家庭教師の仙台ブログ

仙台国際ホテル・「コーヒーハウス」で話題の教育書を!

 仙台市で家庭教師をお探しのお父様・お母様、こんにちは。 「名門進学会」代表取締役の三沢やすしです。

                      
 最近は、当社家庭教師・東北大学医学部医学科5年生の岡田君がよくブログを書いてくれるので、ご無沙汰しておりました。 お久しぶりです。
     
 今日は、先週の金曜日の午後に、仙台国際ホテル1Fのカフェ「コーヒーハウス」で、少し前に話題になった教育書「学力の経済学」を読んだお話をさせて頂きます。

アイスカフェラテを飲みながら
 このホテルは「ウェスティンホテル仙台」と並んで当社から近いので、気分転換に本を何冊か持って持ってよくお茶を飲みに行きます。 今回は、アイスカフェラテ(税込み770円)を飲みながら読書に耽りました。

仙台国際ホテルの前から


コーヒーハウス入り口


コーヒーハウスの窓から
   
  
アイスカフェラテ


本・「学力の経済学」のご紹介
 それでは、教育熱心なお父様・お母様お待ちかねの、この日読んだ教育書「学力の経済学」(中室牧子著)のご紹介を致します。

学力の経済学

著者:中室牧子(慶応義塾大学総合政策学部准教授)・教育経済学が専門
ディスカバー・トゥエンティワン・税別1,600円
2015年6月18日初版発行

データを重視することが大事
 この本の著者中室牧子先生は、慶応義塾大学を卒業した後ニューヨークにある名門Columbia大学(Harvard大学をはじめ8校あるIvy Leagueの1つ)でPh.D(博士号)を取得しています。

 こういう方が著者なので、アメリカで経済学系の教育を受けた多くの方同様、データを重視した実証分析及びそれを得るために実験してみること、を重視すべきであると記しています。

 今までこういった考え方がほとんど無かった日本の教育でもそれを行っており、得られたデータからから、多くの俗説が間違っていることを鋭く指摘しています。

教育経済学による実証・実験分析の結果
 上段を受けて、「教育経済学による実証・実験分析により、俗説とは違ってこのような結果が得られた。 このようにすべきである。」と書いてあったものの中で、なるほどと思った事柄を以下に書き出します。

1. 子供に勉強させるためには、褒美で釣っても良い。 ただし、テストの成績などの結果に対してではなく、努力に対して褒美を与えるべきである。

2. 勉強で得られる認知能力よりも「自制心」や「やり抜く力」といった非認知能力(幼児教育である程度身に付けられます!)の方が、人生の成功にはより重要である。

3. 少人数学級は、費用対効果が低い。

4. 教員の質は教育効果に大きな影響を与える。

5. データに基づいて効果的な教育を行うためには、教育にも実験が必要である。

教育熱心なすべての親御さんにお薦め
 この本は以前ベストセラーにもなり、今更読むのもという気がする方もいらっしゃるでしょうが、改めて精読してみると、効率的な教育を行うためにはとても役に立つ内容が書いてあります。

 ですから、教育熱心なすべての親御さんに、この本を強くお勧め致します。
  


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.