家庭教師の仙台ブログ

東北大学医学科生日誌18・腫瘍内科実習&帰省

皆さん、明けましておめでとうございます。
東北大学医学部医学科5年の岡田悠希です。


新年を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか。

【2017年最後の実習・腫瘍内科】
2017年最後となる先週と今週の実習は、「腫瘍内科」で実習をしていました。
東北大学病院の腫瘍内科では、消化器と頭頚部、婦人科腫瘍などの化学療法を行っています。

一般的に「がんの化学療法」と聞くと、あまり良いイメージがないかもしれません。 実際、化学療法の適応となるのは大雑把に言えば「他の治療ができない進行癌、再発癌」の患者さんです。

一部の白血病などを除くと、基本的には化学療法では完治することはありません。 いわゆる「延命措置」に近いかもしれませんが、積極的な治療介入によって本来の寿命を何倍にも伸ばしているため、患者さんはとても明るい方が多いです。

毎日病棟で回診をしていても驚かされることばかりです。 また、ほとんどの患者さんは外来にて抗がん剤を投与され、残りの時間は自宅で以前のように生活されています。

【抗がん剤の日進月歩】
腫瘍内科の先生方のお話を聞いていると、医学の進歩を実感することができます。

一口に「抗がん剤」といっても、その種類は数多く、今も新薬が毎年のように開発されています。
例えば高額すぎる医療費で問題となった「オプシーボ(ニボルマブ)」も今までの薬とは全く異なった作用機序(働き方)で適応疾患の寿命を1~数か月伸ばすことができます。 まさに日進月歩で、数年に一度治療のブレイクスルーが起きているといっても過言ではありません。

とある先生方曰く、「外科手術の限界は近いが、腫瘍内科のような内科治療には未来しかない」とのことです(意見には個人差があるとは思いますが)。 実際目の当たりにすると創薬の力は計り知れないと感じました。

実習中腫瘍内科の先生方はとても詳しく教えてくださり、患者さんにも毎日の回診など大変お世話になりました。ありがとうございました。

【正月の帰省】
冬休みということで、東京で病院見学を二件済ませて金沢へ帰省しました。
光のページェントも見納めということで、せっかくなので写真を一枚。

光のページェント
  
   
金沢へ帰省 
金沢まで帰省する際には「北陸新幹線」を利用します。
北陸新幹線が開通する前は在来線を使わなければならず、7~8時間ほどかかりましたが、今では最短4時間で到着してしまいます…!
車両内も新しいので、とても快適です!

北陸新幹線
  
  
実家に帰ると、犬二匹がお出迎えしてくれました。
随分年を取ってしまって、会うたびに老けたなぁと感じますが、まだ自分のことを好きでいてくれているようでとても安心しました。

愛犬こんぶ


愛犬もなか


高校の同窓会や部活の飲み会などもあり、久々に話す人も多い冬休みでした。
1浪していた同級生たちもいよいよ就活が終わり、地元の友達はほとんど「社会人」になっていて、まだ学生の自分は取り残されたみたいで少し寂しいような気持ちになりました。

【おみくじは】
初詣は市街地のど真ん中にある尾山神社へ行ってきました。
自分以外の家族がおみくじで大吉を引き当てるなか、自分は…

おみくじ

でした!
    
あまりぱっとしたことも書かれていなかったですね…
今年はマッチング(医学生の就活)もあるため、地道にコツコツ精進してまいりたいと思います。
  
以上、今回はここまでです。
本年もよろしくお願いいたします。
  


東北大学医学科生日誌17・医学実習&ヨット部

 仙台市で家庭教師をお探しのお父様・お母様、初めましてこんにちは。 「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科5年の川名友里(かわな ゆり)と申します。



 これから大学での実習や部活等の課外活動のことなど、書かせていただくこととなりました。 勉強を頑張る皆さんの参考に少しでもなれば幸いです。

現在の学生生活・勉強編
 まず、現在の大学生活について簡単に書きたいと思います。 医学科のカリキュラムは教養科目、医学専門科目、病院実習に分かれています。 5年生から6年生にかけては座学で学んできたことを生かして、病院で患者さんと接して勉強することになります。

