家庭教師の仙台ブログ

仙台市の家庭教師お薦め「早期過去問演習」

 仙台市で家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

 
 
 今日は、受験生の皆さんに「早期過去問演習法」のお話をします。 これは「志望校合格の最良の方法」ですし、下に過去問集の写真も入っていますので、ぜひ最後までご覧下さい。

1. 「早期過去問演習法」とは?
 「早期過去問演習法」とは、3年生(受験学年)の早い時期に志望校の過去問を解く勉強法のことです。 一般に、「過去問演習は、受験が近くなったらやりなさい。」と言いますが、それでは、そこに至るまでの勉強の効率が良くありません。

   的を絞って効率的に勉強出来る
 それに対して、早い時期に1度でも過去問を解いていれば、本試験でどのような問題が出されてきたのかが早くによく分かり、その後はずっと的を絞った効率的な勉強が出来ます。 漫然と勉強を続けるのと、志望校の本試験の傾向を知って的を絞った勉強を続けるのとでは、その効率がまるっきり違い、合否に大きく影響します。

   1度だけでもよいので 
 受験生の皆さんは、まだほとんど解けなくとも構いませんので、この時期に志望校の過去問を解いて出題傾向をつかんで下さい。 騙されたと思って、1度だけでもよいですから、今すぐに過去問を解いてみて下さい!

赤本・センター試験英語
 
 
同中身1
 
 
同中身2


赤本・東北大理系
 
 
同目次
 
 
同中身
 
 
2. 過去問とは
 順序が逆になりましたが、過去問とは、志望校で過去に出題された問題のことです。 これらは、大学のものなら上記のいわゆる「赤本」などで、宮城県内の高校のものならば仙台市内の大手書店で買えます。

宮城県公立高校過去問題
  

同中身

    
   過去問が本試験と一番似ている
 これは、以前の僕のブログでも述べたことですが、当該年度の本試験と一番傾向が似ているのは、同じ学校(多くは出題者も同じ)の過去問です。 これに対して、模擬試験などの問題は、出題する組織も出題者もまるっきり違うので、あまり本試験と似たものとはなりません。 こうしたことから、過去問を解くことが一番の本試験対策となります。

3. その後も時々過去問を!
 そして、早い時期に過去問を一度解いたらば、その後勉強を続ける中でも時々過去問を解いてみて下さい。 受験勉強を続けていく良い刺激にもなりますし、時々アウトプットすることが更なる効率的な勉強にもつながりますので。
 


家庭教師から大学受験生に:赤本を買って過去問演習を!

 仙台市で家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

    
  
1. 合格のためには過去問演習を
 このサイトの中の「やすしの合格勉強法」でも述べているように、受験に合格するためには、「本試験と一番傾向が似ている問題である『過去問』を繰り返し解くこと」が、とても大事です。 合格のためには、必須と言っても過言ではありません。

2. 大学受験生には赤本が
 そして、大学受験生のためには、大学・学部別の過去問集(センター試験のものは科目別)として、いわゆる「赤本」が、安い値段で昔から出版されています。 「Amazon」や「ジュンク堂」・「丸善」など、書店で見て下さい。

「名門進学会」の赤本の一部
   
  
3. 3年生のはじめに1度過去問を解く
 大学受験生の皆さんは、必ず志望大学・志望学部の(センター試験を受ける方はセンター試験の分も)「赤本」を買って、高校3年生のはじめくらいに一度過去問を解いてみて、その出題傾向をつかんで下さい。

4. 出題傾向に合わせて勉強
 もちろん、その時点では、ほとんど出来なくて当たり前です。 ですから、出来具合は気にしないで、そのときから1年弱の間、志望校の出題傾向に合わせて絞った勉強をして下さい。 そうすれば、志望校の出題傾向が分からず1年間漫然と勉強した場合と比べて、大きく合格に近づくことが出来ますので。

勉強中の受験生
  
  
5. 受験直前は何度も繰り返し解く
 上記のように、志望校の出題傾向を意識して絞った勉強を続け、本試験3か月くらい前になったら、今度は、赤本に載っている全ての年度の過去問を、繰り返し繰り返し解いて下さい。 出来ない問題が1つも無くなるまで、繰り返し解いて下さい。 そうすれば、安心して本試験に臨めます。

6. 年初の偏差値が多少足りなくとも
 このような勉強法を高校3年生の1年間取れば、3年生のはじめの偏差値が志望校合格に多少足りなくても、ガリ勉をしないで高い確率で合格出来ます。 このことは、三沢が、この「名門進学会」での指導経験から、太鼓判を押して保証します。 「赤本」を買って「過去問演習」、お試しあれ!
  


