家庭教師の仙台ブログ

東北大医学部生:1年生の「一般教養」

 皆さん、こんにちは! 仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科1年の谷口 毅樹(たにぐち たけき)です。

  
        
 今回は、医学科1年生がどんな勉強をしているかについて書きます。

1. 大学に入ったら・・・
 そもそも大学は、これまでの高校とシステムが異なる場合が多いです。 高校までに「単位」という単語を使うことはあまりないと思いますが、大学は単位を取らないと進級や卒業ができません。 単位にも様々な単位が存在し、落としたら大変なことになるものもあって、みんな苦労します(汗)!

2. 一般教養
 医学部であっても、まずは「一般教養」の単位を取ることから始まります。 いわゆる「パンキョー」と言われるものです。

東北大学・科目履修の手引き
  
  
 実は、一般教養もバカにできないのです。 東北大学はセメスター制と言って1年を前期・後期に分けています。 他学部の人が2年かけて取れば良い単位数を、医学部の学生はほぼ1年生の前期で取らないといけないのです。

教養のテキストの1例
  
  
 後で紹介しますが、医学部の学生は1年生の後期から専門科目が入ってくるため、一般教養を入れる余裕がないのです。 そのため、前期は時間割がフルコマになることもあります。

  一般教養でも
 一般教養は、基本的には、出席をして課題をある程度やっていれば問題ありません。 そのような授業(楽勝科目)を、先輩方が教えてくれます(笑)。 しかし、2つだけ厄介なものがあります。 それは、第2外国語と実験です。

  これが大変!
 第2外国語は、シンプルに難しいです。 僕はドイツ語を取りましたが、正直途中から何を言っているのかわかりませんでした。 先生と仲良くしていたおかげで単位は取得できましたが、ヒヤヒヤしていました(汗)!
 もう1つ厄介な科目・実験は、レポートが大変です。 なんとWord使用禁止、全て手書きなのです。 量が多い時は手が痛くなりました。

3. 専門科目
 一般教養をある程度突破したら、本当の医学生がいよいよ始まります。 カリキュラムの変更で、最近はどの医学部も1年生のうちから専門科目をやるところが多いです。 東北大学では1年生のうちに5教科勉強し、1つでも単位を落とすと留年します。

専門のテキスト・例1
  
  
専門のテキスト・例2
  
  
 大学によっては数単位落としても良かったり、数単位取得していなくても進級をさせてくれる仮進級制度があったりしますが、東北大学はその辺りはシビアです。 試験が近くなるとみんな友人とガストや図書館で勉強します。

  1トンもの重さの書籍を
 2年生になると試験と試験の間隔が近くなることもあり、絶望的な表情で大学構内を歩いている人もよく見られます。 「医者になるには、1トンもの重さの書籍に書かれている知識量を覚えなくてはならない。」と聞いたことがあります。 気が遠くなりますね・・・

 今回は、この辺にしたいと思います。 次回、専門科目についてもう少し詳しく紹介したいと思います。 最後まで読んで下さり、誠に有り難うございました。
   


東北大医学部生:アメリカ「Mayo Clinic」留学

 皆さん、こんにちは! 仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科6年の岡田 悠希(おかだ ゆうき)です。

  

1. 採用試験終了
 つい先日、採用試験が終わりました! 留学の記事の後に詳しくお伝えしますが、医師の就職はかなり特殊で、国によって一括管理されています。

採用試験終了・病院に就職へ
  
     
 全国の医学部生は夏の間に志望病院の採用試験を受け、秋に一斉に就職先が決定する仕組みになっています。 半年前以上続けてきた就職のための勉強からようやく解放されました…!