 5年生の実習では約2週間ずつひとつひとつの診療科で実習しますが、そこでは患者さんのお話を聞かせてもらったり、手術や外来を見学したり、カンファレンスに参加して症例に関する理解を深めたりします。

   循環器内科を回って
 私は先週まで循環器内科を回っており、中でも血管カテーテル治療の見学は印象的でした。 心臓を扱うということはあまりにも人の命に直結することであることを改めて実感しましたし、血管カテーテル治療の緊張感は他の診療科と比べても特別なものでした。

 また心疾患には、糖尿病や高血圧、脂質異常症など、生活習慣病がリスクとなるものが数多くあります。 その予防・治療にはただ薬や手術を行うのではなく、医師以外の多職種の医療従事者の方と協力しながら生活指導を行うことも重要であると学びました。 写真のような教科書を使いながら、日々実習をしています。

  
  
部活・医学部ヨット部に所属
 もう一つ、私の大学生活の中心となっていることについて書きます。 多くの学生は部活やサークルに所属しており、医学部の学生が集まる医学部サークルも数多くあります。
 私は医学部ヨット部に所属しており、1年生のころから今年の夏まで2人乗りのヨットに乗っていました。

  
  
   震災被害にもめげず
 ヨットや海というと、震災を思い出す方もたくさんいらっしゃると思います。 私が入部する前の話ですが、東北大学医学部ヨット部も2011年の震災で多くの被害を受けたと聞いています。
 ヨットやセールのほとんどを失い、当時活動していた閖上ヨットハーバーは壊滅しました。 しかし幸いにもそこで活動していたヨット関係者や学生たちは無事に非難できたとのことでした。

 その後は、他大学のヨット部の方々、東北大学医学部ヨット部の卒業生のご支援をいただき、現在は以前よりも多くの部員が活動する活気のある部活となっています。

  
  
 また、第一線で活躍されるプロのヨットセーラーやコーチの方が、東北復興のためとして指導に来てくださる機会にも恵まれています。

   今年は東日本医科学生大会で優勝
 そして今年は、東日本医科学生総合体育大会ヨット競技の団体で優勝することができました。 先にブログを書いていた1年先輩の工藤さん同様、今後もヨット部で経験したことについて発信できたらと思います。
   


東北大学医学科生日誌16・医学部での勉強etc.

皆さん、こんにちは!
東北大学医学部医学科5年の岡田悠希です。

  
  
仙台では雪が積もりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

大学病院15Fからの風景
    
     
本日は、我々医学科生の普段の勉強・実習の様子をお伝えしたいと思います。

【医学部の勉強・座学】
 東北大学の医学部は、星陵キャンパスにあります。 1年生は一般教養のため、全学部生が川内北キャンパスに通いますが、2年生以降はほとんどの講義が星稜キャンパスで行われます。

 座学は4年生までに終了し、2、3年生は基礎医学、4年生は臨床医学を学びます。 専門科目のテストは、華の大学生とは思えないほど辛く、一か月前から勉強し始める科目もありました。 もちろん、すべて合格しないと「留年」してしまいます…!

【医学部の勉強・実習】
 そんな辛い4年間を乗り超え5年生になると、ここからは臨床実習となり、ほとんどは同じ敷地内の東北大学病院で実習をします。 現在の制度では、5年生は2週間ごとに診療科をローテーションしていき、一年間でほとんどの診療科を体験することができます。

 基本的には医師の先生方について、朝の回診やカンファレンスから、日中の検査、手術などを見学し、夕方の回診までが実習の流れとなっています。 この2週間は消化器内科で実習させていただきました。

【消化器内科】
 東北大学病院では、消化器内科がさらに4つのグループに分かれており、「上部(食道、胃、十二指腸)」、「下部(小腸、大腸)」、「肝臓」、「膵臓」があります。僕は今回、下部グループにてお世話になりました。

 下部グループで扱う疾患としては、「大腸癌」「Crohn病」「潰瘍性大腸炎」などがあり、消化器内科の先生方は内視鏡(カメラ)で検査し、診断をつけ、投薬や内視鏡手術、開腹手術などの治療方針を決定、加療します。

【実習内容】
 実習では学生も模型やシミュレーターを使って内視鏡を体験させてもらうのですが、これがとても難しかったです… 体験した後に先生方の検査を見ていると、あまりのスムーズさに感動しました…!

