための勉強法だけでなく、医学部生の生活、どのような6年を経て医師になるのか聞かれることがあります。

 ですから、今回以降、そういった方々からされた質問に対する答えや、今まで私が医学部でどのように生活し、勉強してきたかなどお話したいと思います。

【入学試験から入学まで】
 入学試験では、私が入学試験を受けた年から二次試験に理科二科目、数学に加えて、英語、国語が導入されました。 導入初年度という事もあってか、英語、国語は比較的解きやすいものでした。

  1. 面接試験も(イラストはイメージ)
   
  
 2日に分けて試験が行われ、2日目には面接試験も行われました。 面接試験は、私が受けた時は、1人の学生に対して、3人から4人くらいの面接官の先生で行われました。

 終始穏やかな雰囲気の中行われ、リラックスして受けることができました。 きちんと受験動機を話す事や自己紹介ができ、礼儀正しく質問に対して答える事ができれば問題ないと思います。

  2. 志望動機は考えておくこと
 話す内容を準備して丸暗記してくるような必要はないと思いますが、どうして自分は医学部に行きたいのか、自分自身を人に紹介するときにどのように紹介したらいいか、など普段から考えておくのは、受験の面接時だけに限らず大切だとは思います。

 筆記試験では、自分の力は100%出し切れたと思ったので、2日間の試験を受け終わった時は、ほっとした気分でした。 試験後に山形に来た記念にと、焼肉を食べに行きました。

焼肉を食べに(写真はイメージ)
  
    
 試験終了まで緊張していてあまり食事もとれていなかったので、久しぶりにちゃんと食べたご飯は本当に美味しかったのを覚えています。

  3. 合格発表で泣いて 
 試験から2週間ほどたった3月上旬に合格発表があり、インターネットの合格発表で自分の受験番号を見つけた時には、嬉しくて思わず泣いてしまいました。
    
 浪人もしていてつらい時期もあったので、やっとスタートに立てるのだと思い、本当に嬉しかったのを覚えています。 人生で初めて嬉し泣きをした瞬間でした。

  4. 東日本大震災 
 合格発表を受けて、実家であわただしく山形での生活の準備をしていた時に東日本大震災がありました。 私は、震災時実家のある名古屋にいたので、実際自分の目では見ていないのですが、山形大学医学部のある山形市内はほぼ震災による被害はなく、数日で復旧したと聞きました。

  5. 被害が早く収まることを願い
 当時は、医学部に受かっただけで、離れた名古屋にいたので、被災された方の安否や震災の被害が早く収まることを願うことしかできませんでした。 お恥ずかしいことなのですが、実際、このような震災が起きた当時の自分にはできることが何も思いつきませんでした。

  6. 自分も役に立てるのかと 
 ニュースの報道で、この震災を受けて、多くの医療スタッフが被災地で医療ケアを行っているのを目にし、ただただどうしていいかわからず、ぼんやりテレビの報道を眺めている自分と大きな差を感じました。 

 「これから入学し、いつか私自身も今テレビで見ている医療スタッフの方々の様に、ケガや病気になってしまった方の役に立てる時が来るのだろうか」と不安になったことは今でも心に残っています。

  7. アカデミックガウンを着て入学式に
 山形大学の入学式は、震災の影響で無くなってしまったのですが、山形大学医学部では、山形大学全体の入学式とは別に医学部独自の入学式があり、入学生、各科の教授がアカデミックガウンを着て式に出席しました。
    
 山形大学医学部の教授陣を目の前にし、着慣れないアカデミックガウンに袖を通して、非常に緊張しながら式に出席しました。

  8. 2度着る機会があります
 山形大学医学部では、このアカデミックガウンを在学中に2度着る機会があります。 1度目はこの入学式、そして2度目は卒業式です。 こういったアカデミックガウンを着て、医学部独自の入学式、卒業式を行っている大学は日本では数校しかないそうです。 山形大学医学部ならではのイベントと言えるかもしれません。
   


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.