家庭教師の仙台ブログ

医学科生家庭教師が語る「合格には切り替えが大事」

 皆さん、こんにちは! 仙台市の『名門進学会』家庭教師で東北大学医学部医学科2年の金子 茉央(かねこ まお)です

 
 今日は、私が東北大学医学部医学科のAO入試を受験した時の体験をお話しします。 受験生の皆さんにはとても役に立つはずですので、ぜひ最後までご覧下さい。
 
1. 私が経験した過去最大の絶望感
 私はAO2期で受験を終えているので、今の時期に身をもった体験がある訳ではありませんが、AO2期の筆記試験を終えた後はなかなか堪える経験をしました。 いつであったかブログでお伝えしたことがあるかもしれませんが、私は得意科目であった物理でやらかしてしまった記憶があります。

物理学(イメージ)
 
  
 大問1つ全てに関わる問題訂正が試験前に伝えられていたことを完全に忘れたまま、問題を解き進めていたのです。 その訂正に気がついたのは、「試験やめ」と号令され解答用紙を裏返し鉛筆を置いた後でした。 何気なく黒板に目をやった際に、今までに感じたどの場面よりも大きい絶望を感じたのを覚えています。

2. 合格した理由は?
 思ったより簡単であった得意科目で実力に関係ないポカをやらかし、得点源のはずが足を引っ張りかねないという最悪の状況に陥ったわけでしたが、でも、蓋を開けてみれば私は無事合格することが出来ました。

合格通知書

 これは、その後に控えていた英語が始まるまでにきちんと気持ちを切り替えることが出来たからだと思っています。 理科が終わってから英語が始まるまでの1時間、とりあえず外に出て頭を冷やし、戻ってチョコレートを食べて全てを忘れました。

「切り替えろ、忘れるのだ」と脳に繰り返し命じれば忘れられるものです。 泣いたのは、試験が終わって母と合流した時でした。

   母の言葉が救いに
 母に「今、無駄に1次通って2次で落ちるより、1次ですっぱり落ちた方が仙台までの交通費とホテル代浮くじゃん」とフォローになっていない論理で笑い飛ばされたのも私には救いになりました。 落ち込んでいる受験生に周囲の人がかける言葉というのは難しいものですが、母は私の気持ちが楽になるツボを心得ていたようです。 さすがですね。

合格後・東北大学にて
  
  
3. 切り替えが大事!
 今日は、私の受験時代の記憶を書きましたが、如何でしたでしょうか? 伝えたいことは、「やばい時こそ切り替える」ことです。 言うは易く行うは難しですが、落ち込んでやる気をなくしてしまうことが1番のNGです。

 共通テストが終わってから2次試験が始まるまで1ヶ月以上あります。 伸び代しかなかった夏であればやる事だらけの1か月になりますが、ある程度学力を完成させた皆さんにとっては、如何にモチベーションを保っていくかが鍵になります。 私の友達は、この1ヶ月がすごく長かったと言っていました。

 今回は、これくらいで終わりにします。 皆さん、残りの期間どうか頑張って下さい! 最後まで読んで頂き、有り難うございました!


東北大生家庭教師日記32・医学科生の6年間ご紹介!

 皆さん、こんにちは! 仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科3年の谷口 毅樹(たにぐち たけき)です。

   

1. 医学科生の6年間を紹介します  
 以前のブログでも紹介しましたが、3年生の後期は研究室に通います。 授業は一切ありません。 ですから3年生は、東北大学医学部の6年間で最も暇な時期の1つと言われています。 今回は、3年生だけでなく他の学年の様子を紹介します。

2. 3年生はもう進級判定!?
 通常、進級判定は3月に行われます。 前期・後期の試験結果を基に決められるからです。 しかし、3年生は後期に授業がないため、前期の試験結果で進級がほぼ決まります。 一応、後期の研究室も単位としてカウントされているようですが、研究室留年をした先輩はさすがにいないようです(笑)。

3年生の時間割
     
 先週、前期の試験の評価が全て発表されました。 僕は、無事進級のようです。 今年はコロナの影響もあったため、例年なら留年している成績の人も救済を受けているようです。 皆で進級できるのは嬉しいことですね!

