家庭教師の仙台ブログ

東北大学医学科生日誌22・スペインの食事 & 麻酔科実習

 皆さん、こんにちは! 東北大学医学部医学科5年の岡田悠希です。 雪は落ち着きましたが、まだまだ寒い日が続きますね。



【スペイン旅行・食事編】
 さて、前回のスペイン旅行記の続きです! 今回は、バルセロナの「食事」についてお届けしたいと思います!! ぜひ、ご覧ください。

   スペインと言えば「バル」
 スペインといえば、何といっても「バル」ですよね! 街中にはおしゃれな立ち飲みスタイルのバルが並んでおり、有名店では夜になると店の外まで人が溢れかえります。

 バルでは、カウンターに並んだ新鮮な食材を指さすだけでオーダーできるので、スペイン語は話せなくても全く困ることはありませんでした。

 せっかくですので、バルの料理がどのようなものか分かる下の写真3枚をご覧ください。

バルの写真3枚
  
  
  
  
    
   
   発泡ワイン「カヴァ」
 僕たちは、バルでは、「タパス」という一口おつまみと「カヴァ」というスパークリングワインを頼むことが多かったです。 コスパも非常によく、お腹一杯のタパスと気持ちよく酔えるだけのカヴァを頂いても、2人で1食1500円ほどでした!

 あまりにも気に入ったので、余ったお金はすべてお土産のカヴァにつぎ込みました!(笑)

カヴァ
    

   あとはパエリアを  
 あと、スペイン料理で有名なのは、やはりパエリヤでしょうか。 こちらも、本場のものは最高でした…!

地元有名店パエリア店にて
     
        
麻酔科実習
 一ヵ月の長い外科実習が終わり、次の実習先は麻酔科でした。 麻酔科は一週間しか実習がないため、毎日新たな知識を詰め込む濃厚な毎日となりました。

   麻酔とは「鎮静・鎮痛・筋弛緩」
 そもそも麻酔とは「鎮静」「鎮痛」「筋弛緩」の3つの要素から成り立っており、先生方は患者さんの様子、手術の進行を見ながら3要素のバランスを調整していきます。

 使用する薬剤は麻薬や呼吸の筋肉まで停止させるものなので、一歩使用方法や投与量を誤ると患者さんに重大な不利益をもたらし、最悪の場合死に至ることもあります。

 そのため、麻酔科の先生方は、手術を一歩引いた場所から冷静に俯瞰し、手術を適切にコントロールして患者さんを守っています。

   毎朝8時から
 麻酔科の朝は早く、毎日8時よりその日手術のある患者さんのカンファレンスがあります。 毎日ほとんど会ったことのない患者さんの生命を握ることになるので、リスク管理がとても重要なのです。

 カンファレンスの後は手術室へ向かい、患者さんに生命活動のモニター類を装着したり点滴をつけたりして麻酔の準備をします。

   手術開始時に麻酔を
 手術が始まる際には麻酔を導入し、患者さんの呼吸が止まった後に気管挿管をして人工呼吸を開始します。

 その後は手術の様子を見つつ薬剤の量の調整や、必要な薬剤・点滴の追加など、手術が終わって患者さんが目を覚ますまで気の抜けない仕事が続きます。

   手術シミュレーターで
 学生もリアルな手術シミュレーターを使って麻酔の導入から覚醒まで体験するのですが、とても大変でした。

 刻一刻と変化する患者さんの容態に合わせて僕たちも対応しようとするのですが、そもそも麻酔の3要素の適正投与量もわからないうえに、たくさんの種類の薬剤からどれをどのように投与するかも決定しなければならず、輸血の判断も明確な基準を知らないため、右往左往してしまいました。

 バタバタしながらも、なんとか手術のシミュレーションは終えましたが、命を握る大変さを実感し、反省点もたくさん見つかりました。

   縁の下の力持ち
 一週間という短い間でしたが、普段意識してこなかった「縁の下の力持ち」の麻酔科の醍醐味に少し触れられた気がしました! 麻酔科の先生方、ありがとうございました!
    
 次回も実習と旅行の続きを書く予定です。 それでは失礼いたします。
  


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.