家庭教師の仙台ブログ

東北大学医学科生日誌12・実習終了&みやぎ和牛の祭典

 仙台市で家庭教師をお探しの皆様、お久しぶりです。 当会元家庭教師で東北大学医学部医学科6年 工藤有希乃さん の「東北大学医学科生日誌」その12 を皆様にお贈り致します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 お久しぶりです。 前回からすっかり間が空いてしまってすみません。

ついに実習終了・最後は児童精神科を
 この度、学生最後の実習が終わりました! 私は高次修練(6年生での実習)最後の1か月は、精神科の中でも児童精神科を選択していました。 実は東北大学は10月末に卒業試験があることから、9月の実習は比較的空き時間のある診療科に人気が集まるようです(空き時間に勉強したいため)。 精神科も比較的空き時間のある診療科のため、毎年人気があります(精神科の先生もそう言っていました)。

   児童精神科選択の理由は
 どうして児童精神科を選択したかというと、去年精神科実習でお世話になったチューターの先生が児童・思春期・周産期精神科を専門にしており、実習中にも心理検査や箱庭などをやらせてもらって興味が涌いたからです。 興味がある診療科で実習できるうえに、空き時間も適度にあって卒業試験の勉強も出来、とても充実しておりました。

   苦労して通って
 精神科の実習は、主に大学病院や宮城県立精神医療センターでの外来見学(陪席というそうです)がメインです。 大学は家から近いのでいいのですが、宮城県立精神医療センターは名取市にあるため、家から1時間半かけて通っていました。

 実際、実習よりもはるかに精神医療センターにたどり着くことに多くの体力を持っていかれました……。 私が車を持っていたらもっと楽だったかもしれませんが、生憎車がないので自転車+JR+バスを駆使しました。

   児童相談所にも行きました!
 また、実習中に1度だけ先生と一緒に児童相談所にも伺いました。 児童相談所は医師が常駐しているわけではなく、週に数回精神科医が外勤として行っているそうです。 児童相談所では、医師は、臨床心理士さんの相談に乗ったり、患者さんと面談を行ったりしているようでした。

 児童精神科医は子供だけでなく親も診ていく必要があるということや、学校と連携して子供の学習面・精神面のサポートを行っていくこと、進路についても一緒に考えていくことなど、様々なことが外来の陪席実習を通してよくわかりました。

あとは卒業試験の勉強 
実習も終わってしまって、講義もほぼ全くないため、あとは自分たちで卒業試験の勉強を進めていかなければなりません。 卒業試験は噂では下から数えて1割くらいの学生が落ちる(落ちると再試行きになります)とのことですので、気を引き締めて勉強していきたいものですね!

同級生と「和牛の祭典」へ
 実習の合間には、同級生5人と「和牛の祭典2017inみやぎ」に行ってきました。

  
   
 この祭典は5年に1度しか開催されないものらしく、なんでも様々な地域の黒毛和牛が無料で試食できるとのことで、張り切って向かいました。 みんなで手分けして色々なブースに並んでみた結果、沖縄、秋田、北海道、山形、仙台、佐賀、鹿児島など沢山の地域の牛肉を食べることが出来て大満足でした。

  
  
 そして、黒毛和牛を育てている畜産家の方の全国大会が同じ場所で開催されているとのことだったので、それも見に行ってきました。


  
 おいしく食べている黒毛和牛をこんなに大切に育てている方たちがいるのだと思うと、じ~んときてしまいました。 各都道府県の代表が出場していたそうで、さながら甲子園のようでしたよ。 実習の息抜きに、自分の知らない畜産の世界について楽しくおいしく知ることが出来て満足です!
  


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.