合格可能性を大きく高める「過去問勉強法」

 皆様、こんにちは。 仙台市で家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

A

 今回も、前回に続いて、受験生とその親御さんのために、「受験に合格出来る勉強法」について述べます。 効果が上がりますので、最後までご覧になって、すぐにでも実践して下さい。

前書き
 受験に合格するためには、本試験と一番傾向と難易度が似ている問題である「志望校の過去問を解くこと」が最良の勉強法です。 その具体的な方法とそうすべき理由について、以下に述べます。

1. 早い時期に志望校の過去問を解く
 まず、受験1年前~8ヶ月前の時点で志望校の過去問(全教科分)に目を通し、1年分だけで結構ですからそれぞれの教科をざっと解いてみて下さい。

  過去問の入手法
 宮城県内の高校を受験するのであれば、「県立高校の過去問」、「各私立高校の過去問」を、仙台市内のジュンク堂さん等の大きな書店で購入することが出来ます。

宮城県公立高校過去問題


同・中身
  
      
    大学受験なら赤本・青本を
 また大学受験であれば、国立大学・私立大学を問わず、いわゆる「赤本」、「青本」といった各大学・学部(or文化系・理科系)別の過去問集が書籍として発売されており、やはりジュンク堂さん等の大手書店で購入することが出来ます。

東北大学・赤本
  
    
同・中身
  
    
  解けなくともOK!
 もちろん、受験1年前に志望校の過去問を解いてみても、あまり or ほとんど解けなくて当たり前です。 でも、それで良いのです。

 早い時期に志望校の過去問を解いてみれば、おおよそではあっても自分の志望校の入試問題がどれくらい難しいか把握することが出来、どのくらい勉強すれば合格することが出来るのか、または志望校を変更した方がよいのか等を、ある程度判断することが可能になります。

  傾向が分かるので
 これに加えて、実際に志望校の過去問を解いてみれば、その学校ではどんな問題が出題されているのかが分かるので、その対策として重点をどの分野に置いてどのように勉強すればよいのかといったことも見えてきます。

  合格可能性が高まる
 こうした知見に基づいて志望校合格のための勉強を進めると、志望校の入試にどういった問題が出るのか知らないでただ漫然と勉強したした場合に比べて、遙かに効率的・効果的に志望校向けに絞った受験勉強を行うことが出来、合格する可能性を大幅に高めます。

2. 入学試験前に志望校の過去問を最低5年分×3回解くこと
 上述の勉強方法で志望校へ合格出来るように学力を高めておくとともに、入学試験本番の2ヶ月前くらいから3日前くらいの間に、今度は最低5年分の志望校の過去問を3回は繰り返し解いて、問題を解く力を自分のものとして下さい。 普通の能力の受験生でも、そうして本番に臨めば、高い確率で志望校に合格できます。

  実証済みの方法です!  
 そのような方法で簡単に志望校に合格できるのかとお思いの方もいらっしゃるでしょうが、上述の勉強法をきちんと実行すれば高い確率で合格できることを、僕自身及び僕のところの生徒で実証済みなので、ぜひこの方法を実行してみて下さい。

  P.S. 極端な話しですが、受験というものは志望校に合格すればOK!なのであって、必ずしも自分の学力全体が大幅に向上しなくとも良いのです。

  学校名は大きな影響を与えるが
 なぜならば、日本のような学校名にこだわる社会では、どの学校を卒業しているのかということが、学生が社会に出る際に取り得る進路に大きな影響を与えますし、その後の人生にもかなりの影響を及ぼします。 しかし、少しくらいの学力の違いが出身学校名以上に人生に大きな影響を及ぼすことは、めったにありません。

  当面の合格を第一に
 ですから、当面の志望校合格を第一に考えて上述のようにマトを絞った勉強をすることです。 そして、それでも自分の学力全体を向上させたいという高い意欲をお持ちの方は、志望校に合格してからそのための勉強をしても遅くはありません。
  


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.