家庭教師の仙台ブログ

家庭教師から大学受験生に一言「赤本を買おう!」

 仙台市で家庭教師をお探しの皆様、こんにちは。 「名門進学会」代表取締役の三沢やすしです。 お久しぶりです。

    
  
1. 合格のためには過去問演習を
 このサイトの中の「やすしの合格勉強法」でも述べているように、受験に合格するためには、『本試験と一番傾向が似ている問題である過去問を繰り返し解くこと』が、とても大事です。 合格のためには、必須と言っても過言ではありません。

2. 大学受験生には赤本が
 そして、大学受験生のためには、大学・学部別の過去問集(センター試験のものは科目別)として、いわゆる「赤本」が、安い値段で昔から出版されています。 「Amazon」や「ジュンク堂」・「丸善」など、書店で見て下さい。

「名門進学会」の赤本の一部
   
  
3. 3年生のはじめに1度過去問を解く
 大学受験生の皆さんは、必ず志望大学・志望学部の(センター試験を受ける方はセンター試験の分も)「赤本」を買って、高校3年生のはじめくらいに一度過去問を解いてみて、その出題傾向をつかんで下さい。

4. 出題傾向に合わせて勉強
 もちろん、その時点では、ほとんど出来なくて当たり前です。 ですから、出来具合は気にしないで、そのときから1年弱の間、志望校の出題傾向に合わせて絞った勉強をして下さい。 そうすれば、志望校の出題傾向が分からず1年間漫然と勉強した場合と比べて、大きく合格に近づくことが出来ますので。

5. 受験直前は何度も繰り返し解く
 上記のように、志望校の出題傾向を意識して絞った勉強を続け、本試験3か月くらい前になったら、今度は、赤本に載っている全ての年度の過去問を、繰り返し繰り返し解いて下さい。 出来ない問題が1つも無くなるまで、繰り返し解いて下さい。 そうすれば、安心して本試験に臨めます。

6. 年初の偏差値が多少足りなくとも
 このような勉強法を高校3年生の1年間取れば、3年生のはじめの偏差値が志望校合格に多少足りなくても、ガリ勉をしないで高い確率で合格出来ます。 このことは、三沢が、この「名門進学会」での指導経験から、太鼓判を押して保証します。 「赤本」を買って「過去問演習」、お試しあれ!
  


東北大学医学科生日誌23・FCバルセロナ & 救急科実習

 皆さん、こんにちは! 東北大学医学部医学科5年の岡田悠希です。


 少しずつ寒さも和らいできていますが、いかがお過ごしでしょうか。

【FCバルセロナ】
 さて、スペイン旅行記も今回で最後です。 今回はバルセロナと言えば、1,2番目に思いつくこと… そう、FCバルセロナです!!!

   カンプ・ノウスタジアムで観戦
 今回の旅行時期に運よく本拠地カンプ・ノウスタジアムでの試合があったため、観戦してきました! チャンピオンズリーグの、対戦カードは VS アーセナル!!

カンプ・ノウスタジアム(外側)
    
     
 スタジアムの外にあるオフィシャルショップもとても格好良くて、興奮しっぱなしです!

FCバルセロナ・オフィシャルショップ
  
   
 スタジアムの中に入ると…広い!!! 3階席まであって、なんと約10万人収容できるようです!

カンプ・ノウスタジアム内

  
 オフィシャルショップで買ったばかりのマフラーを身に着け、いざ観戦!

マフラーとともに
 
  
 この日はあいにくの雨でしたが、濡れることを嫌った人たちの席が空いていたのでどんどん前へ! コーナーキックもすぐ近くで見れました!

コーナーキックの場面
  
    
 試合は、メッシ、スアレス、ネイマールが得点し、3-1で快勝しました!

 前々回の投稿から色々と書いてきましたが、このスペイン旅行、機会があればもう一度バルセロナへ行きたいと思えるとても良い旅でした!

