家庭教師の仙台ブログ

東北大学医学部生:「合格」には「切り替え」が大事!

 皆さん、こんにちは! 仙台市の『名門進学会』家庭教師で東北大学医学部医学科2年の金子 茉央(かねこ まお)です

  
     
 今日は、私が東北大学医学部医学科のAO入試を受験した時の体験をお話しします。 受験生の皆さんにはとても役に立つはずですので、最後までご覧下さい。
 
1. 私が経験した過去最大の絶望感
 私はAO2期で受験を終えているので、今の時期に身をもった体験がある訳ではありませんが、AO2期の筆記試験を終えた後はなかなか堪える経験をしました。 いつであったかブログでお伝えしたことがあるかもしれませんが、私は得意科目であった物理でやらかしてしまった記憶があります。

物理(イメージ)
 
  
 大問1つ全てに関わる問題訂正が試験前に伝えられていたことを完全に忘れたまま、問題を解き進めていたのです。 その訂正に気がついたのは、「試験やめ」と号令され解答用紙を裏返し鉛筆を置いた後でした。 何気なく黒板に目をやった際に、今までに感じたどの場面よりも大きい絶望を感じたのを覚えています。

2. 合格した理由は?
 思ったより簡単であった得意科目で実力に関係ないポカをやらかし、得点源のはずが足を引っ張りかねないという最悪の状況に陥ったわけでしたが、でも、蓋を開けてみれば私は無事合格することが出来ました。

合格通知書

 これは、その後に控えていた英語が始まるまでにきちんと気持ちを切り替えることが出来たからだと思っています。 理科が終わってから英語が始まるまでの1時間、とりあえず外に出て頭を冷やし、戻ってチョコレートを食べて全てを忘れました。

「切り替えろ、忘れるのだ」と脳に繰り返し命じれば忘れられるものです。 泣いたのは、試験が終わって母と合流した時でした。

   母の言葉が救いに
 母に「今、無駄に1次通って2次で落ちるより、1次ですっぱり落ちた方が仙台までの交通費とホテル代浮くじゃん」とフォローになっていない論理で笑い飛ばされたのも私には救いになりました。 落ち込んでいる受験生に周囲の人がかける言葉というのは難しいものですが、母は私の気持ちが楽になるツボを心得ていたようです。 さすがですね。

合格後・東北大学にて
  
  
3. 切り替えが大事!
 今日は、私の受験時代の記憶を書きましたが、如何でしたでしょうか? 伝えたいことは、「やばい時こそ切り替える」ことです。 言うは易く行うは難しですが、落ち込んでやる気をなくしてしまうことが1番のNGです。

 共通テストが終わってから2次試験が始まるまで1ヶ月以上あります。 伸び代しかなかった夏であればやる事だらけの1か月になりますが、ある程度学力を完成させた皆さんにとっては、如何にモチベーションを保っていくかが鍵になります。 私の友達は、この1ヶ月がすごく長かったと言っていました。

 今回は、これくらいで終わりにします。 皆さん、残りの期間どうか頑張って下さい! 最後まで読んで頂き、有り難うございました!


東北大医学部生:受験生のための「面接」対策

 皆さん、こんにちは! 仙台市の『名門進学会』家庭教師で、東北大学医学部医学科2年の金子 茉央(かねこ まお)です

    

1. 4年生はCBT(評価試験)が
 東北大学医学部の今のイベントはと言うと、まもなく4年生のCBTがあります。 CBTとは、臨床実習が開始される前に全国の医学生が受けなくてはならない評価試験のことです。 演習用のCBT用アプリがあり、それをひたすら量をこなしていくそうなのですが、部活の先輩方もとても大変そうです。

先輩の使っていたCBT対策問題集
  
  
      
2. 医学部「面接」対策   
 それからもう一つ、もうすぐAO2期の二次試験が行われます。 ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、AO2期は英語・数学・理科2科目の筆記を行う1次試験と、小論文・面接の2次試験に分けられます。

