家庭教師の仙台ブログ

家庭教師の留学体験記13・留学中にやるべきこと2

 「名門進学会」家庭教師 浅野早織(あさのさおり) の留学体験記、今日はその第13回目(最終回)です。 ぜひご覧下さい。

Šî–{ CMYK

 1. とにかく、プライドを捨てて捨て身で頑張る!
 人前で恥をかくのは当たり前! どんどん話しかけてどんどん質問する! をモットーに現地の学校生活を乗り切りましょう。 私は、とにかく、いろんな人に質問したり、話しかけたりしていました。

 最初はそれこそ、授業が行われる教室を探すのも一苦労だったので、そういう時もどんどん人に話しかけて助けてもらっていました。

    話しかけるのには勇気が必要
 こうやって文章で読むと(日本にいると)「話しかけたりするのだってそんなに大変なことかな?」と思うかもしれませんが、実際、現地に行って英語を使って、新しく来た留学生と言う立場でいろんな人に話しかけるのはかなり勇気が必要です。(特に高校生の時期は、ちょっぴりみんな背伸びをしていて、アメリカの田舎の高校だと、グループがはっきり分かれていたりしていて話しかけづらいことも多いです。)

 私も、最初はなかなか話しかけられず苦労しました。 それでも、あるクラスで近くの席だった子に勇気を持って話しかけたところ、たまたま共通の話題があり仲良くなり、今でも連絡を取り合っていて、つい先日山形まで遊びに来てくれました。

    話しかければ良い縁ができる 
 本当にたまたま近くの席だったから、話しかけただけだったのに、それが帰国後も続いて、気づけば山形まで来てくれていました。 どこにいい縁があるか本当にわからないものです。

 せっかく勇気を出して留学したのだったら、勇気を出して周りの人と積極的にコミュニケーションを取っていきましょう。

 2. 他の国から来た留学生とも積極的に話してみる
 留学すれば、他の国から来た留学生とも話す機会が多くあると思います。 日本から留学するのはそんなにハードルが高くなくても、国によっては留学が非常に難しく、本当に優秀で、国の代表として選出されて留学しに来たような人もいました。

ニューキャッスル大学・寮のキッチン
img_0034

 そういった人と話していると、同じ10代の学生とは思えないほど、責任感や使命感をしっかり持っていて、話をしていても学ぶべき点が本当にたくさんありました。

 また、様々な文化を知る機会にもなりますし、同じ留学生と言う立場から悩みを共有することもできます。留学期間悩むことも多いのでそう言った友人を作るのも非常に大切だと思います。

 3. 英語がある程度慣れてきたら・・・(留学中〜帰国後)
 英語がある程度慣れてきたら、自分は人に何を伝えたいのか、どういうことがしたいのか考えていくことも大切です。

 たくさんの外国人が目標を持って集まるような場所では「母国語が英語ではない外国人が英語を話す。」ことは珍しいことではなく、ごくごく当たり前のことです。

    伝える内容をしっかりと持つ 
 ですから、英語が自由に使えても内容のない話しかできない人よりは、むしろ少しぐらい英語が下手でも、人に伝える内容をしっかり持っていたり、目標がしっかりしていたり、何か秀でた部分がある方の人が評価されます。

 学生時代に普段の生活でそう言った部分をアピールすることはないかもしれませんが、今後、さらに学問的な留学、キャリアのための留学を考えているならこう言ったことも考えておく必要があると感じました。

 英語はあくまで道具なので、それを使って自分に何ができるか、何がしたいかを改めてしっかり考えて努力していかなくてはと私自身も今も奮闘中です。

<最後に>
 ここまで、私自身の経験やそこから思ったことを中心に、色々お話しさせて頂きました。 留学の目的も仕方も内容も十人十色だと思いますが、少しでも私の経験談が皆さんのお役に立てれば幸いです。


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.