2. 名門「Mayo Clinic」留学
 前回の記事から随分時間がたってしまいましたが、本日から留学のご報告をしたいと思います! 大学の循環器内科の実習の一環で、友人と2人で2週間行ってまいりました

留学先の街ロチェスターの雪景色
  
         
 僕たちが留学させていただいたのは、アメリカのミネソタ州にある Mayo Clinic という病院です。 日本人には馴染みのない病院ですが、USニュースが選ぶ全米病院ランキングでは一位に輝く、とても立派な病院でした。

   3月のロチェスターはまだ冬 
 ミネソタ州の州都、ミネアポリスから民間バスで二時間弱、ロチェスターいう小さな街にその病院はあります。 僕たちが行った3月末はまだまだ寒く、雪が吹き荒れ、最高気温が氷点下の日も多かったです。

 ロチェスターの中心部は半分以上の建物がMayo Clinicに関係しています。 何棟もある巨大な病棟、研究棟、数多くの高級ホテルや土産物店などが地下道や渡り廊下でつながっています。

ロチェスターの中心地図・色のついた建物が関連施設
  
  
一番大きな病棟Gonda Building
  
    
 Gonda Buildingの中は床が大理石で敷き詰められ、ピアノの生演奏が響くホテルのような空間が広がっています。

有名な大理石の階段にて
  
      
 ここに来る患者さんはセレブや権力者が多く、なんと大統領も来るとか…。 建物がとても綺麗なので観光目当ての人もいるようで、Mayo Clinicのロゴ入りグッズがたくさん売っていました。

   古めのSaint Marys Hospitalにて実習
 僕たちが実習を行ったのは、少し離れたところにあるSaint Marys Hospitalです。 他の建物に比べると少し古いですが、循環器内科はこちらの分院で診療を行っています。 分院とはいっても、東北大学病院と同じくらいの広さのようでした。

Saint Marys Hospitalの前で
  

   U.S.の病院は経営も重要   
 日本の病院、とりわけ普段の大学病院に慣れている僕たちからすると、違和感を覚えるような光景でした。 留学中の日本人の先生に伺うと、アメリカでは国による社会保障が手薄なため、日本に比べビジネスの側面が強いとのことでした。

 病院経営も利益が重要であり、Mayo Clinicは病院のブランド化に成功し現在の規模にまで成長したとのことです。 医療費もほとんどが任意保険によって支払われるため、診療前には必ず「いい保険に加入しているか」を聞くそうです。

 ここまでは、Mayo Clinicについてご紹介しました。 次回は、実習についてお話したいと思います! それでは失礼いたします。
  


東北大医学部生:循環器内科・消化器内科・精神科

 皆さん、こんにちは! 仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科6年の岡田 悠希(おかだ ゆうき)です。

   
   
1. 高次修練が始まって
 4月からついに、最終学年の6年生となってしまいました。 大学では6年生になると「高次修練」という実習が行われ、4週間ずつ希望の診療科を回ります。 僕は、4月に循環器内科、5月に消化器内科、6月には精神科で実習をしました。

2. 循環器内科
 4月の循環器内科では、アメリカの名門病院 Mayo Clinic へ留学に行ってまいりました! 準備は少し大変でしたが、とても実り多い留学となりました。 次回以降、留学についての詳しい記事を書きたいと思います!

ニューヨークにて
 
 
 また、日本に戻ってきてからは、「不整脈グループ」でお世話になりました。 不整脈グループではその名の通り、いわゆる不整脈の疾患を取り扱います。 具体的には、特殊なカテーテルを用いて心臓の内側を焼却し、異常な心筋の興奮を抑える手技(カテーテルアブレーション)によって治療を行います。

 不整脈を引き起こす電流がどこを流れているか、直接目で見ることができないため、非常に難しく豊富な経験が必要とされる手技ですが、先生方が長時間集中して治療されている姿はとてもあこがれるものでした。

3. 消化器内科
 5月の消化器内科では、「膵臓グループ」でお世話になりました。 膵臓グループでは、膵臓の他に、肝臓や胆嚢、膵臓を十二指腸とつなぐ胆管の疾患も扱います。 普段は「ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)」や「EUS(超音波内視鏡検査)」を行い、膵臓や胆管に異常がないか検査します。