   成績が上がりました!
 個人的な話になりますが、これまでと比べて成績がとても良くなっていました。 3年生になって少し真面目に勉強しなくてはと思っていたので、大きな成長です。 来年はさらに良い成績を取れるように勉強したいと思います。

3. 1年生がついに星陵キャンパスに
 今年は、1年生は本当にかわいそうだと思っています。 1年生はこれまで全てオンライン授業だったため、直接顔を合わせる機会もなく友人も情報もサークルもない状況でした。

   1年生は初々しい
 しかし、9月に行われる1次修練(病院実習)は例年通り行われたため、やっと同級生と会うことができました。 1年生は、見れば一発でわかります。 初々しさがあり、希望に満ち溢れているからです。 「そのような時期が僕にもあったなぁ。」と心が温まりました。

4. 2年生は正念場
 後輩の金子さんがブログに書いてくれると思いますが、2年生はここからが正念場です。 薬理、微生物という重い留年ファクターの試験が待ち受けています。

2年生の時間割
                           
 しかもどういうわけか、薬理と微生物の試験の近くに別の試験があって、集中できないカリキュラムなのです。 大学は、僕たちをいじめたいのかなと疑ってしまいます(笑)。 昨年、僕も2年生の試験についてブログを書いたので、そちらも読んでみて下さい。

5. 4年生は地獄
 4年生の冬には、CBTとOSCEという試験があります。 簡単に言うと、医者の仮免試験みたいなものです。 そのため、大変な学年なのですが、今年はコロナの影響で9月10月が毎週テストになってしまっています。 試験が終わったらすぐにまた試験というのは、大変辛いです。

4年生の時間割
     
 SNSを見ていると、荒れている4年生が多くいます。 正直、今年4年生でなくてよかったと思っています。

6. 5、6年生は実習
 5、6年生は、通常通り実習を行っているようです。 しかし、先月まで東北6県以外外出禁止だったため、病院見学やマッチング(就活みたいなもの)が上手くできず、行きたい病院に行けなかった6年生が多くいるようで、憤慨していました。

   来年以降は
 自分が働く場所を大学に制限された訳なので、怒るのも当然です。 来年以降、そういった事態が起きないよう配慮して頂きたいですね。

 簡潔にですが、医学科全ての学年の様子を紹介しました。 今回はこの辺りでおしまいにします。 最後まで読んで頂き、誠に有り難うございました。
   


東北大生家庭教師日記26・医学科「病理学」&「薬理学」の試験

 皆さん、こんにちは! 仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科3年の谷口 毅樹(たにぐち たけき)です。



1. 3年生は忙しくない!
 東北大学医学部医学科の3年生は、比較的「暇」と言われています。 3年の前期で全ての基礎医学が終了し、後期は基礎医学修練といって大学の研究室に通うことになります。 基礎医学修練は、研究の発表はありますがテストはないので、前期でほぼ進級が決まります。

東北大学・星稜キャンパス
  
  
   ただ、前期の試験は6つあって
 前期のテストは、全部で6つあります。 紹介すると、「病理学・薬理学・公衆衛生学・衛生学・医療倫理・医学英語」です。 この中で、「病理学」と「薬理学」が3年生の鬼門です。 他の4つの科目で留年することは、まずありません。 その鬼門の「病理学」と「薬理学」の試験が行われました。

2. 病理学
 病理学は2年生でも勉強しますが、2年生の病理学は総論を扱い、3年生の病理学は各論を扱います。 圧倒的に、各論の方が量が多いです。 そのため、試験は2回に分かれています。 その前半の試験が先日行われ、なんとか合格していました。

病理学の試験問題1
  
  
病理学の試験問題2
    
    
   致死率50%の試験
 病理学は再試にかかる人数は少ないのですが、再試になると「予後不良」で「致死率」が50%と言われています。 つまり、50%の確率で留年するということです。 そのため、絶対に本試で合格したいと思っていたので、ホッとしました。

