家庭教師の仙台ブログ

家庭教師お薦め:本「エール出版社・私の○○合格作戦」

 仙台市で家庭教師をお探しのお父様・お母様、こんにちは。 「名門進学会」代表取締役の三沢やすしです。

  
  
 今日は、「エール出版社」の本「私の○○合格作戦」3冊(東大・医学部・早慶大)のご紹介をさせて頂きます。 この他に、同社からは「私の京大合格作戦」も出ています。 (毎年7月ころ発売。 今年度分はそれぞれ税別1,300円)

 これらの本は、実際にそれぞれの大学の学部・科類に合格した数多くの元受験生が、自分の勉強法や用いた予備校・参考書や問題集、などについて書いたものです。

 ですから、これらの本に出ている所と同じ大学を志望する受験生にとっては、合格者の勉強方法などが、内容の臨場感と相まって、とても参考になるはずです(僕も、受験生時代これらの本にお世話になりました)。

私の東大合格作戦
  
  
 日本の最高学府東京大学の場合、文科は文科すべての類の共通問題、理科は理科すべての類の共通問題が出題されます。 だから、文科を受ける生徒にとっては、すべての類の文科の合格体験記が役に立ち、理科を受ける生徒にとってはすべての類の理科の合格体験記が役に立ちます。

 東京大学を志望する受験生にとって、上記のように、この本の内容の半分は有益な情報で満たされていますので、ためらわずに購入することをお勧めします。
  
      
私の医学部合格作戦
  
  
 この本には、国・公・私立の色々な大学の医学部の合格体験記が記載されています。 どれも医学部のものとはいえ、それぞれの大学によって、受験科目も出題内容も、センター試験の配点もまるっきり違いますので、自分が志望する大学医学部の合格体験記が載っている場合のみ買ってみればOK!です。

 ただ、医学部を受験するに際しての一般的な心構え、を知っておきたいという場合には、自分が志望する大学の合格体験記が掲載されていないときでも、買って損はありません。
    
    
私の早慶大合格作戦
  
  
 早稲田大学と慶応義塾大学は早慶と並び称されますが、この2つの大学では入試問題の傾向は大きく異なります。 また、早稲田大学・慶応義塾大学それぞれの中でも、学部によって科目ごとの配点も科目別の出題傾向も違います(出題する先生がそれぞれ当該学部の教授なので、当然こういう結果になります)。

 そういったことから、この本の中のものすべてをというよりは、自分が志望する大学・学部の合格体験記を参考にするために買うのが良いかと思います。
  


アーカイブ


▲ Topへ

Copyright(c) 名門進学会 All rights reserved.

Copyright (C). 家庭教師の仙台ブログ All Rights Reserved.