やすしの合格勉強法
TOP > やすしの合格勉強法  > 合格勉強法

やすしの合格勉強法

1
受験生には効率的な勉強法が必要です

 受験生がいくら長時間勉強しても、正しい効率的な方法で勉強しなければ成績は上がりません。
 たとえば英語では、文法から覚えようとするとか、単語帳を作って単語のみ覚えようとすると上手くいきません。
 これに対して、最初に英文の構造がどのようになっているかをつかむ勉強、つまり教科書を音読して丸暗記するような勉強をすれば、英語の成績は確実に上がります。 文法は後付けでOK! 単語は、単語帳など作らず文章の中で覚えればよいのです。

 このように、教科毎に正しい効率的な勉強法成績が上がらない勉強法があります。
 それを知らないで間違った勉強法でがむしゃらに勉強しても、ずば抜けた頭脳を持っていない限り成績は上がりません。
 受験生が成績を上げるためには、正しい方法で勉強する必要があるのです。

2
受験に合格するための勉強法があります

 学力を上げるための勉強法に加えて、受験に合格するための最短の勉強法があります。
 筆記試験である限りどのような試験でも、受験に合格するためには、本試験と一番出題傾向が似ている問題である過去問を、繰り返し繰り返し解くことが最良・最短の学習方法です。 よくある第3者が作成した対策問題などは、本試験とかなり出題傾向が異なる場合がほとんどなので、解く必要はありません。 また同じ理由で、模擬試験も何度も受ける必要はありません。

 受験に合格する勉強法については後で詳述しますが、まず早い時期に過去問を1回解いてみて、出題の傾向難易度をつかみ、それからそれに合わせて教科毎に学力の上がる勉強法で勉強して合格できる学力を付けるのです。
 そして、本試験が近づいたら最低でも5年分の過去問を繰り返し繰り返し解いて、問題と問題を解くことに完全に慣れて本番を迎えるという方法がBestです。

※どなたでも自由にダウンロードしてお読みいいただけます。ただし著作権は放棄しておりません。
※サイトでの再配布行為は禁止いたします。

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.