家庭教師の仙台ブログ

東北大生家庭教師が語る「医学生の実態 with 厳しい勉強」

 皆さん、こんにちは! 仙台市の『名門進学会』家庭教師で、東北大学医学部医学科3年の金子 茉央(かねこ まお)です。

  
  
1. 医学生の実態を
 医学部を志望する学生の皆さん、医者を目指すことを迷ったことはありませんか? 私は、高校3年生の4月朝、通学路の途中で医学部を志望することを決めました。 しかし、医者に興味を持っていたのはもっとずっと前からです。

    勉強内容を正確にお伝えします
 迷いを抱いた原因はいくつかあったのですが、大きな理由の一つが未知なる医学部への恐怖です。 「医学部に入ったら今の1000倍覚えることがあるんだぞ。」と塾の先生はよく生徒を脅していました。 そこで、今日は、東北大学の医学生がどんな勉強をどのくらいしているのかを正確にお伝えしていきます。

2. 東北大学のカリキュラム
 医学部で勉強することは、大きく分けて基礎医学と臨床医学に分けられます。 大学ごとにカリキュラムは違いますが、東北大学は特に研究に力を入れている大学なので、3年の前期までみっちり基礎医学を叩き込まれます。 そして、その後、基礎医学修練期間という、授業が特に無く研究に専念できる期間が半年間あります。

    基礎医学の後は臨床医学を
 その後は臨床医学について学び、病院実習をへて研修医となります。 私は今ちょうど基礎医学を終えた所です。 これまでに習ってきた専門科目は、医化学・遺伝学・免疫学・放射線基礎医学・解剖学・組織学・生理学・発生学・薬理学・微生物学・脳解剖学・病理学・衛生学・公衆衛生学・医学英語・医療倫理学・法医学の17科目です。 こうやって並べてみると、よく勉強したものだと感慨深くなりますね…(笑)

3. 鬼のようなテスト範囲
 医学部の試験、範囲はめちゃくちゃ広いです。 鬼です! 正直、テスト前は受験時代なんか比じゃないくらい(個人差はあると思いますが)勉強します。 一番頑張っていた時期は約1週間、2日に1回は3時間睡眠で乗り切っていました。 私の場合、土日は部活で無くなってしまうので、さらに追い込まれます。

    医学に興味が無い人は
 これだけは覚えておいて下さい。 医学に興味がない人は、医学部に来てはいけません。 私の周りでも、成績が良いだけで医学部にきて、膨大な勉強量に耐えかねて留年・退学した人は数人いました。

4. とにかく暗記!
 想像に難くないとは思いますが、医学部の勉強は基本的に暗記です。 単位を取るために、これまで培ってきた計算力や読解力はほとんど必要ありません。 繰り返しレジュメを読んで、ひたすら文字を頭に詰め込んでいく作業です。 ただ、生物はもちろんのこと化学や物理は、体の仕組みや薬の作用機序を理解する助けとなります。

    やはり勉強しておくべき
 単位を取るためには必要ないとは書きましたが、もし皆さんが研究などに携わっていくのだとしたら、これまで習ってきたことの総合力は武器になりますので、やっぱり勉強しておくべきです。

5. 大事なのは友達と過去問!
 散々脅しましたが、安心して下さい。 意外となんとかなります。 大事なのは、一緒に勉強をする友達を見つけること、そして過去問を手に入れてきちんと対策していくこと、です。

    友達との協力プレーは大事
 大学の勉強は競争ではないのがポイントです。 合格点を取れれば良いので、周りの人と同じことをしていれば、なんだかんだ試験は突破できます。 授業のレジュメを分担して教え合う、過去問の答えを照らし合わせるなど、友達との協力プレーをするだけで試験勉強は何倍も楽になります。 助け合いの精神、ひいてはチーム医療です!(笑)

6. 自分の将来の医師像
 医学部の面接の練習をするときに、必ず「なぜ医師になろうと思いましたか?」という問いを見つけると思います。 多くの人は、どういった医師になるのか具体的に考えようと思うのではないでしょうか? でも実は、私はまだ自分が何科の医師になりたいか明確に決まっていません。

    様々な立場の先生のお話を聞いて
 もちろん、面接の時には、産婦人科になりたいという答えを用意していました。 ですが、大学へ入ると様々な立場の先生のお話を聞く機会があります。 産業医や研究医には入学前あまり興味がありませんでしたが、自分のやっている仕事のやりがいを誇らしげに話す先生の話はとても魅力的で、聴き終わる頃には自分もやってみたくなりました。

    病院実習を受けて決める人が
 また、病院実習のタイミングでは、希望した科をいくつか見て回ることが出来ます。 先輩の話を聞いていると、そのときの雰囲気で将来何をやりたいのか決める人も多いようです。 ですから、まだ具体的に将来の医師像が決まってないからといって焦ることはありません。

7. 最後に
 いかがでしたでしょうか? 皆さんは、今は、目の前の受験で一杯一杯だと思います。 受験がゴールではないとはよく言ったものですが、私が受験生の時、大学生活のイメージがつかなくてそうとは思えませんでした。

    キャンパスを見たり話を聞いたりすると
 しかし、ただ漫然と赤本に向かうよりも、オープンキャンパスに行ってキャンパスを見てみたり、先輩から話を聞いてみたりして大学生活へ思いを馳せると、勉強のやる気がむくむくと湧いてきたりするものです。 この文章が、皆さんのモチベーションに少しでも貢献できることを願っております。
      


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.