【救急科実習】
 先週の実習は「救急科」でした。 救急科も麻酔科に続いて実習が一週間しかなく、あっという間に終わってしまいました。

 救急科は救急外来に来た患者さんの対応が仕事で、歩いてくる患者さんから救急車で搬送される患者さんまで、さまざまな疾患、重症度の病気を扱う必要があります。

 そのため専門性の高い診療科に比べ、救急科の先生方は全身の臓器を対象にした診療を臨機応変にする必要があり、総合力・判断力が必要とされます。

   1次から3次救急病院まで
 さて、少し話は変わりますが救急車で搬送される病院には大きく3つのくくりがあることはご存知でしょうか?  日本では、病院によって一次、二次、三次救急と分類されており、それぞれ主に軽症(帰宅可能)、中等症(一般病棟入院)、重症(集中治療室入院)の患者さんを扱います。

 大学病院は仙台市内で2つしかない三次救急の病院であるため、比較的重症な患者さんが集まりますが、患者さんの数自体は多くありません。

   救急隊員が搬送先を決めます
 救急車が呼ばれると、救急隊の方が車内で患者さんの重症度を評価し、どの病院へ搬送するかを決定します。 そのため、軽症の患者さんが「設備がいいので大学病院がいい」と言ってもなかなか希望が通ることはありません。

   搬送の現場も体験
 今回の救急科の実習では実際に救急車に乗って搬送の現場も体験させてもらいました。 僕がお世話になったのは、仙台市泉区にある八乙女消防署でした。

 18時~23時まで署内で待機し、出動要請があると救急車に同乗させていただきました。 初めての救急車でしたが…酔います(笑)。 救急隊も、大きな車で慣れない狭い道を走ることが大変そうでした。

   慌ただしい現場ではあっという間に
 結局電話があってから1時間以上経ってから病院の到着となりましたが、慌ただしい現場ではあっという間に時間が過ぎていました。 救急車を無料タクシーのように使う人も一部いるようですが、この現場を見ると改善しなければならない問題だと実感しました。

 その他にも準夜当直実習や、緊急臨時開腹手術の見学などもあり、とても充実した濃い一週間でした。 救急科の先生方、消防署の皆さん、大変お世話になりました。
     
それでは失礼いたします。
  


東北大学医学科生日誌22・スペインの食事 & 麻酔科実習

 皆さん、こんにちは! 東北大学医学部医学科5年の岡田悠希です。 雪は落ち着きましたが、まだまだ寒い日が続きますね。



【スペイン旅行・食事編】
 さて、前回のスペイン旅行記の続きです! 今回は、バルセロナの「食事」についてお届けしたいと思います!! ぜひ、ご覧ください。

   スペインと言えば「バル」
 スペインといえば、何といっても「バル」ですよね! 街中にはおしゃれな立ち飲みスタイルのバルが並んでおり、有名店では夜になると店の外まで人が溢れかえります。

 バルでは、カウンターに並んだ新鮮な食材を指さすだけでオーダーできるので、スペイン語は話せなくても全く困ることはありませんでした。

 せっかくですので、バルの料理がどのようなものか分かる下の写真3枚をご覧ください。

バルの写真3枚
  
  
  
  
    
   
   発泡ワイン「カヴァ」
 僕たちは、バルでは、「タパス」という一口おつまみと「カヴァ」というスパークリングワインを頼むことが多かったです。 コスパも非常によく、お腹一杯のタパスと気持ちよく酔えるだけのカヴァを頂いても、2人で1食1500円ほどでした!

 あまりにも気に入ったので、余ったお金はすべてお土産のカヴァにつぎ込みました!(笑)

カヴァ
    

   あとはパエリアを  
 あと、スペイン料理で有名なのは、やはりパエリヤでしょうか。 こちらも、本場のものは最高でした…!

