家庭教師の仙台ブログ

東北大生家庭教師日記73・ついに部活(ヨット部)が再開!

 仙台市の皆さん、こんにちは! 『名門進学会』家庭教師で東北大学医学部医学科2年の金子茉央(かねこ まお)です。

  
  
1. 存分に遊んだ夏休み
 夏が終わってしまいますね… 時間が経つのはあっという間です。 医学科2年生の後期には、再びテストラッシュが待ち構えています。 先輩には、「勉強をしながらいかにうまく遊んでいくかが重要だ!」と言われて大いに納得し、この1週間はラストチャンスとばかりに存分に遊びました…(笑)

 一度、部活の同期で「木の家」というロッジにお泊まりもして来ました。 夜はBBQと花火をし、次の日の朝には水風船を片手に川遊びをしました。 本当に本当に楽しかったです!

仲間とBBQ
  
  
同・川遊び
  
  
2. ついに部活が始まって
 ついに部活が始まりました!!! 人数・部飯などに様々な制限が設けられ、まだまだ本格的に始まるまでには時間がかかりそうですが、それでもまた忙しくなりそうでテンションが上がります。

 先週が最初の部活だったのですが、1日だけヨットに乗っただけなのに翌日の筋肉痛がものすごかったです。 嬉しい悲鳴です。(笑)

ヨットの写真
  
   
 部活が始まるまではテストが忙しかったということもあり、部活に対して消極的な時期もありました。 でも、やはり始まってみると、海は綺麗で、ヨットのトラッピーズはスリリングで、何より久々に会う先輩たちと話すのが楽しくて、やっぱり部活が始まって良かったなと心から思いました。

 今、2年生は新しいことにチャレンジしています。 ヨットは2人乗りで、船の舵を握り、メインセールをトリムするスキッパーと体重移動により船のバランスをとりながらスキッパーの補助をするクルーがいます。

   部活でも学ぶことが沢山
 これまではクルーをやって来ていたのですが、今週からスキッパーの練習が始まり、2ヶ月後までにある程度レースで船を走らせられるようになることが目標です。 学ぶことが本当に沢山あります。

 船の舵を握っているとあって、今まで先輩の言うことに従っていれば良かったことを自分で考えなくてはなりません。 ヨットをきちんと走らせるために考えなくてはならないことも、クルーの時に比べて格段に増えます。

 でも、クルーの時は分からなかったスキッパーの気持ちや考えが少し分かって、とても面白いです。 優秀な同期に負けたくないので頑張ります!!!

   マネ飯が無くて悲しい
 新型コロナウイルス対策の制限の中で一番悲しいことは、マネ飯がないことです… ヨット部には可愛くて優しいマネージャーさん達がいらっしゃって、普段であれば午前中の練習を終えてヘトヘトになった我らプレーヤーを温かいご飯で迎えてくれるのですが、現在は残念ながらそれが禁止されています。

 コンビニで買ったパンをお昼ご飯に食べながら、マネージャーとマネ飯の偉大さを実感しています(笑) このご時世の中で部活を再開できているだけでも恵まれている方だと理解しながらも、どうしても早く通常の部活に戻ってほしいと願ってしまいます。

マネ飯
  
     
 今回は、この辺で終わりにします。 最後まで読んで頂きまして、有り難うございました!
   


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.