 日中は基本的に内視鏡検査を見学していたのですが、上記のような大学病院ならではの重篤な疾患をこの目で見ることができ、本当に良い経験をさせていただきました。

 教科書で勉強しているとどうしても単語だけのイメージだけで覚えてしまってすぐ忘れてしまうのですが、自分の体験として取り込むことで国家試験まで使える生きた知識として根付くことが実感できますね。 消化器内科の先生方、患者さんには大変お世話になりました。

【多賀城市立図書館で勉強!】
 つい先日、学校の図書館での勉強に飽きたので多賀城市立図書館へと行ってきました!

 この図書館は佐賀県武雄市、神奈川県海老名市に次ぐ、全国で3つ目のTSUTAYA図書館として建てられたそうです。 復興のシンボルとして多賀城駅前に新たに建てられたため、内装、外装ともにとてもきれいでおしゃれでした。
  
夜の多賀城市立図書館
 
  
 図書館コーナーの勉強スペースで一通り勉強し終わり、帰宅しようと駅前まで戻るとなんとかわいらしいイルミネーションが! 光のページェントに慣れてしまいましたが、どんな規模でもイルミネーションはきれいなものですね。

多賀城駅前のイルミネーション
  
   
帰りには評価の高いらーめん一品堂さんに寄って、にんにく臭く帰宅しました!

ネギ味噌らーめん大盛、ライス(980円)
  
  
とても良い気分転換のできた一日でした!

それでは、失礼いたします。
  


仙台国際ホテル・「コーヒーハウス」で話題の教育書を!

 仙台市で家庭教師をお探しのお父様・お母様、こんにちは。 「名門進学会」代表取締役の三沢やすしです。



 最近は、当社家庭教師・東北大学医学部医学科5年生の岡田君がよくブログを書いてくれるので、ご無沙汰しておりました。 お久しぶりです。
 今日は、先週の金曜日の午後に、仙台国際ホテル1Fのカフェ「コーヒーハウス」で、少し前に話題になった教育書「学力の経済学」を読んだお話をさせて頂きます。

アイスカフェラテを飲みながら
 このホテルは「ウェスティンホテル仙台」と並んで当社から近いので、気分転換に本を何冊か持って持ってよくお茶を飲みに行きます。 今回は、アイスカフェラテ(税込み770円)を飲みながら読書に耽りました。

仙台国際ホテルの前から


コーヒーハウス入り口


コーヒーハウスの窓から
   
  
アイスカフェラテ


本・「学力の経済学」のご紹介
 それでは、教育熱心なお父様・お母様お待ちかねの、この日読んだ教育書「学力の経済学」(中室牧子著)のご紹介を致します。

学力の経済学

著者:中室牧子(慶応義塾大学総合政策学部准教授)・教育経済学が専門
ディスカバー・トゥエンティワン・税別1,600円
2015年6月18日初版発行

データを重視することが大事
 この本の著者中室牧子先生は、慶応義塾大学を卒業した後ニューヨークにある名門Columbia大学(Harvard大学をはじめ8校あるIvy Leagueの1つ)でPh.D(博士号)を取得しています。

 こういう方が著者なので、アメリカで経済学系の教育を受けた多くの方同様、データを重視した実証分析及びそれを得るために実験してみること、を重視すべきであると記しています。 今までこういった考え方がほとんど無かった日本の教育でもそれを行っており、得られたデータからから多くの俗説が間違っていることを鋭く指摘しています。