3. 薬理学
 薬理学は、病理学の1回目の試験の約1週間後に行われました。 薬理学も、病理学同様2年生のときも勉強しますが、2年生で扱わなかった残りの範囲を勉強します。 その範囲はすさまじく広く、覚えなければならない薬が多すぎて正直ほとんど覚えられませんでした(笑)

薬理学の試験問題
  
   
   勉強不足だったので
 3年の薬理学は、2週間は勉強しないと厳しいと言われています。 しかし、病理学の試験後は1週間しかなくて、明らかに勉強不足でした。 「病理学の試験勉強を始める前から薬理学の勉強をしておけばよかったな。」と後悔しています。 まだ結果は出ていませんが、きっと不合格なのでもう再試にむけて勉強を始めました・・・

4. 試験ラッシュ!
 病理学、薬理学の試験が終わりましたが、来週には公衆衛生学、その4日後には医療倫理学の試験が控えています。 負担はとても軽い試験ですが、試験には変わりないので、勉強はある程度します。

 1週間に1つ試験という生活が8月の頭まで続くので、医学科3年生の唯一の正念場です。 薬理学以外は、何とか本試で合格したいなと思っています。

5. iPadを手に入れました
 今年度は全てオンライン授業なので、本来授業で配られるレジュメ・プリントはデータとしてネットに上げられます。 それを全て印刷していたら紙とインク代が大変なことになる思い、iPadを使い始めました。

手に入れたiPad
    
   
   大学生っぽい雰囲気を出せて
 本当に便利です。 一瞬でレジュメのデータを取り込めますし、大量の紙を持たなくて良いので持ち運びも楽です。 ちょっと大学生っぽい雰囲気も出せます(笑)

 それから、GoodNotesというアプリは、iPadと相性抜群です。 GoodNotesにデータを入れておけば、そこに書き込みもできます。 皆さんも、大学生になったらiPadを積極的に使ってみて下さい。

 今回は、この辺りでおしまいにします。 最後まで読んで頂き、誠に有り難うございました。
   


東北大生家庭教師日記23:脳解剖学・生体機能実習・薬理学

 皆さん、こんにちは! 仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科2年の谷口毅樹(たにぐち たけき)です。

  

 今回のブログは、僕が最近勉強していることをご紹介します。

1. 2年生の後期は地獄!
 全国のほとんどの医学部に共通して言えることですが、2年生のカリキュラムは地獄です。 僕は、以前ご紹介した基礎医学というものを勉強しているのですが、2年生に重い科目が割り当てられています。 それなので、受験生の頃を思い出すような生活になっています。

2. 脳解剖学
 実は、このブログを書き始めた日に、脳解剖学の試験が終わりました。 テストは、全くわかりませんでした(笑)。

脳解剖学の教科書
 

   脳みそに絞った解剖学   
 脳解剖学というのは、文字通り「脳みそ」に絞った解剖学のことです。 「神経解剖学」とも言います。 2年生の前期に解剖学を勉強したのですが、その時は脳みそ以外のお話でした。 わざわざ、脳みそだけ別の単位として扱うのです。 それほど大事なのでしょう!

   ご献体の脳みそで
 また、解剖学同様、ご献体の脳みそを使って実習も行いました。 解剖学でご献体には良い意味で慣れていましたし、実習内容自体は楽でした。 というのも、本物を見たところでほとんどわからないからです。

 運動野や感覚野、聴覚野などの単語を聞いたことがある人もいるかと思います。 それらは概念なので、本物を見てもわからないのです。 はっきりわかるのは、小脳くらいでした(笑)
 
3. 生体機能実習
 また、2年生の後期はテストも重いのですが、実習もあります。 どんな実習かというと、実際に薬を飲んで尿を測ったり、様々な状況での脳波を測ったり、放射性物質を取り扱ったりします。 医学部っぽさがある内容ですね。

