家庭教師の仙台ブログ

志望校合格には「過去問演習」を!

 皆さん、こんにちは。 仙台市で東北大生家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

A 

 今日は、志望校合格の可能性を高めるための勉強方法・その中でも特に「過去問演習」についてのお話しをさせて頂きます。
  
1. ご両親が専門家ではないので
 最近、受験生を持つご家庭にその勉強方法を尋ねると、しっかりとした方針を持ってやっておられるところがほとんどない状況です。 特に、「過去問演習」をしっかりと行っているご家庭はほとんどありません。 これは、普通ご両親が受験勉強の専門家ではないので、致し方ないことです。

2. 過去問が一番本試験に近い
 我々が一般に入手できるもので入学試験本試験問題に一番近いものが、その学校の入学試験で過去に出題された問題、いわゆる「過去問」です。 決して、模擬試験の問題ではありません。

宮城県公立高校過去問題
  

同・中身

  
   過去問を繰り返し解く
 ですから、このサイト中の「やすしの合格勉強法」でも述べているように、受験に合格するためには、本試験の問題に一番近い問題である過去問を早い時期に1度解き、本番直前には数年分を何度も繰り返し解くことが非常に重要になってきます。

 上述のように、受験生のご家庭の皆様とお話ししても、このことをご存じの方はほとんどいらっしゃらないようです。

   正しい勉強法で合格を
 受験は、正しい方法で勉強すればガリ勉をしなくとも高い確率で難関校に合格できますが、正しくない方法でいくら勉強してもなかなか合格には近づけないものです。 これは、大学受験では大変な思い(浪人)をしたものの、大学院受験では楽勝だった僕の経験からも言えます。

2. やすしの合格勉強法
 
  
 こうしたことから、当社では、受験生のお役に立てるように、受験勉強に造詣が深い三沢が、上記の「やすしの合格勉強法」ページを作り、広く一般に公開しています。

   ここに書いてある通りに
 「やすし」に書いてある通りに勉強すれば合格の確率は飛躍的に高まりますので、受験生を持つご家庭の皆様はぜひご覧下さい。 そして、「過去問演習」は必ずやるようにして下さい。

 また当会では、三沢の薫陶を受けた家庭教師が、生徒さんに対して受験に合格できる勉強法を日々指導しています。 よろしかったら当会家庭教師もご利用下さい。
 


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.