家庭教師の仙台ブログ

東北大学医学科生日誌11・ねぶた祭り、ヨット大会etc.

 仙台市で家庭教師をお探しの皆様、お久しぶりです。 当会元家庭教師で東北大学医学部医学科6年 工藤有希乃さん の「東北大学医学科生日誌」その11 を皆様にお贈り致します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
青森ねぶた祭り 
 7月末~8月頭は、私の地元である青森県でねぶた、ねぷたが行われる季節です。 大学へ入学してからは東日本医科学性総合体育大会や吹奏楽のコンクールのためこの時期は帰省できていなかったのですが、今年は法事があることも重なって、実に6年ぶりにねぷたが見られる時期に帰省してきました。


  
 ねぷたを見るのは高校以来ですので、非常に懐かしくなりました。 青森市のねぶたは専用の浴衣をレンタルすればだれでも参加できるので、興味がある人はぜひ参加してみてください! 見ているより参加する方が断然楽しいと思います。

 また、囃子やねぷたの形は実は地域ごとに全く違うので、そのあたりに注目してみるのも面白いですよ。

東日本医科学生総合体育大会(東医体)
 8月といえばやはり東医体の季節ですね! 東医体とは東日本医科学生総合体育大会の略で、今年で第60回目となります。 競技によって日程や開催場所は異なりますが、毎年8月1日~15日の間に開催されています。 医学部の運動部はこの大会に向けて日々練習しているのです。

   江の島ヨットハーバーにて
 私が所属するヨット部は、2日から江の島ヨットハーバーで東医体に参加してきました。 他の部活は年によって開催場所が変わることも多いのですが、ヨット競技は基本的に毎年江の島ヨットハーバーで行われます。 やっぱりこの時期に江の島に来るといよいよ東医体だ!と気持ちが高まってきますね!



   ヨットは男女混合競技   
 ヨットは男女混合競技で、東医体では470(よんななまる)級という2人乗りのヨットを使用します。 また、ヨットの東医体では、女子-女子ペアや女子-男子ペアといった様に、女子が入ったペアだけが参加できる女子戦と、東医体本戦(個人戦、団体戦)の大きく分けて2つが存在します。

   団体優勝しました!
 今年はなんと、女子戦3位、東医体個人戦1、3、4位、団体優勝という華々しい結果で大会を終えることが出来ました。 実に3年ぶりの団体優勝で、見事当初の目標達成となりました。 後輩たちの日々の努力が実って大変うれしく思います!



  
 ちなみに、ヨットレースを行う海面は陸からだいぶ遠いので、観覧艇に乗らないとレースの様子がほとんどわかりません。 そのため、東医体中はクルーザーをお借りして観覧艇として使用します。

 観覧艇に乗ることでマネージャーや東医体に出場しない部員、保護者、OB・OGの方々も海上で大会を観戦することができるのです(船酔いと海上での日焼けには要注意ですが)。 30艇を超える船団でのレースだと見応えもあって楽しいですよ。

マッチングの試験など
 そろそろマッチングの試験も各病院で始まっています。 マッチングとは医学生にとっての就活のようなもので、2年間の初期研修先を決める大切なものです。

 医師臨床研修マッチング協議会によりますと、マッチングとは、医師免許を得て臨床研修を受けようとする者(研修希望者)と、臨床研修を行う病院(研修病院)の研修プログラムとを研修希望者及び研修病院の希望を踏まえて、一定の規則(アルゴリズム)に従って、コンピュータにより組み合わせを決定するシステムです。

   東北地方では小論文や面接が
 マッチング試験の内容は病院ごとに異なっており、筆記、実技、面接、小論文など様々です。 なお、東北地方では小論文や面接試験が課される病院が多い印象を受けます。 わたしも、履歴書を書いてマッチング試験の準備をしている最中です。

 アルバイトの面接は何回かしましたが、20分前後の面接は大学受験以来なので、受ける前からとても緊張しています……! 試験まであと少しですので、勉強しつつ面接の練習も重ねていきたいと思っています。
  


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.