家庭教師の仙台ブログ

家庭教師体験記7・勉強時間の確保

  「名門進学会」家庭教師 浅野早織(あさのさおり) の家庭教師体験記7回目です。 今までの経験を踏まえて、やる気を出す方法、めげない心を作る方法、各科目の勉強法など、満載です。 ぜひ最後までご覧下さい。
Šî–{ CMYK

6. 「時間がない!」・「勉強以外にもやりたいことがたくさんありすぎて・・」 
 「部活に友達付き合いに習い事に、、、、いつも、いつも、行事ややりたいことに追われて時間がなくて、勉強に時間が取れないです。」と相談されることもありました。
 
 一度きりしかない中学生時代、高校生時代思いっきり楽しむのは本当に大切ですし、何にも変えられない経験だと思います。(私自身も中学生時代、高校生時代の思い出は今でも本当に大切だなと感じていますし、そこで出会った友人たちはかけがいのない存在です。)

  将来のために勉強時間は
 是非、思う存分、勉強は気にしないで、楽しんでください!と言いたいところなのですが、将来の目標を叶えたり、進学をするためにはやっぱり勉強をする時間を確保しなくてはいけません。
 
 私も時間の使い方が上手いほうではないのですが、受験期に私が行った勉強時間確保のための工夫についてお話しします。

  1. 朝はやく起きて、とにかく外に出る!
 受験期が近づいてきた頃には、朝早く起きて、誰よりも早く教室に行って勉強をしていました。 朝1番に学校に乗り込んで、静かな教室で勉強していると、なんだかものすごく得をしたような気分になるのでオススメです。
 
 また、朝早い時間は、面白いテレビもないですし、とにかく周りが静かで集中ができます。 さらに、せっかく早く起きたのに無駄にはできない!という気持ちからも集中力が高まります。

  2. 携帯は切る!携帯から離れる!
 携帯を持っている人は携帯を切りましょう! また、携帯を触る癖をやめましょう!
  
 最近は、メールやラインだけでなくツイッターやフェイスブックをやっている中学生、高校生がほとんどだと思います。

 いつも魅力的な情報に溢れているソーシャルネットワークは中毒性があって、つい、勉強中も移動中も見てしまいます。

     時間を全部足すと
 その時間を全部足してみるととんでもない時間になるという人も少なくないと思います。(私自身もついつい携帯を手にとって見てしまいます・・)
  
 しかし、勉強中に携帯のメールやラインをしていては、集中してるとは言えません。 また、電車などに乗っている間も、ダラダラ携帯を眺めないようにしましょう。

     強制的に携帯を見れないようにも  
 受験期には待ち受け画面を、「勉強!携帯中毒禁止!」といったものに変えて、できるだけダラダラ見ないようにしていました。

 友人同士で勉強するときには、一箇所に携帯を集めて強制的に見携帯を見たり、触ったりできないようにしていました。
 
  3. 授業を活用する!
 学生はほとんどの時間を学校で、授業時間として過ごすことが多いと思います。

 本当に多いのが、「受験勉強」と「学校の授業」が別々になってしまっている生徒さんです。

 もちろん学校の授業が受験勉強に100%マッチしていない場合もありますが、できるだけこの二つを別々のものと考えずに勉強して欲しいと思います。
  
  4. 1日の始まりに何をやるか計画を立てて、荷物を準備する
 何だか当たり前のような話ですが、意外にこれが難しく、またこれができないために時間ロスをしてしまっている人がいます。

     無駄なものは持たない 
 私自身もそうなのですが、カバンに「これも使うかな? これもやるかな?」とあれこれ参考書を詰め込んで持ち歩き、勉強するときにそれを全部並べて、さあ、どれをやろうと悩んだり、少し手をつけてはまた次のものに手を出す・・・というのを繰り返したりして、時間を無駄にしてしまっている人が本当に多くいます。
 
 きちんと年間の目標から割り出した1か月間、1週間の目標、それをさらに細分化したその日1日の目標を意識しながら勉強をしましょう。

     効率よく移動・効率よく勉強しよう 
 何よりも、カバンが重いとそれだけで疲れてしまいますし・・(笑) コンパクトに効率よく移動して、気持ちよく効率よく勉強をするのも大切です。

 この点は私自身も未だになかなか実践できていないので(カバンはいつも参考書、ノート、教科書でパンパンです・・)、私自身もきちんと身につけていきたい事柄の一つです。

 時間がない! とはいっても学生の本分は勉強です。 自分の中でしなくてはいけないこととやりたいことまたその中での優先順位をしっかりつけて、バランスよく時間を使ってください。
   


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.