家庭教師の仙台ブログ

本:ダテなライフを楽しむための「仙台ルール」のご紹介

 仙台市で家庭教師をお探しのお父様・お母様、こんにちは。 「名門進学会」代表取締役の三沢やすしです。



 最近は暑いので、休日は外に出ないで、家の中で読書にふけっています。 そうした中で、今日は、昨日(日曜日)に読んだ仙台市民納得の仙台本・ダテなライフを楽しむための「仙台ルール」をご紹介させて頂きます。 受験勉強の気晴らしにもOK!な本です。
   
仙台ルール

都会生活研究プロジェクト(仙台チーム)
中経出版 2013年発刊 1,028円(税込み)
           
1. 内容は6編から
 内容は、「交通編」、「買い物編」、「食べ物編」、「街なか編」、「言葉・人間関係編」、「生活あれこれ編」の6つに分かれていて、他にはない仙台独自のものや特徴的なものを、愛情をこめてさりげなく面白く描いています。

2. 強風で止まる路線も
 交通編ならば、風が強い仙台、強風でよく止まるJRの路線があること。 秋など、落ち葉が積もって時々止まる仙山線、料金が高めの市営地下鉄、のことなどが載っています。

 買い物編では、仙台駅前と市内中心部のアーケード街、それに地元系デパート「藤崎」と外様のデパート「仙台三越」、あとは泉中央とあすと長町の大きなモール街、などに触れています。

3. もちろん仙台名物牛タンも
 食べ物編では、もちろん、何といっても、やっぱり、仙台名物牛タン。 それに加えて、同じく仙台名物の笹かまぼこ、銘菓「萩の月」、などが記載されています。

 言葉・人間関係編では、仙台のなまり(あまり無くなってきてはいるけれど)や独特の言葉遣い、特有の単語・省略語、などを面白おかしく載せています。

4. 楽天やベガルタ仙台も
 生活あれこれ編では、野球の「楽天ゴールデンイーグルス」、サッカーの「ベガルタ仙台」への熱い応援(僕も熱くなります!)や、教育サービスを提供する当社にも関係のある、学校(エリート校としてのナンバースクール、高偏差値大学としての東北大学、など)についても、もちろん記載されています。

5. 仙台市民が読めば納得
 僕や当社社員と同様に、強く仙台を愛する教育熱心な皆様、この本は、仙台に関するネタが満載ですので、皆様もぜひ一読されることをお勧めします。

 発刊年度が少し古いし、160ページ弱で小さめの本ですが、読めば、「ああ、やっぱり仙台ってそうだよね!」と言って納得することが多々あるかと思います。
    


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.