 東北大学医学部のAO2期入試は3年前から始まり、情報が少ない中で2年前、私も面接試験の準備をしていたのを思い出します。 結局面接の点数はあまり良くありませんでしたが、その反省も踏まえて今日は、私の試みた医学部面接対策についてお話しします。

   まず募集要項を読む
 まず、大学の募集要項を読みました。 「大学側がどういう人材を求めているのか?」ということに対して自分をアピールしていかないと意味ないと思ったからです。 例えば、東北大学の方針は「研究第一主義」「門戸開放」「実学尊重」です。

東北大学のアドミッションポリシー
  
       
 特にAO2期では、研究者の育成のために設けられた枠であったので、勤勉で論理的な研究者をイメージし、志望動機書や小作文の中にそういった要素を入れるように努めました。

   次に医療時事を調べる
 次に、医療時事を調べました。 本の題名は忘れてしまったのですが、医療時事についてまとまっている本を1冊買って学校への行き帰りの電車の中で読んでいました。

医療時事の本
  
      
 他にもニュースなどのチェックは欠かさず、最近の医療時事、私の時は本庶佑教授がノーベル賞を取ったばかりの時だったので、PD-1抗体について調べたりなどをしていました。

 面接では自分の意見に根拠を求められることが多いですが、相手は医学部の教授達です。 下手に自分の考えを述べてしまうと突っ込まれてたじたじになってしまいますが、事実を論拠とすれば説得力が生じます。

   「分かりません」とは言わない!
 最後に、「分かりません」と言わないことです。 私は面接中に予想外の質問をされて、慌てて「分かりません」と言ってしまいました。 その時に、面接官は微妙な顔をしたように思い出されます。 何でもいいから言ってみることが大事です。 結果的に受かったからいいようなものの、もし落ちていたら大きな後悔として残ってしまったのだろうと思います。

東北大学合格時に川内にて
  
       
 以上が、私の行った面接対策です。 最後に伝えたいことは、面接対策に時間を割き過ぎないということです。 もちろん面接も大事ですが、筆記の方が点数の占める割合も高く、今は問題演習を重ねたい時期です。 平行して筆記の勉強も忘れないで下さい。 最後まで読んで頂き、有難うございました!
  


東北大医学部生:肉眼解剖学・生理学・組織学

 皆さん、こんにちは! 仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科2年の金子 茉央(かねこ まお)です。

  

1. オンライン授業が始まって  
 もう6月も終わってしまいます。 一日中何もせずに虚しく終わってしまう日も多かった4,5月に比べると、オンライン授業が始まり解剖実習も始まり、少しだけ慌ただしくなった6月はあっという間に過ぎてしまったように思えます。

散歩中に見つけたクワガタ
  

2. 医学専門科目の授業内容は  
 例年であれば、この時期は、部活に実習にテストにと猛烈に忙しく悲鳴をあげているのですが、今年はのんびりとしています。 今回は、最近医学科の2年生は何をしているのかについてお話しします。

 東北大学医学部医学科2年生は、新型コロナウイルスの影響により4月初頭に予定されていた授業開始が大幅に遅れて、4/20から肉眼解剖学・生理学・組織学の3科目のオンライン授業が始まりました。

 A. 肉眼解剖学
 特に「肉眼解剖学」は、医学部の授業の代名詞と言える一大科目です。 配られたレジュメを見て、ついに来たか!と思わず身震いしました(笑!)

肉眼解剖学のレジュメ1
  
   
肉眼解剖学のレジュメ2
  
  
 「肉眼解剖学」、通称「解剖」は、体中のあらゆる骨・筋肉・神経の名称を頭の中に叩き込んでいくための授業です。 体の疾患に気づくためには、まず正常な状態を知らなければなりません。