   実習は楽しいけれど
 これらの実習の一つに、アスピリンという薬を実際に飲んで尿を採取し、その尿を使ってみんなで実験をするものがありました。
  
尿を利用した実験の様子 
  
    
 ちょっと恥ずかしいですよね! 自分が積極的に関われる内容が多いので、実習自体は楽しいのですが・・・
  
   レポートがきつく
 キツいのは、レポートです。 実習を行えば、必ずレポートを書かないといけません。

生体機能実習のレポート
 
  
 やはり、医学に関するレポートは、内容の理解・考察がそもそも難しくて、時間がかかります。

 また、実験は、自分たちの想定外の結果が出てくることが多いです。 そういったイレギュラーなことが起きた時のレポートは、その処理が難しいため、とても大変なのです。 僕の班員は愉快な人が多くて楽しかったのですが、その分誤ったことをすることも多く、イレギュラーなレポートを書くことが多かったです・・・

4. 最大の難関「薬理学」
 脳解剖学が終わっても休む暇なく、次の鬼科目が迫っています。 「薬理学」です。

薬理学の教科書
  
   
 薬に関するお勉強ですが、本当に何を言っているのか分からない内容なので、留年も多い科目なのです。 そのため、今日も薬理学をずっと勉強しています。

   次回は趣味のブログを
 今回は、この辺りでおしまいにします。 次のブログは、薬理学の試験が終わってから書こうかなと思っています。 最近の趣味について書きます。 ぜひ、また読んで頂けたら幸いです。


東北大生家庭教師日記16・医学科1年生の科目履修「一般教養」など

 皆さん、こんにちは! 仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科1年の谷口 毅樹(たにぐち たけき)です。

      
 今回は、医学科1年生がどんな勉強をしているかについて書きます。

1. 大学に入ったら・・・
 そもそも大学は、これまでの高校とシステムが異なる場合が多いです。 高校までに「単位」という単語を使うことはあまりないと思いますが、大学は単位を取らないと進級や卒業ができません。 単位にも様々な単位が存在し、落としたら大変なことになるものもあって、みんな苦労します(汗)!

2. 一般教養
 医学部であっても、まずは「一般教養」の単位を取ることから始まります。 いわゆる「パンキョー」と言われるものです。

東北大学・科目履修の手引き
  
  
 実は、一般教養もバカにできないのです。 東北大学はセメスター制と言って1年を前期・後期に分けています。 他学部の人が2年かけて取れば良い単位数を、医学部の学生はほぼ1年生の前期で取らないといけないのです。

教養のテキストの1例
  
  
 後で紹介しますが、医学部の学生は1年生の後期から専門科目が入ってくるため、一般教養を入れる余裕がないのです。 そのため、前期は時間割がフルコマになることもあります。

  一般教養でも
 一般教養は、基本的には、出席をして課題をある程度やっていれば問題ありません。 そのような授業(楽勝科目)を、先輩方が教えてくれます(笑)。 しかし、2つだけ厄介なものがあります。 それは、第2外国語と実験です。

  これが大変!
 第2外国語は、シンプルに難しいです。 僕はドイツ語を取りましたが、正直途中から何を言っているのかわかりませんでした。 先生と仲良くしていたおかげで単位は取得できましたが、ヒヤヒヤしていました(汗)!
 もう1つ厄介な科目・実験は、レポートが大変です。 なんとWord使用禁止、全て手書きなのです。 量が多い時は手が痛くなりました。

3. 専門科目
 一般教養をある程度突破したら、本当の医学生がいよいよ始まります。 カリキュラムの変更で、最近はどの医学部も1年生のうちから専門科目をやるところが多いです。 東北大学では1年生のうちに5教科勉強し、1つでも単位を落とすと留年します。

専門のテキスト・例1
  
  
専門のテキスト・例2
  
  
 大学によっては数単位落としても良かったり、数単位取得していなくても進級をさせてくれる仮進級制度があったりしますが、東北大学はその辺りはシビアです。 試験が近くなるとみんな友人とガストや図書館で勉強します。

