家庭教師の仙台ブログ

宮城県立高校入試「国語」長文読解問題 の対策

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

  
  
 今日は、宮城県立高校入試「国語」長文読解問題の対策をお教えします。 これを知れば合格に直結しますので、当該受験生やその親御さんは最後までご覧下さい。

1. 日頃の読書が一番の対策だけれども
 当たり前のことですし、受験まであまり時間がない中学3年生の役に立つ訳ではありませんが、国語長文読解の能力を上げるために一番役に立つのが、日頃からたくさん本を読むことです。 そうすれば、読む速さも語彙力も読解力も上がっていきます。

本の例
  
  
   中1・中2生は今から
 受験を目前にした中学3年生はこの方法を取れませんが、中1・中2生は、文学でも歴史でも科学でも何でも、自分の興味のある分野の本でよいので(興味が無い本を勉強のためだからと無理やり読もうとしても、それは長続きしません。)、今からたくさんの本を読んでおいて下さい。

   読書は長い将来に渡って
 親御さんも、塾代や家庭教師代はケチっても本代はケチらないで下さい(当社の利益に反しますが(笑い!)OK!です))。 お子さんに良書をたくさん読ませておけば、目先の高校入試だけではなく、長い将来に渡って大きなリターンが得られます。

2. 長文問題をたくさん解く
 本をたくさん読むといった悠長な方法がとれない中学3年生は、長文問題がたくさん載っている市販の問題集を買ってきて、ひたすら解いて下さい。 最初は時間が掛かってもよいので、問題文をよく読んでよく考えて答えて下さい。 答えてみて、問題集の解答を見てもなぜそうなるか分からない場合は、家庭教師の先生や塾の先生に教えてもらって下さい。 

   ここでは演習あるのみ
 こうやって演習を積み重ねていけば、問題文を読むのに掛る時間も解答を考えるのに掛る時間も、段々短くて済むようになっていきます。 そして、一番大事なことですが、正答率も上がっていきます。 ですから、ここでは演習あるのみです。

宮城県立高校入試・過去問集
  
  
3. 受験直前は過去問を解きまくる
 受験4週間前に入ったら、今度はひたすら宮城県立高校入試・国語長文問題の過去問を解いて下さい。 5年分の問題が載っている過去問集が、Amazonなどの通販や丸善・ジュンク堂といった大きな書店で、1,400円ほどで買えます。

 手に入る年数分の過去問を解きまくって、時間を余して満点が取れるようにしておいてから本試験に臨んで下さい。 このようして準備しておけば、学力のみならず精神的にも余裕をもって受験出来ます。
   


宮城県立高校入試「英語」リスニング問題 の対策

 皆様、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

  
  
 今日は、宮城県立高校入試「英語」リスニング問題の対策をお教えします。 該当する受験生の皆さんとその親御さんは、合格に直結するので最後までご覧下さい。

1. 意味を掴みながら教科書を丸暗記する
 まずは、教科書を何度も音読して、書いてある英語を丸暗記します。 分からない単語は必ず辞書を引いて、意味を確認しておきます。 分からない単語が無くなっても意味の分からない文章があれば、学校の先生・塾の先生・家庭教師の先生、などに教えてもらって下さい。 また、時々文法の参考書なども確認して下さい。

英語の教科書
  
  
   英語全般の成績も向上する
 こうやって意味を掴みながら教科書を何度も音読して丸暗記すれば、リスニング対策になるだけでなく、英語全般の成績が大幅に向上します。 騙されたと思って、教科書の丸暗記をやってみて下さい。

 この教科書丸暗記には多少時間が掛かりますが、意欲があれば誰にでも出来ることで、最初に文法を1つ1つ覚えるよりもずっと易しい作業です。 入試は3月なので、勉強時間を取れば今からでも間に合います。

2. 基礎英語などを聞いて耳を慣らす
 上記に1.に加えて、耳からのインプットを得られる「基礎英語」などを聞いて、耳を英語に慣らして下さい。 今からやり始めても、リスニング対策としての効果はある程度得られます。 ですから、これも、最低でも入試までやり続けて下さい。 そして、この作業は、ずっとやり続ければ、後々の英語の勉強にまで役立ちます。  
  
3. 出来るまで過去問を繰り返し解く
 上述のようにして英語の文章を把握し耳を英語に慣らしたら、今度はいよいよリスニング問題に取り掛かります。 過去問集の当該ページを見ながら、付属しているCDを掛けてリスニング試験を受けます。 なお、宮城県高校入試の過去問集は、Amazonの通販や丸善・ジュンク堂などの大きな書店で買えます。

英語・過去問CD
  
   
   聞き取れなければ解答の英文を見て
 上記1. 2.の対策により、CDから流れてくる英文や英会話が何を言っているか聞き取り易くなっていると思います。 聞いて、答えてみて下さい。 万が一聞き取れなければ、過去問集の解答に載っている英文を見て何を言っているか確認し、再度CDを聞いて下さい。 今度は聞き取れるはずです。

   精神的余裕も持って本試験に臨める
 このようにして、手に入る年数分だけの過去問に掲載されているすべてのリスニング試験を受けて下さい。 そして、何を言っているのか完全に理解してすべての問題で満点を取れるまで、演習を繰り返して下さい。 そうしておけば、合格出来る学力が付くのみならず、出来たという自信からくる精神的余裕をも持って本試験に臨めます。
  


宮城県高校入試「過去問演習」を徹底的に!