地元有名店パエリア店にて
     
        
麻酔科実習
 一ヵ月の長い外科実習が終わり、次の実習先は麻酔科でした。 麻酔科は一週間しか実習がないため、毎日新たな知識を詰め込む濃厚な毎日となりました。

   麻酔とは「鎮静・鎮痛・筋弛緩」
 そもそも麻酔とは「鎮静」「鎮痛」「筋弛緩」の3つの要素から成り立っており、先生方は患者さんの様子、手術の進行を見ながら3要素のバランスを調整していきます。

 使用する薬剤は麻薬や呼吸の筋肉まで停止させるものなので、一歩使用方法や投与量を誤ると患者さんに重大な不利益をもたらし、最悪の場合死に至ることもあります。

 そのため、麻酔科の先生方は、手術を一歩引いた場所から冷静に俯瞰し、手術を適切にコントロールして患者さんを守っています。

   毎朝8時から
 麻酔科の朝は早く、毎日8時よりその日手術のある患者さんのカンファレンスがあります。 毎日ほとんど会ったことのない患者さんの生命を握ることになるので、リスク管理がとても重要なのです。

 カンファレンスの後は手術室へ向かい、患者さんに生命活動のモニター類を装着したり点滴をつけたりして麻酔の準備をします。

   手術開始時に麻酔を
 手術が始まる際には麻酔を導入し、患者さんの呼吸が止まった後に気管挿管をして人工呼吸を開始します。

 その後は手術の様子を見つつ薬剤の量の調整や、必要な薬剤・点滴の追加など、手術が終わって患者さんが目を覚ますまで気の抜けない仕事が続きます。

   手術シミュレーターで
 学生もリアルな手術シミュレーターを使って麻酔の導入から覚醒まで体験するのですが、とても大変でした。

 刻一刻と変化する患者さんの容態に合わせて僕たちも対応しようとするのですが、そもそも麻酔の3要素の適正投与量もわからないうえに、たくさんの種類の薬剤からどれをどのように投与するかも決定しなければならず、輸血の判断も明確な基準を知らないため、右往左往してしまいました。

 バタバタしながらも、なんとか手術のシミュレーションは終えましたが、命を握る大変さを実感し、反省点もたくさん見つかりました。

   縁の下の力持ち
 一週間という短い間でしたが、普段意識してこなかった「縁の下の力持ち」の麻酔科の醍醐味に少し触れられた気がしました! 麻酔科の先生方、ありがとうございました!
    
 次回も実習と旅行の続きを書く予定です。 それでは失礼いたします。
  


東北大学医学科生日誌21・サグラダファミリア & 外科実習

 皆さん、こんにちは! 東北大学医学部医学科5年の岡田悠希です。

  
   
 実家の金沢では記録的な大雪が降り続いているようですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

【学生の春休みといえば…】
 もう2月の中旬ですが、毎年この時期何をしていたのかなぁと考えると、「旅行」に行っていることを思い出しました!

 大学生は長期の休みが多いので(医学部は他学部に比べると少ないようですが…)、思い切って海外旅行に行く人も多いです!

   海外旅行の写真を
 僕自身も昨年はカンボジア、その前はスぺインへ行ったのですが、本当に良い経験になったと思うので、今更ですが、旅行記&きれいな写真、を何回かに分けて投稿したいと思います。

【2016年 スペイン旅行(市街観光編)】
 2016年は、友人とスペインへ行きました! スペインにはマドリード、バレンシアなど有名な観光都市もありますが、僕たちは王道のバルセロナに滞在しました。

 バルセロナ観光といえば、何と言っても「ガウディ」の建築の数々は外せません。

   サグラダファミリアをはじめ
 街中には「サグラダファミリア(聖家族)大聖堂」をはじめ、異様な存在感を放つきれいな建物が目白押しです。 一つ一つ説明するときりがないので、詳しい説明は省きますが、ぜひ写真だけでもご覧ください!

サグラダファミリア大聖堂・外観


サグラダファミリア大聖堂・内部


グエル公園


カサ・バトリョ


カサ・ミラ
   
 色とりどりのステンドグラスや曲線による建築が、特徴的です。 また、サグラダファミリア大聖堂は、着工後100年以上たつ今でもまだ完成していないのですが、なんと、さらに巨大な塔が建築されるようで、とても驚きました!
  
