家庭教師の仙台ブログ

東北大生家庭教師日記8・お花見と外科実習

 皆様こんにちは。 「名門進学会」元家庭教師で東北大学医学部医学科6年の工藤有希乃(くどうゆきの)、5月8日のブログです。

   
                                                                                             
 みなさんゴールデンウィークはどのようにお過ごしでしょうか。 5年生は実習の兼ね合いで5月1、2日もお休みとなり9連休だったようですが、6年生は平日はいつも通り実習をしていました……。

 土日は帰省して、弘前の桜祭りに行ってきました。 弘前の桜は一見の価値ありだと思うので、皆さん是非見に来てくださいね!
  
弘前の桜
   
          
 来年働き始めてからはきっとゴールデンウィークは跡形もなく消えると思うので、連休をもらえる今のうちに楽しんでおいた方がいいですね!

1. 外科実習
 さて、4月後半は仙台市を離れて、太平洋側のとある病院で引き続き外科の実習をしていました。

 実習初日の月曜日だけは、朝5時半くらいに起きて準備をし、家を出てバスで実習先へ向かったので、朝が弱い私にとっては少しハードなスケジュールでした。 そのあとは、病院側のご厚意で宿泊場所を用意していただき、朝がすごく楽になったので大変ありがたかったです。

   スライド発表を
 外科の実習としては、朝・夕の回診やカンファレンスに参加したり、手術に参加したりと盛り沢山な内容でした。

 初日に突然、「今年から、実習生には担当症例の症例報告と、毎日のカルテ記載をお願いすることにしたからよろしくね。」と言われ、まさか外病院でも症例報告のスライド発表をやるとは思わなかったので焦りました……。

   スライドプレゼンテーション
 しかも、前に来た5年生の発表が相当印象的だったようで、先生方のプレゼンに対するハードルが上がっていて結構なプレッシャーです。

 実習期間は2週間だったので、初めの1週間はがんの取扱い規約や診療ガイドラインを読みつつ、毎日こつこつ発表用のスライドを作り、先生に添削してもらっていました。

   何とか無事にこなしました
 2週目に外科の先生全員の前で発表し、「だいぶしゃべるのが早いな」とは言われましたが、添削の甲斐もあって、内容についてはそれほど炎上したところがなくほっとしました。

   大学に戻って縫合の練習
 実習最終日には大学へ戻り、外科実習の締めくくりとして学生全員で豚の腸や血管をつかって縫合の練習をします。 1か月間、先生方が腸管を縫合するのを何度も見ていたので、それと同じような手技を自分でも経験することが出来てとても勉強になり、楽しかったです。

   もともと好きで
 もともと外科の手技が好きで、6年生の実習でも外科を選択しましたが、1か月間で縫合や糸結びなど沢山手技をやらせていただいたので、とても充実していました。

2. 小児科実習
 5月からは小児科で実習をしています。 外科とは全く違う雰囲気ですが、子供がとても可愛くて毎日癒されながら実習をしています。

 たまたま私と同じ名前の子と、同じ血液グループというグループで実習することになり、「Wゆきの」として頑張っています。(笑)

3. ヨット部に新入生が
 4月後半に新入生が入部する部活を決めるイベントがあって、私が所属する医学部ヨット部には7人のプレーヤー(ヨットに乗る部員)と4人のマネージャーが入部してくれました。

 医学部のヨット部としては1学年7人のプレーヤーというのはかなり多い方で、豊作の年となりました~!

 私自身は外科の実習で仙台に居ないこともあり、ほとんど新歓に行けなかったのですが、後輩たちががんばってくれてこのような結果となりました。

   医学部ヨット部の花見 
 4月に新入部員を交えた部活の花見がありましたので、写真を載せておきます。

ヨット部の花見
        
 私も、早く1年生と仲良くなれるように頑張りたいです。 1年生とは5歳年が離れていることになるので、そろそろジェネレーションギャップを感じそうで不安です……(笑)

   吹奏楽部の練習もそろそろ
 吹奏楽部についても、4月は外科実習で疲れていてほとんど練習しに行けなかったです。 そろそろ7月のコンサートに向けた合奏が始まるので、時間を見つけて楽器のリハビリを始めたいところです。

 5月病にならないよう、今月も実習と部活とアルバイトを両立させたいと思います!
 


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.