家庭教師の仙台ブログ

東北大生家庭教師日記7・卒業式&追いコン・新歓

 仙台市で家庭教師をお探しの皆様、お久しぶりです。 「名門進学会」元家庭教師で東北大学医学部医学科6年の、工藤有希(くどうゆきの)です。

   
                                                               
 3月は多忙のため更新ができず、申し訳ありませんでした。 部活の先輩の卒業式に行ったり、追いコン(追い出しコンパ)があったり、病院見学に行ったりと充実した春休みを送っていました。

先輩の卒業式
                                                                                                                                                                                            
追いコンの1コマ
   
       
1. 無事6年生に進級                                                    
 4月になり無事に6年生に進級することができました。 まだあまり6年生という実感がわかないのですが、残り少ない学生生活を楽しんでいきたいです。

2. 新歓(新入生歓迎)について
 さて、4月といえば新歓の季節です! 医学部の部活の新歓ですが、基本的に部活の先輩方とご飯を食べに行ったり、部活を実際に体験したりと基本的に全学の新歓と似ています。

   豪華な食事食べ放題!
 全学の部活と少し違うところは、しゃぶしゃぶ、焼き肉、お寿司などちょっと豪華なお店に連れて行ってもらい、参加してくれた新入生はどれだけ食べても飲食代がすべて無料(!)という点です。

 各部活で新歓の日程は違うので、うまく日程を調整して沢山の新歓に行くと、色々な部活の先輩と仲良くなれる上に4月の食費を浮かせることが出来て、新入生にとってはとてもお得です。

   貴重な機会を
 自分が1年生だったころを思い出すと、ちょっと人見知りだったこともあってあまり新歓に行かなかったのですが、今思い返せば無料でご飯が食べられて先輩とも仲良くなれる貴重な機会を逃したな~と残念に思います。

 勇気を出して行ってみれば良かったです。

   新入生の皆さん新歓に行きましょう
 どの部活も新入生に楽しんでもらうべく頑張って新歓をしているので、これを見ている新入生の方が居るのなら、ぜひ遠慮せず新歓に行ってみてくださいね!

   医学科女子は争奪戦に
 また、医学科女子についてですが、東北大学は女子の人数が少なく(医学科で20人前後)、各部活で毎年争奪戦が繰り広げられているようです。

 中には新入生を入れないと東医体(東日本医科学生総合体育大会の略で基本的に医学科の学生しか参加できない大会)の女子団体戦にエントリーできないという部活もあるので、新歓には気合いが入っています。

   ヨット部でも新歓やってます 
 私の所属する医学部ヨット部でも、新歓をやっています。 焼き肉やしゃぶしゃぶ、イタリアン食べ放題に行くほかに、試乗会をする日には、天候が良ければヨットに実際に乗ることもできますよ(宣伝!)。

  
3. 6年生の実習について
 6年生の実習は、4月3日から始まっています。 東北大学では6年生の実習を「高次医学修練」と呼び、4月から9月まで夏休みを除き、1か月ずつ自分で選択した診療科で実習します。

   外科を選択しました
 私は4月に外科を選択し、大学病院ではなく外病院で実習をすることにしました。 実習は8:15にICUに集合し回診に参加するため、6:30ころに起きて準備して家を出ています。

 春休みに遅寝遅起きの習慣がついていたので、ここで狂った体内時計を実習に合わせていく過程がなかなかしんどいです……。

   毎日手術を見学
 外科実習は基本的に毎日手術を見学しているのですが、先生方の外科結びや縫合、鈎引きなど研修医になった時にやるであろう基本的な手技をたくさん見学することが出来ます。

 自分で外科結びや縫合を練習していると、やはりなんとなく手つきがぎこちないので、この機会に先生方からコツを盗みたいところです。

   はさみの使い方も
 もちろん、先生から手技の指導もあります。 はさみについてですが、普段、紙を切るときのはさみの使い方と手術の時の糸を切るはさみの使い方は全然違うようです。 なるほど、勉強になります。

 今実習でお世話になっている病院にはあと1週間しか居られないので(その次からはまた別の病院へ実習に行くため)、来週も先生方から沢山のことを吸収してこようと思います!
  


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.