家庭教師の仙台ブログ

「受験」は人生の通過点:失敗した場合の取り返し方

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。



 今日は、「受験」はあくまでも人生の通過点であり、失敗してもその後の努力で取り返せるというお話しをします。 長い人生の参考になりますので、若い方は最後までご覧下さい。

1. 卒業後の人生の方がずっと長い
 皆さんも知ってのように、大学を卒業するのは一般に20代前半から半ばです。 大学院まで行っても、せいぜい20代後半から30歳くらいまでには卒業して社会に出ます。 ですから、学生生活よりもその後の社会人生活の方がずっと長いことになり、この意味で学校及び受験はあくまでも人生の通過点に過ぎません。

 そこで、受験という人生の通過点で失敗した場合でも、それを取り返して、遥かに長い社会人生活を上手くやって行くための方法をお話しします。

2. 次の受験でリベンジ
 若い年齢での受験に失敗しても、入った学校で一生懸命勉強して次の受験でリベンジすることが出来ます。 日本の場合、学歴で問われるのは、ほとんどの場合どこの大学を出ているかなので、中学受験や高校受験での失敗を気にする必要はありません。

東京大学・赤門
  
    
 また、大学受験で失敗しても、大学院で学歴をロンダリングする手があります。 例えば、僕の知人で、明治学院大学から東京大学大学院に合格した人がいます。

3. 就活でリベンジ
 もちろん、就職活動でも一流大学の学生が優遇されます。 しかし、学校名だけではなくコミュニケーション能力(面接ではかなりの程度これを見られます)や最終学校での成績も問われます。

 僕の知り合いでも、地方の中堅大学を出て一流大学出身者が多い地銀トップ行(例えば七十七銀行)に就職した人が何人もいます。 当然のことながら、こういった人たちは大学での成績も非常に良いです。

4. 資格を取ってリベンジ
 次に、司法試験や公認会計士・税理士などの試験に合格して、資格を武器に高収入を得るという生き方もあります。 もちろん、こういった難関の資格を取得出来れば、出身学校がどこであるかなどということは、その後の人生であまり問題では無くなります。

 そして、昔は難関と言われた司法試験や公認会計士試験も、今は合格者数が増えていますので、より良い社会経済生活のために目指してもよい資格かも知れません。

5. 公務員試験でリベンジ
 最後は、試験に合格して公務員になることです。 公務員の中でも国家公務員総合職(キャリア官僚)試験は、合格すれば即中央官庁に採用になる訳ではなく、採用になるためには東京大学出身者が圧倒的に有利です。

 しかし、地元の県庁や市役所などは、(地方)公務員試験に合格して面接などもそつ無くこなせば、出身学校に関係なくほぼ採用となります。 県庁は、どこでも旧帝大や早慶クラスの大学出身者が多いですが、これもどこでも地元の中堅大学からもある程度の人数が合格しています。
   


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.