家庭教師の仙台ブログ » 東北大学医学科生日誌20・外科実習 & ライブに行って
家庭教師の仙台ブログ

東北大学医学科生日誌20・外科実習 & ライブに行って

 皆さん、こんにちは! 東北大学医学部医学科5年の岡田悠希です。

  
   
 仙台では毎週のように雪が降り積もっていきますが、皆様の地域は大丈夫でしょうか。

1. 2018年初めの外科実習
 冬休みもあけ、2018年の最初となる実習は「外科」でした。 外科は他の診療科とは違い、例外的に4週間かけて実習を行います。 大学病院ではない外部の病院へ行く期間も長いです。

 僕は大学病院では「肝臓・胆嚢・膵臓/胃腸」外科の肝臓・胆嚢・膵臓グループでお世話になることに決まりましたが、1月上旬の2週間は「JCHO仙台南病院」で学外実習を行いました。

JCHO仙台南病院
   
         
 比較的新しい病院で、中もとてもきれいです! しかし、仙台南とは言ってもほぼ名取市に位置しており、毎日通学するのも一苦労でした。

   外科手術の助手として
 JCHO仙台南病院では、毎日外科の先生方と一緒に手術に入り、助手として勉強させていただきました。 外科には四人の先生方がいらっしゃるのですが、4人の先生方ですべての消化器の手術をこなされています。

 僕が行った期間は特に忙しかったようで、8日間の実習で10件助手を務めました。

   疾患は多岐にわたり
 扱った疾患は、胃癌、大腸癌、膵臓癌、肝臓癌、胆石症、虫垂炎など多岐にわたり、術式も開腹手術、ラパロ(腹腔鏡下)手術のどちらも体験することができました!

 毎日のように日中は立ちっぱなしでとても疲れましたが、閉創の縫合なども任せて下さって、とても良い経験になりました。

   実際の縫合は緊張して
 実際の患者さんの傷を縫合することは、豚肉などを使った練習とは勝手も違うためとても緊張して大変でした。 そうして2週間の外病院実習が終わったため、残り2週間は大学病院へ。

 またの機会に、大学病院での外科実習をご報告いたします。

2. 勉強の息抜きに…ライブ!!
 毎日の図書館での勉強はとても疲れます… ということで、息抜きに友人とライブに行ってまいりました!

   バンド「a flood of circle」仙台公演に
 現在もバンド活動をしているバンドで、僕がぶっちぎりに大好きな「a flood of circle」による全国ツアー、「a flood of circus 2018 大巡業」です!!

 ボーカルの渋く力強い声、曲の疾走感、フレーズ一つ一つのカッコよさ全てに惹かれ、比較的マイナーなバンドながら高校の時からずっと応援しているバンドです。

   「SAKANAMON」も
 そして今回の仙台公演では、対バンに、これまた高校から大好きな「SAKANAMON」が出演されました。

 さわやかな3ピースギターロックバンドですが、独特の世界観、歌詞の遊び心、ライブパフォーマンスなど、一度惹かれると病み付きになってしまいます!

   会場はJUNKBOX
 雪の降る中やっと着きました!! 会場は仙台JUNKBOX(FORUS地下)です! 入り口には「a flood of circus」のバルーンが!

入口のバルーン
  
     
   夢中だった3時間!  
 大好きな2バンドのライブは3時間とは思えないほどの濃さで、気が付けば終わってしまいました… 

 ライブハウス内はバンドの熱い演奏ととファンの熱気で死ぬほど暑く、3時間ぶっ通しで叫んで飛んでいたので、終わるころにはTシャツが汗でものすごいことに(笑!)

 途中で、大好きなボーカルが客席に殴りこんでくるときに、自分が一人で下半身を支えていたときは、本当に楽しかったです!!

   最後にグッズを購入・サインももらえて
 さて、そんなライブも終わってグッズ購入! なんと今回はSAKANAMONメンバーが直接物販をしてくださったので、Tシャツを購入&サインをもらえました!

SAKANAMON Tシャツ
  
         
他にも、a flood of circleのTシャツと、
a flood of circle Tシャツ
    
                
キーホルダーを買ってしまいました!
a flood of circle キーホルダー
    
           
 両バンドには大感謝です! それでは失礼いたします。
  


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.