   鬼のような暗記ゲー 
 この授業は、そういった意味で非常に大事な授業になりますが、何せ量が多い!(笑) 先輩方曰く、「鬼のような暗記ゲー」・「人が覚えられる量じゃない」らしいですが、その通りに私も後輩に伝えることになりそうです(笑)

   合理的で無駄が無い
 ただ、人体の構造は、思っていたよりもずっと面白く神秘的でした。 骨のあらゆる部位の構造、性質に、物理的な意味があります。 あらゆる筋肉には役割が付加され、整然とした配置はとても合理的で、無駄がありません。

 神経は、その筋肉を支配すべく走り、気が遠くなるほど沢山あるのに絡まることがありません。 授業が進むほどに、解剖実習への興味が高まりました。

 B. 解剖実習開始!
 そして、ついに、6月の第2週目から解剖実習が始まりました。 実習では、開始時と終了時に、ご献体への黙祷を捧げて作業が行われます。 実際に観察し各組織の同定を進めていくと、改めて人体の精緻な構造の神秘性を実感します。 まだまだ世間が自粛ムードの中、実習を行うことが出来ているのは5、6年生の臨床実習と2年生の解剖実習だけだそうです。

 「如何にこの実習が重要視されていて、我々の将来に多くの人が期待を寄せているのかを理解しなさい。」と教授は仰いました。 こういった貴重な体験をさせて頂いていることへの感謝を忘れずに、自らのこれからの学びに最大限役立てていこうと思っております。

 C. 生理学に高校物理が役立つ
 他にも、体の組織の違いをプレパラート上で認識する「組織学」と体の生理の仕組みを理解する「生理学」を学んでいるわけですが、ここで重大な気付きがありました! 高校で学んだ物理が、「生理学」の理解に役立ちます!

組織学のレジュメ
 
  
   
生理学のレジュメ
  
   
 医学部を目指している受験生の皆さんの中に、物理を選択して勉強してはいるものの、これって意味があるのかな?と不安になる人は多いのではないでしょうか。 実際に、私はそうでした。

   勉強したことは無駄にならない
 生物の内容の方が医学の授業の中で高頻出であるのは事実ですが、物理もバカにはなりません。 理解を支えてくれる場面は、多々登場します。 結局、勉強したことは無駄にはならないのです。

 字数が迫って来たので、今回はこれで終わりにします。最後まで読んで下さり、本当に有難うございました!
   


東北大医学部生:脳解剖学・生体機能実習・薬理学

 皆さん、こんにちは! 仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科2年の谷口毅樹(たにぐち たけき)です。

  

 今回のブログは、僕が最近勉強していることをご紹介します。

1. 2年生の後期は地獄!
 全国のほとんどの医学部に共通して言えることですが、2年生のカリキュラムは地獄です。 僕は、以前ご紹介した基礎医学というものを勉強しているのですが、2年生に重い科目が割り当てられています。 それなので、受験生の頃を思い出すような生活になっています。

2. 脳解剖学
 実は、このブログを書き始めた日に、脳解剖学の試験が終わりました。 テストは、全くわかりませんでした(笑)。

脳解剖学の教科書
 

   脳みそに絞った解剖学   
 脳解剖学というのは、文字通り「脳みそ」に絞った解剖学のことです。 「神経解剖学」とも言います。 2年生の前期に解剖学を勉強したのですが、その時は脳みそ以外のお話でした。 わざわざ、脳みそだけ別の単位として扱うのです。 それほど大事なのでしょう!

