家庭教師の仙台ブログ

シドニー大学大学院:交換留学体験記

 皆さん、こんにちは。 仙台市で家庭教師を派遣している「名門進学会」、代表取締役の三沢やすしです。

A

 今日は、僕が若かったころの、シドニー大学大学院留学(早稲田大学大学院からの交換留学)のお話しをさせて頂きます。 留学を考えておられる方には役に立つ記事ですので、ぜひ最後までご覧下さい。

1. キャリア官僚も留学
 僕が以前留学した大学「The University of Sydney・シドニー大学」。 1858年創立のオーストラリア最古の大学で、ケンブリッジ大学の伝統を引き継いでいます。

 僕が留学した当時の同大学大学院は、アジア各国の秀才が集まっており、世界ランクが東京大学より上の15~16番くらいでした。 日本からも、毎年キャリア官僚が数人留学しています。

財務省からも
  
  
2. 経済学部大学院に所属
 そして僕は、この大学の経済学部大学院に所属し、国際経済学と計量経済学を少人数授業で学びました。 また、シドニー大学のキャンパスは広く、伝統ある荘厳な建物(下の写真のものなど)と近代的なビルディングが混じり合って建っています。

シドニー大学・Great Hall(大講堂) 
      
                                       
   ビル1棟が図書館
 加えて、図書館はビル1棟からなり、当時蔵書が310万冊ありました。 留学中、僕はよく図書館にこもって、国際経済学の学会誌「journal of International Economics」を読んでいたものでした。

 それから、この大学のモットーの英訳(原文はラテン語)は、「The same spirit under a different sky!」です。 直訳は、「異なった空の下でも同じ精神を!」ですが、このモットーが何を言いたいのかは、今だによく分かりません。

3. 大学のドミトリー(学寮)に居住 
 また、僕は最初「International House」という大学の寮に住んでいて、寮内で映画の上映があったりパーティ(Ball(ボール)と言います)があったりと楽しい生活を送りました。

 しかし、食事があまりにも不味かったため、後半は、別の食事無しの寮に移りました。 このインターナショナルハウスからは、下記のように、いまだ同窓会の案内などが送られてきます。

45周年記念パーティの招待状
  
             
 後の食事無しの寮では、自炊出来る設備があったのですが、自分では作らずにほとんど外食していました。

   各国料理が安い
 シドニーは移民が多い街なので、タイ料理やベトナム料理、インド料理、イタリア料理や日本料理など、各国の美味しい料理を安く食べることが出来ます。 また、世界的に有名なオペラハウスにて、学割でコンサートを楽しむことが出来ました。

シドニー・オペラハウス
  
  
4. 英語力の向上など有益
 以上、とりとめのないことを書き連ねましたが、この留学によって英語が問題なくできるようになったこと、大きく視野が広がったこと、アジア各国の秀才達(特に女の子達!)と友人になれたことなど、僕は多くのものを得ました。

 特に英語力の向上は、帰国後の就職に際して大きな力となったことなどから、留学して本当に良かったと思っています。

   若い人たちにも
 若い人たちにも、視野を広げるため、国際感覚を身に付けるため、語学力を身に付けて自分の戦闘能力を高めるために、留学を含め、ある程度長期の海外生活をすることをお勧めします。
  


アーカイブ

名門進学会を推薦します
やすしの合格勉強法
英語の超勉強法
東北大医学部の合格体験記
東北大医学部の6年間の体験記

会社概要


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.