家庭教師の仙台ブログ

家庭教師:指導を受け始める「最適な時期」

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

  
  
 今日は、「駆け込みで家庭教師を依頼したけれど、受験には間に合わなかった!」ということが無いように、家庭教師の指導を受け始める「最適な時期」についてお話しします。 お子さんの志望校合格に役立ちますので、最後までご覧下さい。

1. 受験年度の秋以降にご依頼を受けても
 どこの家庭教師派遣会社でも塾でもそうだと思いますが、生徒さんが中学3年生・高校3年生の秋(あるいは冬)になってから駆け込みで指導を依頼してくる方が結構いらっしゃいます。

 こういったケースでは、受験までの指導期間及び指導時間が極めて短いので、生徒さんの学力と志望校合格に必要な学力のギャップが大きい場合には、いくら良い指導をしてもなかなか望む結果が得られません。

2. 早ければ早い方が良いとは言え
 ですから、生徒さんの学力と志望校合格に必要な学力のギャップが大きい場合には、早めに当社にご相談・ご依頼頂ければと思います。 また、下記3.4.には、指導期間や指導時間以外にも早めにご依頼頂く方が良い理由を述べています。

家庭教師の指導
   
  
   学力ギャップ別に記しています
 とは言え、家庭教師の指導を受けるのにはお金が掛かるものですし、かつ、受験のどれくらい前から指導を受け始めれば良いのかは学力ギャップの大きさによって違ってくるものです。 この点で、最後の5.に、学力ギャップ別に最適な指導期間を記しています。

3. 過去問を解くのは早めの方が良い
 今までこのブログに何度も書きましたが、過去問は早めに解いてみて志望校の出題傾向を掴んだ方が良いです。 早めに志望校の出題傾向を知れば、その後は受験までずっとそれに的を絞った勉強が出来ます。

 当社の家庭教師の先生は、まずこのことを生徒さんにお話しします。 そして、それから何度も繰り返し行う過去問演習の効果が上がるように、受験前日までずっとお手伝いをします。

4. 家庭学習の方法も教えるので
 加えて、当社の家庭教師の先生は、このホームページやブログにも載せている効果的な家庭学習の方法を生徒さんにお教えし、彼ら・彼女らがそれらを上手に実行するのをお手伝いします。 当然のことながら、生徒さんが成績が上がる効果的な勉強を始めるのも、可能な限り早い方が良いです。

5. 家庭教師を依頼する適切な時期は?
 上記3.4などの理由から、家庭教師を依頼する時期は早ければ早いほど良いです。 ただ、上でも述べたように費用が掛かることなので、学力ギャップ別に当社での最適な受講開始時期を述べます。

   1ランク上を目指すのならば
 家庭教師を依頼する時期の目安としては、現在の生徒さんの成績より1ランク上の学校を(例えば仙台三高レベルの高校に合格出来る生徒さんが仙台二高や仙台一高を)目指す場合には、当社の家庭教師の先生なら3年生の4月からの週2回の指導で合格させられます。

 また、2ランク上の学校を目指す生徒さんの場合には、2年生の夏休みからご依頼下さい。 当社の家庭教師の先生なら、週2回以上1年半の指導期間があれば、受け持った生徒さんを2ランク上の学校に合格させられます。
     


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.