家庭教師の仙台ブログ

家庭教師の留学体験記7・高校留学時&大学での英語

 仙台市の皆さま 「名門進学会」家庭教師 浅野早織(あさのさおり)の留学体験記、今日はその第7回目です。 ぜひご覧下さい。

Šî–{ CMYK

<この頃の英語>
 小学生の時に、ある程度英語での会話は成り立つようになっていたので、ホームステイ先の家族との意思疎通にはそこまで困ることはありませんでした。

  1. 最初は苦労して 
 とはいえ、高校に通って授業に出たり、テストを受けたりするのは、やはりそれなりに苦労しました。

 授業のあと改めて聞き逃したところを友達に聞いたり、先生に質問したりしなくてはいけないところも多くあり、最初のうちは、自信を失う事も多くありました。

  2. 心理学の授業では特に 
 心理学の授業では、課題の文章を時間内に読み、それについてレポートを書くというものがあり、そう言ったものはやはり、周りのネイティブスピーカーの子達とは大きく差が開いてしまい、非常に苦労しました。

  3. 英語力の向上 
 また、小学校の頃は、家族と過ごしている時は日本語を使っていましたが、高校時代にはホームステイで日本語を使う機会が全く無かったため、最初のうちは気の休まる時がなくて、毎日毎日英語を話すことに疲れてしまっていた時もありました。

 でも、そんな中毎日過ごしているうちに、自身の英語能力が徐々に伸びているのが実感できるようになりました。

  4. ホストマザーの助け 
 加えて、私の英語力の向上に非常に助けになってくれたのが、ホストマザーの存在でした。 ホストマザーはおしゃべりが大好きな人で、私の拙い英語にも辛抱強く付き合っていろんな話をしてくれました。

 家にいる時は夕食後ソファに座り毎日、何時間も、何時間も一緒に話してくれましたし、救急隊員として夜勤があるときでも、勤務先から家に電話をかけてくれて色々な話をしました。

  5. ホストマザーとは未だに 
 英語の向上だけでなく、働く女性としてのその考え方や生き方からも多くのことを学ぶことができました。 留学終了後もずっと連絡を取り合っていて、高校卒業時、大学二年の春休みに遊びに行ったぐらい未だに仲が良いです。
 
 私の、医者になりたいという夢もずっと応援してくれていて、医学部に合格した時も、自分の両親に伝えた後すぐに連絡しました。 その時も、本当に自分のことのように喜んでくれて嬉しかったのを覚えています。

  6. 留学で会えるものには出会いも 
 留学で得るものは「英語」や「知識」だけでなく、こう言った「人との出会い」や「繋がり」もあると思います。

 生れた土地も、話す言語も人種も全く違う人間同士が出会って、色々の意見の違いを話し合ったりしながら、絆を深めていくという経験は非常に貴重で、このホストファミリーとの繋がりは、私にとって何にも変えられない大切なものになりました。
 
<高校留学を経て>
 一年の留学を通して、様々貴重な経験をし、素晴らしい出会いもたくさんありました。 また、初めて親元を離れて生活することで、家族の大切さにも気づくことがありました。
 
 英語力に関しては、帰国後には、英検準1級を対策なしで受かるくらいの英語力になっていました。 この英検も、周りに進められてなんとなく受けただけで、自分自身はあまり重きを置いていませんでした。

  英語で伝えられるようになって 
 英検が何級であるかとかテストで何点であるかということよりも。自身の伝えたかったことが伝えられるようになった、前よりも難しい概念の議論が英語で出来た。というような経験が自身にとっては非常に大きく、自信につながりました。
 
<大学入学後>
 大学入学後、しばらくは医学の勉強で精一杯で、2年生時の春休みにホストファミリーに会いに行った以外は、あまり英語を使う機会はありませんでした。(もちろん、洋書を読んだり、洋楽・洋画鑑賞をしたり、英語と触れ合うことは、日常生活の中に組み込まれていました。)

  1. 「名門進学会」家庭教師として英語を指導
 大学入学後は、この「名門進学会」の家庭教師として、たくさんの生徒さんの英語の指導に当たってきました。 大学入試時に改めて文法書や参考書を読み、英語をもう一度今までとは違った角度からも勉強していましたが、生徒さんに指導することで、また違った角度から英語を学ぶことができました。

  2. 英語で医学論文を読めて 
 大学入学後、カリキュラムの関係上、海外に行ったりする機会はありませんでしたが、医学に関する論文を英語で読んだりする機会はありました。 多くの最新の論文は英語で書かれており、英語を読むことの抵抗がないことは非常に役に立ちました。

 そして、大学の先輩にアメリカの国家試験の位置にあるUSMLEという試験に合格されたかたがいるというのを聞き、医学英語の取得のためにも、その試験の問題集にも取り掛かるようになりました。

  3. イギリス医学留学に応募しました 
 その頃、イギリスの大学の医学部に短期留学できるプログラムがあり、大学の単位として認めていただけるということだったので、ぜひチャレンジしたいと思い、応募してみました。

 今までの留学はアメリカで、旅行ですらヨーロッパは行ったことがなかったので、また一つ自分の価値観が変わるではないかと思いました。

  4. 今回は医学生としての経験も
 また、今回はイギリスの病院で実習をさせていただけるので、医学生としての経験値も得られると思い、何としてでもチャレンジしたいと思っていました。
   


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.