家庭教師の仙台ブログ

仙台二高 合格のための勉強法 & 部活

 皆さん、こんにちは! 仙台市の「名門進学会」家庭教師で、東北大学工学部電気情報物理工学科1年の小泉 奏太(こいずみ そうた) です。

  
   
 私は、地元の 仙台二高 から現役で東北大学に合格しました。 それで、今回は、4年前を振り返って、私の同高合格のための勉強法 & 部活などについてご紹介します。 仙台二高志望の中学生やその親御さんは、最後までご覧下さい。

1. 受験勉強の開始時期について
 私が受験勉強を本格的に始めたのは中学2年生の冬頃でしたが、評定のために定期試験を毎回大切にしていたので、十分な学力を以て本番に臨むことができました。

一生懸命に勉強中・イメージ
  
  
 何事も早めに準備しておくに越したことはありません。 定期試験は高校入試とは違いますが、基礎学力を確認する格好の機会ですので、是非とも最大限活用して下さい!

2. 家庭教師について
 私は、2年生の冬頃から家庭教師を付けてもらいました(英語と数学を週1回ずつ)。 そこで速めのペースで中学内容の予習を進め、それが済むと英語は長文読解の問題を、数学は応用問題をひたすら出題してもらいました。 学習を自分に合ったペースで進められるのは、家庭教師の強みだと思います。

家庭教師の先生と・イメージ
  
     
3. 家庭学習について
 家庭学習は勉強時間の大部分を占めますが、私はいつの間にかある場所で勉強するようになりました。 リビングです。 個人差はあると思いますが、リビングで勉強する習慣が身につくことで、帰宅してすぐに勉強にスイッチが切り替わる上、リビングには大抵家族の誰かが居るので、適度な緊張感を感じながら学習を進めることができました。

4. 参考書について
 私は、自分で参考書を選定して購入することはほとんどしませんでした。 普段は家庭教師の先生から課された問題集を中心に取り組み、定期試験前には学校から課された問題集を中心に取り組みました。 何種類もの参考書に手を出すよりも、ある程度種類を絞って集中的に進めることで、無駄なく内容が理解できるのではないでしょうか。

取り組んだ問題集
  
  
5. 英語、数学の勉強について
 中学生の皆さんの中には、英語と数学に苦戦している生徒さんは多いかと思います。 これらに共通して言えることは、どちらも内容の積み重ねが必要なので、分からない部分を発見したらなるべく早期に潰しておくと良いということです。

 英単語・英熟語については、本当に基礎的なものはそのまま覚えるしかありませんが、多くは教科書の文中や長文中に現れたものをその度にその場でメモし、すぐに覚える様にすると定着しやすいと思います。

英語の勉強・イメージ
  
  
6. 入試本番について
 模試の判定で最高評価を出し続け、私は学力的には万全の状態で本番に臨みました。 しかし、数学で大失敗してしまいました! 自分の実力は完璧だという自負があったからこそ、得意な数学で躓いた際の焦りが大きく、強い緊張感も災いし、後半の問題に全く手が付かなくなってしまったのです。 他教科で挽回して合格は果たせたものの、リラックスの重要性を突きつけられる結果となりました。

7. 高校生活について
 二高の授業は進みが速く、ついていくのは大変ですが、優秀な仲間達と共に切磋琢磨する日々はとても刺激的で充実しています。 自由な校風ですが、休み時間も意欲的に勉強を教え合っている姿も見られます。

フェンシングの大会
 
 部活動も活発で、私は新たにフェンシングを始め、今も夢中になっています。 仙台二高への合格は簡単ではありませんが、地道に努力を積み重ねることできっと達成できます!
    


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.