家庭教師の仙台ブログ

東北大学理学部生日記3・地球物理学コースに配属&帰省

 皆さま、お久しぶりです。 東北大学理学部物理学科2年の榎本晴日(えのもとはるひ)です。

   
     
1.「宇宙地球物理学科・地球物理学コース」に配属  
 9月下旬に学科配属発表があり、私は「宇宙地球物理学科・地球物理学コース」に配属されました。

 2年後期になると物理系の学生は、
  物理学科
  宇宙地球物理学科(地球物理学コース)
  宇宙地球物理学科(天文学コース)

に分かれ、より専門的な授業を受けます。

   実験グループ・理論グループがあり
 物理学科では、宇宙論や素粒子、原子核、物性などにさらに専攻が分かれ、それぞれに実験グループ、理論グループがあります。 実験グループも理論グループもそれぞれ違った良さ、難しさがあります。

 実験グループは国内外に大きな研究施設を持っていて、実際に最先端の実験設備のデータを使って研究出来るのが面白いところなのだと思います。

   スーパーカミオカンデなども見学
 以前、授業の一環として、つくばにあるKEK(高エネルギー加速器機構)のJ-PARCという施設や、神岡にあるスーパーカミオカンデ、カムランド禅、重力波望遠鏡KAGRAを見学させて頂いたことがあります。

 素粒子はとても難しい分野で、私自身は研究したいとは思っていないのですが….(!)、研究施設の設備は圧巻でした。

研究施設の設備


 話が逸れてしまいそうなので、以前見学したカミオカンデのことは今後また書きたいと思います。
  
   地球物理学が面白そうだったので
 東北大の物理学科は国内でもとても大きい規模のようで、様々な研究グループがあります。 かく言う私も、入学以前は物性理論について興味を持っていたので、物理学科に進もうと思っていました。

 しかし…! 色々な人に話を聞いたりするうちに、地球物理学コースも面白いと考えるようになりました。

   地球のことを色々と学べます!
 地球物理学コースでは、地震や火山、海洋、気象、宇宙(観測可能な範囲の宇宙)までを学ぶことが出来ます。 それよりももっと遠くの宇宙(銀河など)は、天文学コースが扱っています。

 専攻の志望を変えた理由は挙げれば色々とありますが…まとめると、こちらの方が楽しそうだと思ったからです!(笑) 後悔のないよう、頑張りたいと思います。

 地球物理学コースでの専門の授業が、先週から始まりました。 授業でどんなことが話されているのかは、改めてお話します。

2. 夏休みは横浜の実家に帰省
 夏休みのことを何も書いていませんでしたが、とても大学生らしくゆったりと過ごした夏休みでした。

 帰省した際には、高校の後輩の発表会にお邪魔しました。 中・高(一貫の女子校です)では、ハンドベルをやっていました。

ハンドベル
  
  
 久しぶりの高校でしたが、校舎が新しくなっていてとても驚きました。 ちなみに、高校の窓からはランドマークタワーなど、観光名所が近くに見えます。

ランドマークタワー
   
      
   合宿で自動車免許を取得  
 また、合宿で自動車免許を取りました。一人で行ったのですが、特に孤独を感じることなく過ごすことが出来ました。合宿免許はとてもお得なので、まとまった時間が取れる方はぜひ!

 自動車学校で一番苦労したのは、応急救護でした。 人工呼吸が下手で苦戦しました。

応急措置相手の人形


頂いた初心者マーク
   
    
 こんな私でもなんとか卒業することが出来て、Thanks a Lot! 感謝です。

   充実した夏休みでした!
 夏休みは、帰省と自動車学校と、さらにサークルでのプラネタリウムの練習でいっぱいいっぱいで、特に旅行などはしませんでした。 ですが、とても充実した夏休みでした!

 プラネタリウムのことは11月初旬に行われる学祭の頃に、改めて書きたいと思います。

 それでは!
   


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.