教育経済学による実証・実験分析の結果
 上段を受けて、「教育経済学による実証・実験分析により、俗説とは違ってこのような結果が得られた。 このようにすべきである。」と書いてあったものの中でなるほどと思った事柄を、以下に書き出します。

1.子供に勉強させるためには、褒美で釣っても良い。 ただし、テストの成績などの結果に対してではなく、努力に対して褒美を与えるべきである。

2.勉強で得られる認知能力よりも「自制心」や「やり抜く力」といった非認知能力(幼児教育である程度身に付けられます!)の方が、人生の成功にはより重要である。

3.少人数学級は、費用対効果が低い。

4.教員の質は教育効果に大きな影響を与える。

5.データに基づいて効果的な教育を行うためには、教育にも実験が必要である。

教育熱心なすべての親御さんにお薦め
 この本は以前ベストセラーにもなり、今更読むのもという気がする方もいらっしゃるでしょうが、改めて精読してみると、効率的な教育を行うためにはとても役に立つ内容が書いてあります。 ですから、教育熱心なすべての親御さんにこの本を強くお勧め致します。
  


東北大学医学科生日誌15・今年の東北大学祭

皆さん、こんにちは!
東北大学医学部医学科5年の岡田悠希です。


12月になり、すっかり冬になってしまいましたね…
さて、今日は先日お伝えした通り、東北大学祭の様子をお伝えします!

【東北大学祭とは】
東北大学祭は、毎年10月末~11月初旬にかけて、3日間開催される学園祭です。
川内キャンパスが会場となり、昨年度は来場者数がなんと3万人を超えたそうです!
第69回の今年は天候にも恵まれ、大勢の方がいらしたのではないでしょうか。

模擬店、屋内企画は200を超え、定番の屋台での軽食やお化け屋敷などに始まり、東北大学ならではのマニアック(すぎる)企画も多数あり、とてもすべてを回りきれません。 また、目玉の野外ステージでは東北大Mr. & Ms.コンテストや、有名芸人「東京03」、「ラバーガール」のコントもありました!

こんな盛りだくさんの東北大学祭をより華やかに彩るために、毎年テーマソングを東北大学生から募集しており、今年は僕がベースを弾いているバンド「mellow core」が選ばれました!!

【テーマソングをとるまで】
曲を作るにあたり、ギターの同級生が曲の大枠を作ってきてくれて(これが本当にすごい!)、その後各パートが肉付けをしていきました。 曲が大体完成したところで、次は応募するための曲の録音です!。

今回は、MONKEY MAGICなど、有名アーティストのレコーディングも手掛ける「recording area FUNNEL」で録音してきました! これがなかなか難しいもので…

【レコーディング】
きちんとした曲をレコーディングするには、寸分違わぬ演奏が必要とされます。

このレコーディングスタジオで何度も何度も演奏し、

    
    
下の写真の部屋で、エンジニアさんと他のバンドメンバーが聞いてOKか判断します。

   
   
もちろんOKテイクが出るまで終わらず、3分足らずの曲をレコーディングするために2時間も弾き続けました…
全パートが録音し終わったら、残りはプロのお仕事です。

微妙にずれている音程、リズムなどを全てこまか~く修正してくれます!
完成した音源を聞いたときはとても感動しました!

【投票】
やっとの思いで完成させた音源を提出し、投票が開始!

投票期間はあっという間に終わり、無事に「当選」との結果が発表されました。
テーマソングに決まった時は、これまでの活動が報われたような気がして本当にうれしかったです。
決まったテーマソングは宣伝CMや当日の会場で流していただきました!

ちなみに完成した曲はyoutubeでも聞けます。

【大学祭当日】
テーマソングに決まったため、大学祭の野外ステージでオープニングアクトを務めました!
ステージからみた景色はいつもとは違い、来てくれた友達がちっちゃく見えました。

  
   
自分たちの音がどこまでも広がっていくようで、これまでで一番気持ちの良いライブでした!

   
   
ライブを無事に乗り切り、とびきりの笑顔の集合写真です!

