家庭教師の仙台ブログ

仙台市・家庭教師お薦め:「英文法の覚え方」&参考書

 仙台市で家庭教師をお探しの皆様、こんにちは。 「名門進学会」代表の三沢やすしです。

 
  
1. 英文法の参考書とその覚え方を
 今日は、最初に英文法の参考書をご紹介します。 また、その覚え方について、学生時代に英語圏の大学院に交換留学している僕の経験を踏まえて、下の方に記します。 これは、高校生にとってはとても役に立つ英語勉強法です。 ぜひ最後までご覧になり、実践して下さい。

2. 入門英文法問題精講

小崎充著
旺文社・税別1,200円
2019年7月発行

同目次
  
同中身
   
同別冊目次
    
同別冊中身
    
  大学の先生が書いた参考書
 この参考書は、英語を専攻している大学の先生が書いたものです。 それだけに、内容は網羅的で、とてもしっかりとしたものになっています。 この本には、学生時代にSydney大学大学院に(早稲田大学大学院から)交換留学していて、TOEIC850を取った僕でも覚えていないないことが、いくつも書いてありました。

3. 英文法は後から覚えてOK!
 ただ、上記の僕のように、細かい英文法を知らなくとも、何の問題もなく(TOFLEの点数をクリアして)留学できますし、留学先でそれで困ることもありません。 評価を得られたアカデミック・エッセイも、問題無く書けました。 ですから、脳みそに鞭打つような大変な思いをして、先に英文法を覚える必要はありません。

  まずは英文自体を覚える
 英文法を覚える前に、まずは、自分が興味を持てる内容の英文をたくさん読み(好きこそものの上手なれ!)、英文自体がどのようになっているか覚えましょう。 そして、その後で、「この英文のこの部分は、文法で言うとこういうことだな。」と、英文法は後付けで覚えて下さい。

  後付けの方が遥かに覚えやすい
 前もって英文法を覚えようとすると、単純に覚えなくてはならないことが沢山あって、とても大変です。 嫌になります。 それに対して、英文をしっかりと覚えた後で、その英文に照らして文法を覚えると、とても頭に入りやすいです。
 つまり、「抽象的な英文法それ自体」としてではなく、「具体的な英文」を元にして覚えるのが、「人間の脳に合った覚え方」なのです。
   


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.