家庭教師の仙台ブログ

仙台市・家庭教師お薦め:「新共通テスト・英語対策本」

 仙台市で家庭教師をお探しの皆様、こんにちは。 「名門進学会」代表の三沢やすしです。

 
  
1. 大学入学共通テストの英語対策本
 今日は、2021年から新たに始まる「大学入学共通テスト」の「英語対策本」を、以下にご紹介します。 現在高校2年生以下の方は、新テストへの心配が多々あるかと思います。 それに対しては、適宜このような新しい参考書を手に入れて勉強し、不安を解消するようにして下さい。

大学入学共通テスト・英語が1冊でしっかりわかる本

関正生著
かんき出版・税別1,600円
2019年7月発行

同目次
 
  
同中身1・プレテスト分析
  
  
同中身2・対策
  
  
同中身3・プレテスト
  
  
同中身4・目のつけどころ
  
  
2. リーデングでは問題文も英語で
 この本に記載されているプレテスト(2017年11月と2018年2月に実施)では、リーディングの問題文もTOEICみたいに英文になっています。 ただ、英文とはいえ、この問題文は短く易しいので、ほとんど心配することはありません。

  図やグラフの読み取りも
 また、リーディングでは、文書と合わせて図やグラフを読み取る問題もいくつかあります。 今から出題形式に慣れて、注意力を持って解けていけば大丈夫です。 ですから、本試験までにこのような問題をたくさん解くようにして下さい。 ひたすら練習あるのみです。

3. リスニングの話者は米人も英人も
 この本にはリスニングのCDが付属していないので、ここからはこの本に書いてあることをそのまま書きます。 リスニングの話者は、アメリカ人もいればイギリス人もいるそうです。 ですから、イギリス英語にも慣れてください。 日本人が比較的耳にしているアメリカ英語とは、少し違いますので。

  1度だけ読む場合もあるので
 また、問題によって、1回読まれるものと2回読まれるものがあるそうです。 新テスト受験生は、念のために、1回聞いただけで内容を理解・記憶出来るようにしておく必要があります。 これも、練習あるのみです。

4. 現時点ではお薦めの本
 この本の著者関先生は、英語教育のベテランで、TOEIC990点を取っているそうです。 問題ごとに書いてある高得点を得るための対策は、こちらも教育のプロである僕が読んでも十分に納得がいくものです。 現時点での新テスト英語対策本としては、この本をお薦めします。
 


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.