 膵臓の疾患として重要な膵癌は、自覚症状に乏しく早期発見が難しいこと、膵臓からの消化酵素の影響などにより、癌の中でも極めて5年生存率(発見後5年間生存している確率)が低いです。 見逃すと非常に予後が悪いため、先生方も真摯な姿勢で一件一件の検査に取り組む様子がとても印象的でした。

4. 精神科
 6月の精神科では「リエゾンチーム」でお世話になっています。 リエゾンチームとは、主に他の科で入院されている患者さんの精神状態について、他科の先生からコンサルテーションを受けるチームです。
    
 入院すると、「せん妄」と呼ばれる脳の機能が低下してしまう状態になってしまう患者さんが一定数います。 入院患者さんでたまにぼーっとしているような方は、これに当てはまります。

 体の状態が改善したり、生活環境を整えるだけで少し経つと自然に良くなるのですが、重度のせん妄を引き起こすと点滴の管を抜いてしまう事故なども起こるため、専門家が対応したほうが良い場合もあります。

 また、救急外来に運ばれる精神科疾患の患者さんの診察も、リエゾンチームの先生がされます。 自殺企図の方や、服薬過剰による薬物中毒の方などが週に1回ほど運ばれるため、見学をしていてとても勉強になりました。

5. 部活:医学部テニス部
 留学から帰ってくると、部活の新歓が終わっていました。 硬式テニス部には大量の一年生が入ってくれたようで、これからがとても楽しみです! 写真で、僕が応援に行った医学部の大会の雰囲気を味わって下さい!

A. 試合勝利のハイタッチ!
  
        
B. 試合お疲れさまでした!
  
     
C. 男女ともに3位!
  
      
D. 同級生6人で
  
        
E. 会場近くでのお祭り
   
   
 次回以降は、4月の「Mayo Clnic」留学についてご報告します! それでは、失礼致します。
 


東北大医学部生:小児科実習・産婦人科実習

 皆さん、こんにちは。 仙台市の「名門進学会」家庭教師、東北大学医学部医学科5年の川名 友里(かわな ゆり)です。 

    
         

1. 小児科実習
 新年最初の実習は、小児科でした! 昨年から楽しみにしていた小児科実習♪ 東北大学病院小児科では新生児、神経疾患、腎疾患などいくつかのグループに分かれていますが、私は新生児グループでお世話になりました。 ただ、その後半には、下の写真のように、大学病院一帯にも雪が降り積もりました。

大学病院前の雪景色
   
     
   NICU(Newborn Intensive Care Unit・新生児集中治療室)  
 新生児グループは、低体重出生児の赤ちゃんといった特別な管理を必要とする患者さんをNICUで診ています。 NICUに入ると、とても小さな赤ちゃんが寝ている小さなベッドがたくさん並んでいます。

 他の病棟とは全く違う、異空間。 というのも、例えば一般の小児科病棟では親御さんが付き添っていますが、NICUでは付き添いはありません。  
    
   赤ちゃんは可愛い!!
 新生児専門の医師と看護師が、まだ病院の外に出たことのない赤ちゃんを24時間ずっと見ている特殊な環境です。 実習では哺乳からお風呂の様子など見学させていただきましたが、なんといってもかわいい!! 今までの実習の中で一番幸せな時間でした。 

赤ちゃん
  
   
   難しい疾患の赤ちゃんも
 ただ難しい疾患の赤ちゃんもいますし、急変も多いそうです。 そういった意味でも、新生児を見られている先生は、小児科の中でも特にハードな分野だと伺いました。

2. 産婦人科実習
 次は産婦人科の実習です! 何度かお産は見学したことがありますが、何度見ても感動してしまいます。 病院ではそんな場面ほかになかなか無いですよね。 難しい場面や苦しいことももちろんあるとは思いますが、それも含めて勉強してきたいと思います!