   ご献体の脳みそで
 また、解剖学同様、ご献体の脳みそを使って実習も行いました。 解剖学でご献体には良い意味で慣れていましたし、実習内容自体は楽でした。 というのも、本物を見たところでほとんどわからないからです。

 運動野や感覚野、聴覚野などの単語を聞いたことがある人もいるかと思います。 それらは概念なので、本物を見てもわからないのです。 はっきりわかるのは、小脳くらいでした(笑)
 
3. 生体機能実習
 また、2年生の後期はテストも重いのですが、実習もあります。 どんな実習かというと、実際に薬を飲んで尿を測ったり、様々な状況での脳波を測ったり、放射性物質を取り扱ったりします。 医学部っぽさがある内容ですね。

   実習は楽しいけれど
 これらの実習の一つに、アスピリンという薬を実際に飲んで尿を採取し、その尿を使ってみんなで実験をするものがありました。
  
尿を利用した実験の様子 
  
    
 ちょっと恥ずかしいですよね! 自分が積極的に関われる内容が多いので、実習自体は楽しいのですが・・・
  
   レポートがきつく
 キツいのは、レポートです。 実習を行えば、必ずレポートを書かないといけません。

生体機能実習のレポート
 
  
 やはり、医学に関するレポートは、内容の理解・考察がそもそも難しくて、時間がかかります。

 また、実験は、自分たちの想定外の結果が出てくることが多いです。 そういったイレギュラーなことが起きた時のレポートは、その処理が難しいため、とても大変なのです。 僕の班員は愉快な人が多くて楽しかったのですが、その分誤ったことをすることも多く、イレギュラーなレポートを書くことが多かったです・・・

4. 最大の難関「薬理学」
 脳解剖学が終わっても休む暇なく、次の鬼科目が迫っています。 「薬理学」です。

薬理学の教科書
  
   
 薬に関するお勉強ですが、本当に何を言っているのか分からない内容なので、留年も多い科目なのです。 そのため、今日も薬理学をずっと勉強しています。

   次回は趣味のブログを
 今回は、この辺りでおしまいにします。 次のブログは、薬理学の試験が終わってから書こうかなと思っています。 最近の趣味について書きます。 ぜひ、また読んで頂けたら幸いです。


東北大医学部生:前期試験「解剖学」&「組織学」

 皆さん、こんにちは! 仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科2年の谷口 毅樹(たにぐち たけき)です。

  
 
 今回は、前期に行われた試験の紹介を致します。

1. 解剖学中間試験
 2年生1発目の試験は、解剖学でした。 解剖学はどんなことを勉強するかイメージしやすいと思いますが、とにかく覚えることが無限にあります。 全身の臓器・組織・血管・神経・筋肉の名前を日本語、英語で覚え、さらにそれらの役割や場所、形なども逐一覚えなくてはなりません。
 
  中間と期末に分かれているので
 そのために、解剖学の試験は中間試験と期末試験に分かれています。 これは、不幸中の幸いといったところでしょう(笑)。 皆さんにも、一部のレジュメをお見せします。 ご覧下さい。

解剖学のレジュメ1


解剖学のレジュメ2
   
         
  上記2枚は手の筋肉  
 この2枚の写真は、手のひらの筋肉に関するレジュメです。 手のひらだけでこれほど筋肉があります。 そして、僕が緑マーカーを引いているところは、全て覚えなくてはなりません。 まず、聞いたことのない筋肉と骨が勢ぞろいです(笑)

 手は、覚えることも少なく覚えやすい方ですが、他の部位はもっと大変です。 ゾッとしますね・・・

2. 組織学 
 次に行われた試験は、組織学でした。 どんな学問かというと、解剖学がマクロな勉強に対して、組織学はミクロな勉強といえばわかりやすいでしょうか?

  組織学は留年ファクター
 組織学自体は解剖学より分量が少ないので楽なのですが、留年ファクターとして恐れられているため、みんな必死に勉強します。 というのも、1回目の本試験で不合格になった場合、再試験を受けるのですが、再試験の問題が全て英語になる上に回答も英語が義務づけられるために、非常なハードモードになるのです。

  プレパラート試験も
 組織学は、同じ日に筆記試験とプレパラート試験というのがあります。 プレパラート試験というのは、顕微鏡で組織を観察して、どの臓器なのか?何細胞なのか?というのを同定する試験です。 少しプレパラートを紹介しましょう。

