東北大医学部6年間の体験記
TOP > 東北大医学部"6年間"体験記TOP > 5年生その1

5年生その1 臨床実習

4年生後期 OSCE と CBT

 5年生からいよいよ臨床実習が始まります。全国的にはポリクリと呼ばれていますが、東北大学ではなぜか SGT(Small Group Teaching)と呼んでいます。

 8人でグループを組み1年間一緒にすべての診療科をローテートします。このグループ割りは教務で決めてしまうため、個人に選択権はありませんが、どのグループも最終的には仲良くなり楽しく実習を行っていました。

 東北大学は女性の数が少ないため、私もグループでは女性1人でしたが特に問題になることはなく、むしろ実験台にされる機会が少なかったり、近くの病院に優先的に行かせてもらえたりと、なんだかんだ得をすることが多かったです。

 新学期が始まってすぐに、白衣授与式というものがあり、ここで憧れの診察衣をいただきます。袖に東北大学のロゴが入っており、そのおそろいの白衣を着て、いよいよ実習のスタートです。

SGTスタート

 1つの診療科を回る期間は2~3週間で、チームの一員として診療に参加します。
 科によってやらせてもらえることは様々ですが、大体どの科でも、初日に担当となる患者さんを1人決めることから始まります。当然チームにいる患者さんすべての経過や治療を学ぶのですが、担当となった患者さんに関しては特に重点的に勉強をしていきます。

 自ら担当患者さんのお話を聞きに行って経過をカルテにまとめたり、指導医の先生に状態の報告をしたり、最終日には他の学生にむけて担当患者さんの経過を発表したりして、その患者さんの疾患について深く学んでいきます。  もちろんまだ医師免許をもっていませんし、直接処置を行ったり治療方針を決めたりできるわけではありませんが、実際に白衣を着て患者さんに接するわけですから責任をもって行動しなければなりません。

初めての外科実習

 私が初めてローテートした科は呼吸器外科でしたが、初っ端から様々な洗礼を受けました。

 外科を回ると、第二助手として手術に参加することがよくありますが、手術は何時間にも及ぶことが多々あります。

 私は運動部に所属していてそれなりに体力には自信がありましたし、今まで血を見ても気分が悪くなるということは一度もありませんでした。どうってことないだろうと特に何も気にせず手術に挑みましたが、過度な緊張からか2時間が経過したころからだんだんと血の気が引いてきてしまい、立っていることができなくなってしまいました。

 手術の最後の皮膚の縫合はやらせていただけることになっていたため、事前にたくさん練習をして、楽しみにしていたこともあり、とても悔しくそして情けなく思いました。

 それからは脚の筋肉を鍛えてみたり、手術前に水分を多く取ったり、弾性ソックスを履いてみたりと色々工夫をしましたが、術野から何度も離脱してしまいました。外科の先生でも、学生時代には体調を悪くしたことのある人もいるというお話を聞いていたので、環境に慣れれば治るだろうと思いつつも、しばらくは低血圧を克服することができませんでした。

 また、担当の患者さんの経緯や体調の変化をカルテに記載するため、患者さんに1人で会いにいかなければならない時も幾度となくありました。

 ある日“○病疑い ”の患者さんにお話を伺うべく1人で会いに行ったときに、「 ○病だと初めてわかったのはいつ頃でしょう?」と聞いてしまい、「まだ ○病だと決まったわけじゃないと思っていたのに、そんな風に言われてすごく残念だ。」と患者さんを傷つけてしまいました。

 不安を抱えて入院されているのだから当然のことなのですが、もう学生の相手はしたくないと拒否されてしまったこともあります。言葉の選択や振る舞いには細心の注意を払わなければならないということを、身をもって学びました。

 そして、どの科でも週に1度、教授による総回診があります。テレビドラマで見るほど仰々しいものではありませんが、教授がすべての患者を診察し、診療が適切になされているのかのチェックを行います。

 診察の前に、教授に患者さんの1週間の経過をプレゼンするのですが、学生も当然先生方と一緒にプレゼンを行います。今ではだいぶ慣れましたが、初めは発表手順や検査所見の述べ方などわからないことばかりでしたし、資料を準備するのにも時間がかかりました。

 初めてのローテート科の教授はとても熱心な先生で、教育的な質問やレクチャーをたくさんして下さりました。これは学生からすれば大変喜ばしく貴重なことなのですが、とても緊張しましたし、自分の不勉強さを痛感し情けない気持ちになりました。

 そんなこんなで初めてのローテートは慣れないことの連続でしたし、様々な洗礼を受けて身体的にも精神的にも苦しかったです。しかし先生方がみな親切にフォローしてくださったので、これから修行を積んで成長をしなければと意欲をもつことができました。

※どなたでも自由にダウンロードしてお読みいいただけます。ただし著作権は放棄しておりません。
※サイトでの再配布行為は禁止いたします。

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.