産婦人科実習のテキスト
   
     
3. 部活に入ることをお勧めします  
 部活であるヨット部のイベントでは、昨年夏の東医体優勝の祝賀会を行いました。 改めて大会のレース展開を振り返ったり、久しぶりに卒業された先輩方と話したり、楽しい時間でした。
 
 もし読者のみなさんが医学部に入られたら、多くの人が言うことですが部活に入ることをお勧めします!! 大変なことも多いですが、部活でしか作れない先輩、後輩とのつながりは本当に貴重です。

4. 寒さが厳しいので体調に気を付けて
 私の地元は日本海側なので、仙台は雪が少ないなと思っていましたが、寒波でさすがに積もってきましたね(上の大学病院前の雪景色参照)! 実習では、ウイルスや菌をもらうことも多いせいか、友人もカゼやインフルエンザにかかっています…。 皆さんも体調には十分気を付けて下さいね!
 


東北大医学部生:座学・実習・消化器内科実習

 皆さん、こんにちは! 仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学医学部医学科5年の岡田悠希です。

  
                                 
 仙台では雪が積もりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

大学病院15Fからの風景
 
               
 本日は、我々医学科生の普段の勉強・実習の様子をお伝えします。 下の方にきれいな写真もありますので、最後までご覧下さい。

1. 医学部の勉強・座学
 東北大学の医学部は、星陵キャンパスにあります。 1年生は一般教養のため、全学部生が川内北キャンパスに通いますが、2年生以降はほとんどの講義が星稜キャンパスで行われます。

   テストは辛く
 座学は4年生までに終了し、2,3年生は基礎医学、4年生は臨床医学を学びます。 専門科目のテストは、華の大学生とは思えないほど辛く、1か月前から勉強し始める科目もありました。 もちろん、すべて合格しないと「留年」してしまいます…!

2. 医学部の勉強・実習
 そんな辛い4年間を乗り超え5年生になると、ここからは臨床実習となり、ほとんどは同じ敷地内の東北大学病院で実習をします。 
  
   2週間ごとにローテーション
 現在の制度では、5年生は2週間ごとに診療科をローテーションしていき、1年間でほとんどの診療科を体験することができます。 基本的には医師の先生方について、朝の回診やカンファレンスから、日中の検査、手術などを見学し、夕方の回診までが実習の流れとなっています。 この2週間は、消化器内科で実習させて頂きました。

3. 消化器内科実習
 東北大学病院では、消化器内科がさらに4つのグループに分かれており、「上部(食道、胃、十二指腸)」、「下部(小腸、大腸)」、「肝臓」、「膵臓」があります。僕は今回、下部グループにてお世話になりました。

 下部グループで扱う疾患としては、「大腸癌」「Crohn病」「潰瘍性大腸炎」などがあり、消化器内科の先生方は内視鏡(カメラ)で検査し、診断をつけ、投薬や内視鏡手術、開腹手術などの治療方針を決定、加療します。

   実習内容
 実習では、学生も模型やシミュレーターを使って内視鏡を体験させてもらうのですが、これがとても難しかったです… 体験した後に先生方の検査を見ていると、あまりのスムーズさに感動しました…!

 日中は基本的に内視鏡検査を見学していたのですが、上記のような大学病院ならではの重篤な疾患をこの目で見ることができ、本当に良い経験をさせていただきました。

   体験は身につきます
 教科書で勉強しているとどうしても単語だけのイメージだけで覚えてしまって、すぐ忘れてしまうのですが、自分の体験として取り込むことで、国家試験まで使える生きた知識として根付くことが実感できますね。 消化器内科の先生方、患者さんには大変お世話になりました。

4. 多賀城市立図書館で勉強!
 つい先日、学校の図書館での勉強に飽きたので多賀城市立図書館へと行ってきました! この図書館は、佐賀県武雄市や神奈川県海老名市に次ぐ、全国で3つ目のTSUTAYA図書館として建てられたそうです。 復興のシンボルとして多賀城駅前に新たに建てられたため、内装、外装ともにとてもきれいでおしゃれでした。
  
夜の多賀城市立図書館
  
    
 図書館コーナーの勉強スペースで一通り勉強し終わり、帰宅しようと駅前まで戻るとなんとかわいらしいイルミネーションが! 光のページェントに慣れてしまいましたが、どんな規模でもイルミネーションはきれいなものですね。

多賀城駅前のイルミネーション
  
        
 帰りには評価の高いらーめん「一品堂」さんに寄って、にんにく臭く帰宅しました!