 皆さん、こんにちは。 仙台市で家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

  

1. 最も効率の良い勉強方法を  
 高校入試まで残りの日数も段々少なくなってきて、多少焦っている受験生やその親御さんもいらっしゃるのではないかと思います。 今日は、そうした方々に向けて、受験に向けてこれからでも出来る最も効率の良い勉強方法をお教えします。 知れば合格可能性が大きく上がりますので、最後までご覧下さい。

2. 本試験と一番傾向が似ているのは「過去問」
 間違いなく言えることは、筆記試験ならどんなものでも、その年度の本試験と一番傾向が似ているのが、その試験で今までに出題されてきた問題、いわゆる過去問です。 決して、本試験出題者とは別の組織が作成した「模試の問題」や「対策問題」ではありません。

   出題する組織が同じなのだから
 ですから、宮城県の高校入試の場合でも、来春の本試験と一番傾向が似ているのは、今までにこの試験で出題されてきた問題である「過去問」です。 出題する組織が(そして、多くの場合出題する人物も)同じなのだから、これは当然のことです。

 仙台市の受験生の皆さんも、このように志望校合格にとても役立つ「過去問」を購入して、何度も解いてみて下さい。 このブログの最後「4.」で、最も効果的な過去問演習の方法をお教えしますので、ぜひその通りに実行して下さい。

3. 書店で「過去問集」を購入する
 宮城県内の高校入試問題過去問集(大体過去5年分)は、県立高校も私立高校も今年の分が既に出版されていて、Amazonや仙台市内の書店で普通に購入出来ます。

宮城県立高校入試過去問集

税込み1,320円

同目次
 
 
同中身1
  
  
同中身2
  
  
同英語リスニングCD
  
  
   受験生は必ず購入して下さい
 例えば、宮城県立高校の過去問集は上記写真のもので、値段も税込み1,320円と安いです。 ですから、県立高校を受験される方は必ず購入しましょう。

 また、宮城県内私立高校の過去問集は、1校当たりでは県立高校過去問集より売れる冊数がずっと少なくなるので、その分値段が2千円台後半になります。 県立高校のものよりも大分値段は高くなりますが、宮城県内の私立高校を受験する方は、自分が受験する高校の分は惜しまずに購入して下さい。

4.「過去問」演習の方法
 最後に、これまでずっと高い合格実績を上げ続けている当「名門進学会」代表の三沢が、このブログ「2.」でお約束したように、宮城県内の高校受験生の皆さんに、これからの時期の「最も効果的な過去問演習の方法」をお教えします。

 まず、過去問集を購入したら、すぐに2年前の過去問を解いて下さい。 解いてみて、あまり出来なくとも構いません。 それでも、1回でも過去問を解いてみれば、今までの入試でどのような問題が出題されていたか分かるはずです。

   入試問題に合わせた勉強を
 そして、入試でどのような問題が出題されていたか分かれば、今後は、それに合わせて焦点を絞った効率的な勉強が出来ます。 今の時期に過去問を解いておく最大の目的は、このこと、つまり、今後的を絞った効率的な勉強をするためです。
     
   出題に合わせて効率的な勉強を       
 次いで、全ての過去問を精読します。 それから、年末までは過去問の出題内容に合わせた勉強(時々過去問を眺めながら)を続けて下さい。 勉強が進んだ年末に、残りの過去問を全部解いて下さい。 そして、その後は、過去問を解いて出来なかった問題を解けるように勉強を進めて下さい。

   入試1ヶ月前は「全ての過去問×5回」解く!
 そのようにして勉強を進めて、入試1ヶ月前になったら、過去問集に載っている「全5年分の問題を5回ずつ」解いて下さい。 解いてみて、その時にまだ出来なかった問題は、必ず入試までに解けるようにしておいて下さい。

   高い確率で合格出来る
 上記の方法でしっかりと勉強出来れば、現時点で合格可能性が五分五分の受験生でも、高い確率で志望校に合格出来ます。 当「名門進学会」は、この勉強方法を取ってもらうことによって、必ずしも成績が良い訳ではなかった受験生を数多く志望校に合格させてきました。

 このブログをご覧の受験生の親御さんも、志望校の過去問集をすぐに購入して、生徒さんにこの勉強方法を取らせて下さい。
   


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.