   
  
【その後の活動】
その後もFUNNELさんでお世話になっており、なんと10曲もレコーディングしました(笑)!
ベースの総録音時間は10時間に…!
そのままの勢いでなんと、

CDアルバムまで作ってしまいました!!!

もうそろそろ納品なので、楽しみで仕方ありません!

今回は医学部でもこんなに自由に大学をエンジョイできるぞ、というところを具体的にお見せできたのではないでしょうか?

次回からは、普段の勉強の話もお伝えしたいと思います。
それでは、失礼いたします。
  


東北大学医学科生日誌14・医学部軽音部

皆さん、こんにちは!
東北大学医学部医学科5年の岡田悠希です。

  
  
最近急に寒くなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
さて、今回は僕の所属している部活動から、「医学部軽音部」を紹介させていただきます!!

【医学部軽音部とは】
僕たち医学部軽音部は、今の部活動の形態をとるようになってからまだ10年ほどしか経っていない、非常に歴史の浅い部活です!  部員は現在70人以上と、医学部の部活にしては大所帯で活動しています。 もちろん、医学部でない部員もいますよ!

他の部活が忙しくてほとんど出演できない人から、軽音に命を捧げているような人たちまで、多種多様な人種(?)がそろっています(笑)。 活動内容としては、1~2ヵ月に1度、スタジオを借りてライブを開催することです! ほとんどは部員のみによるライブなのですが、年に数回外部の人たちとも交流します!

  
  
【交流ライブ!】
うちの部活が交流していただいている相手としては、「他大学の医学部」、「東北大学の軽音サークル」、「医師の先生方」が主です。

他大学との医学部の交流ライブとしては、北日本医科学生軽音大会、略して「北医音」が年に一回開催されます。 東北地方・北海道の医学部の軽音部が集合し、パフォーマンスを競い合い、投票により順位をつけます。

どの大学の代表バンドも非常にレベルが高く、自分たちで作詞作曲した曲を魂込めて演奏する姿には痺れます!!! 僕も2度出演させていただいていますが、準優勝、3位入賞と、優勝には一歩及びませんでした…

〈北医音@弘前 ※タトゥーシールです
  
  
東北大学の軽音サークルには、音楽ジャンルで分けられた4つのサークルがあるほか、ジャズ研究会や弾き語りサークルなどの様々な音楽サークルがあるようです。 そこに医学部軽音部も加わり、東北大合同ライブなる企画が今年から開催されました!

一つのジャンルを突き詰めている他のサークルの演奏はとてもクオリティが高く、話を聞いているだけでも勉強になることばかりです。

最後に医師の先生方とのライブですが、意外と医師になられても音楽を続けられる先生が多いのです!
普段聞けない年季の入った大人な演奏を楽しみつつ、人生の大先輩とお話しできる機会はとても貴重です。
自分もこうなりたいものですね…

【僕はベースを】
そんな中で僕は医学部軽音部で何をしているかというと、基本的にベースを弾いています。

〈愛用のベース① G&L L-2000〉
  
  
〈愛用のベース② Bucchus WL-007〉
  
  
よく「ギターと何が違うの?」「聞こえな~い」「必要なの?」と言われたりするのですが、どうしても派手なギターや存在感のあるドラムに比べベースの認知度は低いです。 とても地味に見える楽器ではありますが、やってみると奥が深いもので、まったく飽きません!

組んでいるバンドとしては、一年生の時からメタルを演奏し続けているバンド、ポップなロックをコピーしているバンド、ジャズテイストのアレンジをするバンドなどなど、誘われるがまま音楽を楽しんでいます!

僕たちのオリジナルパンクバンド「mellow coer」が
最近はそのうちの一つ、オリジナルパンクバンド「mellow core」が非常に頑張っています! なんと…今年の東北大学祭のテーマソングに決まったのです!!
 