  1トンもの重さの書籍を
 2年生になると試験と試験の間隔が近くなることもあり、絶望的な表情で大学構内を歩いている人もよく見られます。 「医者になるには、1トンもの重さの書籍に書かれている知識量を覚えなくてはならない。」と聞いたことがあります。 気が遠くなりますね・・・

 今回は、この辺にしたいと思います。 次回、専門科目についてもう少し詳しく紹介したいと思います。 最後まで読んで下さり、誠に有り難うございました。
   


東北大生家庭教師日記12・アメリカ「Mayo Clinic」留学1

 皆さん、こんにちは! 仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科6年の岡田 悠希(おかだ ゆうき)です。

  

1. 採用試験終了
 つい先日、採用試験が終わりました! 留学の記事の後に詳しくお伝えしますが、医師の就職はかなり特殊で、国によって一括管理されています。

採用試験終了・病院に就職へ
   
 全国の医学部生は夏の間に志望病院の採用試験を受け、秋に一斉に就職先が決定する仕組みになっています。 半年前以上続けてきた就職のための勉強からようやく解放されました…!

2. 名門「Mayo Clinic」留学
 前回の記事から随分時間がたってしまいましたが、本日から留学のご報告をしたいと思います! 大学の循環器内科の実習の一環で、友人と2人で2週間行ってまいりました

留学先の街ロチェスターの雪景色
       
 僕たちが留学させていただいたのは、アメリカのミネソタ州にある、「Mayo Clinic」という病院です。 日本人には馴染みのない病院ですが、USニュースが選ぶ全米病院ランキングでは一位に輝く、とても立派な病院でした。

   3月のロチェスターはまだ冬 
 ミネソタ州の州都、ミネアポリスから民間バスで二時間弱、ロチェスターいう小さな街にその病院はあります。 僕たちが行った3月末はまだまだ寒く、雪が吹き荒れ、最高気温が氷点下の日も多かったです。

 ロチェスターの中心部は半分以上の建物がMayo Clinicに関係しています。 何棟もある巨大な病棟、研究棟、数多くの高級ホテルや土産物店などが地下道や渡り廊下でつながっています。

ロチェスターの中心地図・色のついた建物が関連施設
  
  
一番大きな病棟Gonda Building
  
    
 Gonda Buildingの中は床が大理石で敷き詰められ、ピアノの生演奏が響くホテルのような空間が広がっています。

有名な大理石の階段にて
    
 ここに来る患者さんはセレブや権力者が多く、なんと大統領も来るとか…。 建物がとても綺麗なので観光目当ての人もいるようで、Mayo Clinicのロゴ入りグッズがたくさん売っていました。

   古めのSaint Marys Hospitalにて実習
 僕たちが実習を行ったのは、少し離れたところにあるSaint Marys Hospitalです。 他の建物に比べると少し古いですが、循環器内科はこちらの分院で診療を行っています。 分院とはいっても、東北大学病院と同じくらいの広さのようでした。

Saint Marys Hospitalの前で
  

   U.S.の病院は経営も重要   
 日本の病院、とりわけ普段の大学病院に慣れている僕たちからすると、違和感を覚えるような光景でした。 留学中の日本人の先生に伺うと、アメリカでは国による社会保障が手薄なため、日本に比べビジネスの側面が強いとのことでした。

 病院経営も利益が重要であり、Mayo Clinicは病院のブランド化に成功し現在の規模にまで成長したとのことです。 医療費もほとんどが任意保険によって支払われるため、診療前には必ず「いい保険に加入しているか」を聞くそうです。

 ここまでは、Mayo Clinicについてご紹介しました。 次回は、実習についてお話したいと思います! それでは失礼いたします。
  


東北大生家庭教師日記3・医学科「精神科実習」など

 皆さん、こんにちは。 仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科5年の工藤 有希乃(くどう ゆきの)です。

                                                                                    

