家庭教師の仙台ブログ

「早稲田大学政治経済学部」大学院生の進路

 皆様、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

  
   
 今日は、僕の母校である「早稲田大学政治経済学部」大学院生の進路についてお話しします。 ただし、僕は経済学研究科の修士課程を修了しているので、経済学研究科生の進路についてのみお話しします(政治学研究科生の進路については全く分かりません)。

1. 大学の先生
 僕の同期は、僕も含めて21名(うち女子6名)いましたが、その内(海外の大学も含めて)博士課程に進学した人が9名います。 そのほとんどが大学の先生になっています。
    
早稲田大学・大隈講堂


 博士課程に進学して大学の先生になる人は毎年多いですが、この仕事は学歴の割に給料が安めです。 ただし、本を書いて印税を稼ぐなど、能力によっては稼げるアルバイトをすることは可能です
   
 ところで、経済学研究科の3年先輩に日銀の若田部副総裁がいます。 彼は、カナダのトロント大学で経済学のPh.D(博士号)を取得後、沢山論文や本を書いて、30代で早稲田大学の教授になっています。 同窓とは言え、僕なんかとはまるっきり出来が違う優秀な方です。

日本銀行・本館
  
  
2. 総合研究所の研究員
 博士課程に進学しなかった人の中では、総合研究所の研究員になる人も多いです。 書籍を出版したり、マスコミに名前の出てくる人もいます。 ただし、この仕事も、その親会社(ほとんどが東証一部上場の巨大金融会社)と比べると、学歴の割に給料は安めです。

3. 外資系企業へ就職
 給料の高い外資系金融会社や同コンサルティングファームへ就職する人もいます。 これらの仕事は、給料が高くても労働時間が長いので、これはこれで結構大変みたいです。 ですから、これらの仕事に就いた人は、若いうちから資産運用(株や不動産などの運用)を行ってアーリーリタイアーを目指す人が多いです。

4. その他(僕もここです)
 その他に、卒業時の進路が上手く行かなかった人の中には、予備校や専門学校の講師になる人がいます。 講師の仕事は給料が非常に安いので、結婚も出来ないほど生活が大変みたいです。
 また、僕は、東証一部上場の国際企業に就職した後、経営コンサルタントを経てこの「名門進学会」を立ち上げましたが、同窓で起業した人は僕の周囲では他に知りません。
   


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.