家庭教師の仙台ブログ

東北大学理学部生日記4・天文同好会の東北大祭

 皆さんお久しぶりです、こんにちは。 「名門進学会」家庭教師で「東北大学理学部物理学科」2年の榎本晴日(えのもとはるひ)です。


 東北大学では、11月2・3・4日にかけて学祭が行われました。 私は天文同好会というサークルに所属しており、 今回はこのサークルでの活動について紹介したいと思います。

天文同好会では学祭で展示を
 天文同好会では、展示企画を行いました。 望遠鏡展示や部員が撮った写真の展示、プラネタリウムの展示、などを行いました。 毎年天文同好会の展示は人気があるのですが、今年の学祭の展示部門では1位を取る事が出来ました!

 それでは、以下に、私たちの展示を一つずつ紹介していこうと思います。

1. 手作りのプラネタリウム
     
 展示の中のメイン企画に、プラネタリウムがあります。 皆さんは、プラネタリウムを見たことがありますか。 天文台や博物館で見ることの出来るプラネタリウムは、最新の機器を使っていて、とても大きな所で上映しています。

   すべて手作り・毎年改良
 しかし、私たちのプラネタリウムでは全てが手作りです。 重要な投影機材も、全て1から作られています(毎年作り変えるのは出来ないので、過去の先輩方の機材を使いながら少しずつ改良しています)。

 9月から2ヶ月間練習を重ね、学祭で上映出来るレベルに合格しなければ、実際に上映出来ない決まりになっており、1年生と2年生で一緒に頑張ってきました。 学祭本番ではとても好評で、ドームに入りきらないほどたくさんの方にお越しいただくことができました。

手作りプラネタリウム・外観
     
 ドームの外観です。 遮光素材が使われており、中は真っ暗になっています。 手作り感があります。(笑)

2. 写真展
 次に、写真展についてご紹介します。 写真展では毎年、部員によって撮影されたとても美しい写真が展示されています。 ほとんどは近辺の神割崎や宮城蔵王で撮られた写真ですが、中にはノルウェーまで遠征してオーロラを撮ってきた人もいます。

写真展の様子1
  
   
写真展の様子2
   

3. 望遠鏡の展示   
 また、「実際に観望の際に使っている望遠鏡」も展示しています。 望遠鏡に詳しい部員が、色々と説明しました。 更に、天文同好会では、年に2回グレージングという観測を行なっています。 そういった観測に関しても、展示があります。

天文同好会の望遠鏡
      
 ちなみに、わたしは、去年12月にグレージングに参加したのですが、その時は月の周りだけ曇ってしまい、観測することができませんでした…残念!!

4. 探査機の模型を展示
 更に、一年生による模型展示もありました。 今年は水星磁気圏探査機MMOでした。 余談ですが、このMMOに電磁気学の教授が関わっており、耐久試験やらでしょっちゅうヨーロッパへ出張していました。 そのため、何回か電磁気学の講義が休講になりました。 そういう意味で思い出のある探査機です。(笑)

水星磁気圏探査機MMOの模型1
   
   
水星磁気圏探査機MMOの模型2
  
  
 学祭は、大成功のうちに終えられることができました。 先にも書いた通り、展示部門で1位を獲ることが出来、とても嬉しかったです。

それでは!
    


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.