  
【大学病院での外科実習】
 季節が逆になりましたが、前半のJCHO仙台南病院での実習が終わり、一月の後半は大学病院での実習でした。 前回も書きましたが、大学病院の外科では「肝臓・胆嚢・膵臓」グループに配属され、日常の診療業務や手術のお手伝いをしました。

 大学病院には医師の先生方が多く、一つのグループに7~8人ずついらっしゃいます。 胃腸が2グループ、肝臓・胆嚢・膵臓が2グループで合わせて4グループ、総勢30人ほどの先生方がカンファレンスの際には揃います。

   5時間ぶっ通しの総回診
 さらには、二週間に一回、移植・再建、乳腺、食道、血管グループの先生方も集まり、「総合外科」としての総回診もあるのですが、先生方はさらに倍に増え、倍の患者さんを見て回ります。 総回診は朝の7時半から始まり、なんとそこから5時間ぶっ通しです・・・

   長く大変な手術が
 手術自体はやはり大学病院ということもあり、難しい症例が集まります。 JCHOでは一つの手術が2~6時間ほどだったことに比べ、大学病院は最低でも6時間、長いものだと10時間を超える症例もありました。

   助手として参加
 学生は主に助手として手術に参加させていただくのですが、大学病院だと第3助手として入ることが多かったです。 仕事は主に術野を確保するための「鈎引き」をするのですが、ずっと同じ姿勢であるためとても疲れてしまいます。

 しかし、先生方はお昼休みもなく、学生が帰った後も手術が続くので、もちろん文句は言えません。 外科系の先生方は運動部出身の方が多いのですが、体力が必要とされる局面が多いからかもしれませんね。

次は麻酔科の実習
 長かった外科での一か月の実習も終わり、次は麻酔科の実習です。 変則的に麻酔科やその次の救急科は1週間しかないのですが、とても大切な実習ですのでまた感想を投稿します!

 外科の先生方には大変お世話になりました。 ありがとうございました。
  


東北大学医学科生日誌20・外科実習 & ライブに行って

 皆さん、こんにちは! 東北大学医学部医学科5年の岡田悠希です。


 仙台では毎週のように雪が降り積もっていきますが、皆様の地域は大丈夫でしょうか。

【2018年初めの外科実習】
 冬休みもあけ、2018年の最初となる実習は「外科」でした。 外科は他の診療科とは違い、例外的に4週間かけて実習を行います。 大学病院ではない外部の病院へ行く期間も長いです。

 僕は大学病院では「肝臓・胆嚢・膵臓/胃腸」外科の肝臓・胆嚢・膵臓グループでお世話になることに決まりましたが、1月上旬の2週間は「JCHO仙台南病院」で学外実習を行いました。

JCHO仙台南病院
    
 比較的新しい病院で、中もとてもきれいです! しかし、仙台南とは言ってもほぼ名取市に位置しており、毎日通学するのも一苦労でした。

   外科手術の助手として
 JCHO仙台南病院では、毎日外科の先生方と一緒に手術に入り、助手として勉強させていただきました。 外科には四人の先生方がいらっしゃるのですが、4人の先生方ですべての消化器の手術をこなされています。

 僕が行った期間は特に忙しかったようで、8日間の実習で10件助手を務めました。

   疾患は多岐にわたり
 扱った疾患は、胃癌、大腸癌、膵臓癌、肝臓癌、胆石症、虫垂炎など多岐にわたり、術式も開腹手術、ラパロ(腹腔鏡下)手術のどちらも体験することができました!

 毎日のように日中は立ちっぱなしでとても疲れましたが、閉創の縫合なども任せて下さって、とても良い経験になりました。

   実際の縫合は緊張して
 実際の患者さんの傷を縫合することは、豚肉などを使った練習とは勝手も違うためとても緊張して大変でした。 そうして2週間の外病院実習が終わったため、残り2週間は大学病院へ。

 またの機会に、大学病院での外科実習をご報告いたします。

【勉強の息抜きに…ライブ!!】
 毎日の図書館での勉強はとても疲れます… ということで、息抜きに友人とライブに行ってまいりました!

   バンド「a flood of circle」仙台公演に
 現在もバンド活動をしているバンドで、僕がぶっちぎりに大好きな「a flood of circle」による全国ツアー、「a flood of circus 2018 大巡業」です!!