ネギ味噌らーめん大盛、ライス(980円)
 
      
 とても良い気分転換のできた一日でした! それでは、失礼致します。
  


東北大医学部生:産婦人科実習 & 学会

 皆さん、こんにちは。 仙台市の「名門進学会」元家庭教師で、東北大学医学部医学科6年の工藤有希乃(くどうゆきの)です。

    

1. 産婦人科実習
 今月は産婦人科で実習をしておりました。 主に大学病院(以下、大病 だいびょう と略します)での実習です。 大病では産科と婦人科で病棟が分かれているのですが、私は産科を選択しました。

 実習では妊婦さんに協力していただき胎児エコーで胎児の推定体重を測定したり、経腟分娩に立ち会わせて頂いたり、帝王切開の手術に入ったりと沢山のことをやらせていただき本当に楽しかったです。 
  
   超緊急帝王切開に遭遇
 印象に残ったのが、実習初日の出来事です。 午前中、なにやら急に分娩室の近くが慌ただしくなりました。 何もわからないままひとまず行ってみたところ、何やら「グレードAカイザー」が宣言されたとのこと。 グレードAカイザーとは超緊急帝王切開のことで、宣言されると15分以内に帝王切開して胎児を娩出しなければいけません。

   すぐに手術開始
 学生はとりあえず手術室行って、の言葉に従い手術着に着替えて行ったところ、もうすでに帝王切開が始まるところでした。 一刻を争う状況のため、医者は手術着に着替えることもなく、病棟で着ている服の上からガウンを着て、患者さんに麻酔がかかると同時に手術が始まりました。

 手術が始まって1、2分の間に胎児が娩出され、あまりの速さにびっくりしてしまいました。 その後聞いたところによると、お母さんも赤ちゃんも無事だったようでほっとしました。

   八戸の関連病院にも行ってきました
 産婦人科の実習では、1週間八戸の関連病院にも実習しに行きました。 とても忙しい病院で、産婦人科の手術だけで1日10件だったこともあるそうです。

 私が行ったときにも、ほとんど毎日緊急手術が行われていました(緊急帝王切開、子宮外妊娠、卵巣腫瘍茎捻転など)。 そのため、短い間でしたが産婦人科領域の主な疾患についてひととおり学ぶことが出来たように思います。

2. 「東北連合産科婦人科学会」に参加
 八戸からの帰り道、秋田で「東北連合産科婦人科学会」が開催されており、大学の同級生3人と一緒に参加してきました。

産科婦人科学会資料
     
                                   
 同級生の中には何人か学会参加経験がある人もいますが、私にとってはこれが初めての学会となりました。

   貴重な経験でした!
 自分が発表するというわけではなかったのでそれほど緊張しなかったのですが、産婦人科を考えている学生とお話したり、様々な発表を聞いたりと貴重な経験が出来ました。 夜は、先生方と、秋田のおいしいお酒やご飯を楽しみました。 もちろんババヘラアイスも!

友人とババヘラアイスを
    
                  
 学会は、「開催地のおいしいご飯が食べられるのも良いところ」らしいです。

3. 今週からは麻酔科の実習が
 産婦人科での実習は先週で終わり、今週からは麻酔科で実習が始まります。 新しい科が始まるとやっぱり初めはすごく緊張してしまいます。 早く慣れて楽しく実習していきたいです。

   そろそろマッチングも
 そろそろマッチング(初期研修先を決めることで医学部の就活みたいなものです)も始まりますので、その準備も並行して進めていかないといけません。 まずは履歴書を書かないと……! さらに部活の演奏会や大会、バイト、国家試験の勉強など、やるべきことがいっぱいあるのですが、なんとか両立していきたいと思います。
 


東北大医学部生:外科実習 & 小児科実習

 皆さん、こんにちは。 仙台市の「名門進学会」元家庭教師で、東北大学医学部医学科6年の工藤有希乃(くどうゆきの)です。

 
  
 私は、土日は帰省して、弘前の桜祭りに行ってきました。 弘前の桜は一見の価値ありだと思うので、皆さん是非見に来てくださいね!
  