プレパラートの例
  
        
  上の写真は小腸のもの
 このプレパラートが、何という臓器のものかわかりますか? 答えは、空腸(小腸)です。 蛇行している突起みたいなものがとても特徴的なので、空腸とわかります。 空腸はとてもわかりやすい方なのですが、何度見ても区別しにくい臓器もあります。 テスト前は顕微鏡の前でにらめっこをしていました(笑)

3. 生理学中間試験
 つい先日行われたのが、生理学の試験でした。 生理学は、学問としては非常に大事で難しいのですが、東北大学の生理学の教授は学生に優しいため点数を取りやすい試験にして下さいます。 唯一厳しい点は、組織学の試験日と近いことです。 組織学が終わって休憩する暇もなく、生理学の試験がやってくるので、体力的にきついのです・・・

  7月だけでこの後3つ試験が
 今回は、この辺りでおしまいにします。 医学部2年生の大変さが伝わってくれたら、嬉しいです。 まだまだこの後も、7月だけで3つ試験があるため、紹介していけたら良いなと思っています。 最後まで読んで頂き、誠に有り難うございました。


東北大医学部生:新歓代表 & 解剖学

 皆さん、こんにちは!  仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科2年の谷口 毅樹(たにぐち たけき)です。

  

 今回は、最近の生活を紹介します。 皆さんも4月から新たな生活が始まっているかと思いますが、慣れるまで大変ですよね。 僕たち大学生も、イベントやテストに追われて大変なのです。

1. 新歓代表を務める
 以前のブログで紹介ましたが、4月の医学部のビッグイベントといえば新歓(新入生歓迎)です。 僕が所属しているヨット部も、本気の新歓の末、目標としている人数の新入生を確保することができて、ホッとしています。

医学部ヨット部新歓・集合写真
 
  
 ただ、精神的・身体的疲労も凄まじくて、体調を崩したほどでした。 というのも、僕にはもう一つ新歓に関するお仕事がありました。 それが、新歓代表です。 新歓代表というのは医学部全体の新歓を統括し、オリエンテーションの進行をする役割です。

   40近い医学サークルをまとめて
 一言で言ってしまえば、とても面倒なお仕事でした。 医学部のサークルは、40近くあります。 それらを管理して連絡を取り、無事に進行させるというのは、とても大変でした。

 それに加えてヨット部の主務でもあるため、ヨット部の新歓もうまく進めなくてはいけない。 激務です(笑)。 でも、集団をまとめるという貴重な経験をさせてもらって、ある意味充実した時期でした。

2. 解剖学始まる 
 いよいよ、医学生といえばという「解剖学」が始まりました。 僕たちはまだ医者ではありませんが、守秘義務というのがあります。 そのため詳細な話などはできませんが、少しだけ紹介します。

解剖学のテキスト
 
  
   謝りながらメスを
 僕たちは、献体の意思表示をして下さった方のご遺体をお借りして、解剖を行います。 初めてご遺体と対面した時の緊張は、なかなかのものです。 いよいよメスを入れる時には、さらに緊張します。 「ごめんなさい ごめんなさい。」と言いながらメスを入れたのを覚えています。

   精神的に少しおかしくなって
 今でも、解剖の最中は、精神的に少しおかしくなった状態で行なっていたと思います。 当然ですよね。 亡くなったといえども、人の体に刃物を入れるわけです。 「おかしくなって当然だ!」と先生もおっしゃっていました。
 そして、覚えなければならない量も尋常ではありません。 とにかく、人体の部位を日本語・英語で暗記しなくてはなりません。 医者になるって、過酷なのです(笑!)
  
