家庭教師の仙台ブログ

効率的な「家庭学習」と上手な「家庭教師」の使い方

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。



 今日は、まず、家庭教師が効率的な「家庭学習」の方法を教えることが大切な理由と、当社の先生たちのケースをお話しします。 そして、後の方で上手な「家庭教師」の使い方を書いていますので、他社の家庭教師をご利用の方も最後までご覧下さい。 きっと役に立ちます。

1. 家庭学習の時間は長い
 これは以前にもこのブログに書きましたが、せいぜい週6時間(2時間×3回)の家庭教師の指導時間よりも、家庭学習(自習)が可能な時間の方が当然のことながら遥かに長いです。

家庭学習中!
  
  
   直接的な指導のみならず
 ですから、家庭教師の先生は、生徒さんの学力向上のために、直接的な指導を上手にやるだけではなく「効率的な家庭学習の方法」をも教えるべきです(生徒さんで、成績が上がる効率的な(パワープレイではなく無駄が無い)勉強方法を最初から取っている人は、残念ながらほとんどいません)。
    
2. 当社のケース・効率的な勉強方法を
 僕は、このブログに、自分の学習経験や家庭教師としての指導経験から得た効率的な勉強方法を沢山書いてきました。 これらのノウハウを基に、当社の家庭教師も、受け持った生徒さんに効率的な家庭学習の方法を教えて、その成績を大きく向上させています(当社の生徒さんは第一志望校合格率85%以上)。

当社サイト「やすしの合格勉強法」
  
  
   自分だけでは分からなかった箇所を
 当社の先生達は、僕が最近ここに書いた「インプットとアウトプットを順番に繰り返す勉強方法」や、入学試験での合格率を大幅に引き上げる「過去問勉強法」などを中心に、生徒さん達に効率的な勉強方法をいくつか(生徒さん達が消化出来る数だけ)教えています。

 そして、「生徒さん達が自分で勉強して(問題を解くというアウトプットもしてみて)分からなかった箇所を、家庭教師の先生が指導時間に教える。」という学力向上のためには非常に効果の高い方法を取っています。

3. 上手な家庭教師の使い方は?
 当社が承っているように、まず生徒さんが効率的な方法で家庭学習(自習)をやって、自分だけでは分からなかった箇所を家庭教師の先生に教えてもらう、というのが、上手でかつ授業料がもったいなくない家庭教師の使い方です。 このブログをご覧の皆さんも、元を取るつもりで存分に家庭教師を利用して下さい。
    


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.