家庭教師の仙台ブログ

家庭教師から大学受験生に一言「赤本を買おう!」

 仙台市で家庭教師をお探しの皆様、こんにちは。 「名門進学会」代表取締役の三沢やすしです。 お久しぶりです。

    
  
1. 合格のためには過去問演習を
 このサイトの中の「やすしの合格勉強法」でも述べているように、受験に合格するためには、『本試験と一番傾向が似ている問題である過去問を繰り返し解くこと』が、とても大事です。 合格のためには、必須と言っても過言ではありません。

2. 大学受験生には赤本が
 そして、大学受験生のためには、大学・学部別の過去問集(センター試験のものは科目別)として、いわゆる「赤本」が、安い値段で昔から出版されています。 「Amazon」や「ジュンク堂」・「丸善」など、書店で見て下さい。

「名門進学会」の赤本の一部
   
  
3. 3年生のはじめに1度過去問を解く
 大学受験生の皆さんは、必ず志望大学・志望学部の(センター試験を受ける方はセンター試験の分も)「赤本」を買って、高校3年生のはじめくらいに一度過去問を解いてみて、その出題傾向をつかんで下さい。

4. 出題傾向に合わせて勉強
 もちろん、その時点では、ほとんど出来なくて当たり前です。 ですから、出来具合は気にしないで、そのときから1年弱の間、志望校の出題傾向に合わせて絞った勉強をして下さい。 そうすれば、志望校の出題傾向が分からず1年間漫然と勉強した場合と比べて、大きく合格に近づくことが出来ますので。

5. 受験直前は何度も繰り返し解く
 上記のように、志望校の出題傾向を意識して絞った勉強を続け、本試験3か月くらい前になったら、今度は、赤本に載っている全ての年度の過去問を、繰り返し繰り返し解いて下さい。 出来ない問題が1つも無くなるまで、繰り返し解いて下さい。 そうすれば、安心して本試験に臨めます。

6. 年初の偏差値が多少足りなくとも
 このような勉強法を高校3年生の1年間取れば、3年生のはじめの偏差値が志望校合格に多少足りなくても、ガリ勉をしないで高い確率で合格出来ます。 このことは、三沢が、この「名門進学会」での指導経験から、太鼓判を押して保証します。 「赤本」を買って「過去問演習」、お試しあれ!
  


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.