 ボーカルの渋く力強い声、曲の疾走感、フレーズ一つ一つのカッコよさ全てに惹かれ、比較的マイナーなバンドながら高校の時からずっと応援しているバンドです。

   「SAKANAMON」も
 そして今回の仙台公演では、対バンに、これまた高校から大好きな「SAKANAMON」が出演されました。

 さわやかな3ピースギターロックバンドですが、独特の世界観、歌詞の遊び心、ライブパフォーマンスなど、一度惹かれると病み付きになってしまいます!

   会場はJUNKBOX
 雪の降る中やっと着きました!! 会場は仙台JUNKBOX(FORUS地下)です! 入り口には「a flood of circus」のバルーンが!

入口のバルーン
  
   夢中だった3時間!  
 大好きな2バンドのライブは3時間とは思えないほどの濃さで、気が付けば終わってしまいました… 

 ライブハウス内はバンドの熱い演奏ととファンの熱気で死ぬほど暑く、3時間ぶっ通しで叫んで飛んでいたので、終わるころにはTシャツが汗でものすごいことに(笑!)

 途中で、大好きなボーカルが客席に殴りこんでくるときに、自分が一人で下半身を支えていたときは、本当に楽しかったです!!

   最後にグッズを購入・サインももらえて
 さて、そんなライブも終わってグッズ購入! なんと今回はSAKANAMONメンバーが直接物販をしてくださったので、Tシャツを購入&サインをもらえました!

SAKANAMON Tシャツ
      
他にも、a flood of circleのTシャツと、
a flood of circle Tシャツ
             
キーホルダーを買ってしまいました!
a flood of circle キーホルダー
       
 両バンドには大感謝です! それでは失礼いたします。
  


東北大学医学科生日誌19・小児科実習 & 部活の勧め

 東北大学医学部医学科5年の川名友里(かわな ゆり)です。 皆様、お久しぶりです。

    
    
 新年も早速実習が始まりましたので、今回はその様子について書きます!

小児科実習
 新年最初の実習は小児科でした! 昨年から楽しみにしていた小児科実習♪ 東北大学病院小児科では新生児、神経疾患、腎疾患などいくつかのグループに分かれていますが、私は新生児グループでお世話になりました。

 ただ、その後半には、下の写真のように、大学病院一帯にも雪が降り積もりました。

大学病院前の雪景色
  
   NICU(Newborn Intensive Care Unit・新生児集中治療室)  
 新生児グループは、低体重出生児の赤ちゃんといった特別な管理を必要とする患者さんをNICUで診ています。 NICUに入ると、とても小さな赤ちゃんが寝ている小さなベッドがたくさん並んでいます。

 他の病棟とは全く違う、異空間。 というのも、例えば一般の小児科病棟では親御さんが付き添っていますが、NICUでは付き添いはありません。

   赤ちゃんは可愛い!!
 新生児専門の医師と看護師が、まだ病院の外に出たことのない赤ちゃんを24時間ずっと見ている特殊な環境です。 実習では哺乳からお風呂の様子など見学させていただきましたが、なんといってもかわいい!!

 今までの実習の中で一番幸せな時間でした。

   難しい疾患の赤ちゃんも
 ただ難しい疾患の赤ちゃんもいますし、急変も多いそうです。 そういった意味でも、新生児を見られている先生は、小児科の中でも特にハードな分野だと伺いました。

次は産婦人科実習
 次は産婦人科の実習です! 何度かお産は見学したことがありますが、何度見ても感動してしまいます。 病院ではそんな場面ほかになかなか無いですよね。

 難しい場面や苦しいことももちろんあるとは思いますが、それも含めて勉強してきたいと思います!

産婦人科実習のテキスト
  
部活に入ることをお勧めします  
 部活であるヨット部のイベントでは、昨年夏の東医体優勝の祝賀会を行いました。 改めて大会のレース展開を振り返ったり、久しぶりに卒業された先輩方と話したり、楽しい時間でした。
 
 もし読者のみなさんが医学部に入られたら、多くの人が言うことですが部活に入ることをお勧めします!! 大変なことも多いですが、部活でしか作れない先輩、後輩とのつながりは本当に貴重です。

寒さが厳しいので体調に気を付けて
 私の地元は日本海側なので、仙台は雪が少ないなと思っていましたが、寒波でさすがに積もってきましたね(上の大学病院前の雪景色参照)! 