1. 急性扁桃腺炎になりました!
 私はこの間急性扁桃腺炎になってしまい1週間ほど寝込んでいました…。 一人暮らしで体調を崩すと個人的に一番つらいのが、ご飯の用意です。 それで、「実家に居たときは親が居たから安心出来たし、ご飯も出てきたのになあ。」と軽いホームシックになりながら、コンビニ弁当を食べていました。

   実習は友人のおかげで
 さて、体調を崩していた時には実習はどうしていたかと言いますと、ちょうどそのときまわっていた診療科では、レポート作成が主な課題でしたので、友達に協力してもらってなんとかなりました。

友人のおかげ(イラストで)
  
   
2. 精神科実習
 精神科実習は1週間半という比較的短い実習で、私はこの前終わったばかりです。 個人的には、精神科は外科・内科とは全く違う診療科というイメージがあったので、楽しみだという気持ちもありましたが緊張感もありました。

 精神科での主な実習内容としては、病棟実習(学生2~4人ごとに小さいグループになって、担当患者さんに毎日お話を聞きに行きます)と外来実習(先生の診察を後ろの座席に座って見学します)の2つがあります。

   病棟実習
 病棟実習前は、精神科の患者さんにお話を聞きに行くのはなんとなく怖い、下手にお話して患者さんを怒らせてしまったらどうしようという気持ちがありました。 しかし、いざ担当患者さんとお話しさせていただくと、私が感じていたのはただの偏見だとよくわかりました。

病室の例
  
  
   患者さんは優しい方でした
 担当患者さんはとても優しい方で、病気のことについてお話してくださった他に、○○公園が散歩におすすめです、この前△△にお出かけしてきました、など色々なお話をしてくださいました。

 一度お話を聞きに行って20分くらい話し込むこともあり、患者さんと沢山お話することが出来て本当に楽しかったですし、勉強になりました。 患者さんには本当に感謝しています。

   心理検査を受けてみて 
 また、精神科実習では、先生のご厚意でたくさん自己記入式の心理検査をすることができました。 自分で心理検査の結果を見てみると、なかなか当たっているな~と思う部分があったり、知らない自分が見えてきたりとなんだか興味深いものですね。

 同じグループの同級生と「ああだこうだ」言いながら結果を報告しあうのも、なかなか楽しかったです。

   箱庭療法もやりました 
 さらに、「箱庭療法」というものもやってみました。 砂が敷き詰められた箱に好きなおもちゃや人形を置いて箱庭を作ります。 箱庭を作る過程や完成したものから、作った人の心理状態が読み取れるらしいです。 肝心の結果は、あまり教えてもらえませんでしたが……。

 やってみた感想ですが、簡単そうに見えて、一から箱庭を作るのはなかなか難しかったです。 同じグループの別の人が作るのを脇で見ていたのですが、本当に人によって作る庭が違うので面白いです。

 例として、私が作った箱庭の写真を撮ってきたので載せてみます。 寒くなってきたので温泉旅行に行きたいという気持ちを庭に表してみました……!

私が作った箱庭
dsc_2262
        
3. さよならばいきん大作戦
 11月20日は、「さよならばいきん大作戦」という企画のボランティアをしていました。 これは、親子で楽しく風邪や薬について学べるワークショップで、星陵キャンパスで開催されたものです。

 なかでも、私はお医者さん体験のブースを担当していました。 子供に白衣を着てもらい、聴診器を渡し、ボランティアの学生と一緒にぬいぐるみを診察してみよう!という企画です。

前の方で
1479655845226

 白衣は、実際に医師が着ているメーカーのものをレンタルし、聴診器も実際に音が聞こえる本物を使ってみました。 親子で心音を聞いてもらったり、白衣を着てぬいぐるみに注射をしてもらったりして、どの子も楽しんでくれたようです。

お医者さん体験
1479727594176
  
 子供用の白衣を着た子がとてもかわいくて、ボランティアはみんな癒されていました。 今日体験をした子から、未来のお医者さんが誕生するかもしれませんね!


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.