英語超勉強法
TOP > 1.英語超勉強法TOP > さらに英語力を高めたい方へ2

さらに英語力を高めたい方へ2

1
私自身の経験から2

 日本に帰ってきてからは、とにかく沢山、いろいろな種類の英語に触れる努力もしました。 ドラマ、映画、音楽は元々海外のものが好きだったのもあって、帰国後もよく見ていました。 しかし、触れる英語が自分の好みのジャンルに偏ってしまいがちになっていたので、なにかもう少し知識が広がるような、普段自分が触れないようなジャンルの英語に触れることが大切だと思い、普段読まないジャンルの難しいそうな本を読んでみる努力もしました。 ただこれは、なかなか続きませんでした(笑)。

2
TED (Technology Entertainment Design)

 そんな時に、見つけたのがTEDのサイトでした。 TEDはTechnology Entertainment Designの略で、毎年大規模な講演会を行っている団体です。 講演数は膨大で、そのジャンル、テーマも様々です。 また、世界各地から演者が集まるので、色々な訛りの英語にも触れることができ、とても面白いです。また、英語が母国語でない方の講演を聞くと、英語が母国語でなくても、こんな風に英語を使って人前で話せる人もいるのだと勇気がわき、自分も頑張らなくてはとモチベーションも上がります。

 何よりテーマが様々で、政治、科学、恋愛、医学、芸術など本当にたくさんの種類の講演があります。 内容も難しいものもありますが、演者の方のプレゼンテーションが非常に面白く、退屈せずに聞くことができます。 それらが無料でネット上で見ることができます。  英語だけでなく様々なジャンルの教養もつくので非常におすすめです。

3
積極的に英語を話す

 もし、学校などで外国人英語講師の方がいる場合や、英語を話す機会がある場合には積極的に話してみましょう。 その際には、前もって普段学習している時に、「この表現使ってみたい、覚えたいな。」と思った単語・フレーズをあらかじめ用意しておきましょう。 ここで勇気を振り絞って使った単語・フレーズは自分の中できちんと定着させることができます。

4
留学して英語力が伸びる人・伸びない人

 また、よく聞かれる質問として、「留学したらみんな英語できるようになるの?」や「やっぱり日本にいたら、留学した事ある人のようには、なれないの?」があります。 もちろん、留学すれば自然と英語と触れる機会は多いですし、英語を伸ばしやすい環境には身を置くことができます。

 しかし、留学したすべての人が英語ができるようになって、英語の試験で高得点を取れるようになるわけではないと思います。 留学してもいまいち、英語が伸びなかったなんて人も残念ながら何人か見ています。 中には留学を断念して帰国した人もいました。

 そういった人の特徴としては、「間違いを恐れて、人前で英語を使わない。」「できないことを受け入れられない。」「積極性がない。」人が多かったように思います。 英語の学習をする時に、覚えておかなくてはいけないのは、「間違いを恐れない、人が自分の英語の評価をすることに怯えない。」ということです。 それは留学していても、日本国内で英語の勉強をしていても同じです。

 学校で外国人英会話講師と話す機会があったら、間違いを恐れず、積極的に話しかけていったり、英語の先生に英作文の採点をしてもらったり、友達を勉強に巻き込んだり、なんだって、積極的に、かっこ悪いと思われたっていい!と割り切って自分からどんどん英語を使っていくことが大切です。 日本国内でそういった努力ができない人が留学をしても、思ったような結果はなかなか得られません。

5
英語で広がる世界

 英語を学び、英語を使えるようになると、自分の見る事、知る事、感じる事の幅がぐんと広がり、本当に楽しいです。 英語のテストの点数がいいとか、試験に通るという事も非常に大切ですし、結果が出せるとうれしいですよね。
 ただ、私自身は、それより、英語を使って自分と全く違うバックグラウンドの人とコミュニケーションが取れたり、ネットで最新の情報をいち早く英語で知れたりする時の方が英語を勉強してよかったなあ。と思う瞬間だったりします。

 前のページでもお話しましたが、あくまで英語以外の科目の勉強や試験勉強、普段の授業がまず、第一に大切なので、それらに支障のないように勉強してほしいのですが、これを読んでくださっている方の中で、英語を勉強して、使えるようになる事で人生がより楽しいものになった!と思ってくださる方が一人でも増えたらいいなと思います。

 その過程の中で、私の体験談が皆さんのお役に立つことができればよいなと思います。 私自身もまだまだ勉強しなくてはいけない事、吸収しなくてはいけない事が沢山あり、日々悩んだり躓いたりしながら英語と向き合っています。一緒に頑張っていきましょう。

 

※どなたでも自由にダウンロードしてお読みいいただけます。ただし著作権は放棄しておりません。
※サイトでの再配布行為は禁止いたします。

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.