3. ゴールデンウィーク
 皆さん、ゴールデンウィークはどうでしたか? 僕は、ほぼ全て部活でした。 ある意味、1日も無駄にすることはなかったので、充実していました。 10連休のうち1日だけオフになったので、僕が好きなアイドルの握手会に行きました。

アイドルの握手会
 

   息抜きも大事 
 ストレスフルな生活で、こうした息抜きはとても大事です。 かわいい人を主観的に定期的に眺めることは、脳科学的にも大変良いことみたいです。 皆さんも、息抜きを大事にして勉強してくださいね!

 今回は、この辺りで終りにします。 次回は、解剖学のテストについて紹介します。 最後まで読んで頂き、誠に有り難うございました。
 


東北大医学部生:専門科目「基礎医学」

 皆さん、こんにちは! 仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科2年の谷口 毅樹(たにぐち たけき)です。

  
                 
 今回は、医学部専門科目のお話をします。 医学部に進学しようと考えている方は、ぜひ最後までご覧下さい。 レジュメの写真も載っています。

1. 専門科目とは・・・
 医学部の専門科目は、大きく2つに分けられます。 基礎医学臨床医学です。 1~3年生が「基礎医学」を、4年生が「臨床医学」を勉強します。

  基礎医学を勉強中 
 その中で、今僕が学んでいる「基礎医学」というのは、その名の通り医学の基礎です。 遺伝学、免疫学、病理学、薬理学など約20もの科目があります。 少し勉強すれば良いものから1ヶ月くらい勉強しないと安心できない重たい科目まで、様々なものがあります。
    
 それに対して、「臨床医学」は、実際の医療の現場で使っていく事柄を勉強します。 いわゆる臨床医になる人は、ここで1番大切なことを学ぶようです。 僕も、この先4年生になって学ぶのが楽しみです。

2. 基礎医学の授業の様子
 「医学部の授業ってどんな感じなのだろう?」と思う方もいらっしゃるかと思います。 基本的には座学が多いので、大きい教室に学生が詰め込まれています。

 高校までと違うのは、ほとんどの授業で先生がスライドを使って説明することとレジュメというプリントを使用することです。 ノートを取る学生は少なく、黒板を使う先生も少ないです。大人になった気分ですね!
  
  実習が大変!
 医療系の学部には、実習がつきものです。 解剖実習や病院実習が主にあげられる実習ですが、場合によっては夜の8時に終わりで翌朝7時からスタートということもあるようです。 その上、レポートも提出しなくてはいけなくて遅刻厳禁、ひどいと留年ということもあるので、完全に疲れ切った顔をして校舎を歩いている先輩も見かけます。(笑)

3. 専門科目のレジュメ
以下に、専門科目で使うレジュメを紹介します。
  
レジュメが入ったファイル
  
     
  ファイル1つで1科目分  
 このファイル1つに1科目のレジュメが入っています。 一目でわかると思いますが・・・途轍もない量なのです。 それなのに、この厚さのレジュメ全てがテスト範囲です。 まず、全部覚えるのは不可能です。 要領よく勉強する必要があります。 皆さんにも、少しだけレジュメの中身をお見せします。
  
レジュメその1
  

レジュメその2
  
  
レジュメその3
  

  友人たちと協力しながら  
 どうでしょう? 何が書いてあるかさっぱりですよね?僕らもさっぱりわかりません。 では、先生がわかりやすく説明してくださるかというと、そういうわけでもありません。

 僕たちは、先生の説明と参考書を見ながら友人と議論して勉強するのです。 大学からは、1人ではなく友人と勉強するのが1番大切なのです。 個人プレーは大学受験まで!頭の片隅に入れておいて欲しいですね!(笑)

  過去問はとても大事!
 事情があって載せられませんが、テストの過去問はレジュメより大事なものです。 過去問がなかったら、ほぼみんなテストで落ちてしまいます。 教授も「過去問を勉強しなさい!」とおっしゃるほど大事なのです。 これは、大学受験と変わりませんね!

 今回は、この辺にします。 次回は、どうして3月がとても忙しいのか紹介します。最後まで読んで下さり、誠にありがとうございました。
  


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.