 実習では、ウイルスや菌をもらうことも多いせいか、友人もカゼやインフルエンザにかかっています…。 皆さんも体調には十分気を付けて下さいね!
 


東北大学医学科生日誌18・腫瘍内科実習 & 帰省

 皆さん、明けましておめでとうございます。 東北大学医学部医学科5年の岡田悠希です。


 新年を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか。

【2017年最後の実習・腫瘍内科】
 2017年最後となる先週と今週の実習は、「腫瘍内科」で実習をしていました。 東北大学病院の腫瘍内科では、消化器と頭頚部、婦人科腫瘍などの化学療法を行っています。

 一般的に「がんの化学療法」と聞くと、あまり良いイメージがないかもしれません。 実際、化学療法の適応となるのは、大雑把に言えば「他の治療ができない進行癌、再発癌」の患者さんです。

   患者さんは明るく
 一部の白血病などを除くと、基本的には化学療法では完治することはありません。 いわゆる「延命措置」に近いかもしれませんが、積極的な治療介入によって本来の寿命を何倍にも伸ばしているため、患者さんはとても明るい方が多いです。

 毎日病棟で回診をしていても、驚かされることばかりです。 また、ほとんどの患者さんは外来にて抗がん剤を投与され、残りの時間は自宅で以前のように生活されています。

【抗がん剤の日進月歩】
 腫瘍内科の先生方のお話を聞いていると、医学の進歩を実感することができます。

 一口に「抗がん剤」といっても、その種類は数多く、今も新薬が毎年のように開発されています。

   今までとは全く違った作用機序で
 例えば、高額すぎる医療費で問題となった「オプシーボ(ニボルマブ)」も、今までの薬とは全く異なった作用機序(働き方)で、適応疾患の寿命を1~数か月伸ばすことができます。

 まさに日進月歩で、数年に一度治療のブレイクスルーが起きているといっても過言ではありません。

   創薬の力は計り知れない
 とある先生方曰く、「外科手術の限界は近いが、腫瘍内科のような内科治療には未来しかない」とのことです(意見には個人差があるとは思いますが)。 実際目の当たりにすると創薬の力は計り知れないと感じました。

 実習中、腫瘍内科の先生方はとても詳しく教えてくださり、患者さんにも毎日の回診など大変お世話になりました。 有難うございました。

【正月の帰省】
 冬休みということで、東京で病院見学を2件済ませて、金沢へ帰省しました。 光のページェントも見納めということで、せっかくなので写真を1枚。

光のページェント
     
金沢へ帰省 
 金沢まで帰省する際には、「北陸新幹線」を利用します。 北陸新幹線が開通する前は在来線を使わなければならず、7~8時間ほどかかりましたが、今では最短4時間で到着してしまいます…! 車両内も新しいので、とても快適です!

北陸新幹線
    
 実家に帰ると、犬二匹がお出迎えしてくれました。 随分年を取ってしまって、会うたびに老けたなぁと感じますが、まだ自分のことを好きでいてくれているようでとても安心しました。

愛犬こんぶ
                                
愛犬もなか

 高校の同窓会や部活の飲み会などもあり、久々に話す人も多い冬休みでした。

 1浪していた同級生たちもいよいよ就活が終わり、地元の友達はほとんど「社会人」になっていて、まだ学生の自分は取り残されたみたいで、少し寂しいような気持ちになりました。

【おみくじは】
 初詣は、市街地のど真ん中にある尾山神社へ行ってきました。 自分以外の家族がおみくじで大吉を引き当てるなか、自分は…

おみくじ

でした!
    
 あまりぱっとしたことも書かれていなかったですね… 今年はマッチング(医学生の就活)もあるため、地道にコツコツ精進してまいりたいと思います。
  
 以上、今回はここまでです。 本年もよろしくお願いいたします。
  


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.