弘前の桜
  
                
 来年働き始めてからはきっとゴールデンウィークは跡形もなく消えると思うので、連休をもらえる今のうちに楽しんでおいた方がいいですね!

1. 外科実習
 さて、4月後半は仙台市を離れて、太平洋側のとある病院で引き続き外科の実習をしていました。
 
 実習初日の月曜日だけは、朝5時半くらいに起きて準備をし、家を出てバスで実習先へ向かったので、朝が弱い私にとっては少しハードなスケジュールでした。 そのあとは、病院側のご厚意で宿泊場所を用意していただき、朝がすごく楽になったので大変ありがたかったです。

外科実習を受けた病院
   
   
   スライド発表を
 外科の実習としては、朝・夕の回診やカンファレンスに参加したり、手術に参加したりと盛り沢山な内容でした。 初日に突然、「今年から、実習生には担当症例の症例報告と、毎日のカルテ記載をお願いすることにしたからよろしくね。」と言われ、まさか外病院でも症例報告のスライド発表をやるとは思わなかったので焦りました……。

   スライドプレゼンテーション
 しかも、前に来た5年生の発表が相当印象的だったようで、先生方のプレゼンに対するハードルが上がっていて結構なプレッシャーです。 実習期間は2週間だったので、初めの1週間はがんの取扱い規約や診療ガイドラインを読みつつ、毎日こつこつ発表用のスライドを作り、先生に添削してもらっていました。

   何とか無事にこなしました
 2週目に外科の先生全員の前で発表し、「だいぶしゃべるのが早いな」とは言われましたが、添削の甲斐もあって、内容についてはそれほど炎上したところがなくほっとしました。

   大学に戻って縫合の練習
 実習最終日には大学へ戻り、外科実習の締めくくりとして学生全員で豚の腸や血管をつかって縫合の練習をします。 1か月間、先生方が腸管を縫合するのを何度も見ていたので、それと同じような手技を自分でも経験することが出来てとても勉強になり、楽しかったです。

   もともと好きで
 もともと外科の手技が好きで、6年生の実習でも外科を選択しましたが、1か月間で縫合や糸結びなど沢山手技をやらせていただいたので、とても充実していました。

2. 小児科実習
 5月からは小児科で実習をしています。 外科とは全く違う雰囲気ですが、子供がとても可愛くて毎日癒されながら実習をしています。 たまたま私と同じ名前の子と、同じ血液グループというグループで実習することになり、「Wゆきの」として頑張っています。(笑)

3. ヨット部に新入生が
 4月後半に新入生が入部する部活を決めるイベントがあって、私が所属する医学部ヨット部には7人のプレーヤー(ヨットに乗る部員)と4人のマネージャーが入部してくれました。

ヨット部・部活
  
  
 医学部のヨット部としては1学年7人のプレーヤーというのはかなり多い方で、豊作の年となりました~! 私自身は外科の実習で仙台に居ないこともあり、ほとんど新歓に行けなかったのですが、後輩たちががんばってくれてこのような結果となりました。

   医学部ヨット部の花見 
 4月に新入部員を交えた部活の花見(仙台市内)がありましたので、写真を載せておきます。

ヨット部の花見
  
         
 私も、早く1年生と仲良くなれるように頑張りたいです。 1年生とは5歳年が離れていることになるので、そろそろジェネレーションギャップを感じそうで不安です……(笑)

   吹奏楽部の練習もそろそろ
 吹奏楽部についても、4月は外科実習で疲れていてほとんど練習しに行けなかったです。 そろそろ7月のコンサートに向けた合奏が始まるので、時間を見つけて楽器のリハビリを始めたいところです。 5月病にならないよう、今月も実習と部活とアルバイトを両立させたいと思います!
 


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.