家庭教師の仙台ブログ

家庭教師会社社長が教える:正しい「勉強法」

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

A
 
 今日は、このブログをご覧の皆様がとても関心を持っておられる正しい「勉強法」について、記します。 正しい方法で勉強すれば志望校合格の可能性が高まりますので、ぜひ最後までご覧下さい。

1. 正しい勉強法で
 勉強は、正しいやり方を知らないで闇雲に行っても、なかなか成績が上がらないものです。 受験に際しても、試験に合格できる勉強法を知らなければガリ勉しても合格できないかも知れません。
 
 これに対して、正しいやり方で勉強すればそれほど苦労しないでも成績が上がりますし、受験でも、正しいやり方で勉強すれば高い確率で合格出来ます。

   やすしの合格勉強法
  
    
 こういったことがあるので、当「名門進学会」ではこのホームページ上に、成績の上がる勉強法、受験に合格できる勉強法を記載した「やすしの合格勉強法」をアップしています。 仙台市の受験生やその親御さんは、ぜひご覧下さい。

2. 過去問を解く 
 また、「やすしの合格勉強法」にも書いてありますし、この前もこのブログでも記したことですが、受験生にとってはとても重要なことがあるので、再度述べます。 受験直前の勉強法として最も大切なことは、受験校の過去問(その学校で過去に入学試験で出題された問題)を解きまくることです。

   過去5年分を3回ずつ
 最低でも、過去5年分の入学試験問題を3回ずつは解いて下さい。 そして、出来なかった問題は、出来るようになるまで解いて下さい。

 やすし赤本など

 これに対して、外部の受験産業が制作した模擬試験の問題、入試予想問題、入試対策問題、などは一切解く必要がありません。

 なぜ、過去問を解くことが受験合格のために重要で、受験産業が制作した予想問題等を解く必要がないのかの理由は、以下の通りです。

   過去問は作成者が同じ場合が多い
 一般的に、受験校の過去問が、作成者が同じ場合が多いその本試験の問題と、一番傾向が似るようになっています。 これに対して、外部の受験産業が制作した問題は、本試験の問題とは作成者が明らかに異なっており、それぞれの作成者の癖が出て、本試験の問題とは明らかに傾向が異なったものになりがちです。
   


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.