家庭教師の仙台ブログ

東北大生家庭教師日記47・カリフォルニア観光

 「名門進学会」家庭教師で、理学部宇宙地球物理学科3年の榎本晴日です。

   
      
  カリフォルニア観光をご紹介   
 今回は、春休みの海外研修についての3回目の記事、「土日のカリフォルニア観光」についてご紹介します^^ 2週間の研修のうち、観光に使える土日は1回のみでしたが..気合いで色んなところに観光してきました。 土曜日は主にシリコンバレーを、日曜日はサンフランシスコを観光しました。

1. 土曜日のシリコンバレー観光

A. INTEL本社前にて
  

  シリコンバレーには有名企業のオフィスが   
 土曜日は、シリコンバレーを回りました。 シリコンバレーには、AdobeやGoogle、Facebookなど有名な企業のオフィスが沢山あります。 産業の中心としてシリコンバレーは余りにも有名ですが、個人的にはシリコンバレーという存在が遠すぎて、ぼんやりと幻の大地のように捉えていました。(笑)

  同じ地球上にある
 それが、実際に行くことで、日本から連続した地球上にあるんだな…と分かり、初めてその存在を信じられるようになりました。 土曜日に観光したので、オフィスはどこも空いていなかったため、実際に働いている風景を見ることは出来ませんでしたが、オフィスに併設した博物館やお店がありました。


2. 日曜日のサンフランシスコ観光
 日曜日は、サンフランシスコを回りました。 サンフランシスコは、1日だけでは回りきれないほどたくさんの観光地がありました。 私は、アルカトラズ島の刑務所のツアーと、サンフランシスコバレエ団を観劇しました。

  連邦刑務所があった
 アルカトラズ島は、サンフランシスコの港から船で10分くらいの島です。 ここには、かつて脱獄不可能と謳われた連邦刑務所がありました。 しかし、1961年に3人の受刑者が脱獄に成功し、現在では刑務所は閉鎖され国営の観光地となっています。

B. アルカトラズ島からの眺め


 星条旗がはためき、いかにもアメリカらしい眺めです。

C. 脱獄囚が作った囮の人形
 

 上の写真は、脱獄囚が脱獄の発覚を遅れさせるために作った人形です。 石鹸と紙と毛髪で出来ているようです。

D. 刑務所の建物とカモメ
  
   
 アルカトラズ島には大量のカモメが住んでおり、気持ち良さそうに飛んでいました。 刑務所の展示には悲惨な歴史もあり、絶望の感情が漂うような建物と、自由に空を飛ぶカモメがとても対照的に写って、なんとも言えない気持ちになりました。

  Sleeping Beautyを観ました!
 もう一つの楽しみ サンフランシスコバレエ団。 私はクラッシックバレエが好きで、見るのも踊るのも好きです。 今回は初めて海外でバレエを観る機会がありました。 演目はSleeping Beauty(眠れる森の美女)で、古典でした。

E. 開演前のバレエ劇場
 
  
 バレエの演目自体もとても迫力があって刺激的でしたが、今回それ以上に印象的だったのは劇場の宮殿のような威厳と、観にくる人々の楽しみ方です。

  オペラハウスは豪華
 日本のバレエの公演では四角い箱のような会場が多いですが、演目が行われたサンフランシスコのオペラハウスは豪華そのものでした。

 また、バレエを観にくる人々も、演目前からワインを飲んだり食事を楽しんだりしていて、ゆったりと楽しんでいました。 ファミリーで楽しんでいるグループも多かったです。 日本よりも、バレエが休日のエンターテイメントの選択肢として受け入れられているのかな、と感じます。

 2日のみの休日の中にこれでもかと詰め込んだ、充実した観光でした。

  Uberのおかげで安全に
 最近アメリカではUberが普及していて、クレジットカードを登録しておくとアプリで自由にタクシーを呼ぶことが出来ます。 英会話に自信が無くても、行きたい場所をピンで指定するとそこまでの道順を考え、近くにいるタクシーに連絡をしてくれます。

  乗り合いプランは安い
 プランによっては乗り合いもあり、その場合は非常に安価で($2程度)利用することが出来ました。 友人と女子2人で行動することに少し不安がありましたが、Uberのおかげで安全に旅することが出来ました。

 日本ではタクシー会社がまだ主流ですが、規制が緩和されれば、これからUberのような一般車両を繋ぐサービスや複数人でのタクシー乗り合いが増えるのかもしれません。
   


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.