〈証拠の投票結果!〉
  
  
学部など関係なくここまでできるぞ! というところを見せられたのではないでしょうか!?(誰に?)
その学園祭も先日終わったので、次回はその時のお話をしようと思います。

コアな自分語りとなってしまいましたが、いかがでしたか?
このように気の向くままに更新したいと思います!
それでは失礼いたします。


東北大学医学科生日誌13・勉強と部活に全力投球!

皆さん、初めまして。
東北大学医学部医学科5年の岡田悠希です。 これからは、6年生で医師国家試験目前の工藤さんに代わって、僕と川名(工藤さんのヨット部の1年後輩・女子)が「東北大学医学科生日誌」を担当致します。

  
  
僕は今、名門進学会にて家庭教師として働いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

今回は初めての投稿ということで、僕の自己紹介をさせて頂きます。

【出身】
出身は石川県金沢市です。出身高校は日本で一番名前の長い、金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高校です(笑!)

部活は中学・高校ともに硬式テニス部でした。 うちの高校は進学校ながらなぜかテニス部が強く、北信越大会に進出することもありました。 僕自身は運動音痴のためなかなかレギュラーにはなれませんでしたが、6年間続けた部活の日々はとても楽しかったです!

〈写真:高校の同期テニス部員〉
  
  
その他には、中学・高校両方で生徒会長として生徒会活動にも関わってきました。 特に、高校の文化祭の準備を毎日夜遅くまでしたことは思い出深いです。 事務仕事がたくさんあって大変でしたが、自分たちで作り上げたことがただ嬉しかったです。

〈写真:高校生徒会〉
   
   
【大学の部活動】
医学部は他の学部と忙しい時期や学年が大きく異なるため、医学部〇〇部といった医学部学生のみのサークルが数多く存在します。
僕はその中で、「医学部硬式庭球(テニス)部」と「医学部軽音部」に所属しています。

テニスは3年生の時に腰を壊してしまい、現在は選手として活動はしていませんが、部員の皆と楽しく真面目に活動しています!

〈写真:医学部テニス部員〉
  
   
軽音部では主にベースを弾いています。 報告したいこと、自慢したいこと、宣伝したいことなど目まぐるしく活動しているので、それは是非次の記事で!

ざっと書きましたが、それぞれの部活ごとにとても濃い活動をしているので、詳しい紹介はぜひまたの機会にさせてください…。

〈写真:今年度学園祭ライブの様子〉


【趣味】
趣味は音楽、スマホのゲーム、漫画、実家の犬です(笑!)
好きな音楽のジャンルは特に絞れず、ロックにパンク、メタルにジャズとなんでもござれなのですが、一番好きなアーティストは「東京事変」です!  解散した時はとてもショックでしたが、今での椎名林檎さんの活動は楽しく聞かせてもらっています。

漫画は昔から好きで、一番好きな漫画は「金色のガッシュベル」です! 魔界の少年ガッシュ=ベルと、天才が故に周りとの距離がつかめない中学生高峰清麿との心の成長を描いたバトル漫画です。 僕が小学生の時にアニメが放送されていましたが、今の中高生は読んだことがないかもしれません…(笑)

最後に犬についてですが、僕の実家にはチワワが二匹います! 名前は「こんぶ」「もなか」と、一見変わっいますが、とてもかわいいです。 あまり帰省は面倒で気が進まないのですが、たまに犬の顔を見るために頑張って金沢まで戻っています笑

〈写真:実家の犬・左がこんぶ、右がもなか〉
  
  
【バイト】
一年生の時には、仙台市内の某高級焼肉屋さんでバイトをしていました。 飲食店バイトと学業の掛け持ちは大変で、一年間で辞めてしまいました。
それ以降は駅前の塾で講師として高校生を指導した後、当「名門進学会」で中学生・高校生の家庭教師をしています。

【最後に】
これからしばらくの間、医学生の普段の様子を投稿させて頂きます!
5年生になってしまったのであと1年半しか学生生活はないのですが、精一杯日々学んだこと、楽しかったことをご報告させていただきます。 稚拙な文章ではありますが、お付き合いください。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

岡田悠希
   


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.